おさいふPontaの使い方!提携店でポイント2重取り&審査不要

ローソンをよく利用する方にはお馴染みのPontaカードですが、今回ご紹介する「おさいふPonta」は、Pontaカードが進化した便利でお得なカードです。

プリペイド機能がついているので小銭いらずで、JCB加盟店でもクレジットカードのように使うことができます。しかも、実際はクレジットカードではないので、誰でも気軽に持つことができるのもうれしいところです。

さらに、今までのPontaカードよりも効率的にポイントを貯めていくことが可能になります。では、さっそく、そんなおさいふPontaについて、詳しく見ていきましょう!

【 目 次 】

ポイント機能とプリペイド機能が一体化!おさいふPontaは年会費無料のプリペイドカード

まずは、おさいふPontaというものがどのような機能や特長を持ったカードなのか、その概要をご紹介します。おさいふPontaは、ポイントを貯められる機能に加えて、プリペイド機能がついたカードです。

あらかじめチャージしておくことで、チャージ額までなら現金を使わずにお買い物ができ、しかもポイントも貯まるというお得で便利なカードなのです。

おさいふPonta

おさいふPontaは、従来のPontaカードと同様に、入会金も年会費も無料です。デポジッドも不要なので、コストは一切かかりません。ローソン店頭で受け取り、その場ですぐに利用開始することができます。

JCB加盟店やネットショッピングでも使える

おさいふPontaには、JCBの国際ブランドがついています。ですから、ローソンで支払いに使えるのはもちろん、JCB加盟店でも、チャージ額を限度としてクレジットカードのように利用することが可能です。

おさいふPontaJCB加盟店で使える説明画像

また、ネットショッピングにも、クレジット決済のような感覚で利用することができます。

審査不要で誰でも使える

おさいふPontaはクレジットカードのようにも使えることをお伝えしましたが、チャージ額までしか利用できないため、実際はクレジットカードではありません。したがって、クレジットカードに必要な審査もなく、誰でもすぐに活用することができます。

年齢制限もなく、子供からお年寄りまで、クレジットカードを作れない方でも利用することができるカードです。

ただし、未成年の方は親権者の同意が必要となり、さらに中学生未満の方は、お客様情報登録の際に親権者の同意があることの確認が必要となりますのでご注意ください。

Ponta提携社でおさいふPonta払いすればポイント二重取りが可能!

ポイントカードにプリペイド機能が付いていて、年会費無料で誰でも使えるという、おさいふPontaの概要についてご紹介しました。

ここからは、おさいふPontaでどのようにポイントが貯まるのかといった、より具体的な部分について見ていきましょう。

Ponta提携店でポイント2重取り

おさいふPontaは従来のPontaカードと同様に、主として100円(税抜き)につき1ポイントのお買い上げポイントが貯まりますが、それに加えて、おさいふPontaで支払えば「お支払いポイント」も貯まるのです。

Ponta提携店でポイント2重取り説明画像

つまり、おさいふPontaを提示するだけでもお買い上げポイントがもらえるのですが、おさいふPontaでプリペイド機能を使って支払うことで、お支払いポイントが上乗せさせるというわけです。

お支払いポイントは500円=1ポイント!

それぞれのポイントの貯まり方は、以下の通りです。

ポイントの種類 ポイントの貯まり方
カード提示によるお買い上げポイント 100円(税抜き)につき1ポイント
プリペイド機能によるお支払いポイント 500円(税込み)につき1ポイント

お買い上げポイントのレートは提携店によって異なりますが、ローソンを含む多くの提携店で上記の通り1%となっています。また、お支払いポイントは、Pontaの提携店でなくても、JCB加盟店なら上記のレートで付与されます。

貯まったポイントはPonta提携社で支払いに使える!

このように、おさいふPontaは、従来のPontaカードよりもずっと効率的にポイントが貯められるわけですが、貯まったポイントはどこで使えるのでしょうか?

