外食でANAマイルを貯める方法!ポイントサイトや予約でお得に貯まる

マイルは飛行機に乗って貯めるだけのものではありません。陸マイラーの方々にとっては、毎日のお買い物やレジャーなどでも、コツコツとマイルをためるのは当たり前のことでしょう。

今回は、そんな陸マイラーのために、特に外食でANAマイルをどっさりためる方法をご紹介したいと思います。

シンプルにグルメマイルをためる方法から、ポイントサイトやポイント移行を活用して高い交換率でマイルに替える方法まで、じっくりとお伝えしていきます。

知らないままマイルを取り損ねてしまうともったいないですから、ぜひ目を通してみてくださいね!

【目 次】

ポイントサイトを使って外食して貯めたポイントをマイルに移行

まずは、ポイントサイトを使ったANAマイルのため方からご紹介します。ポイントサイトと言えば、お買い物だけと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、まったくそんなことはないんです!

普通に外食するだけでなく、モニターになるという方法もあります。では、さっそく詳しく見ていきましょう!

ポイントタウンは外食でも1円=20ポイント!

ポイントタウン説明画像

ポイントサイトのひとつである「ポイントタウン」では、ショッピング等のほかに、外食でも対象金額1円につき20ポイントがもらえます。

そして、後ほど詳しくご説明しますが、そのポイントをANAマイルに交換することが可能です。

ポイントタウンを使って外食でポイントをためるには、大きく分けて1店舗1日5組限定でお得に飲食できる「ぐるポタ」を使うものと、モニターになるものとがあります。

以下にひとつずつ、簡単にご説明していきます。

ぐるポタの利用方法

ぐるポタで利用できるお店は、以下のエリアとなっています。

北海道・宮城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・大阪府

これらのエリアで行ってみたいお店がないか、サイトで探してみましょう。お店ごとに、ポイントバック率と金額の上限が記載されていますが、同じお店でも時間帯や曜日によってポイントバック率が異なります。

たとえば、東京の人気イタリアン「PIZZA & WINE ヴェルデ VERDE」では、以下のようにポイントバック率や上限金額が設定されています。

曜日・時間帯 ポイントバック率 上限金額
月~金・土・日・祝・祝前
15:00~15:59入店
50% 5万円分
・月~木16:00~17:59入店、
・金~日・祝・祝前16:00~16:59入店
40% 5万円分
月~木18:00~23:59入店 35% 5万円分
・金・土・祝前17:00~17:59入店
・日・祝17:00~23:59入店
30% 5万円分
金・土・祝前18:00~23:59入店 20% 5万円分

このように、行きやすい時間はポイントバック率が低くなりますが、平日早目の時間帯などはそのお店の最大の還元率で食事ができたりします。

実際の利用方法は、以下のような手順となります。

①ポイントタウンのサイトから行きたいお店のクーポンを取得し、お店に予約を入れます。
②時間通りに入店し、飲食をして、普通のお値段でお会計をします。
③サイトからポイントバック申請をし、承認されると、後日ポイントが付与されます。

ポイントタウンのポイント交換先説明画像

タイミングによっては100万ポイントのバックも可能!

では、上記のお店を例にとって、実際にためられるポイントを計算してみましょう。

・水曜日の17:30に予約して時間通りに入店(40%・上限5万円分)
・飲食の合計金額5万円とすると、50,000×40%=20,000円なので、2万円分がポイントバック対象となる
・1円=20ポイントなので、20,000円×20ポイント=400,000ポイント
・400,000ポイントがポイントバックされる

このように、この1回の食事で、400,000ポイントがもらえるというわけなのです。しかし、上限は5万円分なので、これはある意味損をしているとも言えます。

このお店に同じ曜日・時間帯で行く場合、大人数で行って125,000円分食事をすれば、ポイントバック対象となる金額は上限の5万円となり、5万円×20ポイントで、最大で1,000,000ポイントをゲットすることも可能です。

外食モニターでもポイントがもらえる!

