クレジットカード支払い方法
クレジットカードの支払い方法を解説!選べるから無理なく支払える

クレジットカードの支払い方法を解説!選べるから無理なく支払える
  • ツイッター
  • はてなブックマーク
  • Facebook

クレジットカードの便利なところは、現金いらずで支払いが済ませられるだけでなく、多彩な支払い方法が用意されていて状況に応じて自在に選択可能という点です。

お財布事情に合わせて支払い方法を選ぶことができるので、無理なく確実に支払いを進めていくことができるのは、後払いのクレジットカードならではのメリットですよね。

ここではそんなクレジットカードの支払い方法について、まとめて解説していきましょう。

クレジットカードの多彩な支払い方法を一挙解説

ショッピングなどでの支払いを後払いにできるクレジットカードでは、毎月の支払日があらかじめ決められています。そしてそれとは別に毎月の締め日が設定されており、締め日までの利用分をその1ヵ月の利用額として翌月以降に支払うというのが基本の仕組みです。

ただし単純に前月の利用分を全額翌月の支払日に支払うかと言えば、そうではありません。クレジットカードでは複数の支払い方法が用意されており、支払いの回数や金額を自分である程度選択することが可能になっているのです。

クレジットカードの主要な支払い方法としては、以下のようなものがあります。

それぞれの支払い方法について、詳しく解説していきましょう。

シンプルに翌月一括清算!1回払いはクレジットカードの基本

1回払いは、1件のクレジットカード利用分を翌月に一括で全額支払うという支払い方法です。手数料はかかりません。クレジット決済の最もメジャーかつ基本的な支払い方法となっており、クレジットカードユーザーの方なら、必ず利用したことのある支払い方法ではないでしょうか?

クレジットカードの支払い方法への対応状況は加盟店によって多少異なることがあるのですが、この1回払いに関してはすべての加盟店で利用可能です。

また、海外利用時はさらに支払い方法が限定されるケースが多く、ほとんどの場合1回払いが基本となります。その月に使った分を翌月に清算するという非常にシンプルな支払い方法です。

2回に分けて手数料も不要!意外と便利な2回払い

2回払いというのは、文字通り1件の利用分を翌月、翌々月の2回に分けて支払う支払い方法です。こちらも手数料は不要となっています。

1回で支払うには高額で負担が大きいけれど、手数料のかかる分割払いやリボ払いは避けたい…そんな時にはこの2回払いが適しているでしょう。ややマイナーですが、意外と使い勝手の良い支払い方法なのです。

手数料に要注意!3回以上の支払い回数が選べる分割払い

分割払いは、1件の利用分を所定の回数に分割して支払う支払い方法です。分割できる回数はクレジットカード会社によって異なりますが、だいたい3回~24回の範囲で決まった回数から選択可能です。中には最大36回など、長期間で支払い可能なところもあります。

ただしこの分割払いを利用する場合は、手数料が発生します。手数料の利率はクレジットカード会社や支払い回数によって変わってきますが、最大で15%/年かかります。

12回払いで1年、24回払いで2年…と支払い回数が大きくなると、その分手数料額もかさんで無視できない金額になってくるので注意が必要です。

たいていの場合、分割払いに対しては支払いの途中での残高一括払いに対応しているので、可能であればそうした仕組みも活用してなるべく早く清算しましょう。

月々一定額支払いのリボ払い…支払い長期化のリスクに注意

リボ払いとは、利用金額や利用件数にかかわらず毎月基本一定の金額を支払う支払い方法です。分割払いと同じく、最大で15%/年の手数料を月々の支払額に上乗せして支払うことになります。

月々の支払額は自分で設定可能となっており、クレジットカード会社やその時の支払い残高にもよりますが、だいたい5,000円を下限としています。ただし、月々の支払額をあまり小さくしすぎると残高がなかなか減らずに支払いが長期化しやすいので注意が必要です。

さらにリボ払いでは設定金額を超える毎月の利用額が残高にどんどん上乗せされていくことになります。そうなると、いつまでたっても残高はゼロにならず、支払いが終わりません。最終的に支払う手数料の金額もかなりの額になってしまうでしょう。

また、月々の支払額と実際に利用している金額の乖離が大きすぎると、利用状況を把握しにくく使い過ぎの原因になってしまうというリスクもあります。

リボ払いを利用するなら計画的に

リボ払いを利用するのであれば、そうしたリスクやデメリットを把握したうえで慎重に、なおかつ計画的に行うことが重要です。なるべく継続的には利用せず、お金の余裕がない時にピンポイントで使うことが望ましいでしょう。

なお、たいていのクレジットカード会社ではリボ払いの支払い残高のすべて、あるいは一部を支払日以外に臨時返済することも可能です。手数料を節約するためには、可能な限りはやく残高を減らすよう心がけましょう。

ボーナス月に支払いを先延ばし!ボーナス払いは手数料不要

ボーナス払いは1件の利用分を翌ボーナス月に支払うという支払い方法です。クレジットカード会社によって多少の差はあるかもしれませんが、基本は1月または8月が支払い月となります。手数料は必要ありません。

