nanaco
自動車税は電子マネーnanaco(ナナコ)で支払えばお得

車を所有している人にとって、毎年必ずやってくる高額な自動車税の支払いは、憂鬱なものですよね。

しかし実は、この自動車税の支払いが、電子マネーのnanacoをうまく活用することでポイントを大量に獲得するチャンスとなり得ます。

自動車税をnanacoで支払ってポイント還元を受ける方法と、そのために必要なおすすめのクレジットカードについて、詳しく解説していきましょう。

自動車税は電子マネーnanacoで支払いすればポイントを獲得できる

自動車税の金額は、一般の乗用車で約3~6万円ほどと、一度にまとめて支払う税金としてはやや高額ですが、たいていは、金融機関やコンビニなどで現金支払いをしてしまうことが多いのではないでしょうか?

しかしこの自動車税を、セブンイレブンでnanacoを利用して支払うことで、現金で支払うよりも確実にお得になります。

nanakoカード

なぜなら、そうすることでクレジットカードのポイント還元を受けることができるようになるからです。

ただし、支払いの手順次第では、ポイント還元が受けられない場合もあるので、注意が必要です。以下に、nanacoを利用して自動車税の支払いでポイントを獲得することができる仕組みを詳しくご説明しましょう。

nanacoにクレジットチャージ&セブン-イレブンでの収納代行でポイント獲得

セブンイレブンでは、自動車税を含む公共料金の収納代行を行っています。この収納代行の支払いには、実は現金だけでなくnanacoも利用できるのです。

ただ、収納代行はnanacoポイント付与の対象外となる支払いです。したがって、支払いの際にnanacoポイントによる還元を受けることはできません。

ではなぜ、nanacoでの自動車税納付でポイントを獲得することができると言えるのでしょうか?それは、nanacoに特定のクレジットカードでクレジットチャージをすることで、ポイントを獲得することができるからです。

つまり、nanacoへのチャージがポイント付与の対象となるクレジットカードでクレジットチャージを行ってから、セブンイレブンで自動車税をnanaco支払いするという手順を踏んで初めて、金額分のポイントを獲得できると言うことになります。

クレジットカード納税もポイント対象!ただし決済手数料に注意

ここで気になるのが、クレジットカードで直接納税してしまえば、簡単にポイントを獲得できるのではないか?と言うことですよね。

自治体によっては、クレジットカードによる自動車税の納付に対応しており、ポイントも基本的には通常のショッピング利用などと同様の形で獲得できます。

ただ、クレジットカードでの自動車税納付には決定的なデメリットがあります。決済手数料が必要になるのです。

決済手数料は自治体により異なるが1件300円前後の手数料がかかる

クレジットカード納税の決済手数料は、税金の種類や自治体によって設定が異なります。自動車税に関しては、一律324円(税込)という金額設定が主流になっていますが、中には納税額によって手数料が変動するところもあります。

この決済手数料と、クレジットカードの還元率との兼ね合い次第では、せっかくポイントを獲得できても、結果的に損をしてしまう可能性が少なからずあるのです。

例えば、自動車税額が34,500円、決済手数料が324円(税込)の場合で考えてみましょう。

【還元率1%のクレジットカードの場合】

  • 345円ポイント獲得
  • 決済手数料324円(税込)
  • 21円お得
【還元率0.5%のクレジットカードの場合】

  • 172円ポイント獲得
  • 決済手数料324円(税込)
  • 152円損

自動車税をクレジットカード払いするなら、還元率が1%以上ある高還元クレジットカードでないとお得にはなりません。

また、決済手数料がそもそも必要ない、nanacoでの収納代行と比べてしまえば、還元率に関わらずお得感が低いことは明白ですよね。だからこそ、ここではnanacoでの自動車税納税をおすすめしているのです。

電子マネーnanacoで自動車税を支払いする時の3つの注意点

nanacoでの自動車税支払いでスムーズにポイントを獲得するために、知っておいてほしい注意点が3つあります。

  • nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを選ぶ
  • 5万円以上の納税には『センターお預かり』を利用する
  • nanacoを発行手数料無料で入手する

