借金はクレジットカード審査に影響する!?影響する借金としない借金

キャッシングやカードローンなど、誰でも手軽にお金が借りられるサービスが充実している昨今、多少なりとも借金があるという方は、案外多いのではないでしょうか?

ただ、クレジットカードに申し込むとなると、このちょっとした借金の存在が審査に影響するのではないか?というのが気になってくるところですよね。

ここではそんな気になる借金のクレジットカード審査への影響について、様々な観点から詳しく解説していきたいと思います。

【 目 次 】

借金は返済能力の評価に影響!クレジットカード審査で不利になる

結論から言えば、借金の有無は、クレジットカードの審査に確実に影響を与えます。ただし、借金があると絶対にクレジットカード審査に通らない…などと言うほど極端な話ではありません。

借金の金額・件数やカード会社の審査基準によっては、借金があっても審査に通ってクレジットカードを作ることは可能です。

ではなぜ、借金の有無はクレジットカード審査に影響するのでしょうか?

クレジットカードの審査は返済能力や信用性を中心に評価される

クレジットカードの審査では、申込者の返済能力や信用性を中心に評価が行われます。その際、借金があると返済能力の評価を下げるマイナス要因となってしまうのです。

例えば、同じ収入で借金がゼロの人と、キャッシングですでに30万円の借り入れがある人なら、前者の方が返済能力は確実に高いと判断されるのは至極当然のことですよね。

したがって、場合によっては借金が原因でクレジットカード審査を落ちてしまうということも起こり得るでしょう。

ただし審査基準はカード会社によって異なるため、借金がどれくらいあると審査に通らなくなると、一概に言うことはできません。そこに本人の収入や生活状況などと言った属性要素も加味されるので、なおさらです。

とはいえ、借金の金額や件数が大きくなればなるほど、審査で不利になることは間違いないと言ってよいでしょう。

少額借入でも件数が多いと審査に通らない可能性アップ

意外と影響の大きい要素として特に注意してほしいのが、借金の件数です。

借入金額自体は少なくても複数の業者で分散して借り入れをしている場合は、思った以上にクレジットカード審査では不利になってしまう可能性があります。

というのも、同じ金額でも複数の業者で少しずつ借りていると、返済能力の評価が低く1社でまとめて借りることができない人物とみなされてしまうことがあるのです。

最悪の場合、借金を返すために他社でまたお金を借りる自転車操業状態に陥っている可能性を疑われることすらあります。

このように、借り入れ件数が多いことは、えてして悪く捉えられてしまう傾向があるのです。

同時借り入れ件数が2,3件程度までならともかく、4件を超えてきてしまうと、審査に通る確率はかなり低くなってしまうので、気を付けてください。

キャッシング枠希望者は要注意!総量規制の仕組み

クレジットカードを新たに作る際に、キャッシング枠を希望している場合には、借金の金額に特に注意が必要です。

同じクレジットカードの利用枠でもキャッシング枠は貸金業法という、ショッピング枠とは異なる法律の規制下にあります。貸金業法というのは、主に消費者金融などのキャッシング業者に対して効力を持つ法律です。

そしてこの貸金業法の中の、総量規制という仕組みがキャッシング枠を含むクレジットカード審査においては重要なポイントになってきます。

【総量規制とは】

個人のキャッシングなどでの借り入れ総額を、原則として本人の年収の3分の1までと制限する仕組みのこと。

この総量規制がある以上、もしもすでに他社で年収の3分の1に達する借り入れがある場合、新たに申し込んだクレジットカードでキャッシング枠を申請しても、希望が通ることはありません。

最悪の場合、総量規制を超えるキャッシング枠を申請したということが原因で、審査でマイナス評価を受けてしまうことさえあるのです。

今現在、お金を借りているかどうかに関わらず、借り入れ枠があるだけでも総量規制の対象となってしまうので、不要なキャッシング枠などは新しいクレジットカードを申し込む前に解約してしまうことをおすすめします。

他社借り入れは絶対隠せない!信用情報の仕組みと重要性

他社でお金を借りていても、クレジットカードを申し込む際に黙っておけばバレないのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、他社での借り入れ状況は、たとえ自己申告をしなかったとしても、カード会社側には必ずわかってしまいます。それは、信用情報があるからです。

信用情報とは

個人のクレジットカードやキャッシングなどの利用履歴(クレジットヒストリー)を取りまとめたデータのこと。

客観的に信用性を評価することができる重要な資料とされている。国が認める3つの指定信用情報機関を中心に管理されている。

カード会社は原則として、この信用情報機関に少なくとも1つは加盟しており、新規申込者の審査の際には必ず情報照会を行います。

信用情報を確認すれば、借金の有無はもちろんのこと、借り入れの詳細な内容や支払い状況まですべて明確にわかってしまうのです。

したがって、借金があるのにカード会社に隠し通すということは、絶対に不可能です。

もし本当は他社借り入れがあるにも関わらず、隠そうとしたことがカード会社にバレてしまうと、それだけで虚偽申告をしたとして審査に落ちる理由になり得るので、注意してください。