お金が入ってくるタイミングに合わせて支払いを先延ばしできるのがボーナス払いの最大のメリットです。ただ、ボーナス払いの場合利用するタイミングによっては支払いが数か月も先になってしまいます。支払いがあることを忘れてしまって、引き落としの際に慌てるようなことがないように多少の注意が必要です。

支払いを数か月先延ばし可能!『スキップ払い』『あといち』

ここまでご紹介してきた支払い方法とはことなり、スキップ払いと「あといち」はそれぞれJCBとニコスカードが独自に設けている支払い方法です。

仕組みとしては、どちらも1件の利用分を利用者が指定した月に一括で支払うという形になります。JCBの『スキップ払い』では最長6ヵ月、ニコスカードの『あといち』では最長5か月先までの支払い据え置きが可能です。手数料は不要となっています。

こちらもボーナス払いと同様、お金に余裕がある月に支払いを先延ばしできて、なおかつ手数料もかからないというのがメリットです。自分のタイミングで無理なく支払いをする支払い方法として、ぜひ活用しましょう。

同じクレジットカードでも、加盟店によって対応している支払い方法が異なることがあるんですね。確かに分割払いをしようとしたら、断られたことがあるな!どこでもすべての支払い方法に対応してくれればいいじゃないですか。
クレジットカードでは加盟店ごとに契約の時に対応する支払い方法を選べるんだ。分割払いやボーナス払いなんかの変則的な支払い方法を取り入れると、カード会社から加盟店への入金サイクルに影響することがあるから、避けるお店もあるみたいだね。

分割・リボ払い非対応店での利用分に!カード会社の支払いサービス

ここまでご紹介してきた支払い方法はすべて、それぞれの加盟店での実際のショッピング利用時に指定するものとなっています。加盟店によっては分割払いができない、リボ払いができない…などというように対応していない支払い方法があるケースもあり、不便に感じることもあるかもしれません。

その際にぜひ活用してほしいのが、カード会社が独自に設けた登録型リボ払いや『後から分割』・『後からリボ』といった支払いサービスです。

こうしたカード会社側の支払いサービスを利用すると、例えば1回払いしか対応していない加盟店での利用分もリボ払いや分割払いに変更できたりと、クレジットカードの使い方の幅がさらに広がります。

そんなカード会社の支払いサービスについてもご説明しておきましょう。

懐事情に合わせてフレキシブルに支払い可能!登録型リボ払い

まずご紹介するのは、一般的に登録型リボ払いと呼ばれるサービスです。

事前の利用登録をしておくことで、加盟店での支払いの際に1回払いとしてもカード会社の方で自動的にリボ払いに変換してくれるサービスとなります。もちろん、通常のリボ払いと同様に月々の支払額も自分で設定可能です。

この登録型リボ払いサービスでは、実際の利用額が指定額を超えない分にはそのまま1回払いと同じように翌月に全額支払って完了となります。一方で設定額を超える利用があった場合には、翌月以降のリボ払いとなります。その際にはやはり通常のリボ払いと同じく手数料がかかります。

登録型リボは支払い設定額を自由に変更できる

設定金額はある程度自由に変更することができるので、例えば出費が多く余裕のない月はいったん減額したり、逆に多めに支払いができそうな月は設定額を増やして残高を一気に減らしたりと、フレキシブルに支払いができるのが利点です。もちろん、設定額の増減なく一定額を支払っていくこともできます。

自分の懐事情に合わせて無理なく支払いをしていきたいという方には、使い勝手の良い支払い方法となるのではないでしょうか?ただしあくまでもリボ払いなので、支払い長期化や手数料といったデメリットがあることは忘れてはいけません。

なお、最近ではほとんどのクレジットカード会社で、この登録型リボ払いサービスに対応しています。主要なクレジットカード会社のサービスを一覧で確認してみましょう。

クレジットカード会社 サービス名
JCBカード 『支払い名人』
三井住友カード 『マイ・ペイすリボ』
ニコスカード 『楽Pay』
セゾンカード 『リボ宣言』
楽天カード 『自動でリボ払い』
エポスカード 『いつでもリボ』
アメリカン・エキスプレス 『ペイフレックス(自動リボ)』

このように、それぞれ名称は異なりますが国内から外資まで幅広いクレジットカード会社で登録型リボ払いサービスを取り入れているのです。

後から支払い方法を変更できる!『後からリボ』・『後から分割』

ショッピングの際に支払い方法を1回払いで指定したけれど、後から出費が重なって支払いが厳しくなってしまった…なんていうこともありますよね。そんな時に頼れるのが、クレジットカード会社が提供するもう1つの支払いサービス『後からリボ』や『後から分割』です。

『後からリボ』・『後から分割』は文字通り後から支払い方法を変更できるサービスです。登録型リボ払いサービスと同じく、自分のペースに合わせて無理なく支払いができるのが利点ととなっています

予測できない後々の出費や収入の変動に合わせて支払い方法を変えることができるのは、非常に心強いですよね。

ただし1回払いからリボ払いや分割払いに支払い方法を変更するとなると、当然のことですが手数料がかかってくるので、その点は注意が必要です。

こちらの支払いサービスもほとんどのクレジットカード会社で対応しているので、必要に応じて活用しましょう。

登録型リボ払いサービスを提供しているクレジットカード会社の中には、サービスの登録や利用によって年会費優遇、ポイントアップなどの優待が受けられるところもあるんだよ。クレジットカード会社的にオススメの支払い方法なんだね。そういう特典もぜひチェックしてみて!

