Apple Pay(アップルペイ)とは?Apple Payのメリットと最新情報

iPhoneで決済ができるApple Pay(アップルペイ)、あなたはもうお使いですか?便利だとは分かっていても、端末にクレジットカード情報を取り込むとあって、何となく不安を感じている人が多いかもしれません。

本日はそんな方向けに、改めてApple Pay(アップルペイ)とはどういうものなのか、最新情報で徹底解説します。電子決済が気になっている方は、ぜひご一読くださいね。

【 目 次 】

Apple Pay(アップルペイ)とは!?Apple Payのメリット

Apple Pay使い方説明画像

Apple Pay(アップルペイ)とは、スマートフォン(iPhone)で電子マネーを利用した決済方法のことです。

お店のレジでも電子マネーと同様、リーダーにiPhoneをかざして支払います。

Apple Payは3通りの電子マネーで精算する

Apple Pay(アップルペイ)で使われる電子マネーとは以下の3種類です。どれもコンビニや鉄道でお馴染みですよね。

Apple Pay利用可能電子マネー種類画像

Apple Pay(アップルペイ)は交通系電子マネーSuicaにも対応しているので、通勤・通学・お出かけにはとても便利です。

複数のカードをウォレットで一元管理できる

決済に使われるのは電子マネーの仕組みですが、実際にiPhoneの画面上で操作するのは登録したクレジットカードです。

Apple Pay(アップルペイ)には、クレジットカードやプリペイドカードを複数追加できるようになっています。

これがApple Pay(アップルペイ)のウォレットアプリの中身です。画面の中に複数のカードが取り込まれているのが分かるでしょう。

Apple Pay説明画像

店頭で支払いに使うカードはこの中から選ぶので、まさに財布(ウォレット)そのもの。このリアルな使用感こそApple Pay(アップルペイ)の特徴です。

電子マネーだから少額でも使いやすい

Apple Pay(アップルペイ)は電子マネーによる決済なので、少額の支払いにも使いやすいというメリットがあります。駅売店やコンビニなど百円単位の買い物にも、どうぞ気軽にApple Pay(アップルペイ)をご利用ください。

レジのリーダーにかざすだけなので、カードを出す必要もなければサインも不要!軽い外出なら、iPhoneだけで殆どの用が足せてしまいます。

2万円以上の高額決済はできない

但し高額利用になるとかざすだけでは決済できず、暗証番号の入力を求められるケースもあります。

また国内では購入額が2万円を超えると、Apple Payでは決済できません。

通勤や通学にはApple Pay(アップルペイ)で十分ですが、旅行にはiPhoneと一緒にプラスティックカードの持参をおすすめします。

Apple Payが使えるお店は全国に多数

でもApple Pay(アップルペイ)で支払えるお店は全国に沢山あるので、ちょっとしたお出かけなら本当にお財布は必要ありません。以下に対象店の一部をご紹介しましょう。

Apple Pay利用可能店舗一覧画像

  • ローソン
  • マクドナルド
  • セブンイレブン
  • すき家
  • ジョーシン
  • ソフマップ
  • ココカラファイン
  • イオン
  • アピタ ビアゴ
  • ビックカメラ
  • ファミリーマート
  • マツモトキヨシ
  • ユニクロ
  • コメダ珈琲店

全国チェーンの大規模店舗が次々加盟し、今後もますますApple Pay(アップルペイ)は使いやすくなっていくと考えられます。

Yahoo!ショッピングもApple Pay決済できる

また実店舗だけでなく、オンラインショッピングの支払いも簡単ですよ。Apple Payなら、ショップでアカウントを作るなど面倒な入力作業も必要ありません。

Yahoo!ショッピングでApple Pay使える手順説明画像

Apple Pay(アップルペイ)が決済に使えるサイトでは、「Apple Payで購入」ボタンが表示されますので、Touch IDやFace IDで簡単に決済できます。

2017年11月30日からは、Yahoo!ショッピングの支払いにもApple Payが使えるようになり、さらに便利になりました。

出前や映画チケットもApple Payで!