ここまではぐるポタについてご紹介しましたが、ここからは、もうひとつの外食によるポイント獲得法であるモニターをご紹介します。モニターできるお店は様々なジャンルがありますが、その中にグルメもあるのです。

モニターでポイントをためる手順は、以下の通りです。

①サイトから行きたいお店を選び、応募します。
②抽選に当たったら、事前にモニター条件とアンケート内容を確認します。
③お店で飲食をしながらモニターをします。
④退店後、アンケートと指定の証明を提出します。
⑤承認後、ポイントが付与されます。

サイトに掲載されているお店には、還元率と上限金額が表示されており、そのお店で飲食しながらモニターをしてアンケートに答えれば、のちにポイントがもらえるという仕組みです。

たとえば、還元率30%、上限100,000ポイントのお店で外食モニターをして、飲食代が5,000円だとしたら、1,500ポイントがもらえるわけです。もちろん、大勢で行って飲食金額を上げれば、最大100,000ポイントもらうこともできます。

一口にグルメといっても、居酒屋、焼き肉、洋食や和食はもちろん、ダイニングバーなどいろんなジャンルのお店がそろっています。もちろん、きちんとモニターのお仕事をする必要はありますが、外食を楽しみながらポイントやマイルをためていくことができます。

プラチナ会員なら15%のボーナスポイント!

会員ランク説明画像

しかも、ポイントタウンには、会員ランクによってボーナスポイントがもらえる仕組みもあります。

会員ランクは、過去6か月の対象サービスの承認回数と、対象サービス獲得ポイント数によってアップしていきます。利用すればするほどお得になりますし、結果的にマイルもたくさんたまります。

ポイントを直接ANAマイルに替えるのはNG!

では、いよいよ、ポイントタウンにて外食をしながらためたポイントを、上手にマイルに交換する方法を見ていきましょう。

ポイントタウンのポイントは、実に多種多様な他のポイント等に交換することができ、その中にANAマイルも含まれています。

でも、ポイントをそのままANAマイルに交換してはいけません。直接交換するとレートが大幅に下がってしまうからです。

ポイントタウンのポイントをANAマイルに交換する場合、以下のようなレートになっています。

項目 内容
最低必要ポイント数 7,000ポイント
交換単位およびレート ・7,000ポイント→100マイル
・35,000ポイント→500マイル
・70,000ポイント→1,000マイル

ポイントバック対象額1,050円分となる食事をした場合、1,050×20ポイント=21,000ポイントとなり、これを上記レートに当てはめれば300マイルになります。

つまり、対象額1,050円の外食で300マイル、0.28倍というレートです。

0.9倍のPeXポイント経由は封鎖が決定!

効率よくANAマイルに替えるには、ポイントタウンのポイントをまずPeXポイントに交換し、それからソラチカカードを使ってメトロポイント→ANAマイルへと交換していく、「ソラチカルート」として知られていた手順がありました。

これなら、たとえばポイントタウン利用でポイントバックが1,000円分の外食をすれば900マイルとなるので、0.9倍の高還元率でマイルが獲得できたのです。上記の0.28倍と比べれば、いかにお得だったかが分かるでしょう。

しかし、PeXポイントからメトロポイントへの交換は、2018年3月末で終了となってしまったのです。

この交換方法がもっとも還元率が高かったため、このルートが封鎖されて悲しむマイラーも多いことでしょう。でも嘆いてばかりいてもマイルはたまりませんから、2018年4月以降の最適な交換ルートを確認しておきましょう。

LINEポイント経由で0.81倍を狙おう!

PeXポイントからメトロポイントに替えられなくなって以降のオススメルートは、従来と同様にソラチカカードを利用した、以下のようなものです。

オススメルート説明画像

ポイントタウンのポイント → LINEポイント → メトロポイント → ANAマイル

ポイント交換レートは、以下の通りです。

ポイントの交換先 交換レート
ポイントタウン→LINEポイント ・2,000ポイント→100LINEポイント
・10,000ポイント→500LINEポイント
・20,000ポイント→1,000LINEポイント
LINEポイント→メトロポイント ・300LINEポイント→270メトロポイント
・500LINEポイント→450メトロポイント
・1,000LINEポイント→900メトロポイント
メトロポイント→ANAマイル 100メトロポイント→90マイル

