コスパで選ぶANAマイルが貯まる最強カードはコレ!還元率驚異の1.62%

マイラー、特に陸マイラーにとって、どのようにマイルをためるかというのは、とっても重要な問題ですよね。

同じだけカードを使っても、やり方次第では貯められるマイル数に差が出てきますから、少しでも効率的なため方を知っておきたいものです。

今回は、ANAのマイルをためる最強の方法として、コスパで選ぶ最強の組み合わせ「LINE Payカード」×「ソラチカカード」をご紹介します。

LINEポイントをためて、メトロポイントに交換し、さらにマイルに移行するという手順を踏めば、高い還元率でマイルをどんどんためることができるのです!ぜひ、チェックしてみてくださいね!

【目 次】

ANAマイラー最強のクレジットカードはLINE Payカード×ソラチカカード

冒頭でも触れたように、ANAのマイルに関してはLINE Payカードとソラチカカードを組み合わせて使うことが、もっとも効率的です。

その具体的なマイルのため方を見ていく前に、まずは各カードについてご紹介したいと思います。

LINE Payカードは2%の高還元率!

LINE Payカード

まずは、LINE Payカードから見ていきましょう。

LINE Payカードとは、あらかじめチャージした範囲内で、いろんなところで支払いに使えるプリペイドカードです。

JCBの国際ブランドがついているので、コンビニやスーパー、ドラッグストアやレジャー施設など、国内・海外のJCB加盟店ならどこでも使えます。

チャージ金額の範囲内であれば、クレジットカードと同様に使えるというわけですね。もちろん、ネットショッピングにも使えます。

そして、利用金額100円ごとに2ポイントずつ、LINEポイントが貯まっていきます。

つまり、還元率は2%となり、これは一般的なクレジットカードと比較しても、非常に高い還元率と言えます。

項目 内容
カード名称 LINE Payカード
年会費 無料
特徴 ・コンビニや銀行口座からチャージ可能
・オートチャージ機能付き
・国際ブランドJCB付き
・LINE Payに加入している人同士なら送金や割り勘も可能
・利用額100円ごとに2ポイント(還元率2%)
・ポイントは1P=1円で再チャージ可能
・ポイントはAmazonギフト券、Pontaポイント、
・メトロポイント、nanacoポイント等に交換も可能

ソラチカカードはLINEポイントを高レートでマイル移行できる

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

では次に、ソラチカカードをご紹介します。ソラチカカードは、正式には「ANA To Me CARD PASMO JCB」といって、ANAと東京メトロが提携した、ANAカードとPASMOが一体となったクレジットカードです。

ANAのマイルを直接ためることもできますし、メトロポイントやJCBのOki Dokiポイントもたまります。また、メトロポイントやOki Dokiポイントからマイルに移行も可能です。

さらに、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄の定期券を搭載できるので、これらの沿線にお住まいで通勤通学に鉄道を使う方には、大変便利なカードです。

項目 内容
カード名称 ソラチカカード
(ANA To Me CARD PASMO JCB)
年会費 初年度無料
2年目以降2,000円(税別)
特徴 ・ANAマイル、Oki Dokiポイント、
メトロポイントがためられて、交換も可能
・10,000マイル→10,000メトロポイント
・100メトロポイント→90マイル
・1 Oki Dokiポイント→3~10マイル
・1 Oki Dokiポイント→5メトロポイント
・定期券搭載可能
・PASMOオートチャージ機能付き
・To Me CARDの提携先サービス利用可能
・「ビジネスきっぷ」等、ANAカード会員優待利用可能
・最高1,000万円の国内航空傷害保険・海外旅行傷害保険
・最高100万円のショッピングガード保険

上記の通り、ソラチカカードでのメトロポイントからマイルへの交換レートは、100メトロポイント=90マイルで0.9(90%)となっています。

ご紹介したこれら2枚のカードを両方持っていることで、ANAマイルの最強なため方が可能になるというわけですね。

LINE Payカードとソラチカカードを使った効率的なANAマイルへの交換方法

では、ここからは、LINE Payカード×ソラチカカードを組み合わせた、具体的なマイル交換方法をご紹介します。

まずは、LINE PayカードはJCBの加盟店で利用できますので、コンビニやスーパー、ショッピングセンターなど、JCB加盟店でお買い物をする際にLINE Payカードを使ってLINEポイントをためます。

LINEポイントからメトロポイントへ!交換レート0.9倍

LINEポイントからメトロポイントへ交換説明画像

LINEポイントが300ポイント以上たまったら、メトロポイントに交換しましょう。

LINEポイントからメトロポイントへ交換画面画像  LINEポイントからメトロポイントへ交換レート画像

メトロポイントは、以下のような単位およびレートで交換可能です。

項目 内容
最低必要ポイント 300LINEポイント
交換単位 ・300LINEポイント→270メトロポイント
・500LINEポイント→450メトロポイント
・1000LINEポイント→900メトロポイント
交換レート 0.9倍

さらにメトロポイントからANAマイルへ交換!

メトロポイントからLINEポイントへ交換説明画像

次は、LINEポイントから交換したメトロポイントを、さらにマイルに移行します。

最低100メトロポイントがあれば、以下のようなレートでマイルに交換ができます。

項目 内容
最低必要ポイント 100メトロポイント
交換単位 100メトロポイント=90マイル
(100ポイント単位)
交換レート 0.9倍

LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルは1.62%!

LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルへ交換説明画像

このように、間にメトロポイントを挟むことで、LINEポイントからANAマイルへと移行することが可能です。では、あらためて、このケースの移行レートを考えてみましょう。

・LINEポイントの還元率は2%
・LINEポイントからメトロポイントの移行レートは0.9倍
・メトロポイントからANAマイルの移行レートは0.9倍

2×0.9×0.9=1.62

つまり、LINE Payカードとソラチカカードを使った、LINEポイントからANAマイルへの移行レートは、1.62%となります。2枚のカードの年会費を考慮すれば、これほどお得な還元率のカードは他にありません。

年会費2,000円(税別)のみで1.62%の還元率はやっぱり最強!

ANAマイルの最も効率的なため方として、LINE Payカードとソラチカカードを使い、LINEポイントからメトロポイントを経由して、ANAマイルに移行する方法をご紹介しました。

還元率だけでいえば、LINE Payカードとソラチカカードの組み合わせよりも高くなるカードもあります。しかし、そのようなカードは交換手続きが面倒だったり、年会費が1万円ほどかかったりするデメリットもあります。

ご紹介してきたLINE Payカードとソラチカカードなら、かかる費用はソラチカカードの年会費2,000円(税別)のみで、交換手続きも簡単です。それでいて1.62%というのは驚異の還元率と言って良いでしょう。

ANAマイラーの方は、ぜひこのお得なマイルのため方をお試しくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.