Apple Pay(アップルペイ)は、各種アプリと併用することでより便利になります。以下のアプリをダウンロードすれば、オンラインサービスを自在につかいこなせますよ。

  • Yahoo!ショッピング
  • Suica
  • UNIQLOアプリ
  • 全国タクシー
  • 出前館
  • giftee
  • TOHOシネマズ 公式アプリ
  • じゃらん
  • ジーユー
  • minne(ミンネ)
  • Yahoo!ショッピング
  • Seel
  • BASE(ベイス)

出前や映画チケットがApple Pay決済できる説明画像

例えば出前館アプリを使えばデリバリーの支払いも簡単&スマートですし、TOHOシネマズのアプリなら、映画館のチケットもApple Payで購入できます!

Suicaアプリなら定期券やグリーン券も買える

Suicaアプリで定期券購入可能説明画像

でもApple Pay(アップルペイ)の使い勝手の良さは、何と言っても交通機関にも利用できる点でしょう。

交通系電子マネーSuicaをウォレットに追加すれば、改札もスイスイ通れますし、駅ビルや駅ナカの売店や自販機でもApple Pay(アップルペイ)が使えます。

Suicaをより便利に使うには、Suicaアプリのダウンロードがおすすめですよ。Suicaアプリなら以下のことも簡単です。もちろん支払いはApple Pay(アップルペイ)でどうぞ。

エクスプレス設定でTouch ID/Face IDは不要!

Apple PayでSuicaを使うなら、絶対に外せないのが「エクスプレス設定」です。これによってTouch IDやFace IDが不要になり、改札通過がよりスムーズになりますよ。通勤や通学でSuicaを使う方は、ぜひこの設定を済ませてくださいね。

Apple Payエクスプレス設定説明画像

【エクスプレス設定】

  • Suicaに設定すればTouch IDやFace IDが不要
  • 設定できるのは端末内の1枚のSuicaだけ
  • 改札以外に一部ショッピングでも利用可能

また2017年10月23日からは、Apple Pay(アップルペイ)でもJR東海のエクスプレス予約サービスも利用可能になりました。

エクスプレス予約とは、パソコンやスマートフォンでいつでも新幹線のチケットをお得な割引価格で購入できるサービスのことです。

Apple Payエクスプレス設定説明画像

Apple Pay(アップルペイ)ユーザーにとって、今後もSuicaはますます便利になっていくでしょう。

Apple Payで国内線の搭乗もスイスイ!

Apple Pay(アップルペイ)には航空機チケットの登録も可能ですよ。しかもこれによって国内線の搭乗がよりスムーズになります。

JALとANAの国内線では、Apple Pay(アップルペイ)のウォレットを利用して、チェックインせずに保安検査場へ直行できる便利なサービスが使えます。

JALタッチ&ゴーサービス説明画像

サービス名称 使い方
【JALタッチ&ゴーサービス】
【ANAスキップサービス】
①国内線チケットを予約購入
②バーコードをウォレットに登録
③当日はバーコードをかざして搭乗

Apple Pay(アップルペイ)の使用環境と安全性について

ではApple Pay(アップルペイ)は、どんなデバイスで使えるのでしょう?また海外でも国内と同じように利用できるのでしょうか?

次にApple Pay(アップルペイ)の使用環境についてご説明します。

最新版は海外電子マネーにも対応

以下がApple Pay(アップルペイ)が使えるデバイスの一覧です。

対応デバイス 交通 店舗 アプリ ウェブ
・iPhone X
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7(国内)
・iPhone 7 Plus(国内)
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone SE
× ×
・Apple Watch Series 4
・Apple Watch Series 3
・Apple Watch Series 2(国内)
×
・Apple Watch Series 1
・Apple Watch(第1世代)
× × ×
・iPad Pro
・iPad(第5世代)
・iPad Air 2
・iPad mini 4
・iPad mini 3
× ×

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの最新モデルは海外で使える電子マネーにも対応、より利便性が高まっています。

海外のApple Payとは規格が異なる

しかし先ほどご紹介したApple Pay(アップルペイ)の3種類の電子マネーは、海外では利用できません。

これらは国内規格のインターフェースに対応した電子マネーだからです。以下のように、国内版Apple Payの発表当初は、海外では使えない規格でスタートを切りました。

  • 海外版Apple Pay・・・NFC Type A/B
  • 国内版Apple Pay・・・NFC Type F(Felica)※

※Apple Pay発表当初

日本ではSuica始め国内基準の電子マネーが主流なので、NFC Type F(Felica)を採用するしかなかったんですね。

最新版は海外・国内の相互乗り入れが可能

しかし2020年の東京オリンピック開催を見込んで、電子決済にもより幅広い対応が求められています。そこでiOS 11.0以降からは、国際準拠の電子決済への対応が始まりました。