これについては、従来のPontaカードと同様に、Ponta提携社で1ポイント=1円として支払いに充当できます。この場合、1回の利用上限は20,000ポイントまでとなっています。

一方、おさいふPontaはJCB加盟店でも利用でき、ポイントが貯まることをお伝えしましたが、貯まったポイントをPonta提携社ではないJCB加盟店で利用することはできませんので、ご注意ください。

また、ポイントを利用するためには、事前の会員情報登録が必要となります。おさいふPontaサイトから簡単に登録できます。

ローソンやサイトでチャージ可能!ポイントをまとめることもできる!

では次に、おさいふPontの実際の使い方を見ていきましょう。すでにPontaカードを持っている方のために、ポイントのまとめ方もご紹介しますので、ぜひご確認くださいね!

ローソンでおさいふPontaを受け取ったらチャージをしよう!

準備として、まずは、ローソンでおさいふPontaをもらいましょう。そして、次にチャージをします。チャージ法には以下の2通りがあります。

  • 全国のローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100にて現金チャージ
  • おさいふPontaサイト内のマイページにてクレジットカードチャージ

各種ローソンの店舗でチャージをする場合は、レジで店員さんにチャージしたい金額を伝えます。1回につき1,000円以上30,000円まで1円単位でチャージが可能です。

おさいふPontaローソンでのチャージ説明画像

店員さんが操作をしてくれて電子決済端末が光ったら、自分でおさいふPontaをスライドさせます。その後、店員さんにチャージしたい金額を渡せば完了です。

クレジットカードチャージの前にカードの登録が必要

お店まで行かなくても、おさいふPontaのサイトから、いつでもクレジットカードチャージすることもできます。クレジットカードチャージをするには、まずクレジットカードの登録が必要です。

おさいふPontaクレジットチャージ手順説明画像①

サイトにログインしたら、メニューの中の「クレジットカード登録」をクリックします。

おさいふPontaクレジットチャージ手順説明画像②

クレジットカードの番号などの情報を入力すると、クレジットカード会社の本人認証サービス利用画面があらわれますので、パスワードを入力します。本人認証が済んだら画面の指示に従ってカード名義を入力して、クレジットカードの登録が完了します。

登録後24時間を経過すると、実際にクレジットチャージが可能になります。

1,000円から可能!サイトからいつでもクレジットチャージ!

続いて、サイトからのクレジットカードによるチャージについてご紹介します。クレジットチャージの限度額などは、以下のようになっています。

クレジットチャージに関する項目 金額・回数
1回のクレジットチャージ可能額 1,000円以上10,000円以内
チャージ額単位 1,000円単位
チャージ上限額 月額累計10万円まで
1日のチャージ回数上限 1日3回まで

では、クレジットカードチャージの具体的な方法を見ていきましょう。

クレジットカードチャージ手順③

マイページの「クレジットチャージ」をクリックします。すると金額を選択する画面が出ますので、チャージ金額を指定します。

クレジットカードチャージ手順④

金額とクレジットカード情報を確認し、「チャージする」をクリックすればOKです。

クレディセゾン以外のカードはチャージ手数料がかかる!

チャージする前に知っておくべき情報として、チャージには一部のクレジットカードで手数料が発生するということが挙げられます。
クレディセゾン以外のカードはチャージ手数料が発生する説明画像②

クレディセゾン発行のクレジットカードなら、どの国際ブランドのものでも手数料は無料です。

しかし、それ以外のカード会社発行のクレジットカードの場合、216円(税込み)の手数料がかかってしまいます。

また、クレディセゾン以外のカード会社の場合、国際ブランドがアメリカンエキスプレスのカードは、チャージ自体ができませんのでご注意ください。

サイトやLoppiからポイントをまとめることが可能!

