【ANA VISA Suicaカード】空と陸の両方からマイルを貯められる

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードにSuicaの機能がついたカードなので、電車から飛行機への移動が楽にできるという特徴があります。

さらに、三井住友VISAカードのポイントプログラムのポイントと合わせてANAのマイルも貯まる、充実のサービスがあるなど、お得に使えるクレジットカードでもあります。

では、ANA VISA Suicaカードについて詳しくご紹介していきましょう。

【目 次】

ANA VISA Suicaカードの魅力!Suica利用でもマイルを貯められる

ANA VISA Suicaカード

  • Suica機能がついていて便利
  • Suicaへのオートチャージでポイントが貯まる
  • 1ポイント→5マイルに手数料無料で移行可能
  • 毎年ボーナスマイルが1,000マイル貰える
  • 旅行傷害保険が自動付帯
  • 優待サービスや割引サービスが豊富
  • 貯めたポイントの使い道が多い

ANA VISA Suicaカードの魅力は、1枚で飛行機に乗る時も電車に乗る時も利用できる便利さと、ポイントの貯めやすさです。

このカードを持っていることで、ANAマイルとワールドプレゼントのポイントと複数のポイントを貯めることができるので、効率的にポイントを貯めることができます。

さらに、旅行傷害保険が自動付帯していたり、様々な優待サービスが受けられたりなど、利用する上でも手厚いサービスが受けられます。

ただし、年会費が2,000円(税別)かかりますが、リボ払いであるマイ・ペイすリボに申し込んだ上で年に1回以上カードを利用すると、年会費が751円(税別)になります。

また、利用代金のWEB明細書サービスを利用することでも、年会費の割引があります。この場合は、年会費が1,500円(税別)です。

では、ANA VISA Suicaカードについて詳しく見ていきましょう。

ANA VISA SuicaカードはSuica機能付きで日常生活を送る上で大活躍のカードです!

ANA VISA Suicaカードは、その名称通りSuica機能付きのANAカードです。Suicaは、JR東日本が発行するICカードの名称です。

では、どのような使い方ができるのか、ご紹介していきます。

Suicaの利用方法

Suicaには、以下のような利用方法があります。

  • 鉄道の精算に利用
  • バスの精算に利用
  • 電子マネーとして利用

ANA VISA Suicaカードは、鉄道やバスを利用する際に改札機にタッチするだけで自動精算できるのとともに、電子マネーとして以下のようなマークがある店舗でも利用できます。

Suicaが利用できるマーク一覧画像

  • Suicaマーク
  • PASMOマーク
  • TOICAマーク
  • ICOCAマーク
  • SUGOCAマーク

ここでは一例を挙げていますので、他にも利用できる場所があります。

Suicaのオートチャージ設定をすることもできます

Suicaは鉄道やバスの精算だけではなく電子マネーとしても使えるため、様々なところで使うことを考えると残高が心配だということもありますよね。そんな時には、オートチャージ機能を利用しましょう。

Suicaオートチャージ説明画像

オートチャージの設定は、以下の流れで行います。

1、ANA VISA Suicaカードとオートチャージする予定の手持ちのSuicaを用意する
2、駅にあるATMの「VIEW ALTTE」で画面の案内に従って設定する

オートチャージの設定をしておけば、残高不足の際に自動的にチャージが行われます。

Suica定期券とANA VISA Suicaカードをリンクしておけば、オートチャージでポイントが貯まります。

通勤や通学などで利用するSuicaによって貯まったポイントをマイルに交換すれば、日常生活で効率よくマイルを貯められますね。

電車→飛行機への乗り換えも簡単!旅行や出張の時にも役立ちます

電車→飛行機へ乗り換えの流れ説明画像

ANA VISA SuicaカードはANAカードでもあるので、空港でも便利に使えます。

そのため、電車から飛行機への乗り換えもとてもスムーズで、旅行や出張の時などにも役立ちますね。

ANA国内線の場合、保安検査場に直接進めるスキップサービスと呼ばれるサービスを利用することもできますよ。

ANA VISA Suicaカードの付帯保険や充実のサービスをチェック!

