Apple Pay(アップルペイ)でiDが利用できるおすすめクレジットカード

現金いらずで支払いができるiDのような電子マネーは非常に便利ですよね。その利便性をさらにアップさせるのが、お手持ちのスマホや携帯電話で利用できるモバイルタイプのiDです。

中でもiPhoneユーザーの方向けのサービスとして提供されているApple PayでのiD利用について、ここでは詳しく解説していきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)で電子マネーiDを利用できるおすすめのクレジットカードも併せてご紹介します。

【 目 次 】

いろいろ使える!支払い方法も選べる!電子マネーiDの基本概要

まずは、電子マネーiDの基本概要について簡単にご紹介しておきましょう。iDはNTTドコモが主体となって取り扱っている電子マネーの1種です。

使い方は他の電子マネーと同様で、加盟店にて対応端末にかざすだけで支払いが完了します。

iDの使い方説明画像

加盟店の数は全国に80万店舗以上と非常に多く、なおかつコンビニ、スーパーなどの小売店や飲食店、ガソリンスタンドに空港、レジャー施設と幅広いジャンルを取り揃えています。

日頃のショッピングからレジャーや旅行まで、様々なシーンで不足なく活用できるでしょう。決済方法も以下の3種類から選べますよ。

形態も従来のカード型に加えてスマホや携帯電話でiDを利用できるモバイルタイプが用意されているなど、総合的にみて選択肢が多いのが魅力ですね。

iDにはそれ自体に独自のポイントシステムや還元サービスというのはありませんが、基本的には連携しているカードのポイントシステムに利用に応じてポイントが貯まっていく仕組みになっています。したがって、連携するカード次第で還元率が異なってくることになります。

電子マネーをiPhoneに取り込む!Apple Payのサービス

Apple PayでiDを利用している画像

次に、今回のメインテーマであるApple Pay(アップルペイ)についてご説明しましょう。

Apple Payは、既存の電子マネーをスマホなどの携帯端末に取り込むことができるサービスで、iPhoneを中心にアップル社の製品に対応しています。Androidのスマホ・携帯電話でいるおサイフケータイと同等の機能です。

電子マネーiDもこのApple Payに対応しており、取り込むことが可能になっています。使い方はカードタイプと同様にスマホを端末にかざすだけです。持ち運びやお財布からの出し入れの手間すら必要なく、圧倒的に高い利便性を持つサービスとなっています。

Apple PayでiDが利用できるクレジットカード発行会社一覧

iD対応のクレジットカード発行会社の中でも、すべての会社がApple PayでのiD利用に対応しているわけではなく、会社によって対応しているiDのタイプは異なります。

そこでここでは、Apple PayでiDが利用できるクレジットカード発行会社と、それぞれの主要なクレジットカードを一覧でご紹介しましょう。

Apple PayでiDが利用できるクレジットカード会社

対応会社 主なクレジットカード
イオンクレジットサービス ・イオンカード
イオンカードセレクト
・イオンSuicaカード
NTTドコモ dカード
dカードゴールド
JFR CARD ・さくらパンダカードVISA
・DAIMARU CARD VISA
・マツザカヤカード
株式会社ペルソナ ・ペルソナSTACIA PiTaPaカード
ペルソナSTACIA アメックス
セディナ セディナカードクラシック
セディナゴールドカード
ソフトバンクカード ・ソフトバンクカード(プリペイドカード)
ポケットカード ファミマTカード
・P-oneカード
・P-oneカード
三井住友カード 三井住友VISAデビュープラスカード
・三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAプライムゴールドカード
ゆうちょ銀行 ・JP Bankカード
ライフカード ・ライフカード
・ライフカードゴールド
VJAグループ ・三井住友銀行
・横浜銀行
・青森銀行
・りそなカード

これらのクレジットカード発行会社のうちいずれかのクレジットカードとiPhoneがあれば、カード情報をApple Payに取り込むだけで簡単にiDを利用することができるようになります。