チャージできたら、あとは実際にお買い物をしてポイントを貯めていきましょう。ここで、「これまでPontaカードで貯めたポイントはどうなるの?」という疑問を持つ方も多いかと思います。でも、まとめることができるので大丈夫です。

おさいふPontaに、従来のPontaカードでためたポイントをまとめる方法には、以下の3通りがあります。

  • おさいふPontaサイト
  • ローソン店内のLoppi
  • おさいふPontaデスクに電話

このうち、おさいふPontaサイトで移行する方法を簡単にご紹介します。まずは、サイトにログインしましょう。

ポイントをまとめる手順①

メニューの「Pontaポイントの移行」(おさいふPontaからおさいふPontaへ移行する場合は「残高・ポイントの移行」)をクリックします。すると移動元のカード情報を入力する画面が出ますので、指示に従って入力し、「確認」をクリックします。

ポイントをまとめる手順②

ポイント移行の確認をして、問題なければ「OK」をクリックすれば移行完了です。

クレジット機能付きPontaカードからはポイント移行不可!

ポイントをまとめる移行作業には、いくつかの注意点があります。上記のように、PontaカードからおさいふPontaに、あるいは、おさいふPontaから別のおさいふPontaにポイントをまとめることはできますが、クレジット機能付きPontaカードで貯めたポイントは別のおさいふPontaにまとめることができません。

また、Loppiで移行手続きをしたい場合、PontaカードからおさいふPontaに移行するパターンのみが対象となります。LoppiではおさいふPontaから別のおさいふPontaには、ポイント移行できませんので、ご注意ください。

ローソンからネットショッピングまで!おさいふPontaの使い方

ここまでで、チャージやポイントのまとめ方などを見てきて、おさいふPontaを利用する準備が整ったかと思います。では、ここから、いよいよおさいふPontaでお買い物するときの具体的な方法を見ていきましょう。

ローソンなどのPonta提携社で使う場合は、自分で操作が必要になるところがありますので、あらかじめ知っておくとスムーズです。

自分で端末にカードを通します!

まずは、ローソンでお買い物する場合を見てみましょう。手順は以下の通りです。

① レジで「おさいふPontaで払います」と伝える
② 電子決済用の端末が光ったら、自分でおさいふPontaをスライドさせる

おさいふPonta使い方説明画像

このように、端末が光ったら自分でカードを通す必要がありますので、覚えておきましょう。

JCB加盟店ではクレジットカードと同様の使い方!

では次に、JCB加盟店でおさいふPonta払いをする方法を見てみましょう。

① レジでおさいふPontaを渡し、「JCBカードで払います」と伝える
② 支払い方法を聞かれたら「1回払い」と伝える
③ サインや暗証番号の入力を求められたらサイン・入力を行う

このように、クレジットカードと同じような使い方で大丈夫です。ただし、支払い方法は1回払いのみで、分割払いやリボ払いなどはできませんのでご注意ください。

ネットショッピングは入力する番号と名義に注意!

最後に、おさいふPontaでネットショッピングをする方法を見てみましょう。

① 支払い方法に「クレジットカード」を選択する
② 16桁のカード番号とカードの有効期限を入力する
③ カード名義の入力が必要なら「OSAIFUPONTA MEMBER」と入力する
④ 必要な場合は、カード裏面のセキュリティコードを入力する
⑤ J/Secureのパスワードを入力する(入力不要な場合もあり)

おさいふPonta有効期限&カード番号記載箇所説明画像

入力するカード番号はカード中央辺りにある16桁の番号であり、下部の番号ではありません。また、名義はご自分の名前ではなく、「OSAIFUPONTA MEMBER」ですので、ご注意ください。支払い回数も、必ず1回払いを選択するようにしましょう。

チャージしたお金には有効期限がある!おさいふPontaの注意点

おさいふPontaの使い方がお分かりいただけたところで、あらかじめ知っておくべき注意点についてもお伝えします。お得に使うためのおさいふPontaで、かえって損をしてしまうことのないよう、ぜひ確認しておいてくださいね。

チャージ残高の有効期限はチャージまたは支払いから2年間!

