楽天Edy
Edy(エディ)にはキーホルダー型もある!ポイントも貯まり持ち運び便利

楽天Edyは数ある電子マネーの中でも人気が高く、街中で「シャリ~ン」という楽天Edyの決済音を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。そんな楽天Edyですが、形態としては、カードかスマホ(おサイフケータイ)が一般的です。

でも、キーホルダー型の楽天Edyもあるんです。今回は、そんなちょっと変わったEdyキーホルダーをご紹介します。

楽天のキャラクターであるお買い物パンダのキーホルダーをはじめ、いくつかの種類があるのでお好きなデザインを選ぶことができます。さっそく、どのようなものか見ていきましょう。

楽天Edyはポイントがザクザク貯まる電子マネー!使える場所も多数

Edyキーホルダーをご紹介する前に、まずは楽天Edyとはどのようなものか、簡単に振り返っておきましょう。楽天Edyは、小銭を持ち歩かなくても支払いができる便利な電子マネーです。

楽天Edy使える店舗

たくさんの街中の加盟店やネットショップなどで支払いに使えます。よく知られているのはカード型(Edyカード・Edy機能付きクレジットカード)やおサイフケータイ型などいくつかのタイプがあり、加盟店店頭の端末にタッチさせるだけで「シャリ~ン」という音がして決済が完了します。

楽天Edyカード型

今回ご紹介するEdyキーホルダーも、カードやおサイフケータイ等と同じ機能を持つものです。

楽天Edyは利用でポイントが貯まる

楽天Edyは、支払いが楽で便利というだけでなく、楽天スーパーポイントが貯まるというメリットもあります。

楽天Edy決済200円(税込み)につき1ポイントが貯まります。また、カード型やおサイフケータイ型の楽天Edyならポイントカード機能も兼ねているため、楽天スーパーポイント加盟店で提示するだけで100円(税抜き)につき1ポイントが貯まります。

楽天Edy活用でポイントが貯まる説明画像

さらに、楽天カードやリクルートカード等からクレジットカードチャージをすれば、チャージでも楽天スーパーポイントが貯まります。最大でポイント三重取りが可能な、とってもお得で便利な電子マネーというわけなのです。