それがContactless(コンタクトレス)です。その結果、最新モデルのiPhoneならより幅広い電子マネーに対応し、国内だけでなく海外でもApple Pay(アップルペイ)が使えます。

非接触型決済は海外でも安全性が高い

「海外でApple Pay(アップルペイ)を使うなんて大丈夫?」と思ってしまいますが、非接触型決済は、国内外問わずとても安全な支払い方法なんですよ。

非接触型決済説明画像

iPhoneを自らの手でリーダーにかざすだけで決済できますので、第三者による悪用やスキミングの危険性を最小限に抑えるからです。

欧米では日本よりも電子決済が普及しているので、旅行や出張ではApple Pay(アップルペイ)はきっと大活躍するに違いありません。

Apple Payはセキュリティにも優れている

Apple Pay(アップルペイ)の安全性について、もう少し詳しくご説明しましょう。先ほども触れましたが、非接触型のApple Pay(アップルペイ)は、構造上極めて安全な決済方法です。

また何枚ものクレジットカードを持ち歩けば、必然的に紛失や盗難の危険性は増えますが、Apple Pay(アップルペイ)ならiPhoneにひとまとめできるので管理しやすく、むしろセキュリティ性が高まると考えられます。

カード番号はiPhoneにもサーバーにも保存されない

しかし大切なカード情報をiPhone内で取り扱うことは、果たして安全と言い切れるのでしょうか?

昨今はクレジット情報が盗まれる事件も多発しており、iPhoneユーザーにとってもカード犯罪は決して他人事ではありません。

しかしApple Pay(アップルペイ)において、クレジットカード番号はiPhoneにもサーバ上にも保存されない仕組みになっています。

これでは盗まれようがありませんから、Apple Payユーザーにとって情報流出は心配無用と言えそうですね。

「iPhone を探す」をオンにしておく

でもだからと言って、iPhoneの紛失や盗難時の対策が不要という訳ではありませんよ。そこで基本的な対策をご説明しておきましょう。

まずどなたも必ずご確認頂きたいのは、Apple Pay(アップルペイ)を使用するデバイスの「iPhone を探す」機能をオンにしておくことです。

こうしておけば、紛失や盗難時にはiPadやパソコン上に、失くしたiPhoneの位置情報を表示させることができるのです。

iPhoneの位置情報表示画像

遠隔操作で情報を消去することも可能

「iPhone を探す」をオンにしておけば、他にもできることがありますよ。例えば本体から音を鳴らすことで見つけやすくしたり、「紛失モード」をオンにしてApple Pay(アップルペイ)を一時的に使えなくすることも可能です。

また遠隔操作でデバイス上の情報を完全に消去することもできますが、その場合「iPhone を探す」機能まで使えなくなってしまいますので、これはあくまでも最終手段ですね。

Apple Pay(アップルペイ)に登録できるクレジットカード

次にApple Pay(アップルペイ)で使用するクレジットカードについてご説明しましょう。

Apple Pay(アップルペイ)にはどんなカードが登録できるのか、またどんなカードを選ぶべきなのかを見ていきます。

クレジットカード対応はおよそ90%

以下がApple公式サイトに記載された対応カード会社の一覧です。あなたがお持ちのカードは含まれているでしょうか?

この他にもメガバンク・地銀・信金も多数参入しており、現在Apple Pay(アップルペイ)対応は90%に近い普及率となっています。

上記の中にもまだ一部ブランドや一部カードに未対応もあるものの、登録できるクレジットカードの種類は、発表当初とは比較にならないほど増えているんですね。

VISAブランドのカードは一部利用制限がある

ただしVISAブランドのクレジットカードについてはちょっと注意が必要です。現時点では、以下のような利用制限があるからです。

  • オンラインでApple Pay決済ができない
  • ウォレットではSuicaへのチャージができない

VISAブランドでもSuicaアプリでチャージ可能

しかしSuicaへのチャージについては対応策があるのでご安心ください。この通りSuicaアプリをダウンロードすれば、VISAブランドのカードでもチャージが可能ですよ。

クレジットカードの例 Suicaへのチャージ
(Apple Payウォレット内)
三井住友VISAカード ×
※Suicaアプリで可能
500円からチャージできる
楽天カードVISA ×
※Suicaアプリで可能
500円からチャージできる
楽天カードJCB
1円からチャージできる

