クレジットカード付帯の国内旅行保険を知る!いざという時役に立つ

クレジットカードに付帯しているサービスと言えば、良く知られているのは海外旅行保険だと思いますが、実は国内旅行に対しても保険がセットされているカードがあるということはご存知でしょうか?

ここでは、いざという時に役立つクレジットカード付帯の国内旅行保険について、詳しい内容やおすすめのカードなど、知っておくべき情報をご紹介していきたいと思います。

【目 次】

対象はケガのみ!国内旅行傷害保険の補償内容を解説

クレジットカードに付帯している国内旅行保険は、正確には『国内旅行傷害保険』と言います。つまり、国内旅行中に発生した『傷害=ケガ』のみが適用対象となる保険なのです。

したがって、病気や盗難、損害賠償などのケガ以外のトラブルに対する補償というのは一切受けられません。

その点は、同じクレジットカード付帯の保険でも海外旅行保険とは大きく異なります。正しく理解しておくようにしてください。

国内旅行傷害保険によって補償が受けられるのは、具体的には主に以下のような項目です。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 入院費用
  • 通院費用
  • 手術費用

国内旅行傷害保険が適用される3つの条件と補償対象外の事例

さらに、国内旅行傷害保険は、どんな状況で負ったケガであっても必ず適用されるわけではありません。

国内旅行傷害保険の適用対象となるためには、以下の3つの条件のうち、いずれかに該当していなければなりません。

  • 公共の乗り物に搭乗中の傷害事故
  • 宿泊施設内での火災・破裂・爆発による傷害事故
  • 1泊以上の宿泊を伴うパッケージツアー参加中の傷害事故

この適用条件は原則としてほとんどすべての国内旅行傷害保険に共通しています。

したがって、たとえ国内旅行中のケガであっても、以下のような事例では国内旅行傷害保険による補償は一切受けられないのです。

  • 個人旅行での宿泊施設と公共の乗り物以外でのケガ
  • 自家用車で移動中のケガ
  • 宿泊施設で入浴中に転倒したことによるケガ
  • 日帰りのバスツアーに参加中のケガ

実際に旅行中にケガをした時に、保険の対象になるかどうか正しく判断するためには、上記の3つの条件は知っておく必要があるでしょう。

補償対象のはずが適用されない!?知らなきゃ損する自動付帯と利用付帯

クレジットカードの国内旅行保険は、自動付帯の場合と利用付帯の場合があるので、その点も注意が必要です。

自動付帯であれば、クレジットカードを契約した時点で自動的に国内旅行保険も有効になります。

この場合、クレジットカードを旅行費用の支払いに一切使っていなくても、適用条件を満たすケガに対して補償が受けられます。

一方、利用付帯というのは、特定の代金をそのクレジットカードで決済することで初めてサービスが適用されるということです。

国内旅行保険が利用付帯になっている場合、クレジットカードを契約しているというだけでは、適用条件に該当していても補償を受けることができません。

補償が受けられるのは、例えば乗り物のチケット代やホテルの宿泊費、あるいはパッケージツアーの代金など、特定の費用を対象のクレジットカードで支払っていた場合に限られてしまいます。

国内旅行保険に関しては、利用付帯タイプのサービスとなっているクレジットカードが多い傾向があります。

いざという時に保険が使えず困るということがないように、事前に良く確認しておきましょう。

『最大○○万円!』に騙されず補償内容をチェック

国内旅行保険に注目してクレジットカードを選ぶ際、1つ注意してほしいことがあります。

それは、保険全体での最高補償額だけではなく、入院・通院や手術などの費用にどの程度の補償が設定されているかを必ずチェックするべきだということです。

複数の種類のクレジットカードを取り扱っているカード会社などでは、カードの付帯サービスを一覧で表示していることがあります。

その場合、国内旅行保険のような保険に関しては、『最大○○万円』などというように最高補償額のみを記載していることがほとんどです。

しかし最高補償額だけでは、国内旅行保険の手厚さをはかることはできません。

例えば、三井住友VISAクラシックカードでは、傷害死亡・後遺障害に関する補償額は最大で2,000万円となっていますが、そのほかの入院・通院・手術などの項目には一切補償が設定されていません。

しかし実際には、国内旅行中に死亡や後遺障害が残るほどの重大な事故に遭遇する可能性よりも、入院や通院で済む程度の命にかかわらないケガをする可能性の方が高いことは明らかですよね。

となると、いくら傷害死亡・後遺障害に対して高額補償が受けられても、ほとんど使う機会は来ないのです。

国内旅行保険に関しては、『最高○○円』という文言だけに惑わされることなく、補償内容をすべて確認したうえで決めるようにしてくださいね。

年会費無料で国内旅行保険付帯!3つのおすすめカードと補償内容比較

国内旅行保険の基本的な仕組みが分かったところで、国内旅行保険が充実しているおすすめのクレジットカードを3枚ご紹介しましょう。

  • 横浜インビテーションカード
  • イオンSuicaカード
  • REX CARD

この3つのカードは、いずれも年会費無料なので、クレジットカードはすでに持っているけれど、国内旅行保険が付帯しているものも欲しいな…と考えている人でも気軽に入会することができます。

ここでは3つのカードの国内旅行保険に注目して、それぞれの補償内容の違いが分かりやすいように、一覧で比較してみましょう。

補償項目 横浜インビテーションカード イオンSuicaカード REX CARD
死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害 30万円~1,000万円 40万円~1,000万円 30万円~1,000万円
入院保険金 5,000円/日 3,000円/日
(フランチャイズ7日)
5,000円/日
手術保険金 5万円・10万円・20万円 入院保険日額の5倍または10倍
(フランチャイズ7日)
5万円・10万円・20万円
通院保険金 3,000円/日 2,000円/日
(フランチャイズ7日)
3,000円/日
カード年会費 無料 無料 無料