Apple Payで電子マネーiDが利用できるクレジットカード4選

Applen Payに限らず、iDでは連携しているクレジットカードのポイントシステムに還元サービスを依存することになるため、どのカードと紐づけて利用するのかということが非常に重要になってきます。

還元率が高いクレジットカードと連携するほど、iDをお得に利用することができるのです。

また、iDと連携することが主目的とはいえ、新たにクレジットカードを作るとなれば、やはり機能やサービス、そしてコストも無視できません。

そこでここからは、還元率を中心に一通りの条件を考慮したうえで、各クレジットカード発行会社の中でも特にApple PayでのiD利用におすすめしたい4つのクレジットカードを個別にご紹介していきましょう。

25歳以下限定!還元率1%の三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、申し込み対象年齢を25歳以下に限定する若者向けのカードとなっています。

実質年会費無料でありながら、ポイント還元率は通常の三井住友カードの2倍の1%に設定されるなど、仕様も全体的に若年層向けにつくられており、手軽に利用できるお得なクレジットカードです。

そして、この三井住友VISAデビュープラスカードのもう1つの特徴が、利用対象から外れる満26歳以降最初の更新時に、三井住友VISAプライムゴールドカードに自動切替されるという点です。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友カードの20代限定ゴールドカードで、比較的手ごろな年会費で通常のゴールドカードとほぼ同等のサービスが受けられます。つまり三井住友VISAプライムゴールドカードへの切替は事実上のグレードアップなのです。

さらに三井住友VISAプライムゴールドカードは、満30歳以降最初の更新時に今度は三井住友VISAゴールドカードへとランクアップします。

年齢を重ねて、いずれはより上質なゴールドカードを持ちたいという方の足掛かりとしても、三井住友VISAデビュープラスカードはおすすめの1枚なのです。

三井住友デビュープラスカード

カード名称 三井住友VISAデビュープラスカード
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税別)
※年間1回以上のショッピング利用があれば翌年年会費無料
スペック ・25歳以下限定カード
・最短3営業日で発行可能
・基本ポイント還元率1%(通常の三井住友カードの2倍)
・入会後3ヶ月間はポイント還元率2.5%(通常の三井住友カード5倍)
・年間利用額に応じてボーナスポイントプレゼント
・優待サイト『ココイコ!』にて対象店舗でのポイントアップ/キャッシュバック特典あり
・満26歳以降最初の更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードに自動切替
・年間最高100万円のお買物安心保険付帯

実質年会費無料で補償充実!三井住友VISAクラシックカードA

現在、26歳以上で三井住友VISAデビュープラスカードの対象から外れてしまっているという方におすすめのお手頃カードが三井住友VISAクラシックカードAです。

三井住友VISAクラシックカードAは、年会費1,500円(税別)ですが、初年度無料、翌年以降も事前申込制のリボ払いサービス『まい・ペイすリボ』の登録と年間1回以上のショッピング利用があれば、年会費無料で利用できるのです。したがって、実質年会費無料のクレジットカードに分類してよいでしょう。

海外・国内旅行保険やショッピング補償といったクレジットカードの三大保険もしっかりと備わっており、ベーシックながら使い勝手の良いカードです。

三井住友VISAクラシックカード

カード名称 三井住友VISAクラシックカードA
年会費 初年度無料、次年度以降1,500円(税別)
※『まい・ペイすリボ』登録+年間1回以上のショッピング利用で翌年年会費無料
※VISAとmastercard2枚申し込みの場合、2枚目年会費250円(税別)
スペック ・最短3営業日で発行可能
・基本ポイント還元率0.5%
・年間利用額に応じてボーナスポイントプレゼント
・優待サイト『ココイコ!』にて対象店舗でのポイントアップ/キャッシュバック特典あり
・最高2,500万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高2,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のお買物安心保険付帯