ただし、後に詳しくご説明しますが、今回ご紹介するEdyキーホルダーはポイントカード機能がついていませんのでお気を付けください。

お買い物パンダのキーホルダー型Edyの入手から設定法までを確認

楽天Edyの概要をご紹介しましたが、ここからはそんな楽天Edyの一種であるお買い物パンダのEdyキーホルダーについて見ていきましょう。

楽天Edyお買い物パンダキーホルダー

楽天Edyオフィシャルショップにて1,000円で入手可能

Edyキーホルダーは、楽天スーパーポイントのキャラクターであるお買い物パンダの顔をかたどった、可愛いキーホルダー型の楽天Edyです。

楽天Edyキーホルダー

楽天Edyオフィシャルショップで購入することができ、コイン型Edyとお買い物パンダのキーホルダーのセットで1,000円(税込)です。

Edyキーホルダーで楽天Edyを利用したい方は、まず楽天EdyオフィシャルショップにてEdyキーホルダーを購入しましょう。

設定をしないと利用してもポイントが貯まらない

Edyキーホルダーが入手できたら、使う前に楽天スーパーポイントを貯める設定をしましょう。

設定は、楽天Edyサイト内のお買い物パンダEdyキーホルダーのページから、設定用のページにジャンプできますので、そこから行っていきましょう。

楽天Edyポイント設定①

コイン型Edyに記載されている16桁のEdy番号と、6桁のEdyコードを入力します。メールアドレスを入力し、「登録内容を決定する」をクリックします。

楽天Edyポイント設定②

「楽天スーパーポイント口座番号を調べる」をクリックして、「口座番号をフォームに自動入力する」をクリックします。

楽天Edyポイント設定③

ポイント口座の番号を確認し、登録完了させます。これをしないと、いくらEdyキーホルダーで決済してもポイントが貯まりません。

また、設定からポイントが貯まるようになるまで最大2日間ほどかかりますので、ご注意ください。

コインをセットしよう

楽天Edyコインセット
ポイント設定が出来たら、次はEdyコインをキーホルダーにセットしましょう。Edyコインをキーホルダーの上部からしっかりとセットします。

キーホルダーとして使いたい場合は、キーチェーンを取り付けます。これで、お買い物パンダキーホルダーで楽天Edyを使う準備ができました。

コインの取り外し方も知っておこう

ポイント設定ができていなかった場合等に備えて、参考までにEdyコインの取り外し方もご紹介します。

楽天Edyコイン外し方

まず、キーチェーンを取り外します。ゼムクリップなどの細いものを、お買い物パンダの顔の底にあいている穴に差し込みます。Edyコインをゼムクリップなどで押し出して取り出します。

Edyチャージと決済の方法を確認!クレジットチャージでポイント二重取り

ここからは、Edyキーホルダーのチャージや決済の方法について見ていきましょう。Edyキーホルダーは、Edyカードやおサイフケータイなどと同様に、全国のコンビニなどの加盟店でいつでも現金でチャージできます。

楽天Edyコンビニチャージ

店員さんに「○○円をEdyにチャージします」と伝えて現金を渡し、端末にお買い物パンダのキーホルダーをタッチすればチャージ完了です。

クレジットカードからのチャージならポイント二重取り可能

また、Edyキーホルダーはクレジットカードからチャージすることも可能です。準備として、スマホに楽天Edyアプリをダウンロードし、Edyカードを登録します。

また、楽天会員情報に登録されているクレジットカードからチャージされるので、あらかじめ楽天にお好きなクレジットカードを登録しておきましょう。

このとき、Edyへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードにしておくことをオススメします。

ここで、楽天Edyチャージでポイントが貯まるおすすめのクレジットカードを厳選してご紹介しておきましょう。

楽天Edyチャージで0.5%!楽天Edyと相性が良い楽天カード

楽天カードでチャージすれば0.5%のポイントが貯まります。チャージ(0.5%)&利用(0.5%)で還元率は1%となりますね。

また、街中の加盟店でいつでもポイント2~3倍になったり、海外旅行傷害保険が付帯していたりと、年会費が無料であることを思えば十分ハイスペックと言えるカードですね。

楽天PINK(ピンク)カードでも同じようにEdyチャージで0.5%ポイントが貯まります。女性の方には女性特典が付帯する楽天PINK(ピンク)カードがおすすめですね。

楽天カード

カード名称 楽天カード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1%
・楽天市場3%還元
・楽天トラベルでいつでもポイント2倍
・街中の加盟店でポイント2~3倍
・楽天Edy標準搭載
・ETCカード発行可能(年会費540円(税込み))※
・家族カードが5枚まで発行可能(年会費無料)
・海外旅行損害保険が利用付帯(最高2,000万円)

※ ETCカード申込時および更新時の楽天PointClub(ポイントクラブ)の会員ランクがダイヤモンド会員プラチナ会員の方は年会費無料

楽天Edyチャージで1.2%!リクルートカード

リクルートカードは楽天Edyチャージで1.2%のポイントが付与される高還元クレジットカードです。

Edyチャージ&Edy利用で合計還元率が1.7%になります。年会費も無料ですし、リクルートカードは基本還元率が高いので、どこで利用してもお得なクレジットカードです。

海外旅行保険や国内旅行保険、ショッピング保険まで付帯するハイスペックカードとしても人気を誇っています。

注意点として楽天Edyチャージでポイントが付与されるのが月3万円までです。それ以上チャージをしてもポイント対象外となりますので、月に分けてチャージするなど工夫して利用してもいいですね。

