クレジットカードのブラックリストに載る条件と載らない条件

クレジットカードの審査に通らない人のことを、よく『ブラック』『ブラックリストに載っている』などと言いますよね。

ですが、ブラックリストとは何か?何をすればブラックリストに載るのか?ということを、正確に理解している人というのは、案外少ないのではないでしょうか?

ここではそんなクレジットカードの審査におけるブラックリストの正体や、ブラックリストに載る条件と載らない条件について、詳しく解説していきたいと思います。

【目 次】

ブラックリストの正体!『信用情報の異動情報』っていったい何?

実は、ブラック対象者を取りまとめたブラックリストというものは、公式には存在していません。

ブラックリストとは!?

ブラックリストというリストは存在しませんが、ローンやクレジットカードの返済が滞ったり、債務整理をしたり、破産をした場合に、信用情報機関に「延滞情報」や「事故情報」が登録されることを、ブラックリストに載ったと表現されます。

異動情報とは、延滞情報や金融事故情報の事を指し、信用情報に異動情報が掲載されてしまった時に、ブラックリストに載ったと言われるのです。

ブラックリストの正体ともいえる、信用情報や異動情報の仕組みについて、まずはご説明しましょう。

信用情報とは!?異動情報が掲載される仕組み

信用情報とは、個人のクレジットカードやキャッシング・ローンなどの契約内容や利用状況などをまとめたデータのことです。

クレジットカードやキャッシング・ローンなどの契約は、信用に基づいて履行される『信用取引』に該当します。そのため、契約するにあたっては信用性をチェックするための事前審査が必要になるのです。

この信用取引の事前審査において、信用性を客観的に判断する材料として非常に重視されるのが信用情報です。

信用情報は、主に国が認定した3つの指定信用情報機関と呼ばれる機関で管理されています。カード会社などの信用取引を行う会社は、この指定信用機関のうちいずれかに加盟しており、事前審査の際には、本人の同意を得たうえで信用情報の照会を行うのです。

そして、もし過去のクレジットカードなどの利用において、重大なトラブルがあって契約通りに支払いを完了できなかった場合、信用情報に『異動情報』と呼ばれるデータが登録されます。

クレジットカードだけじゃない!ブラックリスト入りの代償

異動情報が登録される、つまり支払いを正当に完了できないほどのトラブルを発生させるというのは、信用を大きく損なう行為です。信用取引において、信用を失うというのは致命的なことです。

クレジットカードはもちろん、キャッシングやカードローンと言った信用取引に該当する契約については、まず間違いなく審査を通らなくなってしまいます。また、住宅ローンや車のローンと言った、事前審査の必要な大きなローンを組むこともできなくなります。

信用情報に異動情報が掲載され、ブラックリスト入りしてしまうと、普段の生活だけでなく、家や車などの人生設計に関わる大きな買い物にも支障が出てきてしまうのです。

ブラックリストには登録期間があって、一定の年数を経過すると信用情報機関から登録が削除されます。

信用情報機関別にブラックリストの登録期間を紹介してますので、ブラックリストの登録期間を解説している記事もあわせて読んでみてくださいね。

絶対審査に通らない!ブラックリストに載ってしまう4つの条件

ブラックリストに載ってしまう、つまり、信用情報に異動情報が登録される条件は、主に以下の4つです。

  • 3か月以上の長期延滞
  • 保証会社による代位弁済
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理など)
  • カードの強制解約

携帯料金、奨学金にも要注意!3か月以上の長期延滞

クレジットカードやキャッシングなどの支払いが毎月の支払日から遅れてしまうことを延滞と言います。

延滞は、支払い能力の低下や期日を守って支払いをすることに対する意識の低さを感じさせるため、カード会社にとっては非常に印象の良くない行為です。

それでも、数日程度の遅れや、やむを得ない事情で支払いが翌月に…と言った少しの遅れであればそれほど問題視されることはありません。しかし、延滞期間が3か月を超える長期になってくると、異動情報が登録されてブラックになってしまうのです。