要注意!クレジットカードの支払い遅れは重大ルール違反

現金いらずでショッピングができて、しかも多彩な支払い方法が選べるクレジットカードは非常に便利ですが、反面『お金を使っている』という手ごたえを感じにくく、ついつい使いすぎてしまいがちです。時には、支払日直前になってお金が用意できずに焦るということもあるかもしれません。

そこでクレジットカード利用する上で何よりも重要な注意点として意識しておいてほしいのが、『支払日に遅れることなく確実に支払いを行うこと』です。

クレジットカードでは利用者がお店で使ったお金をクレジットカード会社がいったん立て替え、それを支払日に利用者がカード会社に後払いする仕組みをとっています。このシステムが成り立つのは、利用者とクレジットカード会社の間に『互いが必要なお金をきちんと支払ってくれる』という信用があってこそです。

だからこそ、期日通りにに使った分のお金を支払うことができないというのは、クレジットカードを利用する上で重大なルール違反になってしまいます。

遅延損害金にカードの利用停止も…支払い延滞のデメリット

もしクレジットカードの支払日にきちんと支払いができなかった場合、ペナルティとして遅延損害金という罰金を支払うことになります。

遅延損害金は手数料と同じく年利で設定されており、たいていのクレジットカード会社では法定利率の上限である14.6%/年を基本としています。実際の計算は日割りで行われ、支払いが遅れれば遅れるほど金額がかさんでいくので注意が必要です。

また、それまでのクレジットカードの利用状況やクレジットカード会社の判断によっては、支払いの延滞が解消するまではクレジットカードが利用停止になってしまうこともあります。そうなると普段の生活にも支障が出てきてしまいますよね。

このようにクレジットカードの支払い遅れにはデメリットしかありません。支払日に確実に満額支払いができるよう、ある程度の計画性をもってクレジットカードを利用しましょう。上でご紹介した『後からリボ』・『後から分割』などの支払いサービスも上手に活用してください。

支払い遅延で信用情報にも傷がつく!入会審査や増額審査に悪影響

クレジットカードの支払い延滞のデメリットは、遅延損害金やカードの利用停止と言ったその場限りものだけではありません。

あまりにも延滞の頻度が高かったり、長期間にわたって支払いができなかった場合、信用情報というデータにその状況が記録されてしまうことがあります。

信用情報とは、信用情報機関と呼ばれる専門の機関で管理されている、文字通り個人の信用を評価するためのデータです。具体的には、クレジットカードやキャッシングなど、信用に基づいて取引を行うサービスに関する利用履歴が記録として残ります。

この信用情報は、クレジットカードの各種審査において必ずチェックされる重要なデータとなっています。そこに過去の支払い遅延の情報が載ってくると、やはり審査には悪影響を及ぼすことになってしまうのです。

例えば新たにクレジットカードを申し込んだり、利用しているクレジットカードの利用枠の増額を希望したりした場合に、信用情報に過去の支払い遅延のデータがあることで評価が下がり、審査を通らなくなってしまうというのは十分にあり得ることでしょう。

長期的なスパンで見ても、クレジットカードの支払い遅延というのは非常にリスクのある行為なのです。

クレジットカードの支払い遅延の原因で意外と多いのが、引き落とし口座の残高不足なんだ。うっかり口座にお金を入れるのを忘れていると、引き落としができなくて思いがけず支払い延滞をしてしまうことがあるよ。口座残高にはくれぐれも注意してね。

多彩で便利!クレジットカードの支払い方法を知って使いこなそう

クレジットカードを利用する際、1回払いが無理なら分割払いやリボ払いにするしかないと思っていた方もいるかもしれません。しかし実際には、クレジットカードにはこんなにも多彩な支払い方法が用意されているのです。

特に、手数料がかからずに支払い回数を増やせる2回払いや支払いの先延ばしができるボーナス払い、スキップ払いなどは、マイナーながら使い勝手がよくおすすめの支払い方法です。また、自分のペースで無理なく支払いをするためには、登録型リボ払いや『後からリボ』・『後から分割』などのカード会社が提供する支払いサービスも有用です。

ぜひこうした支払い方法の違いやメリット・デメリットをしっかり理解して、今以上にクレジットカードを使いこなしてください。

  • ツイッター
  • はてなブックマーク
  • Facebook
PAGE TOP