なお、この3つのクレジットカードはすべて国内旅行保険が利用付帯になっているタイプのものです。

簡単にこれらのカードの特徴をご紹介しておきましょう。

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード

  • 年会費無料
  • J’sコンシェルの全国23万件以上の優待
  • 海外旅行保険も自動付帯
  • 国内旅行傷害保険利用付帯

REX CARD

REX CARD

  • 年会費無料
  • 基本還元率1.25%の高還元
  • 海外旅行保険も自動付帯
  • 国内旅行傷害保険利用付帯

横浜インビテーションカードとREX CARDの2つに関しては、どちらもJACCSが発行元になっているため、補償内容はほぼ同等となっています。

3つのクレジットカードを比較してみると、死亡・後遺障害の補償額にはほとんど差はありませんが、一方で入院・通院や手術の補償額はイオンSuicaカードよりも他の2つの方が手厚いことがわかりますよね。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

  • 年会費無料
  • イオングループでポイント2倍
  • 毎月20・30日5%OFF
  • Suica機能搭載で便利
  • 国内旅行傷害保険利用付帯

イオンSuicaカードの入院・通院・手術の補償に適用される『フランチャイズ7日』というシステムには注意が必要です。

補償対象条件が『フランチャイズ7日』となっている場合、ケガをしてから7日目以降にならなければ、補償を受けることができません。

つまり、入院や通院が6日以内に完了した場合には、国内傷害保険の対象とはならなくなってしまうのです。

これはイオンSuicaカードに限ったことではなく、他にも同様のシステムをとっているクレジットカードはありますので、必ず確認するようにしましょう。

家族会員以外でも保証可能!家族特約つき国内旅行保険付帯カード

国内旅行保険に限らず、クレジットカードの付帯サービスというのは、基本的には本会員や家族会員など、カードを持っている本人にしか適用されません。

したがって、国内旅行保険を家族全員に適用できるようにしたければ、全員を家族会員にするのが最も手っ取り早い方法と言えます。

ただし1つネックになるのが、18歳以下のお子様に関しては、たとえ家族会員であってもクレジットカードを持つことはできないということです。

そこでおすすめしたいのが、家族特約つきの国内旅行保険が付帯するクレジットカードを利用するという方法です。

家族特約とは!?

本会員または家族会員でなくても、本会員の家族であれば付帯サービスの対象になるという仕組みのことです。

主な対象者は、配偶者や生計をともにする親族または未婚の子どもが対象となります。

なお、カード会社によっては親族や未婚の子どもについては無収入であることを条件とする場合もあります。

家族特約は利用者にとっては非常にメリットの大きい仕組みです。

しかし、家族特約つきの国内旅行保険が付帯しているクレジットカードというのは実際に探してみると決して多くはありません。

しかも、そのほとんどはゴールド以上のグレードの高いもので、年会費も2万円前後からと高めになっています。

年会費1万円以下!家族特約ありの国内旅行保険付帯カード2選

そこでここでは、家族特約つきの国内旅行保険が付帯しているクレジットカードの中でも、比較的リーズナブルな年会費で利用できるものを2つご紹介します。

まず1つ目は、年会費1万円のMUFGカードゴールドプレステージです。補償内容を確認してみましょう。

MUFGカードゴールドプレステージ

MUFGカードゴールドプレステージ

補償項目 補償額(本会員・家族会員) 補償額(家族特約対象者)
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
入院保険金 5,000円/日 5,000円/日
手術保険金 5,000円×10~40倍 5,000円×10~40倍
通院保険金 2,000円/日 2,000円/日

死亡・後遺障害の補償金こそカード会員とは差があるものの、入院・通院などの補償は本会員・家族会員も家族特約対象者も同等に設定されているので、安心して利用することができます。

ライフカードゴールド

ライフカードゴールド

もう1つは、ライフカードゴールドです。こちらも年会費は1万円と、このクラスのカードの中ではかなりお得になっています。こちらも補償内容を見てみましょう。

補償項目 補償額(本会員・家族会員) 補償額(家族特約対象者)
死亡・後遺障害 1億円 1,000万円
入院保険金
(フランチャイズ7日)
10,000円/日 5,000円/日
手術保険金 入院保険金日額の10倍または5倍 入院保険金日額の10倍または5倍
通院保険金
(フランチャイズ7日)
4,000円/日 2,000円/日

全体的にカード会員と家族特約対象者では差をつけた設定になっているものの、金額的にはかなり手厚い部類に入る国内旅行保険と言えます。

ただし入院・通院の保険金に関しては、フランチャイズ7日のシステムが適用されるので、注意してくださいね。

家族特約つきの国内旅行保険付帯クレジットカードを探しているのであれば、ぜひ上記の2つのカードは一度チェックしてみてください。

手軽でお得!クレジットカードは国内旅行保険付帯が絶対安心

たいていの人にとっては、海外旅行よりも時間もお金もかからない国内旅行に行く機会の方が圧倒的に多いですよね。

それを考えると、国内旅行保険は適用範囲は多少限られるものの、あって損はないサービスと言えます。

一般的な保険会社でも国内旅行保険を扱っているところはありますが、わざわざ申し込まなければならないとなると手間も費用も掛かってしまいます。

その点、利用条件さえクリアしていれば申し込み不要・無料で利用できるクレジットカードの国内旅行保険は、とても便利ですよね。

新しくクレジットカードに入会することを検討しているのであれば、ぜひそんなところにも注目して選んでみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.