ANA VISA Suicaカードを持っていることで、受けられるサービスがあります。では、どのようなものがあるのか、見ていきましょう。

海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険が自動付帯!

ANA VISA Suicaカードには、傷害保険が自動付帯されています。

保険の種類 金額
海外旅行傷害保険 1,000万円まで
国内航空傷害保険 1,000万円まで

国内旅行の場合、航空傷害保険はつきますが、国内旅行傷害保険はつかない点に注意しましょう。

条件を満たせば年間100万円までのショッピング補償もつく!

以下の条件のいずれかに当てはまる場合は、年間100万円までのショッピング補償もつきます。

  • 海外でのクレジットカードの利用
  • 国内でリボ払いでのクレジットカードの利用
  • 国内で3回以上の分割払いでのクレジットカードの利用

セキュリティにも配慮されています

三井住友VISAカードが発行するクレジットカードはセキュリティにも配慮されたカードなので、ANA VISA Suicaカードを持っていると以下のようなサービスが提供されます。

  • カード不正利用探知システム
  • ICチップ搭載によるスキミング対策
  • 三井住友カード会員保障制度
  • ネットショッピング認証サービス

カード不正利用探知システムとは、カードの利用状況を24時間365日モニタリングすることで不審な取引が無いかをチェックするシステムです。

三井住友カード会員保障制度とは、カードを他人に利用された場合に、カード会社に届け出をした日から60日前までさかのぼって損害を補償するというサービスです。

クレジットカードの盗難紛失補償制度と同じですね。

ネットショッピング認証サービスは、インターネット上でのセキュリティ対策として、パスワードの入力を求めることで本人認証をするという内容です。

万が一カードが盗難に遭ったり紛失したりした場合、海外からでもカード会社に連絡をすることが可能です。

ANAカードとしての特典一覧

ビジネスきっぷ説明画像

ANA VISA SuicaカードがANAカードであることで、以下のようなサービスが受けられますよ。

  • 「ビジネスきっぷ」を利用可能
    (ANAカード会員専用の割引運賃)
  • 機内販売が10%オフ
  • 空港内の免税店で5%オフ
  • 空港内にある店舗「ANA FESTA」で10%オフ
  • ANAのショッピングサイト「A-style」で5%オフ
  • 旅行商品が5%オフ
  • 提携ホテルの宿泊で割引あり
  • レンタカー利用で割引あり
  • ビジネス公開講座が15%オフ

中でもビジネスきっぷは、最大47%割引きと大変お得です。

ビジネスきっぷは当日の予約や変更が可能で、国内線全路線に設定されていますので、急な出張にも役立ちますね。

トラベル関係のサービス一覧

旅行に行く時にも、便利なサービスを利用することができます。

サービスの名称 内容
VJホテルステイプラン 優待料金でホテルに宿泊できる
VJトラベルデスク パッケージツアーの割引サービス
国内・海外とも可能
VJデスク 海外に居ても日本語で問い合わせに応じてもらえる
エア&ホテルダイナミックパッケージ 国内線と国内のホテルを自由に組み合わせて予約できる
エアライン&ホテルデスク 国際線航空券と海外のホテルの予約ができる
海外レンタカー優待サービス 優待料金でレンタカーが利用できる
三井住友銀行外貨宅配サービス 職場や自宅に希望の外貨を届けてもらえる
海外おみやげ品宅配サービス 海外への出発前におみやげを選ぶと帰国に合わせて自宅に届けてもらえる

VJデスクでは、以下のようなサービスを提供しています。

  • インフォメーションサービス…観光情報の紹介
  • リザベーションサービス…レストランやチケットなどの予約や手配
  • アシスタンスサービス…ガイドや通訳の手配
  • エマージェンシーサービス…カード・パスポートの紛失や盗難の際のサポート

