電子マネーiDの使い方!iD搭載のおすすめクレジットカード

キャッシュレスでスマートに支払いが済ませられる電子マネーは、もはや生活に必須とも言えるツールとなりつつありますよね。

その中でも特に人気を集めているものの1つが、NTTドコモが主体となって運営する電子マネーiDです。ここではそんな電子マネーiDの基本的な仕組みや使い方、メリットなどについて、詳しく解説していきましょう。

併せて、iDとの連携におすすめなクレジットカードについても個別にご紹介します。

【 目 次 】

かざすだけで支払い完了!電子マネーiDの使い方と基本概要

電子マネーiDは大手通信会社のNTTドコモが主体となって発行している電子マネーの1種です。使い方も簡単。対応端末にかざすだけで支払いをすることができます。

iDの使い方説明画像

タイプの以下のように豊富で、幅広い方が利用しやすい電子マネーです。

ただしおサイフケータイでのiD利用が可能なのはドコモケータイと一部の格安SIMケータイのみとなっており、auやソフトバンクと言ったその他の大手キャリアは現状非対応なので注意が必要です。

ポストペイ、プリペイド、デビットの3つの支払い方法が選べるiD

電子マネーiDの支払い方法はクレジットカードと連携するポストペイ型のイメージが強いかもしれません。しかし実際には、以下のように3つの支払い方法から自分で選ぶことができます。

チャージ不要でクレジットカードの利用限度額以内で支払いができるポストペイ型に対し、プリペイド型は事前のチャージが必要となりますが、使い過ぎが怖い、計画的に電子マネーを利用したいという方には、それはかえって利点となりうるでしょう。

また、預金口座からの即時引き落としで決済をするデビット型も、預金残高以上の利用はできないので、無理なく電子マネーを活用することができます。

ただし各支払いタイプそれぞれに、対応しているカード発行会社やカードの種類はあらかじめ決められています。

ポストペイ型iD対応!クレジットカード発行会社を一覧で紹介

3つの支払いタイプの中でも、最も対応しているカードの数が多いポストペイ型iDについて、連携可能なクレジットカード発行会社を一覧でご紹介しておきましょう。

対応会社 対応種類
イオンクレジットサービス ・カード型
・おサイフケータイ
・Apple Pay
NTTドコモ
dカード
・カード型
・おサイフケータイ
・Apple Pay
オリエントコーポレーション ・おサイフケータイ
・カード型
クレディセゾン ・おサイフケータイ
JFRカード ・Apple Pay
セディナ ・カード型
・おサイフケータイ
・Apple Pay
大和ハウスフィナンシャル ・カード型
ペルソナ(ペルソナSTACIAカード ・カード型
・Apple Pay
ポケットカード(ファミマTカード ・おサイフケータイ
・Apple Pay
三井住友カード ・カード型
・おサイフケータイ
・Apple Pay
UCカード ・おサイフケータイ
ゆうちょ銀行 ・カード型
・おサイフケータイ
・Apple Pay
ライフカード ・おサイフケータイ
・Apple Pay
VJAグループ ・カード型
・おサイフケータイ
・Apple Pay

見ていただくとわかる通り、クレジットカード発行会社によって利用できるiDの形態は異なるので、その点もよく確認してください。特にスマホ・携帯電話でiDを利用する場合は、せっかく新たにクレジットカードを作っても、手持ちの機種と対応していないと使えなくなってしまうので注意が必要です。