また、毎月の支払い状況というのはある程度さかのぼって確認することができるので、異動扱いにならないほどの短期間の延滞でも、頻度・回数が多くなってくると審査に不利になってしまうことがあります。

なお、クレジットカードやキャッシング以外にも、携帯料金の支払いや、奨学金などのその他のローンの返済の延滞も、種類によっては信用情報に登録されてしまう可能性があるので、注意が必要です。

代わりに返済=債務帳消しじゃない!?保証会社の代位弁済

保証会社による代位弁済も、異動情報が登録される原因の1つです。

といっても、保証会社という言葉自体にあまりピンとこないという人もいるかもしれません。

【保証会社とは】

クレジットカードの分割払い・リボ払いやキャッシングなどの分割返済の途中で契約者が支払い不可能になった時に、代わりにカード会社などに残債を支払う『代位弁済』を行う会社のこと。

原則として、クレジットカードやキャッシングの契約をする際には、同時に保証会社との委託契約も行われる。

保証会社による代位弁済が行われたということは、契約者本人が支払いを完了させられない状況に陥ってしまったということです。

そのため、やはり支払い能力や返済意識を不安視され、ブラックとして扱われることになります。

また、保証会社による代位弁済というのは、単純に契約者の債務を肩代わりするというシステムではありません。あくまでも、一時的にカード会社への支払いを代行するという仕組みに過ぎないのです。

したがって、代位弁済が行われた以降も、債権がカード会社から保証会社に移るだけで、残債の支払いの義務そのものは契約者本人が負い続けることになります。

自己破産や個人再生、任意整理…債務整理でもブラックに

支払いを続けることが難しくなって、自主的に債務整理を行った場合にも、やはり異動情報が登録されてしまいます。

債務整理は、大きく2つに分類することができます。

  • 法的な債務整理手続き(自己破産、個人再生など)
  • 業者との協議による債務整理(任意整理)

債務整理というのは、利用者からすると万が一の時の救済措置的な仕組みですが、カード会社などからすると、使った(借りた)お金をきちんと支払わずに済ませたということになってしまうので、やはり印象は非常に悪くなります。

そのため、新たにクレジットカードを契約したとしても、また同じことをするリスクがあると判断されて、審査には通らなくなってしまうのです。

なお、信用情報機関によっては、法的な手続きではない任意整理であれば異動情報が登録されないということもあります。

ただし、異動情報のような重要な情報は主要な信用情報機関同士でネットワークを介して情報共有されています。したがって、異動情報に関しては、信用情報機関による差は基本的にないものと考えておいた方が良いでしょう。

他人への貸与や現金化が原因…悪質な規約違反による強制解約

クレジットカードには必ず禁止事項などを定めた規約があり、重大な違反があった場合には強制的にカードを解約されてしまうということもあります。これも、異動情報が登録される要因の1つです。

強制解約の原因となる悪質な規約違反としては、例えば他人へのカードの貸与や、クレジットカードのショッピング枠現金化などが該当します。

そうした決められたルールを守る意識の希薄な人は、やはりリスクの高いユーザーとして、クレジットカードの審査では不利な扱いを受けるのです。

特にカードの貸与などは、家族や恋人といった親しい間柄だとついついやってしまいがちですが、クレジットカードの利用は原則として契約者本人にしか認められていません。

知らずにやったことでブラックになってしまうことがないように、最低限のルールは正しく把握しておくようにしましょう。

意外!ブラックリストに載りそうで載らない3つのケース

実は、確実に異動情報が登録されてブラックリスト入りしてしまう条件というのは、上で紹介した4つしかありません。

一方で、ブラックリストに載ると勘違いされてしまいがちだけれど、実際には異動情報が登録されることはあり得ないというケースもあります。そんなブラックリストに載りそうで載らないケースとして、ありがちな事例を3つご紹介しましょう。