さらに、お得に使えるクーポンの配布もありますので、有効活用したいものです。

チケット関連のサービス一覧

ANA VISA Suicaカードには、チケットに関する以下のようなサービスもあります。

サービスの名称 内容
公演チケット 演劇・コンサートなどのチケットの案内
Vpassチケット カード会員専用のインターネット上でのチケット購入サービス
国内ゴルフエントリーサービス 1人につき500円(税別)で国内のゴルフ場の平日プレー予約をしてくれる
スタジオ・パス割引販売 ユニバーサルスタジオ・ジャパンの1デイ・スタジオ・パスを割引価格で販売
宝塚歌劇ニュース 宝塚歌劇に関する情報の提供
お得なチケット情報の案内

年会費を払うことで受けられる各種優待サービスも!

VJ CHECK&CHECK CLUB説明画像

年会費が必要ですが、とてもお得な優待サービスが受けられるのが、VJ CHECK&CHECK CLUBです。年会費は、地域やガイドブックが必要かどうかによって、2,500円(税別)の場合と1,500円(税別)の場合があります。

サービスの内容には2種類あり、グルメサービスは以下のような内容になっています。

  • 店舗の案内(メニューや予算の掲載もあり)
  • クーポン持参で飲食代が20%から50%オフ

もう1種類のサービスであるライフサポートサービスでは、以下のような国内の施設を優待価格で利用できます。

  • 宿泊施設
  • レジャー施設
  • スポーツ施設
  • 映画館

ANA VISA Suicaカードのポイントプログラムで貯まるポイントをご紹介

ANA VISA Suicaカードを利用すると、2種類のポイントが貯まります。

まずは、三井住友VISAカードのポイントプログラムで貯まるポイントについて確認したいと思います。

このポイントは、ワールドプレゼントのポイントと呼ばれます。では、詳細を見ていきましょう。

ワールドプレゼントのポイントの基本的な貯め方と使い方

ワールドプレゼント説明画像

ワールドプレゼントのポイントは、消費税も含む1,000円の利用で1ポイント貯まります。また、Suicaのチャージやオートチャージの際にもポイントが貯まります。

貯まったワールドプレゼントのポイントには使い方が200種類以上もありますので、自分の希望に合わせた使い方ができるのもメリットです。

ポイントの使い道には、以下のような例があります。

ワールドプレゼントポイント交換先一覧画像

  • 他のポイントに移行(ANAマイル、Tポイントなど)
  • 景品と交換
  • キャッシュバック
  • ギフト券やギフトカードと交換

インターネットを利用してポイントをお得に貯める方法

インターネットを利用してワールドプレゼントのポイントをお得に貯めたい場合には、以下のような方法を試しましょう。

  • ポイントUPモールを経由してショッピングをする
  • ココイコでエントリーしてからカードを利用する
  • 通販サイトV-collectionでショッピングをする(Vpass会員限定)

ポイントUPモールには、以下のようなショップがあります。最大でポイントが20倍になるので、ぜひ利用したいところです。

ポイントモールショップ一覧画像

また、BINGOでポイントが獲得できる、指定のショップにアクセスすることで貯めたメダルをポイントに交換するなど、さらにお得にポイントが貯められるコンテンツもあります。

ココイコは、以下のような流れで利用するサイトで、ココイコにログインし、エントリーしてからカードを利用することで獲得できるポイントがアップするというものです。

ココイコ利用の流れ説明画像

ココイコは百貨店やショッピングモールなどで以下のようなキャッシュバックやポイントを獲得できますよ。

  • 高島屋:キャッシュバック1%もしくはポイント3倍
  • 大丸:キャッシュバック1%もしくはポイント3倍
  • 三井アウトレットパーク:キャッシュバック1%もしくはポイント3倍
  • 松坂屋:キャッシュバック1%もしくはポイント3倍
  • 小田急百貨店:キャッシュバック1%もしくはポイント3倍

ココイコ利用特典内容説明画像

通販サイトV-collectionを利用するには、三井住友VISAカードの会員向けインターネットサービスであるVpassに登録する必要があります。V-collectionで商品を購入すると、10倍ポイントが貯まります。

マイ・ペイすリボの設定でポイントが2倍!