全国80万ヵ所以上!電子マネーiD加盟店を一部紹介

電子マネーを利用する上で一番気になるのが、どこで使えるのかということですよね。iDの加盟店は全国80万ヶ所以上と非常に多くなっています。その一部をここではご紹介しましょう。

iD利用可能店舗一覧画像

ジャンル 名称
コンビニ ・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・デイリーヤマザキ
など
スーパー ・マックスバリュ
・イオンショッピングセンター
・フォーラス
・平和堂
など
モール・百貨店 ・イオン
・イトーヨーカドー
・アピタ
・近鉄百貨店
など
飲食店 ・かっぱ寿司
・ガスト
・マクドナルド
・タリーズ
・白木屋
など
ドラッグストア ・マツモトキヨシ
・ココカラファイン
・スギ薬局
など
生活雑貨・電気店など ・ザ・ダイソー
・ビックカメラ
・TSUTAYA
・洋服の青山
など
レジャー・観光 ・東京サマーランド
・富士急ハイランド
・東京ドーム
・通天閣
など
交通 ・第一交通産業(タクシー)
・ENEOS
・ANA FESTA
・関西国際空港
・ORIXレンタカー
など
ホテル・旅館 ・ROUTE INN
・阪急阪神第一ホテルグループ
など

コンビニや飲食店などの普段の生活の中で利用する機会が多いお店から、レジャー施設や空港まで幅広く取り揃えているので、様々なシーンで活用できるでしょう。

中には、クレジットカードでの支払いには非対応だけれど、iDのような電子マネーなら支払い可能というところもあります。なるべくキャッシュレスに生活したいという方には、電子マネーの中でもとりわけ使える店舗・施設の多いiDは非常に頼りになるでしょう。

便利でお得、そして安全!電子マネーiD4つのメリット

電子マネーiDを現金やクレジットカード、あるいは他の電子マネーと比べてみると、以下のような4つのメリットがあることがわかります。

  • キャッシュレスでスムーズに支払いができる
  • ネット決済にも利用可能(おサイフケータイのみ)
  • 利用に応じて連携しているクレジットカードにポイントが貯まる
  • 原則クレジットカードとほぼ同等の不正利用補償が受けられる

キャッシュレス&サインレスで支払いがとにかくスムーズ!

電子マネーの最大のメリットはやはり、レジでの支払いがキャッシュレスで非常にスムーズに済ませられるという点です。

現金と違って小銭を探したり、お釣りを受け取ったりという手間がかからないので、確実に時間短縮になります。

プリペイド型以外なら事前のチャージすら必要なく、本当にその場でカードもしくはスマホ・携帯電話を端末にかざすだけのワンステップで支払いを完了させてしまうことができるのです。

また、クレジットカードのように支払いの際にサインや暗証番号が必要ないのも利点と言えます。ただし支払い額が一定以上の金額になると、安全のために暗証番号の入力が必要になることがあります。

おサイフケータイならAmazonなどでネット決済に利用可能!

一部のサイトでネット決済に利用できるのも、電子マネーiDならではのメリットです。

電子マネーiDでのネット決済はiDを通して間接的にクレジットカードで支払いをすることになるため、直接クレジット決済するのに比べてカード情報を盗み取られるリスクを軽減することができます。

ただしネット決済に利用できるのは、おサイフケータイのみとなっているので、その点は注意してください。

なお、iDネット決済の主要な対応店舗としては以下のようなショップがあります。

  • Amazon
  • さくら観光
  • プレイステーションストア
  • アットゲームズ
  • 総合書店honto

総数だけ見ればまだ決して多くはありませんが、Amazonのような総合通販サイトも対応していることを考えれば、使い勝手は悪くないと評価してよいでしょう。

クレジットカードのポイント貯まる!高還元カードでよりお得に

電子マネーiDにはnanaco(ナナコ)WAON(ワオン)のように独自のポイントシステムはありません。

その代わりに連携しているクレジットカードのポイントシステムに利用額に応じてポイントが貯まっていく仕組みになっています。

そのため、連携しているクレジットカードによって還元率は異なり、高還元率なクレジットカードを紐づけるほどお得に利用することができるのです。

補償はクレジットカードとほぼ同等だから安心・安全

クレジットカードなど他のカードと連携して利用する電子マネーiDでは、万が一、紛失や盗難によって不正利用されてしまった場合の被害額が大きくなりやすいというリスクがあります。

そのため、電子マネーiDの不正利用被害に対しては、原則として連携しているクレジットカード発行会社から、クレジットカードとほぼ同等の補償が受けられるよう仕組みが整えられているのです。

