信販系クレジットカードの特徴!おすすめのタイプと人気の信販系カード

ひとくちにクレジットカードと言っても、銀行系や流通系、信販系など色々なジャンルに分かれています。

ジャンルごとに特徴があるので、どのカードが良いのか迷ってしまうこともありそうですね。

その中のひとつ、信販系のクレジットカードは、メリット、デメリットのバランスに優れた性質を持っています。特徴を掴んでいれば、メリットを多く受けることができますよ。

信販系クレジットカードのメリットやデメリットに加え、おすすめのクレジットカードもチェックしてみましょう。

【目 次】

信販系クレジットカードとは!?信販会社提供のクレジットサービス

信販系クレジットカードとは、信販会社がリリースしている種類のクレジットカードを指します。

信販会社では様々な商品を取り扱っているのですが、クレジットカードもその商品の中の一つということになります。

  • 利用者(会員)の信用に応じてサービスを提供する
  • 信用がなければ利用することができない

信販会社はクレジットカード会社とは違い、クレジットカード以外にも商品を提供しています。代表的なものはマイカーローンなどの目的別ローン、分割払いのショッピングローンが有名でしょう。

信用第一!クレジットカードはあくまで一時立て替え

クレジットカードも含め、信販会社が提供する商品は、全て利用者の信用に応じて提供されることになります。信用がなければ利用することはできません。

信販会社は利用者を信用してカードを発行し、利用店舗で先払いを行います。いわば立て替えてくれている状態です。

利用者は後日、必ず支払いをしなければいけません。利用者を信用できるからこその商品ですよね。

銀行系クレジットカードや流通系クレジットカードも信用が必須であることは当然ですが、信販系のクレジットカードは、更に強く意識しておきたいものだと言えるでしょう。

有名どころの信販系クレジットカードとは!?信販系クレジットカードは多種多彩

日本国内だけでも、数百種類、数千種類ものクレジットカードが発行されていると言われています。一体どれだけの商品があるのか想像もつきませんね。

信販系のクレジットカードだけを見てみたとしても、相当の種類があるということは容易に想像できます。

  • 国内系信販会社の発行クレジットカード
  • 外資系信販会社の発行クレジットカード

信販系のクレジットカードは、大きく分類するとこの二種類になります。その中でも有名なカードはいくつかありますし、耳にしたことがある人も多いでしょう。

国内の有名信販系クレジットカード

国内の信販会社が取り扱っている中でも、有名なカードをいくつか挙げてみましょう。ひとつだけではなく、いくつも知っている人がいるのではないでしょうか。

  • ジャックスカード
  • オリコカード
  • ライフカード
  • セゾンカード
  • セディナカード
  • ニコスカード
  • JCBカード

いずれも国内系の信販系クレジットカードとしては実績があり、初心者にもオススメだと言われています。

大手の会社が発行しているだけあって、カスタマーセンターの対応も良く、万が一のトラブルには手厚い対処が期待できます。

中でもJCBカードは、日本で最も古い国内系の信販系クレジットカードになります。

国内信販系クレジットカードのパイオニアとして、絶大な人気を誇っていることは間違いありません。

超有名!外資系なら知っておきたいこの2つ

外資系の信販会社が取り扱うクレジットカードも、数だけで言えば相当数あることは確かです。しかし、中でも有名なのは以下のふたつになるでしょう。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • ダイナースクラブカード

アメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスと、ハイステータスの人だけが持てるダイナースクラブカード。どちらも有名ですよね。

ダイナースクラブカードは社会的ステータスが高く、収入もハイクラスの人を対象としていますので、初心者にはあまり向かないカードになります。

対してアメックスは、最近では流通系クレジットカードと提携することもあり、高いステータスのわりには、以前よりは敷居が低くなっていると言えるでしょう。

信販系クレジットカードはどんな人向け!?おすすめのタイプ

信販系カードはどんな人に向いているのでしょうか?他の系統のカードと比較してみると、やはりそれなりに違いがあります。

まずは信販系カードの代表的な特徴から見てみましょう。

  • 初心者向けから慣れている人まで幅広く使える
  • サービスや利用できるジャンルに偏りがない
  • キャンペーンが多くポイントがつきやすい
  • 基本還元率が高いカードが多い

簡単に言ってしまえば、「信販系クレジットカードはありとあらゆる層の人が日常の中で利用しやすいカード」ということになります。

気になる人は気になるもの!信販系クレジットカードのステータス

クレジットカードをよく知っている人の中には、ステータスを気にする人もいることでしょう。

先に少しご説明したアメックスやダイナースクラブカードとはまた異なり、「カードの系統によるステータスの違い」も存在します。

クレジットカードは様々な種類があり、種類に応じた社会的ステータスがあります。銀行系クレジットカードがトップで、その次に来るのが信販系クレジットカードです。

クレジットカードの中でも、信販系クレジットカードのステータスは上の方になります。

流通系クレジットカードや消費者金融系クレジットカードに比べて審査も厳しめになりますので、カードを持っているだけで、「それなりに社会的に信用できる人」と判断されるでしょう。