マイ・ペイすリボ説明画像

三井住友VISAカードでは、登録型のリボ払いの名称をマイ・ペイすリボと言います。

マイ・ペイすリボに申しこんでいると、ワールドプレゼントのポイントが2倍になる上に、年会費の割引もありますよ。

マイ・ペイすリボは、設定した支払い額を超えた金額に対して、リボ払いの手数料が発生します。

支払い金額をカードの限度額に設定してしまえば、実質1回払いと同じこととなり、手数料は発生しません。

これは裏技ですが、マイ・ペイすリボに登録して月の支払額を限度額に設定してしまえば、リボ払いの手数料を払うことなく、年会費の割引サービスが受けられ、お得に利用できますよ。

プレミアムポイント加盟店の利用でもポイントがたくさん貯まる!

インターネット上でのカードの利用だけではなく、店舗でカードを利用することでもポイントをお得に貯める方法があります。

それが、以下のステッカーを表示しているプレミアムポイント加盟店を利用する方法です。

プレミアムポイント加盟店ステッカー画像

ステッカーの下部に『×10』という表記がありますが、これはポイントが10倍になるという意味です。

この数字は加盟店によって異なっていて、この部分に記載されている倍率でポイントを獲得することができますよ。

前年度の利用金額によってボーナスポイントがもらえる!

以下のように、前年度の利用金額によってワールドプレゼントのボーナスポイントがもらえます。

前年度の利用金額 ボーナスポイント
50万円以上100万円未満 50万円の利用で50ポイント
それ以降は10万円ごとに10ポイント
100万円以上300万円未満 50万円の利用で75ポイント
それ以降は10万円ごとに15ポイント
300万円以上 50万円の利用で150ポイント
それ以降は10万円ごとに30ポイント

ANA VISA SuicaカードはANAグループ便に搭乗することでANAマイルが貯まる

ANA VISA Suicaカードを利用することで、ANAマイルを貯めることもできます。

では、貯め方やお得に貯めるにはどうすればいいのかなど、マイルについて見ていきましょう。

ANAのフライトマイルの貯め方

通常のフライトマイルは、以下の便に搭乗することで貯めることができます。

  • ANA国内線を利用
  • ANA国際線を利用
  • 提携航空会社を利用

マイル積算条件運賃でANAグループ便に搭乗した場合と、国内線の他社が運航しているANAコードシェア便をANA便で予約し搭乗した場合には、ボーナスマイルがもらえます。

ただし、他社が運航しているANAコードシェア便の国際線に搭乗した場合は対象となりません。そのため、マイルをたくさん貯めたい場合は、利用する便に気をつけましょう。

ANAマイルをお得に貯める方法

カードを継続すると、毎年ボーナスマイルが1,000マイルプレゼントされます。入会時にも、1,000マイルのプレゼントがありますので、まずはこのカードを使い続けることを考えましょう。

さらに、ANAカードマイルプラスの提携店で対象商品の購入にANA VISA Suicaカードを利用すると、ワールドプレゼントのポイントとは別に100円もしくは200円の利用で1マイルが貯まります。

そのため、提携店で買い物をするようにすることでもマイルが貯まりやすくなります。

13歳以上の子どもに持たせるプリペイドカードでマイルを貯める

ANA VISAプリペイドカード(チャージ限定型)は、ANAカードを持っている人と生計を同一にしている13歳以上の子どもに持たせることができるカードです。

ANA VISAプリペイドカード(チャージ限定型)