最重要!nanacoチャージでポイント貯まらないカードではポイントを獲得できない

これが最も重要なのですが、大前提として、nanacoへのチャージでポイントが貯まらないクレジットカードを利用するのは絶対にNGです。

nanacoチャージがポイント付与の対象となるクレジットカードは、限られています。

チャージでポイントが貯まらないクレジットカードを利用していては、いくらnanacoで自動車税を支払っても全くお得にはなりません。

nanacoチャージでポイントが貯まる主なクレジットカードと、それぞれの年会費、nanacoチャージの還元率をご紹介しましょう。

クレジットカード 年会費 還元率
リクルートカード 無料 1.2%
セブンカードプラス 初年度無料、次年度以降500円(税別)
※年5万以上利用で次年度無料
0.5%
Yahoo!JAPANカード 無料 0.5%
ファミマTカード 無料 0.5%
JMBローソンPontaカード 無料 0.5%
タカシマヤセゾンカード 無料 0.5%
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 初年度無料
次年度以降1,000円(税別)
1%

見ていただくとわかる通り、年会費無料のもの多いので、nanacoでの納税のためだけに新たにクレジットカードをつくるということも可能です。

この中でも特におすすめのカードに関しては、後半にもう少し詳しくご紹介しましょう。

裏技を使えばnanacoチャージ上限額を最大10万円にできる

通常、1枚のnanacoのチャージ上限額は5万円となっています。しかし、自動車税の納税に際しては、金額が5万円を超えてしまう場合もありますよね。

そこでぜひ知っておいてほしいのが、『センターお預かり』というnanacoのシステムを利用するちょっとした裏技です。

nanacoにクレジットチャージをすると、そのお金は直接nanacoに入金されるのではなく、一時的に『センターお預かり分』という形でキープされます。この『センターお預かり分』は、セブン銀行ATMやセブンイレブンなどの店舗レジで、残高確認または現金でのチャージを行うことで、初めてnanacoに反映される仕組みになっているのです。

センターお預かり分説明画像

そこで、以下のような手順をとることで、nanacoにチャージされる金額の上限を5万円から最大10万円まで増やすことが可能になります。

①nanacoに5万円分クレジットチャージする

②セブン銀行ATMまたはセブンイレブンなどで残高確認を行う

③再びnanacoに5万円分クレジットチャージする

こうすると、nanacoに入金された5万円に加えて、『センターお預かり分』として5万円をキープしておくことができるので、結果的にnanacoで最大10万円の支払いをまとめてすることが可能になるのです。

ただしnanacoのスマホアプリ版『モバイルnanaco』では、クレジットチャージでも入金すると即時反映されてしまい『センターお預かり分』は発生しないため、5万円以上の支払いに利用することはできません。その点は注意が必要です。

なお、nanacoで5万円以上の支払いをする方法としては、他にも、nanacoカード自体を複数枚用意するというやり方もあります。

この方法であれば、10万円以上の支払いにも対応可能です。ただしクレジットカード1枚につき連携できるnanacoは1枚となっています。そのため、nanacoカードを複数枚用意するのであれば、その数だけクレジットカードも必要となるので、気を付けてください。

発行手数料300円のnanacoを無料で手に入れる2つの方法

nanacoカードの発行にあたっては、通常300円(税抜)の発行手数料がかかります。自動車税の支払いのために初めてnanacoカードをつくるという方にとっては、少額とはいえ無駄な出費に感じられてしまいますよね。

実は、nanacoを発行手数料無料で手に入れる方法はいくつかあります。

その中でも、特に誰でも簡単にできそうなのが、以下の2つの方法です。

  • イトーヨーカドーのハッピーデーにnanacoカードを発行する
  • 無料スマホアプリ『nanacoモバイル』を利用する

イトーヨーカドーでは毎月8のつく日をハッピーデーとして優待セールなどを開催しています。このイトーヨーカドーのハッピーデー特典の1つとして、nanacoカードの発行手数料が無料になるのです。

なお、セブンイレブンやデニーズなどのセブン&アイグループの他の店舗でも、同様のキャンペーンを不定期に開催することがあります。日ごろから対象店舗を利用する際には、気にしておくとよいでしょう。

もう1つは、上でも少し出てきたスマホアプリ『nanacoモバイル』を利用する方法です。『nanacoモバイル』は、おサイフケータイ対応のスマホでnanacoを利用できるアプリで、完全無料でダウンロードすることができます。

