カード型Suica(スイカ)の残高を確認する8つの方法

JR東日本の電子マネーSuicaは、チャージが必要なプリペイド型のサービスとなっています。そのため、チャージ金額を使い切ってしまうと残高不足で改札が通れなかったり、お店での支払いができなかったり…少し恥ずかしい事態を引き起こしてしまいかねません。

特にカード型のSuicaは、本体に残高確認をする機能がないため、いつのまにか残高不足に陥ってしまいがちなイメージがありますよね。

そこでここでは、残高不足をなるべく避けるために知っておきたいカード型Suicaの残高確認をする方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

【 目 次 】

実に8種類!カード型Suica(スイカ)の残高確認方法を徹底解説

カード型Suicaの残高確認方法は実はかなり多彩に用意されています。なんと実に8種類もの方法で残高確認を行うことが可能になっているのです。

  • 駅の改札通過時に確認する
  • 駅の券売機で確認する
  • コンビニなど加盟店支払いのレシートで確認する
  • Suica対応自販機で確認する
  • Suicaインターネットサービスで確認する
  • Androidアプリ『Suica check』を利用する
  • Androidアプリ『マルチ残高リーダFree』を利用する
  • 電子マネー残高表示機能付きパスケースnocolyを利用する

このように、一般的な駅の改札や券売機以外でも加盟店やネットサービス、アプリなど様々な方法で残高確認ができるのです。以下にそれぞれの方法について、詳しく解説していきましょう。

自動改札ディスプレイで残高確認可能

Suicaの残高は、実はJR東日本エリア内であれば駅の自動改札を通る際に必ず確認することができます。

自動改札や簡易Suica改札機と言ったSuica対応の改札機にはディスプレイが設置されており、Suicaを読み取り部分にタッチすると自動的に電子マネー残高が表示される仕組みになっているのです。

Suicaカードで改札通る画像

ただし表示される時間が短いため、混雑時や急ぎの時には正確に確認することが難しいかもしれません。

特にひっきりなしで人が通るような混みあっている状況では、表示された残高が自分のSuicaのものなのか、前後の人のものなのか確かめられない可能性が高いでしょう。

また、乗車時の改札通過の際にSuicaの電子マネー残高が初乗り運賃(IC料金)に満たない場合には、改札機を通れなくなってしまうので注意が必要です。

初乗り運賃(IC料金)は路線によって133円または144円のいずれかに設定されているので、残高確認も兼ねて改札を通る場合には、少なくとも150円程度は残額がある状態を目安にするのもおすすめですね。

残高0円でも利用可能!券売機のSuica残高確認機能が便利

駅に関していえば、自動券売機もしくは多機能券売機といった券売機でもSuicaの残高は確認することが可能です。

自動券売機

こちらは残高確認のみの利用ができるので、自動改札と違ってお金を使わずに確認だけを済ませることができます。

極端な話、チャージ残高が0円でも全く問題ありません。初乗り運賃分も残高がない可能性が高い場合には、券売機に立ち寄って残高確認をした方がスムーズでしょう。

チャージ可能店舗がおすすめ!加盟店のレシートで残高確認

Suicaは鉄道利用だけでなく、コンビニや飲食店と言った加盟店での支払いにも利用することができます。

この加盟店でSuica支払いをした場合には、必ずレシートにSuica残高が表示されるのです。したがって、ここでもSuica残高をチェックすることが可能です。

ただし駅の自動改札と同様、利用時点ですでに残高不足の状態になっていると、結局そこでチャージをしなければならないので、純粋に残高確認だけを行うということにはなりません。

特にSuicaの加盟店はすべての店舗でチャージができるわけではないので、注意が必要です。チャージ不可能な店舗では残高不足のSuicaを支払いに利用することはもちろん不可能なため、レシートで残高確認をするということもできなくなってしまうのです。

この方法でSuicaの残高確認をするのであれば、レジでの現金チャージが可能な店舗を選ぶことをおすすめします。参考として、レジチャージ対応の主要な加盟店を以下に一覧でご紹介しましょう。

ジャンル 加盟店
コンビニ ・ファミリーマート
・セブンイレブン
・ローソン
・ミニストップ
など
スーパー・ショッピングセンター ・イオン
・ピアゴ
・ピーコックストア
など
その他 ・ビックカメラ
・ツルハドラッグ
・エッソ、モービル、ゼネラル
など

特にコンビニは対応店舗が多く、なおかつ駅周辺や通勤経路にある可能性が高いので、ついでの残高確認がしやすいと思います。必要に応じて活用しましょう。

商品選択前にかざすだけ!マルチマネー対応自販機で残高確認

コカ・コーラの自販機の中には、Suicaなどの電子マネーで利用可能なマルチマネー対応自販機という機種があります。

このマルチマネー対応自販機では、商品の選択前の段階でSuicaを読み取り部にかざすことで、電子マネー残高の確認をすることができるのです。

コカ・コーラ自販機

この方法だと券売機と同様、お金を使うことなく残高確認ができるので、電子マネー残高がまったくわからない状態でも安心して利用することができます。

ただし同じマルチマネー対応自販機でも、それぞれに対応している電子マネーの種類が異なり、中にはSuica非対応のものもあるので注意が必要です。

対応電子マネー一覧

マルチマネー対応自販機の対応電子マネーは自販機に貼られているステッカーで確認することができるので、残高確認を行う前には必ずチェックするようにしてください。

パソコンやスマホで即残高確認!Suicaインターネットサービス

Suicaユーザー向けに提供されているオンラインサービス『Suicaインターネットサービス』を使うと、自宅のパソコンでもSuicaの残高確認を行うことが可能になります。

