QUICPay(クイックペイ)の使い方とおすすめクレジットカード

現金いらずで支払いが済ませられる便利な電子マネーは、もはや私たちの生活に欠かせないものとなりつつありますよね。そんな電子マネーの中でも、使い勝手がよく人気を集めているものの1つにQUICPayがあります。

ここではQUICPayをより便利につかいこなすためにぜひ知っておいてほしい、使い方や種類、連携におすすめのクレジットカードなどについて詳しく解説していきましょう。

【 目 次 】

QUICPay(クイックペイ)とはチャージ不要の電子マネー!QUICPayの使い方

まずはQUICPay(クイックペイ)の基本的な仕組みや使い方についてご説明しておきましょう。

QUICPayは、いわゆるポストペイタイプの電子マネーです。あらかじめ特定のクレジットカードと連携しておき、利用額は後日クレジットカードの支払いと一緒に引き落とされるシステムになっています。

したがって、プリペイドタイプの電子マネーのように、あらかじめチャージをしておく必要はありません。残高不足で支払いができないという心配もないので、非常に便利です。

QUICPay説明画像

使い方はたいていの電子マネーと同様で、対応加盟店に設置されている端末にかざすだけで支払いが完了します。

クレジットカードと連携してはいますが、あくまでも電子マネーなので、支払い時にサインや暗証番号は必要ありません。

全国チェーンの店舗多数!主なQUICPay加盟店をご紹介

QUICPayを利用する上で一番気になるのが、どんなお店で支払いに利用することができるのか?という点ですよね。

QUICPayの加盟店は総数280以上にのぼり、全国展開のチェーン店も多数含まれています。店舗数でいえば、相当な数になるでしょう。また、スーパーやコンビニなどの小売店から飲食店、空港やレジャー施設まで、幅広いジャンルにわたっているので、活用度はかなり高いといえます。

主な加盟店をジャンルごとに抜粋してご紹介しましょう。

QUICPay利用可能店舗一覧

カテゴリ 加盟店
コンビニ ・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
など
ガソリンスタンド ・ENEOS
・エッソ、モービル、ゼネラル
・昭和シェル石油
スーパーマーケット ・アピタ
・イオングループ
・マックスバリュ
・イトーヨーカドー
・フィール
など
ドラッグストア ・マツモトキヨシ
・スギ薬局
・ツルハドラッグ
・ココカラファイン
など
飲食店 ・ガスト
・マクドナルド
・すき家
・木曽路
・タリーズコーヒー
など
タクシー ・明和グループ
・宝交通
・東京無線タクシー
など
家電・本・服飾 ・ビックカメラ
・TSUTAYA
・ユニクロ
など
百貨店・モール ・阪急阪神百貨店
・ジェイアール名古屋タカシマヤ
・LOFT
・ANNEX
など
レジャー・アミューズメント ・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
・東京ドーム
・快活クラブ
・ジャンカラ
など
空港施設 ・関西国際空港
・中部国際空港セントレア
・ANA FESTA
など

これほど加盟店が多ければ、普段のお買い物から旅行やレジャーまで幅広いシーンで活用することができますよね。

自分に合ったタイプを選べる!QUICPay(クイックペイ)の種類

種類が多いのも、QUICPay(クイックペイ)の特徴の1つです。QUICPayにはコイン型などの変わった形状のものや、他の電子マネー機能を備える多機能タイプなど、様々な種類が用意されており、用途やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

ただし、タイプによってクレジットカード発行会社の対応状況が少なからず異なるので、その点は注意が必要です。

以下に、QUICPayの種類や対応しているクレジットカード発行会社などについて、一覧でご紹介しましょう。

タイプ 概要 発行手数料 対応クレジットカード発行会社
QUICPayカード

QUICPayカード

QUICPay専用カード 無料 ・JCB
・オリエントコーポレーション
・アプラス
・セディナ
・住信SBIネット銀行
・セブン・カードサービス
・トヨタファイナンス
・日専連
・UCSカード
QUICPayモバイル

QUICPayモバイル

スマホ・携帯電話で利用するQUICPay
※おサイフケータイ対応とApplepay対応あり
無料 ・JCB
・オリエントコーポレーション
・アメリカン・エキスプレス
・クレディセゾン
・セディナ
・セブン・カードサービス
・楽天カード
他多数
QUICPayコイン

QUICPayコイン

コンパクトなコイン型のQUICPay 無料 ・JCB
おこづかいQUICPay

おこづかいQUICPay

10歳から利用可能な月間利用上限3万円のおこづかい向けQUICPay 無料 ・JCB
QUICPay一体型クレジットカード QUICPay機能を搭載したクレジットカード 無料
※年会費はクレジットカードに準ずる
・オリエントコーポレーション
・JCB
・住信SBIネット銀行
・セブン・カードサービス
・トヨタファイナンス
QUICPaynanaco