利用状況の確認やクレジットチャージの手続きなどがアプリ内でいつでも行えるなど、サービス面の充実度も高く、nanacoを日常的に活用できる環境にある方なら、とっておいて損はありません。

このように入手方法にも気を付けることで、よりお得にnanacoを利用することができるのです。

自動車税をnanaco払いする方におすすめのクレジットカード3選

ここからは、自動車税のnanaco支払いでポイントが貯まるクレジットカードの中でも、特におすすめの3枚について、詳しくご紹介しましょう。

1.2%の高還元率が魅力!年会費無料のリクルートカード

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードの中でも、特に還元率が高いのがリクルートカードです。リクルートカードの還元率は基本1.2%となっており、nanacoへのクレジットチャージでも同様のレートで還元が受けられます。

貯まったポイントは電子マネーのPontaにチャージできるPontaポイントに交換可能なので、使い道に困ることもないでしょう。

年会費無料ながら、海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険と言った付帯保険の内容もかなり充実しており、メインカードとしても十分に利用できるおすすめのクレジットカードです。

注意点としてnanacoチャージ(電子マネー全て対象)でポイント獲得できる金額上限が月に3万円までとなりますので、納税額が3万円以上の場合は2カ月に分けてチャージしましょう。

リクルートカード

カード名称 リクルートカード
年会費 無料
特徴 ・常時1.2%の高還元率
・ホットペッパー、じゃらんnetなど関連サービスでボーナスポイント
・貯まったリクルートポイントをPontaポイントに交換可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
・年間最高200万円のショッピングガード保険が付帯

nanaco一体型も選べる!セブンカードプラス

nanacoカードもこれから新たにつくらなければならないという方におすすめなのが、セブンカードプラスです。

セブンカードプラスはその名の通りセブン&アイグループのクレジットカードで、手持ちのnanacoカードと連携させるnanaco紐付け型の他に、nanaco機能を搭載したnanaco一体型を用意しています。

年間5万円以上のショッピング利用があれば、実質年会費無料で利用することができるので、これもまたnanacoを無料で手に入れる1つの方法と言えるでしょう。

還元率はnanacoへのクレジットチャージを含め、0.5%とごく標準的な設定になっていますが、1枚でnanacoのチャージ&支払いが非常にスムーズにできるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

また、ポイントシステムとしてnanacoポイントを取り入れており、貯まったポイントをそのまま搭載・連携しているnanacoにチャージできると言うのも便利なところです。

セブン&アイグループでの利用は還元率1~1.5%と高還元で利用頂けますよ。

セブンカードプラス

カード名称 セブンカードプラス
年会費 初年度無料、次年度以降500円(税別)
※年間5万円以上のショッピング利用で翌年度無料
特徴 ・nanaco一体型が選べる
・ショッピング利用でnanacoポイントが貯まる
・イトーヨーカドーのハッピーデーは5%オフ
・年間100万円のショッピングガード保険(海外)が付帯

Tポイントがどんどん貯まるYahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは、その名の通りYahoo!JAPANが発行するクレジットカードです。

ショッピング利用で基本1%のTポイントが貯まる高還元カードとなっています。ただし、nanacoへのクレジットチャージに関しては、還元率0.5%となります。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用は還元率3%まで上がりますので、ネットショッピングをよく利用する方にもおすすめのクレジットカードですね。

Yahoo! JAPANカード

カード名称 Yahoo!JAPANカード
年会費 無料
特徴 ・ショッピング利用でTポイントが貯まる
・基本1%の高還元率(nanacoクレジットチャージは0.5%)
・Yahoo!ショッピングまたはLOHACOの利用でポイント3倍
・年間最高100万円のショッピングガード保険が付帯
・18種類の補償セット『プラチナ補償』が月額490円(税別)

他の公共料金にも応用可能!nanacoでお得にポイント貯めよう

自動車税という避けられない高額支払いも、大量ポイント獲得のチャンスだと思えば、少し気の持ちようが変わりますよね。

セブンイレブンでの収納代行は、他の税金を含む、ほとんどすべての公共料金に対応しています。

つまり、このテクニックは他の税金や公共料金にも応用可能なのです。ぜひ自動車税の支払い以外にもどんどんnanacoを活用して、お得に効率よくポイントを貯めていってください。

PAGE TOP