基本還元率1%!年に1度でも利用すれば年会費無料dカード

電子マネーiDの運営母体となっているNTTドコモから発行されているdカードも、Apple PayでのiD利用におすすめのクレジットカードです。

基本ポイント還元率が1%と高いうえに、dカード特約店やdポイント加盟店といったポイントが通常より多く獲得できるサービスが多数用意されているので、還元率以上に効率よくポイントを貯めていくことができるでしょう。

しかもdカード特約店の一部では、iD決済でもポイント加算を受けることができます。年間1度でもショッピング利用があれば年会費無料で利用し続けることができるというコスト面も魅力です。

dポイントが貯まるポイントカード感覚としても使えるdカードは、還元サービス重視でクレジットカードを選びたいという方には最適な1枚と言えるでしょう。

dカード

カード名称 dカード
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税別)
※年間1回以上のショッピング利用(ETC、iD利用含む)があれば翌年年会費無料
スペック ・基本ポイント還元率1%
・ローソンでの決済時3%オフ
・dカード特約店にて決済時+1~4%のポイント加算(iD対応店舗あり)
・dポイント加盟店にてカード提示で利用額に応じてポイント付与
・年間最高100万円のお買い物安心保険付帯
・最高1万円のdカードケータイ補償付帯

ドコモケータイ料金でポイント10%還元!dカードゴールド

dカードには、ゴールド版のdカードゴールドもあります。実はこのdカードゴールドが、ドコモユーザーの方には圧倒的に有利な仕組みになっているのです。

まず、基本ポイント還元率は1%とdカードと変わらないのですが、dカードゴールド特典として、ドコモケータイ料金・『ドコモ光』利用料金に関してはポイントが10倍の10%になります。

月々の携帯料金の平均が9,000円ほどであれば、年間で10,800円相当、つまり年会費と同じだけの還元が受けられてしまうのです。つまり携帯料金のポイント還元だけで、年会費が相殺できてしまうということになりますよね。

さらにドコモユーザー向けのサービスとして、最高10万円ものケータイ補償も備わっています。また、空港ラウンジサービスや年間利用額に応じたケータイ割引クーポンなどの選べる特典プレゼントなど、ゴールドカードならではのサービスも多数付帯しているのです。

旅行保険やショッピング保険の補償額もぐっと上がり、幅広い場面で頼りになる1枚となっています。

高還元、特典多数、補償充実の3拍子揃ったゴールドカードが、実質年会費無料に近い感覚で利用できるというのは、非常に魅力的ですよね。ドコモユーザーの方であれば、通常のdカードよりもdカードゴールドのほうが確実にお得に活用できるでしょう。

dカードゴールド

カード名称 dカードゴールド
年会費 10,000円(税別)
スペック ・基本ポイント還元率1%
・ドコモケータイおよび『ドコモ光』利用料金ポイント還元率10%
・ローソンでの決済時3%オフ
・dカード特約店にて決済時+1~4%のポイント加算(iD対応店舗あり)
・dポイント加盟店にてカード提示で利用額に応じてポイント付与
・年間利用額100万円以上から選べる特典プレゼント
・国内主要空港28ヶ所の空港ラウンジ無料利用可能
・最高1億円の海外旅行傷害保険付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高300万円のお買い物安心保険付帯
・最高10万円のdカードケータイ補償付帯

iDを便利に!iPhoneユーザーならApple Pay(アップルペイ)がおすすめ

Apple Payを使えば、電子マネーiDをさらに便利に活用することができるようになります。従来のカードタイプよりも格段に利便性の面で優れているので、iPhoneユーザーの方には絶対にApple PayでのiD利用をおすすめします。

また、iDのような連携しているクレジットカードにポイント還元が受けられるタイプの電子マネーでは、紐づけるクレジットカードも重要になります。

ここでご紹介したクレジットカード情報も参考にして、ぜひ自分に合ったiD連携用のクレジットカードを見つけてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.