さらにモバイルタイプ(おサイフケータイ)の電子マネーiDには、電子マネー機能をロックする機能が備わっています。一部のスマホ機種では遠隔操作によるロックも可能です。

このようにセキュリティ対策も十分に施されているので、電子マネーiDは安全に利用することができるのです。

コスパで選ぶ!電子マネーiD搭載のおすすめクレジットカード

上でも少しご説明したとおり、電子マネーiDを利用する上ではどのクレジットカードと連携するのかということもかなり重要になってきます。

iD搭載のクレジットカードなら別途iDを申し込んだり面倒な手続きをする必要がないので、電子マネーiDを使うために新たにクレジットカードを作りたいという方には非常に便利です。

いずれもコストパフォーマンスの高さが魅力のお得なクレジットカードとなっているので、ぜひ参考にしてください。

年会費無料で還元率1%!Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、オリコカードの中でもポイント還元に特化したクレジットカードです。

常時還元率1%、入会後2ヶ月間はさらにポイント2倍になり還元率2%で利用できるので、iDとの併用で非常にスムーズにポイントを貯めていくことができます。

年会費無料なので、電子マネーiDを利用するという目的で作るにはうってつけの1枚と言えるでしょう。

オリコカード・ザ・ポイント

カード名称 Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
年会費 無料
スペック ・基本ポイント還元率1%
・入会後6ヵ月間はポイント2倍
・会員向けポイントサイト『オリコモール』利用時ポイント0.5%特別加算
・電子マネーiD、QUICPayを基本搭載

dポイントがザクザク貯まる!ドコモユーザーにもおすすめのdカード

電子マネーiDと同じくNTTドコモから発行されているdカードもiD連携におすすめのクレジットカードです。

基本ポイント還元率がこちらも1%と高いのに加えて、dカード特約店やdポイント加盟店に属する店舗ではボーナスポイント加算を受けることができるので、かなり効率よくポイントを貯めていくことができるでしょう。

特にdカード特約店の一部のお店ではクレジット決済だけでなく、iD決済がポイント加算の対象となるところもあるので、iDユーザーにもきちんとメリットがあります。

dカード

カード名称 dカード
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税別)
※年間1回以上のショッピング利用(ETC、iD利用含む)があれば翌年年会費無料
スペック ・基本ポイント還元率1%
・電子マネーiDを基本搭載
・ローソンでの決済時3%オフ
・dカード特約店にて決済時+1~4%のポイント加算(iD対応店舗あり)
・dポイント加盟店にてカード提示で利用額に応じてポイント付与
・年間最高100万円のお買い物安心保険付帯
・最高1万円のdカードケータイ補償付帯

個人事業主の方にイチオシ!オリコEX Gold for Biz

オリコでは個人向けのクレジットカードだけでなく、法人向けのビジネスカードにもiD搭載のものを用意しています。それがEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ)です。

このカードは個人事業主向けのSタイプと、メンバーカードを3枚まで発行できる法人代表者向けのMタイプに分かれています。

頼れるビジネス特典を多数備えていながら、年会費初年度無料、次年度以降も2,000円(税別)と非常にお手頃な設定になっているので、特に法人カードにそこまでコストをかけたくないという個人事業主の方にはイチオシのカードです。

付帯サービスも非常に充実している上に高還元のハイスペックカードですよ。

オリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズ

カード名称 EX Gold for Biz S/M iD QUICPay
年会費 初年度無料、次年度以降2,000円
スペック ・個人事業主向けSタイプと法人代表者向けMタイプが選択可能
・電子マネーiD、QUICPayを基本搭載
・基本ポイント還元率0.6%
・年間ショッピング利用額に応じてポイント最大2倍
・クラウド会計ソフト『freee』優待など経理事務関連の特典付帯
・カードブランドにより異なるビジネスアシスト特典付帯
・ご融資金利優遇制度あり
・福利厚生サービス『ライフサポート倶楽部』を優待価格で利用可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯

暮らしをもっと便利に、お得に…電子マネーiDを使ってみよう

電子マネーiDは数ある電子マネーの中でも特に加盟店が多く、活用度の非常に高いサービスとなっています。

しかも支払い方法や利用形態の選択肢が比較的多いので、自分に合ったベストな形で使っていくことができるというのは非常に魅力的ですよね。

毎日の暮らしをさらに便利に、そしてお得に楽しむためのツールとして、ぜひ電子マネーiDを取り入れてみてはいかがでしょうか?