たとえば、ポイントタウンを利用してポイント対象となる金額が1,000円分となるように外食をした場合、20,000ポイントもらえます。

これをLINEポイントに替えれば、1,000ポイント分です。さらに、それを900メトロポイントに替えて、最後にANAマイルに移行すれば810マイルとなります。

1,000円で810マイルなので、0.81倍となります。PeXポイント経由よりはやや下がってしまいますが、名古屋~沖縄(片道)のANA国内線に通常運賃で搭乗するのとほぼ同じマイルが、対象額1,000円分の外食で獲得できるのです。ぜひ、覚えておいてくださいね。

ANAカードマイルプラス・グルメで外食しながらマイルをためる!

 ANAカードマイルプラス・グルメ説明画像

前章では、ANAとは直接関係のないポイントサイトを利用したマイルのため方についてご紹介してきましたが、ここからは、ANAマイレージクラブ直営のサービスの中から、外食でマイルをためられる方法をご紹介します。

200円=1マイルが外食でたまる!

ANAカードマイルプラス・グルメでは、提携しているレストランで飲食をすると、飲食代200円(税込み)につき1マイルがもらえます。ただし、ANAカードで決済した場合に限ります。

コスパがよいおすすめのANAカードは以下の3枚ですね。カード名称をクリック頂ければ詳細を確認頂けますので是非チェックしてみてください。

マイルと同時にクレジットポイントも別にもらえるので、それもマイルに移行すれば、ダブルでマイルをためていくことができます。

ANAカードマイルプラス・グルメの対象店舗

残念ながら、ANAカードマイルプラス・グルメのサービスが利用できるお店は、全国にあるというわけではありません。利用できるお店をいくつか、地域別にご紹介しておきます。

地域 店舗
北海道 ・和食からまつ、 ・創作フレンチレストラン ベルビュー、
・フランス料理 トリアノン、・中国料理 芙蓉城(札幌プリンスホテル内) 他
東京都 ・和食 むさし野、 ・ワイン&グリル マンジェマンジェ 、
・銀座 日本料理 朱雀、 ・ラ・コリンヌ、 ・天真 他
神奈川県 ・割烹 田中家、 ・日本料理 羽衣、 ・日本料理 楽只
千葉県 ・ファンクションルーム、 ・活イカ料理 いっか、
・山岡、 ・オールデイダイニング カリフォルニア 他
埼玉県 ・国登録文化財 二木屋、 ・新、 ・よし佳
長野県 ・レストラン・ポルト、 ・バー ジャルダンデテ、
・和食堂 信濃、 ・バー・ウインザー、 ・和食 からまつ 他
京都府 ・グランドプリンスホテル京都 中国料理 桃園、 ・いと桜
滋賀県 ・和食 清水、 ・中国料理 李芳、 ・ボーセジュール
広島県 ・ステーキ&シーフード ボストン、 ・中国料理 李芳
宮崎県 ・和食処 旬魚 日向雫、 ・レッドフェアリー、 ・リップル、
・中国料理 龍王、 ・うみさちやまさち
沖縄県 ・抱瓶、 ・真南風、 ・ジ・アッタテラス クラブタワーズ、
・龍潭、 ・ファインダイニング、マロード 他

これらのお店で飲食するときは、忘れずにANAカードを持っていき、カード決済をしてマイルをためるようにしましょう。

グルメマイルならお店の選択肢も広がる!グルメマイル対象店での外食でお得にマイルが貯まる

 グルメマイル説明画像

先にご紹介したANAカードマイルプラス・グルメは、ANAカードマイルプラスというサービスの中のグルメ部門であり、その分、お店の数も地域も少ないと言わざるを得ませんでした。

しかし、ここからご紹介するグルメマイルは、全国のより広い選択肢から好きなお店を選んで、マイルをためていくことが可能です。

グルメマイルは100円で最大3マイルたまる!