このサービスを利用するにあたっては、Suicaを読み取る『NFCポート(旧:FeliCaポート)/パソリ』という機器が必要です。

パソリ

価格は機種にもよりますが、だいたい2,500円~5,000円弱程度となっています。

この『Suicaインターネットサービス』では、Suicaの残高確認だけでなくチャージやオンライン加盟店での即時決済なども行うことができますよ。

さらにiPhoneやiPadといったIOSデバイスの携帯端末をご利用の方であれば、パソリRC-390という機種と組み合わせることで『Suicaインタネットサービス』のサービスを出先でも利用することができるようになるのです。

パソリRC-390

どこでもSuicaの残高確認やチャージを行うことができるので、さらに便利になるでしょう。

パソリ購入という初期投資は必要ですが、Suicaの利用頻度が高い方や外でいちいちチャージをする手間が惜しい方にはメリットの大きいサービスと言えるのではないでしょうか?

スマホアプリで簡単残高確認!『Suica check』

R東日本が直接提供するサービスだけでなく、スマホのアプリでもSuicaの残高確認が可能なものが出てきています。その筆頭に上がるのが、その名も『Suica check』というAndroid向けアプリです。

Suica check

『Suica check』ではICカードをかざして読み取るNFC(近距離無線通信)機能を利用して、Suicaをスマホにかざすだけで簡単に残高確認を行うことができるようになっています。

アプリを起動していない状態でも、NFC機能が有効ならSuicaをかざした時点でアプリが自動的に起動して残額を表示してくれるので、非常にスムーズです。

Suicaのほかにも、ICOCA、TOICA、PASMO、PiTaPa、Manaca、KITACAといった一部の相互対応電子マネーでも利用することが可能となっています。

WAONやnanacoにも対応!『マルチ残高リーダFree』

もう1つ、Suicaの残高確認ができるアプリとしてご紹介したいのが、『マルチ残高リーダFree』というものです。こちらもAndroid向けのアプリとなっています。同じくNFC機能を利用してSuicaなどのICカードの残高確認ができるというのが主要な機能です。

マルチ残高リーダFreek

さらにこちらは対応ICカードの種類が幅広く、Suicaの他にも以下の電子マネーにも対応可能となっています。

WAONやnanacoに関しては、ポイント数やポイント有効期限を確認することもできます。『Suica check』と比べるとより汎用性の高いアプリと言えるでしょう。

ただしTカードやPontaカードと言ったICカード以外のカードには非対応となっているので、注意が必要です。

ケースやキーホルダーでSuicaの残高を確認できるnocoly

スマホアプリ以外でSuicaの残高を確認する方法としては、残高表示機能付きパスケース『nocoly』を利用するという手もあります。

パスケース『nocoly』

この『nocoly』はNFC機能を内蔵したパスケース型の機器となっており、Suicaを入れた状態で表のボタンを押すといつでも残高が表示されるという優れものです。

さらに改札通過時や加盟店での決済直後にはボタンを押さなくても自動的にその時点での残高を表示してくれます。改札ディスプレイやレシートよりもスムーズかつ確実に残高をチェックすることができるでしょう。

ノコリー・キーホルダー

こちらもPASMOやICOCA、manacaなどの相互対応電子マネーでも利用可能です。iPhoneだからAndroid向けのアプリは使えないという方や、いちいちスマホを取り出して残高確認をするのも面倒という方には非常におすすめのアクセサリと言えるでしょう。

しかもiPhone7plus(iPhone6plus、6splusも可)ユーザーの方には、スマホケースと『nocoly』が一体になった、さらに便利な『nocoly AIR』というタイプも用意されています。

価格は3,000円前後と普通のパスケースと比べると値が張りますが、機能性を考えれば十分に妥当な範囲です。他にもnocolyにはカードをかざして利用するキーホルダー型のものもあります。

こちらはシンプルなもののほかにも、かわいらしいディズニーデザインも多数用意されており、選ぶ楽しみが広がります。

さらにキーホルダー型含め一部の機種に関しては、WAONやnanaco、Edyにも対応可能となっているので、生活の中で幅広く活用できるでしょう。

残高不足の心配なし!オートチャージも是非活用しよう

Suicaの利用頻度が高く、チャージを頻繁にする手間や残高を気にするのが負担に感じる方は、是非オートチャージを検討してみてください。

オートチャージでポイントが貯まるクレジットカードと併用すれば、よりお得にSuicaを利用頂けます。

オートチャージなら残高不足の心配なし

オートチャージ説明画像

JR東日本発行のクレジットカードであるビューカードなら、オートチャージが利用できるので残高不足で決済ができなかったり、改札で足止めされるなんてこともありません。

オートチャージなら残高が少なくなると自動改札通過時に自動的に一定額をチャージしてくれるので、残高不足に陥る心配はほぼなくなり、非常に便利です。

また、ビューカードならSuicaチャージでポイント3倍(還元率1.5%)と高還元な上に、貯まったポイントは1ポイント1円としてSuicaにチャージできてお得ですよ。

Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードを是非活用してくださいね。

Suicaの残高確認方法は多彩!オートチャージも活用しよう

カード型Suicaは駅や加盟店だけでなくネットサービスやアプリ、そしてパスケースなど様々な方法で残額確認が可能となっていることがおわかりいただけたでしょうか?

これほど多彩な確認方法が用意されていれば、自分のライフスタイルに合わせてスムーズに残高確認ができるやり方を選ぶことができますよね。

このようにSuicaは残高確認方法も含め、多様なスタイルに合わせられる柔軟なシステムになっています。ぜひ自分に合った使い方を見つけて、今よりもっとSuicaを活用してみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.