三井住友VISAクラシックカードAはステータスが高く年会費が実質無料

国内クレジットカード市場の中でも、特に認知度が高く、なおかつ実績もある三井住友カードは一定のステータスを有するクレジットカード発行会社として人気を集めていますよね。 そんな三井住友カードですが、決して敷居が高いわけではありません。お得な年会費で利用できる手頃なカードもきちんと用意されています。 その中でも実質年会費無料で利用できて、なおかつサービスの充実度も高いおすすめの1枚、三井住友

iDバリューとは!?三井住友カードiD利用代金に充当できる

電子マネーiDと連携できるクレジットカード会社は多数ありますが、その中でも三井住友カードは知名度が高く取り扱っているカードの種類も比較的多いため、利用している方も多いのではないでしょうか? そんな三井住友カードでは、実はiDの利用額にキャッシュバックできるiDバリューというサービスを用意しています。電子マネーiDをよりお得に利用できるiDバリューの仕組みについて解説していきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)でiDが利用できるおすすめクレジットカード

現金いらずで支払いができるiDのような電子マネーは非常に便利ですよね。その利便性をさらにアップさせるのが、お手持ちのスマホや携帯電話で利用できるモバイルタイプのiDです。 中でもiPhoneユーザーの方向けのサービスとして提供されているApple PayでのiD利用について、ここでは詳しく解説していきましょう。 Apple Pay(アップルペイ)で電子マネーiDを利用できるおすすめのク

クレジットカード不要で電子マネーiDを利用できるdカード mini(ミニ)

電子マネーiDは主にクレジットカードと連携して利用するポストペイ型のサービスですが、連携可能なクレジットカードはある程度限られています。 そのため、iDを利用したいけれど、新たにクレジットカードを作らなければならないのがネックで手を出しかねているという方もいるのではないでしょうか? そこでおすすめしたいのが、クレジットカードがなくても単体で電子マネーiDを利用できるサービス『dカードm

電子マネーiD(アイディ)でおすすめのクレジットカード

複数の支払い方法が選べる電子マネーiDですが、やはり主流となっているのはクレジットカードと連携したポストペイ型です。 そこで気になってくるのが、iDをどのクレジットカードと紐づけるのがベストなのか?という点ですよね。 ここではiDとの連携が可能なクレジットカードについて、詳しく解説していきたいと思います。中でも特におすすめ度の高いクレジットカードに関しては、個別にご紹介しましょう。

iDは即時払いもできる!チャージ不要デビット型iD「SMBCデビット」

電子マネーiDというと、クレジットカードの付帯機能や追加カードとなっていることも多いですよね。そのため、クレジットカードと連携して使うポストペイ型しかないと思っている方もいるかもしれません。 しかし実はiDには、ポストペイ型以外にもプリペイド型、そしてデビット型といった異なる支払い方法のタイプが用意されています。 ここではその中でも、即時払いで便利に利用できるデビット型iD『SMBCデ

電子マネーiDは前払いも可能!計画的に使いたい方にプリペイド型iD

電子マネーiDと言えば、クレジットカードと連携して利用するポストペイのイメージが強い方も多いですよね。 しかし実際のところ、iDにはポストペイだけでなく、事前にチャージして支払いに利用するプリペイド型のタイプも用意されているのです。 ここでは計画的に使えるプリペイド型のiDについて、詳しくご紹介していきたいと思います。 【 目 次 】 3つの支払い方法が選べる電子マ
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.