グルメマイルとは、全国のマイル提携店で飲食をして、会計時にマイル積算希望の旨を伝えると、マイル積算手続きをしてもらえるという仕組みです。その際、「マイル受付票お客様控え」を忘れずに受け取るようにしましょう。

 マイル受付票お客様控え画像

もらえるマイルは、お店によって、100円につき1マイルというところと、100円につき2マイルというところがあります。

グルメマイルの場合、ANAカードの提示だけでマイルがもらえますが、カード決済すればクレジットポイントがたまり、それもマイルに交換できるため、その分も合わせれば最大で100円=3マイルがもらえるというわけなのです。

注意点としては、ANAカードでカード決済するだけでは、グルメマイルがもらえないということです。

必ず会計時に口頭でグルメマイルを積算したいと伝えましょう。

グルメマイルが貯められる飲食店は全国に多数!

グルメマイルは、個人のお店や気軽に行けるチェーン店から、高級ホテルのレストランまで、実に多くの様々なジャンルのお店でためていくことができます。

そのうちの、ごく一部を以下にご紹介します。

チェーン店 ホテル
・かに本家
・京都銀ゆば
・新世界串カツいっとく
・ラーメン山岡家
・創作オムライス ポムの樹
・食道園
・かもんフードサービスグループ
・韓国料理 炭火焼肉KollaBo 
他多数
・ANAクラウンプラザホテル千歳
・アートホテルズ旭川
・ホテルモントレ仙台
・ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
・ホテルサンルート有明
・横浜ベイホテル東急
・日本平ホテル
・ハイアット リージェンシー 京都
・阿波観光ホテル
・熊本ホテルキャッスル 他多数

気軽な外食から記念日のちょっと高級なお食事まで、どうせレストランに行くならば、グルメマイルがたまるお店を選んでみてはいかがでしょうか。

予約してマイルをもらおう!食べログ予約でも人数分×30マイル!

 食べログ説明画像

さらに、グルメサイトの「食べログ」とANAが提携した、マイル獲得サービスもあります。さっそく、どんなサービスなのか確認してみましょう!

食べログ予約で1名につき30マイルが!

このサービスは、食べログに掲載されているお店を予約すると、予約人数×30マイルがもらえるというものです。

詳しい内容は、以下の通りです。

項目 内容
獲得マイル数 予約人数1人につき30マイル
上限 月間5,000マイル
マイル付与のタイミング 来店月の翌々月末まで

飲食代金は関係ないので、万が一、当日お店にANAカードを忘れても、問題なくマイルがもらえます。

月間5,000マイルまでという上限はあるものの、会社の宴会予約など、人数が多いケースでは大量マイルも夢ではないので、うまく活用したいサービスですね。

食べログ予約でマイルをためる手順とは?

そんな、食べログを使ってANAマイルをためる方法は、とっても簡単ですが、食べログ会員とANAマイレージクラブ会員の両方に登録していることが前提となります。

実際の利用手順は、以下の通りです。

①食べログにログインして、行きたいお店の予約をする
②ANAマイレージクラブ会員の番号を食べログに登録する
③普段通り、お店に行って飲食をする

もしも、人数に変更があった場合は、食べログの予約確認ページから変更手続きを行いましょう。

食べログ予約によるマイル獲得については、ANAカードで支払う義務はありませんが、せっかくなのでANAカードで支払って、クレジットポイントもマイルに替えれば、より効率的です。

ポイントサイトから予約まで!外食によるマイル獲得法は多種多様

飛行機に乗る以外にも、お買い物や宿泊などでマイルをためている方も多いかと思いますが、今回は外食という側面から効率的なマイル獲得法をご紹介してきました。

単にグルメマイルの利用や、クレジット決済によるポイントをマイルに移行するだけでなく、ポイントサイトやグルメサイトを活用する方法まで、いろんなものがありました。

特にポイントサイトは、普通の外食だけではなく、モニターになることでたくさんのマイルがもらえるオススメの方法です。

ポイントはそのままマイルに替えるのではなく、別のポイントを介してマイルにすることで高い還元率を実現できます。

ぜひ、楽しくて美味しい外食で上手にマイルをためていきましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.