QUICPay(nanaco)

nanacoカードにQUICPay機能を付加した複合型電子マネー 300円(税込) ・JCB
・セブン・カードサービス
・セディナ
スピードパス

スピードパスプラス

セルフスタンド『エクスプレス』発行のキーホルダー型QUICPay 300円(税込) ・JCB
・トヨタファイナンス(シナジーカード、TS CUBIC CARD)
・セブン・カードサービス
・セディナ
ANA QUICPay+nanaco

ANA QUICPay+nanaco

ANA『スキップサービス』、QUICPay、nanacoを搭載したキーホルダー型多機能ツール 300円(税別) ・JCB(ANAカード)

モバイルタイプのみ、すべてのQUICPay対応クレジットカード発行会社で利用することができます。それ以外のタイプに関しては、クレジットカード発行会社によって対応状況が大きく異なり、中には1~3社程度しか対応していないものもあります。

なお、取り扱っているQUICPayの種類が最も多いのはJCBとなっているので、より選択肢を多く持ちたい場合はJCBのクレジットカードでQUICPayを利用するのがおすすめですね。

Applepay搭載!QUICPay+(クイックペイプラス)とは

上の表でもご紹介したとおり、モバイルタイプのQUICPayにはアンドロイドのおサイフケータイ機能に対応しているものと、iPhoneのApplepay機能に対応しているものがあります。

Applepay説明画像

実はこのうちのApplepay(アップルペイ)に搭載されているのは、QUICPay+(クイックペイプラス)という通常のQUICPayとは異なるバージョンなのです。

QUICPayとQUICPay+(クイックペイプラス)の違いは、主に2点あります。まず、通常のQUICPayには1回の支払いで2万円という利用上限が設定されていますが、QUICPay+の方は上限がなく2万円を超える高額利用が可能です。

もう1つ、QUICPay+はクレジットカード以外にも、特定のプリペイドカードやデビットカードとの連携が可能となっています。以下に、QUICPayとQUICPay+の違いを表でまとめて確認してみましょう。

QUICPayとQUICPay+のロゴ

内容 QUICPay
(クイックペイ)
QUICPay+
(クイックペイプラス)
対応カード
(支払い方法)
クレジットカード ・クレジットカード
・デビットカード
・プリペイドカード
1回あたりの利用額上限 2万円まで 2万円以上可能
利用可能店舗 下記ロゴがある加盟店
“QUICPayロゴ画像”→弊社対応
下記ロゴがある加盟店
“QUICPayロゴ画像”→弊社対応

なお、モバイルタイプのQUICPay対応のクレジットカード発行会社の中でも、おサイフケータイ機能のみ対応のところとApplepayのみ対応のところ、そして両方に対応可能なところ…といったように、対応状況が異なります。

モバイルタイプのQUICPayを利用する場合には、手持ちのスマホ・携帯電話の機種とクレジットカード発行会社の対応状況も必ず確認するようにしてくださいね。

QUICPay(nanaco)ならセブンイレブンでポイント二重取り

QUICPayをよりお得に利用したいという方におすすめしたいのが、QUICPaynanaco(クイックペイナナコ)です。

QUICPay(nanaco)は、以下のように裏面にQUICPayマークの入ったnanacoカードにQUICPay機能を搭載する形で利用するサービスで、QUICPayとnanaco両方の加盟店で利用することができます。

QUICPay(nanaco)カード画像

その仕組みは基本的にはQUICPayとnanacoの複合ですが、どちらかというとQUICPayの要素が強く、クレジットカードと連携して利用するポストペイタイプとなっています。

それに伴って、ポイントもnanacoポイントではなく、原則としてクレジットカードのポイントシステムのほうに加算されるシステムをとっているのです。

しかしこのQUICPay(nanaco)をセブンイレブンで利用した場合のみポイントシステムが少し変わります。通常のクレジットカードポイントに加えて、特例的にnanacoポイントが200円につき1ポイントのレートで付与されるのです。

QUICPay(nanaco)カードによるポイント2重取り説明画像

つまりQUICPay(nanaco)をセブンイレブンで利用すると、クレジットカードのポイントとnanacoポイントの二重取りが可能になるのです。

日常的に利用する機会が多いセブンイレブンのようなコンビニでお得にポイントが貯められるというのは、非常に魅力的ですよね。セブンイレブンに行く機会が多い方には、ぜひQUICPay(nanaco)の利用をおすすめします。

QUICPay(クイックペイ)との連携におすすめクレジットカード4選

QUICPayを利用する上では、クレジットカードが必須になることはお判りいただけましたよね。この連携するクレジットカードにどれを選ぶかというのも、QUICPayを利用する上では重要になってくるのです。