Apple Pay(アップルペイ)のウォレットでチャージを完結したいという方は、VISA以外のブランド(JCB、Mastercard、American Express)のカードをご利用ください。

ただしVISAに限らずどのクレジットカードでも、読み込めない・使えないといったトラブルが皆無ではありません。Apple Payには、複数のクレジットカードの準備や登録をおすすめします。

Apple Payでもちゃんとカードポイントが貯まる

ところでクレジットカードの利用において、ポイント還元は大きな楽しみのひとつですよね。ではApple Pay(アップルペイ)を使っても、同じ様にポイントは貯まるのでしょうか?

もちろんポイントの貯まり方は、普通にクレジットカードを使った時と変わりません。

Apple Pay(アップルペイ)で支払ってもポイント獲得数に差は生じませんし、加盟店の優待もちゃんと適用されます。

共通ポイントのPonta(ポンタ)ポイントにも対応

2018年11月7日より、Apple Pay(アップルペイ)は共通ポイントであるPonta(ポンタ)ポイントにも対応しました。

Pontaポイント

WalletアプリケーションにPontaカードを追加するだけで、ローソンでApple Payを利用すると同時にPontaポイントを貯めることができます。

WalletアプリにPontaカードを追加する方法はとても簡単で、Ponta Web(Ponta公式サイト)またはPontaカードアプリから「Apple Walletに追加する」ボタンをクリックするだけです。

しかも、わざわざPontaカードを提示したり、Pontaアプリを起動してバーコードやQRコードのスキャンしてもらう必要がなく、Apple Pay(iD・QUICPay・Suica)で支払うだけで同時にPontaポイントが貯まりますので、決済もスムーズですよ。

クレジットカードによって還元率が下がる場合がある為注意

ただ数は少ないのですが、Apple Payで支払うと還元率が下がるケースがあります。以下の2カードについては、公式ページでもApple Pay利用で還元率が低くなる旨が記載されています。

クレジットカード 問題
ビックカメラSuicaカード カード決済:ビックカメラで10%還元
Apple Pay決済:ビックカメラで8%還元(※)
iPhoneとは別にカードの提示が必要
JALカードSuica カード決済:JALカード特約店でマイル2倍
Apple Pay決済:上記特典は適用されない

しかも支払い時にはiPhoneとは別に、必ずカード本体を提示してください。そうでないと、更に還元率は下がってしまいます。

但しこれはポイント加算率の高い一部店舗の例で、一般的にはクレジットカードで支払ってもApple Pay(アップルペイ)で支払っても、基本的に還元率には差が生じません。

店頭では全て一回払いになる

では支払い方法についてはどうなのでしょうか?クレジットカード決済では店頭で支払い方法を指定できますが、Apple Pay(アップルペイ)を使うと、全て一回払い扱いとなります。

理由は、Apple Payは電子マネー決済扱いとなるからです。店頭でリボ払い分割払いの指定はできませんので、ご注意くださいね。

ですが、一回払いが負担なら、あとから分割払いにする事もできます。一回払いが負担なら、必要に応じてカード会員サイトにてリボや分割に変更してください。

iPhoneの電池切れにご注意

クレジットカードとは関係ないのですが、最後に重要な注意点をひとつ。それはiPhone端末の電池切れです。案外うっかりしがちですが、Apple PayユーザーにとってiPhoneの充電切れは深刻です。

Apple Pay(アップルペイ)は電池残量がかなり減っていても使えますが、完全な電池切れでは支払いもできず、改札も通れないからです。

もしも電車に乗った後にこうなってしまったら悲惨ですよ。利用区間運賃を全額現金で支払わないと、改札を出ることができません。

Apple Pay(アップルペイ)をご利用の際は、電池残量には十分気をつけてくださいね。

Apple Pay(アップルペイ)は使い勝手の良い電子決済です

2016年の日本上陸後、Apple Pay(アップルペイ)はますます便利になっています。実店舗での買物、交通利用、オンライン決済はもちろんのこと、使えるお店やクレジットカードは拡大する一方です。

2018年11月7日からはローソンのみですが共通ポイントであるPontaポイントにも対応しました。

また海外対応も進み、最新モデルは国内同様海外でもApple Pay(アップルペイ)が使えます。iPhoneユーザーなら絶対に乗り遅れないでくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.