リクルートカード

カード名称 リクルートカード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.2%
・じゃらんnetで3.2%還元
・ポンパレモールで4.2%以上還元
・ETCカード発行可能
(年会費無料・MastercardとVisaは発行手数料1,000円+税)
・家族カード発行可能(年会費無料)
・海外旅行損害保険が利用付帯(最高2,000万円)
・国内旅行損害保険が利用付帯(最高1,000万円)
・国内・海外ショッピング保険が利用付帯(年間200万円まで)

チャージに利用するクレジットカードの登録が済めば、いよいよチャージです。準備が整ったら、アプリを起動します。

楽天Edyチャージ説明画像

チャージしたい金額とパスワードを入力します。チャージしたいカードをかざします。Edyキーホルダーにチャージしたい場合は、キーホルダーをかざします。これでチャージが完了しました。

登録しているクレジットカードが楽天カードなら、チャージ金額の0.5%、リクルートカードなら1.2%のポイントが貯まります。

Edyキーホルダーをタッチするだけで決済完了

では、いよいよ決済をしてみましょう。決済方法はとっても簡単で、楽天Edy加盟店で「楽天Edyで支払います」と伝えて、端末にEdyキーホルダーをタッチするだけです。これで決済額200円につき1ポイントが貯まります。

楽天Edy決済画像

登録しているクレジットカードがチャージでもポイントが貯まるものなら、チャージによるポイントと決済によるポイントで、二重取りが可能というわけです。

ポイントカード機能やオートチャージ設定はないことに注意

ただし、Edyキーホルダーには、カードやおサイフケータイでEdyを使う場合とは違って、ポイントカード機能は付いていません。

楽天スーパーポイント加盟店での提示ポイントがもらえないため、Edyキーホルダーのみではポイント三重取りはできないということになります。

また、Edyキーホルダーでは、オートチャージ設定ができないことにも注意が必要です。決済しようとしたら金額が足りなかったということのないよう、残高にはじゅうぶんご注意ください。

Edyキーホルダーにはリラックマやおしゃれな模様のストラップも

ここまで、お買い物パンダのモチーフのEdyキーホルダーをご紹介してきましたが、これ以外にもいろんな種類の可愛いストラップ型のEdyがあります。最後に、それらについてもご紹介しておきます。

スマホや鍵などにキーホルダーとして付けておけば、おしゃれに便利に楽天Edyを利用することができます。もちろん、決済ポイントも貯まるのでお得です。

チェック柄やボーダー柄のキーホルダー型Edyもある

まずは、持ち手を選ばないベーシックなデザインのEdyキーホルダーからご紹介します。

楽天Edyチェック柄

「大人のアーガイル(チェック柄)」と「おしゃれなトリコ(ボーダー柄)」の2種類があり、それぞれ楽天Edyオフィシャルショップにて980円(税抜き)で購入できます。

リラックマのキーホルダー型Edyも

楽天Edyリラックマ

もうひとつ、人気キャラクター・リラックマの楽天Edyストラップをご紹介します。

リラックマの顔とロゴが入った可愛いキーホルダー型Edyで、1,380円(税抜き)で楽天Edyオフィシャルショップにて販売されています。

携帯しやすいキーホルダー型楽天Edy!ポイントも貯まって便利でお得

小さくて持ち運びにも便利で、しかもかわいいお買い物パンダの形やリラックマ等のデザインが用意されている、キーホルダー型楽天Edyについてご紹介してきました。

デザインが異なるだけで、基本的な機能はカード型やおサイフケータイ型のEdyと変わりません。ただし、ポイントカード機能がなく、ポイント加盟店での提示ポイントが貯まらないことや、オートチャージができないという点では、機能的にやや劣ると言わざるを得ません。

とはいえ、コンビニで毎日少額決済をするという方などは、ついでにチャージができますし、いちいちお財布を取りだして小銭を数えなくても良いので便利です。お好きなデザインを選んで、Edyを楽しんでくださいね。

PAGE TOP