  • 公共料金(電気、ガスなど)の延滞
  • 過払い金請求
  • 親兄弟・配偶者などがブラック

公共料金は延滞してもブラックにならない!その理由とは

電気やガスなどの公共料金に関しては、どれだけ延滞しても異動情報が登録されてブラックになることはありません。これらの契約や支払いは、信用取引には該当しないからです。

ただし公共料金の支払いにクレジットカードを利用している場合は、やはり3か月以上の延滞によってブラックリスト入りしてしまいます。

ここで気を付けてほしいのが、公共料金の支払いに使用していることを忘れてクレジットカードを解約してしまって、引き落としができなくなって延滞…というパターンです。

延滞していれば電気会社やガス会社から連絡が来るはずですが、仕事などで忙しいと確認し損ねて、いつのまにか延滞が長期化していたなどと言うことにもなりかねません。

公共料金に限らず、定期的な支払いにクレジットカードを使用している場合は、それをしっかりと把握しておくように心がけましょう。

債務整理とは違う!過払い金請求でブラック入りは基本ナシ

キャッシングやローンなどの過払い金請求は、ブラックリスト入りの原因と思われがちです。

しかし実際には、過払い金請求をしたことが直接の要因で異動情報が登録されるということは、原則としてありません。

【過払い金請求とは】

現在では違法になっているグレーゾーン金利でキャッシングなどの借り入れをしたことによって、支払いすぎた利息の返還請求を行うこと。

過払い金請求は、不当に支払った利息を正当な手続きを踏んで返してもらう仕組みです。債務整理とは根本的に目的が異なります。

それでも、過払い金請求が認められ始めた当初には、『契約見直し』として異動情報がついてしまうこともあったのですが、近年はそういうことはなくなっています。

ただし、過払い金請求の申請をした時点で、まだ債務が残っていて、なおかつ過払い金を差し引いても残債が出てしまう場合、債務整理として扱われてしまうことがあります。そうなると、信用情報に異動情報が登録されてしまうことになるので、注意が必要です。

過払金請求は債務者の正当な権利だが業者にとっては損失

また、過払い金請求は債務者の正当な権利ではあるものの、業者側にとっては大きな損失を出してしまうことになるため、印象は決して良くはありません。

そのため、信用情報とは無関係に、社内的に『過払い金請求をしたユーザー』として記録が残り、その業者ではクレジットカードやキャッシングなどの審査に通らなくなってしまうというケースもあるようです。

審査対象はあくまで本人だけ!親兄弟・配偶者がブラックでも関係なし

親兄弟や配偶者など近しい身内がブラックになっていると、それが原因で自分までブラック扱いされ審査に通らなくなるのでは…と危惧する人もいるかもしれません。これに関しても、その可能性は全くないと言えます。

信用情報に掲載されるのは、あくまでも本人の情報のみで、たとえ親族や家族であってもデータが自動的に連動するということはありません。

なおかつ、信用情報をカード会社などが紹介する際には、必ず本人の同意が必要になります。したがって、審査の際に本人以外の身内の信用情報を勝手にチェックするということも不可能です。

つまり、家族の誰かがブラックだということが信用情報を介して他者に知られたり、自分までブラックになってしまうということは、絶対にありえないのです。

逆に言えば、もしクレジットカードの審査に落ちてしまったとしたら、その原因は必ず自分自身にあるということになります。

ブラックリストに載ってる?知りたいアナタは信用情報をチェック!

信用情報に異動情報が登録されてブラックになってしまっていると、いくらクレジットカードを申し込んでも絶対に審査を通ることはできません。

信用情報にはカードの申し込みをした段階で、その情報が掲載されます。

そして、あまり短期間にいくつものクレジットカードを申し込んでは落ちて…ということを繰り返していると、『申し込みブラック』と呼ばれる審査に不利な状態になってしまうこともあるのです。

信用情報は、本人であれば信用情報機関に開示請求を行うことができます。

もしもクレジットカードの審査に少しでも不安があったり、スムーズに審査に通らないようなことがあれば、新たにカードを申し込む前に一度信用情報を確認してみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.