このカードを使うと、利用金額1,000円(税込)につき5マイルを貯めることができます。ANAカードを持っている親のカードからチャージをする形で利用することと、利用をロックする機能がついていることとで、子どもが使いすぎる心配もありません。

留学や旅行の際に、便利なカードです。

ANA VISA Suicaカードなら貯めたポイントを1ポイント5マイルに無料で交換できる

ワールドプレゼントのポイントは、SuicaにもANAマイルにも移行することができます。

ワールドプレゼントポイントをSuicaにもANAマイルにも交換可能説明画像

Suicaの場合、ワールドプレゼントのポイント1ポイントでSuica5円分になります。

ワールドプレゼントのポイントは、1ポイント→5マイルなら移行手数料無料で交換ができますよ。

コース 5マイルコース 10マイルコース
交換レート 1ポイントで5マイル 1ポイントで10マイル
移行手数料 無料 年間6,000円(税別)

ボーナスポイントをマイルに移行する場合は、どちらのコースであっても1ポイントが3マイルになります。

どちらのコースも、移行したい場合は以下のずれかの方法が選べます。

  • 応募方式
  • 自動移行方式

応募方式は、自分が希望する時に申し込みをすることでマイルに移行する方法です。自動移行方式では、自動的にマイルに移行されます。

一部のビューカード特典も利用できる

ANA VISA Suicaカードはビューカードとの提携カードですので、ビューカードの優待を一部利用する事ができます。

利用できる特典を紹介しておきますね。

  • カラオケ ビッグエコーでルーム料金30%割引
  • カラオケ・シダックスでルーム料金またはフリータイムが20%割引
  • 伊達の牛たん本舗:生小ビールもしくはソフトドリンク1杯サービス
  • 新宿中村屋レストランの「Granna」ドリンクサービス
  • 「楽蔵」「百魚」などの※第一興商系列ダイニング店舗で飲食代10%割引
  • (ランチ50円引)※銀座珈琲店のみ対象外

ANA VISA Suicaカードの申し込み方法と受け取りまでの流れ

ANA VISA Suicaカードの申し込みから受け取りまでの流れを、ご紹介します。

カード発送までの流れ

ANA VISA Suicaカードは、以下の手順で申し込みをします。その際には、手元に金融機関の通帳もしくはキャッシュカードと、運転免許証もしくは運転経歴書を用意する必要があります。

1、インターネットで申し込む
2、申し込み番号が案内される
3、引落し口座を設定する

引落し口座を設定する際には、金融機関のウェブサイトを利用する必要があります。金融機関によってはインターネット上での設定に対応していないので、その場合は郵送での手続きとなります。

発行までに時間がかかることに注意!

三井住友VISAカードのクレジットカードは、最短3営業日で発行できる場合もあるのですが、交通系IC機能が付いているカードはそれよりも発行までに時間がかかります。

そのため、余裕を持って申し込みをするようにしましょう。

ANA VISA Suicaカードの基本情報を紹介します

最後に、ANA VISA Suicaカードの基本情報をまとめていますので、ぜひご確認ください。

カード情報 内容
年会費 2,000円(税別)
※初年度無料
申込資格 高校生を除く満18歳以上の人
※未成年者の場合親権者の同意が必要
国際ブランド VISA
家族カード なし
ETCカード あり
海外旅行傷害保険 最高1,000万円
国内航空傷害保険 最高1,000万円
※旅行傷害保険はなし
その他付帯保険 ショッピング保証
年間100万円まで
※海外での利用または国内でリボ払い・3回以上の分割払いを指定した場合のみ
還元率 0.5%

移動に便利でお得感もある!日常生活でマイルが貯まるANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、電車から飛行機への移動が簡単で、さらに電子マネーの機能もあることから、出かける際にとても便利なカードだと言えます。

また、付帯保険や各種サービスも充実しているので、あまり移動しないという人でも便利でお得に利用できます。

多くの人にとって使いやすい、ANA VISA Suicaカード。クレジットカードの発行を検討している方は、ぜひ候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.