借金の有無だけじゃない!クレジットカード審査に影響する事故情報

信用情報には、今現在の借金の有無の他にも、クレジットカード審査に影響する要素がいくつかあります。その中でも特に重要性が高いのが、事故情報です。

【 事故情報とは 】

過去のクレジットカードやキャッシングの利用において、信用を著しく損なう重大なトラブルを生じた際に登録されるデータの総称

事故情報が登録される可能性があるのは、主に以下のような案件です。

  • 2~3ヶ月以上の長期延滞
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 保証履行

信用情報上に事故情報があると、それだけでほぼ100%に近い確率でクレジットカード審査を通らなくなってしまいます。

これがいわゆる、ブラックリストに載っているといわれる状態です。

今現在は借金が無かったり、あるいは少額借り入れしかしていなくても、過去にクレジットカードやキャッシングの利用上何らかのトラブルを起こしている場合には、事故情報が登録されブラックになってしまっている可能性が高いので、少し気を付けた方が良いでしょう。

支払い延滞や未払いアリもかなり悪影響

事故情報が登録されるブラックまでいかなくても、過去に支払いを延滞していたり、未払いの分がある場合も、クレジットカード審査にかなり悪影響を与えてしまうことになります。

延滞や未払いを起こしているということは、支払い意識が薄いか、もしくは経済的に困窮していて返済能力が低いとみなされてしまう要因となるのです。

延滞回数が1回程度で、すでにきちんと支払っているというのであればまだしも、複数回にわたって延滞をしていたり、いまだに未払いの支払いがあったりすると、クレジットカード審査に通る確率はグッと低くなってしまいます。

クレジットカード審査に影響する借金と影響しない借金の違い

クレジットカード審査には、どんな借金でもすべからく悪影響があるというわけではありません。借金の種類によっては、クレジットカード審査にほとんど影響を与えないものもあるのです。

そんなクレジットカード審査に影響する借金と影響しない借金の違いを見ていきましょう。

無担保の信用取引は基本クレジットカード審査に影響あり!

クレジットカードの審査に影響するのは、主に信用取引に該当する借り入れです。

信用取引というのは、文字通り、個人の信用に基いて契約を取り交わす取引のことを指します。原則として担保・保証人が不要となりますが、その代わりに審査においては、信用性の評価が慎重に行われます。

だからこそ、信用情報にデータが残り、その後のクレジットカード審査に影響を与えるのです。

この信用取引に該当するのは、主に以下のような借金です。

  • 消費者金融などのキャッシング
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

いずれも比較的気軽に利用できるサービスではありますが、クレジットカード審査への影響があることは心にとどめておいた方が良いでしょう。

クレジットカード審査に影響しないのは住宅ローンや奨学金

逆にクレジットカード審査への影響がほとんどないのが、担保や保証人を必要とする以下のような借り入れです。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 奨学金

また、クレジットカードのショッピング枠は、後払いになるため、一時的にはお金を借りている形にはなるわけですが、借金としては扱われません。

したがってこちらも、どれだけ利用しようとも延滞などのトラブルがない限りは、クレジットカード審査への影響はないのです。

リボ払い・分割払いは基本影響なし!ただし残高には注意が必要

クレジットカードの支払い方法はいくつかありますが、その中でも、リボ払いや分割払いといった長期間にわたって毎月一定額を支払い続けていく方法は、形式的にはキャッシングのような借金と似ているので、気になるところですよね。

これに関しては、やはりリボ払い分割払いもショッピング枠の利用である以上、借金としては扱われず、クレジットカード審査への影響も基本的にはありません。

ただし信用情報にはクレジットカードの支払い状況は一通り掲載されるので、リボ払いや分割払いの有無、そして残高はカード会社側にもわかります。

あまりにもリボ払い・分割払いの残高が多すぎると判断された場合には、審査結果に影響する可能性がないとは言えないので、注意が必要です。

審査が不安なカードローンユーザーの方におすすめ!ACマスターカード

カードローンなどで借り入れがあってクレジットカードの審査が不安…という方に、ぜひおすすめしたいクレジットカードが、ACマスターカードです。

ACマスターカードは、大手消費者金融のアコムが取り扱っているクレジットカードです。

そのため、審査基準も一般的なクレジットカードと比べると明らかに甘い傾向があります。

そしてACマスターカードは、サービス面でもカードローンユーザーの方におすすめのポイントがあります。

クレジットカードの利用枠といえば、通常はショッピングとキャッシングでそれぞれ限度額が設定されていますよね。それがACマスターカードでは、利用枠を自分の裁量でショッピングとキャッシングのどちらにも自由に使うことができるのです。

例えば50万円の利用枠があったとしたら、月によっては全額ショッピング、あるいはキャッシングに使ってもよいですし、ショッピング30万円、キャッシング20万円というように振り分けても構いません。

そういう点でもカードローンユーザーの方にとっては非常に使い勝手の良いクレジットカードと言えるでしょう。

ACマスターカード

カード名称 ACマスターカード
年会費 無料
スペック ・最短即日発行可能
・ショッピング利用分0.25%キャッシュバック
・ショッピング最高限度額300万円
・キャッシング枠とショッピング枠合算で最高限度額800万円

借金は絶対クレジットカード審査に影響あり…お金の借り方気を付けて

借金があるとクレジットカード審査は何となく不安なものだと思います。ですが、借金という要因だけで絶対に審査に通らなくなるということはありません。その点は安心してください。

ただ、その一方でやはり借金の存在が多少なりともクレジットカード審査に悪影響であることは、否めない事実です。

今はキャッシングなどで気軽にお金が借りられる時代ですが、先々への影響を考えれば、利用の仕方には気を付けた方が良いでしょう。今現在、借金があるという方は、未来の自分のために今一度、お金の借り方を見直してみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.