そこでここでは、QUICPayとの連携におすすめな4つのクレジットカードを簡単にご紹介しておきたいと思います。

還元率1%!QUICPay搭載のオリコカード ザ ポイント

まず最初にご紹介するのは、オリエントコーポレーション、略してオリコが取り扱っているクレジットカードの1つ、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)です。

Orico Card THE POINTの最大の特徴はそのポイント還元率の高さで、常時1%の高還元を誇ります。クレジットカードのポイントシステムに利用分が還元されるQUICPayでは、ポイント還元率は非常に重要ですから、これは見逃せないメリットといえます。

加えて、新規入会後6ヵ月間はポイント2倍、会員向けポイントサイト『オリコモール』利用時に0.5%のポイント加算というように、ポイント特典が充実しているので、クレジットカードの利用でも非常に効率よくポイントを貯めていくことができます。

また、Orico Card THE POINTには基本の機能としてQUICPayが搭載されているため、別途申し込みをしたりする必要がありません。< 総合的に考えてOrico Card THE POINTは、まさしくQUICPayとの連携にぴったりのクレジットカードと言えるでしょう。

カード名称 Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
年会費 無料
スペック ・基本還元率1%
・新規入会後6ヵ月間はポイント2倍
・会員向けポイントサイト『オリコモール』利用時ポイント加算0.5%
・電子マネーQUICPay、IDを基本搭載

JCB最高還元率!常時1%還元のJCB CARD W

取り扱っているQUICPayの種類が最も多いクレジットカード発行会社JCBのQUICPay連携におすすめなカードが、JCB CARD Wです。JCB CARD Wは39歳以下限定の若年者向けカードで、WEBでのみ入会を受け付けています。

このJCB CARD Wの魅力もやはりポイント還元率の高さで、いつでも還元率最大1%で利用することができます。これは通常のJCBカードの2倍の設定で、数あるJCBカードの中でも最高還元率です。

なおかつ年会費無料で手軽に作ることができるので、QUICPayとの連携のためだけに作っても損はしないカードと言って良いでしょう。海外旅行保険やショッピング保険といった基本的な保険も付帯しており、クレジットカードとしてもしっかりと活用できる1枚になっています。

JCB CARD W

カード名称 JCB CARD W
年会費 無料
スペック ・39歳以下限定カード
・基本還元率1%(通常のJCBカードの2倍)
・JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店にてポイント最大10倍
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯

女性向けサービスが充実!JCB CARD W plusL

JCB CARD Wには、もう1つ女性向けのサービスをプラスしたJCB CARD W plusLというタイプがあります。

基本的な機能やサービスはJCB CARD Wと同様ですが、さらに美容やグルメなどの女性にうれしい情報を集めた情報サイト『LINDA』を利用できたり、女性疾病保険をはじめとする女性向け保険をお手頃な保険料で申し込めたりといった女性向けサービスが加わっています。

JCB CARD WとJCB CARD W plusLはいずれも男性限定、あるいは女性限定のカードというわけではありませんが、女性の方にはこちらのJCB CARD W plusLの方が使い勝手がよく感じられるでしょう。

JCB CARD W plus L

カード名称 JCB CARD W plusL
年会費 無料
スペック ・39歳以下限定カード
・基本還元率1%(通常のJCBカードの2倍)
・JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店にてポイント最大10倍
・女性向け情報サイト『LINDA』を利用可能
・女性向けの複数の保険を手ごろな価格で申し込み可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯

お得な法人カードはコレ!オリコEX Gold for Biz

QUICPayを個人向けのクレジットカードではなく、ビジネス用の法人カードに連携したいと考えている個人事業主や会社経営者の方におすすめしたいのが、オリコのEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ)です。

EX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ)には個人事業主向けのSタイプと法人代表者向けでメンバーカードを3枚まで発行できるMタイプがあり、いずれも年会費2,000円(税別)で利用することができます。

手ごろな年会費設定ながら会計ソフト『freee』や福利厚生サービス『ライフサポート倶楽部』の優待など独自のビジネス特典に加え、Mastercard、VISAそれぞれのビジネス特典を利用できるので、ビジネスシーンでは非常に役立つでしょう。

また、上でご紹介したOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)と同様にQUICPayを基本機能として最初から搭載しているのもメリットの1つです。ポイント還元率も通常のオリコカードの1.2倍の0.6%となっており、年間利用額に応じてさらに最大2倍までのポイントアップも可能です。

QUICPayと連携できるお得な法人カードをお探しの方に最適な1枚と言えるでしょう。

オリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズ

カード名称 オリコEX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ )
年会費 初年度無料、次年度以降2,000円(税別)
スペック ・個人事業主向けSタイプと法人代表者向けMタイプあり
・基本還元率0.6%(通常のオリコカードの1.2倍)
・年間利用額に応じて翌年最大2倍のポイントアップ
・会計ソフト『freee』優待あり
・各カードブランドのビジネス特典を利用可能
・ご融資金利優遇制度あり
・福利厚生サービス『ライフサポート?楽部』を優待価格で利用可能
・電子マネーQUICPay、IDを基本搭載
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯

毎日の買い物をもっと便利に、そしてお得に…頼れるQUICPay

チャージ不要のポストペイで、しかも豊富なタイプを取り揃えているQUICPayは、数ある電子マネーの中でも使いやすく、頼もしいサービスとなっています。

さらにQUICPayとの連携に適したクレジットカードを選ぶことで、そのお得さ、便利さはもっとアップするのです。

ぜひQUICPayの仕組みや特徴を正しく理解して、毎日のお買い物にどんどん活用していってくださいね。

QUICPay(クイックペイ)利用におすすめのクレジットカード

電子マネーにも様々なタイプがありますが、その中でもQUICPay(クイックペイ)のようなクレジットカードと連携して利用するポストペイタイプのものは、特に便利で使い勝手がよく人気を集めていますよね。 ただ、こうしたポストペイタイプの電子マネーを利用する場合、紐づけるクレジットカードの選び方によってお得さや便利さに少なからず差が出てきます。 そこでここでは、QUICPayと連携するのにおす

QUICPay(クイックペイ)の種類と特徴を徹底解説

現金いらずで支払いができて、クレジットカードのようなサインや暗証番号もいらない電子マネーはとても便利ですよね。 そんな電子マネーの中でも加盟店の数が多く、人気を集めているものの1つがQUICPay(クイックペイ)です。 電子マネーというと、カード型やスマホなどで利用するモバイルタイプが主流ですが、実はこのQUICPayにはそれ以外にも様々な種類があり、用途に合わせて選ぶことができます。

スピードパスプラスはQUICPay加盟店でも使えて給油も便利

QUICPay(クイックペイ)のような電子マネーは便利ですが、一般的なカード型の場合、余分なカードが増えてしまうことをネックに感じる方もいますよね。 スマホやケータイで使えるモバイルタイプならその心配はありませんが、非対応の機種があるというのが難点です。 そこでおすすめしたいのが、キーホルダー型のQUICPay、その名もスピードパスプラスです。 ここではQUICPayの中でも異色

ANA QUICPay+nanacoの使い方!1つで3役便利機能

ANAとJCBが提携して発行しているクレジットカード、ANA JCBカードは、航空便を利用した時にはもちろん普段のショッピング利用でもマイルが貯められる、ANAユーザー必携のカードですよね。 そんなANA JCBカードをお持ちの方だけが利用できる便利なツールとして今回ご紹介したいのが、ANA QUICPay+nanacoです。 1つでなんと3役をこなす多機能性が魅力のANA QUICP

QUICPay nanaco(クイックペイナナコ)はポイント2重取りできてお得

現金いらずでスマートに支払いができる電子マネーは、もはや生活に不可欠なサービスといっても過言ではありません。 ですが、数ある電子マネーはそれぞれ一長一短で、場面によっては使い勝手の悪さを感じるということもあるのではないでしょうか? そこで今回ご紹介したいのが、QUICPayとnanaco、2つの電子マネーの機能を併せ持つQUICPay(nanaco)です。QUICPay(nanaco)

おこづかいQUICPay(クイックペイ)のメリット!10歳から使える

塾や習い事などで一人で外出することが増える年ごろの子どもに、現金よりも便利なQUICPay(クイックペイ)のような電子マネーを持たせたいと考える方も多いのではないでしょうか? しかしQUICPayは、クレジットカードと連携するというその特性上、18歳以上からしか利用することができませんし、使い過ぎも心配ですよね。 そこでおすすめしたいのが、JCBで取り扱っているおこづかいQUICPay

QUICPay(クイックペイ)コインはコンパクトでスポーツに最適

クレジットカードと連携して後払いで支払いが済ませられるQUICPay(クイックペイ)は、最近人気を集めている電子マネーの1つです。 大手カード会社の1つであるJCBでは、そんなQUICPayのコインタイプ、その名もQUICPayコインを利用することができるのはご存知でしょうか? ここでは、QUICPayコインのサービス内容やメリット、注意点などについて、詳しくご紹介していきたいと思いま

QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+(クイックペイプラス)の違い

電子マネーの中でも、QUICPay(クイックペイ)のような事前のチャージが必要ない後払い式のサービスは特に利便性が高く人気を集めています。 そんなQUICPay(クイックペイ)に近年、QUICPay+(クイックペイプラス)という新バージョンが登場しています。 今回はQUICPay+(クイックペイプラス)の新たな機能について、従来のQUICPay(クイックペイ)との違いに注目しながらご紹
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.