信販系クレジットカードは特定の利用先が決まっていない方におすすめ

信販系クレジットカードは、あらゆる人がまんべんなく便利に使えるクレジットカードですので、特定の利用先が決まっていない方に向いているクレジットカードです。

信販系クレジットカードは、特定店舗でのお得さを追求するという点においては、そこまで抜きん出ているわけではありません。

クレジットカードを特定の百貨店や特定のスーパー、コンビニなどで利用することが多い場合は、流通系クレジットカードを利用する方がお得になります。

信販系クレジットカードは、特定の利用先が特に決まっていない方におすすすめのクレジットカードですね。

人気の信販系クレジットカードはコレだ!基本還元率が高い信販系クレジットカードを抜粋

信販系の特徴は分かったけど、いざカードを選ぶとなると、一体どれにすればいいのか難しいな…と考える人は、まず最近人気のあるカードをチェックしてみてはいかがでしょうか。

老舗のカードはもちろんのこと、時代やニーズに合わせた様々なカードもリリースされています。

基本還元1.25%の高還元!ジャックス発行REX CARD!

ジャックスが発行元となっているREX CARDは、価格.comや食べログを運営しているカカクコムが手掛けるクレジットカードです。

ポイント還元率が1.25%と非常に高く、ポイント獲得を視野に入れたカード選びをする際には、ぜひとも覚えておきたい一枚ですね。

また、年会費が無料にも関わらずフルスペックの海外旅行旅行保険が自動付帯する点も魅力です。

REX CARD

カード名称 REX CARDカード
年会費 無料
特徴 ・基本還元率1.25%の高還元
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険

流通系の便利さも!Orico Card THE POINT!

オリエントコーポレーションからリリースされているOrico Card THE POINTも、年会費が永年無料です。

基本還元率は1%、入会半年間は2%の高還元カードです。業界では珍しい電子マネーiDとQUICPayがダブル搭載されています。

コンビニなどのちょっとした買い物の時、素早く支払いを済ませることが可能。もちろんすべてポイント還元対象ですので、あらゆるシーンでポイントが貯まりそうですね。

オリコカード・ザ・ポイント

カード名称 Orico Card THE POINT
年会費 永年無料
特徴 ・基本還元率1.0%
・入会半年は2.0%
・電子マネーiD、QUICPayダブル搭載

ポイント最大2倍!三菱UFJニコスのVIASOカード!

三菱UFJニコスからリリースされているVIASOカードは、年会費無料で最短翌営業日に発行可能なカードです。

ETCや携帯電話料金がポイント2倍になったり、VIASOeショップ経由でネットショッピングをすればポイント倍率がアップするカードですよ。

また、支払い方法を楽Payに指定している期間は、最大100万円のショッピング補償が自動付帯となります。楽Pay利用者はチェックしてみて下さいね。

VIASOカード

カード名称 VIASOカード
年会費 無料
特徴 ・ETC利用分ポイント2倍
・海外旅行保険最高2,000万円

39歳以下の方限定!2017年リリースのJCB CARD WとJCB CARD W plus L

日本の老舗ブランドJCBが、2017年10月から会員募集をしたJCB CARD WとJCB CARD W plus Lは、まだまだ新しいクレジットカードです。

39歳以下の方限定ですが、ハイスペックなJCBのプロパーカードを年会費無料で持つ事ができますよ。

JCB CARD Wのポイント還元率は、基本は1%というものなのですが、指定店舗での利用は還元率が2%となっており、こちらもとてもお得です。

指定店舗はイトーヨーカドー、セブンイレブンなど、身近で利用する店舗ばかり。こちらで利用すれば2%還元です。

JCB CARD W JCB CARD W plus L

カード名称 JCB CARD W
JCB CARD W plus L
年会費 無料
特徴 ・基本還元率1.0%
・指定店舗での利用で還元率2%
・スターバックスカードチャージで還元率3%
・海外旅行保険最高2,000万円
・海外ショッピング保険最高100万円

海外旅行者必携!アメリカン・エキスプレス・カード!

アメックスグリーンカード

アメリカン・エキスプレス・カードは、言わずと知れた外資系の超有名カード。アメックスという略称で知られていますね。

海外旅行関連がとても充実したカードですので、海外に行く機会が多い人にはぜひオススメしたい一枚です。

スタンダードカードにも関わらず、ステータスやサービス内容はゴールドカード並みです。

カード名称 アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 12,000円(税別)
特徴 ・基本還元率0.3%~1%
・メンバーシップ・リワード・プラス加入で
・ポイント→航空マイル変換時に還元率2%にアップ
・空港ラウンジ同伴者1名も無料
・海外旅行保険最高5,000万円
・国内旅行傷害保険最高5,000万円
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・オンライン・プロテクション

ステータスもポイントも!欲張れる今時の信販系クレジットカード!

信販系のクレジットカードは、独自サービスに積極的な流通系カードと比較すると、強みのあるサービスはあまりないのではと言われていました。

ですが、基本還元率が高い信販系クレジットカードは増えてきています。

ステータスと言えば銀行系か信販系でしたが、それにポイント還元率を加えると、信販系がいかにお得かが分かります。

ポイント還元率が高い上に、ステータスも確保されやすいのが最近の信販系クレジットカードの特徴です。どちらも重視したい人には絶対にオススメしたいジャンルですので、ぜひチェックしておいて下さいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.