実は、おさいふPontaにチャージしたお金には有効期限があります。

おさいふPonta有効期限説明画像

有効期限は、最後にチャージ、または支払いをした日から2年間となっています。ポイントを利用する等のチャージ残高に変動のない利用では、有効期限を延ばすことができません。

有効期限を過ぎた残高は失効してしまいます。いったん失効した残高は二度と戻ることはありませんので、くれぐれもお気を付けください。チャージ残高の有効期限はレシートやサイトで確認できます。

チャージしたお金は返金できないことに注意!

また、いったんチャージしたお金は、戻すことができません。一度おさいふPontaにチャージした残高は、ローソンなどのPonta提携社・JCB加盟店・ネットショップのいずれかで使い切る必要があります。

上記のように有効期限もありますので、期限内に使い切れる範囲内の現金をチャージするようにしましょう。

提携社の中にもおさいふPonta払い不可なお店もある!

では、どこでおさいふPonta払いができるのでしょうか?Ponta提携社とJCB加盟店で使えることはすでにお伝えしていますが、その中でもおさいふPonta払いが利用できないところもあったりしますので、具体的に利用可能なお店と使えないお店をご紹介します。

項目 店名
おさいふPontaが
買い物に使える
Ponta提携社
・ローソン、・ローソンストア100、
・ペットの専門店コジマ オンライン、
・ローソンフレッシュ、
・AOKI、
・ビックカメラ、
・日本航空(JALマイレージバンク)、・JALエービーシー、
・EMTG(エンタテインメントミュージックチケットガード)、
・ビーアンドディー、
・ヒマラヤ、
・サカイ引越センター、
・WILLER TRAVEL、
・ルートインホテルズ、
・国内線ドットコム株式会社、
・九州旅客鉄道株式会社、
・ゴルフダイジェスト・オンライン、
・ピザハット、
・HMV(店舗)、・ローチケHMV 等
おさいふPontaが
買い物に使えない
Ponta提携社
・昭和シェル石油、
・ジャンブルストア、
・セカンドストリート、
・ケンタッキーフライドチキン、
・ゲオ、・ゲオ宅配DVDレンタル、
・ねいるんるん 等
おさいふPontaが
買い物に使えない
JCB加盟店
・各種公共料金など月々の料金の支払い、
・ガソリンスタンド、
・高速道路料金、
・ホテルやレンタカーなどのデポジット、
・飛行機の機内販売、
・有料放送料金、
・一部タクシー、
・一部保険会社、
・他プリペイドカードへのチャージ 等

ご覧のように、ローソン以外にもおさいふPonta払いができるお店はたくさんあります。

また、おさいふPonta払い(プリペイド払い)ができない提携社でも、ポイントを貯めたりポイント払いしたりすることは可能です。

ローソンでも税金や金券等は対象外!

また、ローソンでも、以下の商品や支払いには、おさいふPonta払いができません。

・収納代行、 ・ギフトカード、 ・テレカ・QUO、 ・切手・印紙・ハガキ、
・toto/BIG、 ・コンビニ受取サービス、 ・プリペイドシート、 ・各種保険、
・ネットショッピング等のコンビニ支払い、 ・レターパック
・プリペイドカード・電子マネー・交通系マネーへのチャージ、
・クレジットのキャッシング・ショッピング代金の支払い・スマートピット、
・その他取次ぎサービス

使いすぎが心配な方はクレジット機能付きPontaカードでなくおさいふPontaがおすすめ

Pontaポイントがますますお得に貯められるようになり、しかもプリペイド機能を備えて便利になったおさいふPontaについてご紹介してきました。

Ponta提携店での提示でもらえるお買い上げポイントに加えて、プリペイド機能を使って支払えばお支払いポイントも同時にもらえるので、とってもお得です。ローソンがお近くにある方は必携ですし、従来のPontaカードがある方も切り替えをオススメします。

ただし、チャージしたお金には有効期限があり、返金することもできませんので、継続的にローソンに通っているという方以外は、計画的な使い方ができるようお気を付けくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.