クレジットカード審査
クレジットカード入会時の在籍確認の不安を解消!在籍確認がないカードは!?

クレジットカードの申し込みの後、ほぼ必ず行われるのが在籍確認。この在籍確認、何となく敬遠したい気持ちになる人もいることでしょう。

できれば在籍確認がなければいいなあ…と考えてしまうのも仕方がないのですが、審査の段階では非常に重要なポイントです。

在籍確認とはどのようなものなのでしょうか?なぜ在籍確認をするのでしょう?「なければいいな」と思うものは、必ず意味があります。

在籍確認の意味や必要性、そして在籍確認が行われるケース、行われないケースなど、在籍確認について詳しく知っておきましょう。

在籍確認ってどういうもの?本人確認の重要ポイント!

まず、在籍確認とはどういうものであるのかを正確に知っておきましょう。クレジットカードの申し込みをすると、審査が行われるのは当然ですが、その審査の中の一手順として行われるものです。

在籍確認とは!?

申し込みの時、申込書に勤務先を記入していますよね。在籍確認はその職場に電話をし、本当に勤務しているかどうかを確認するのです。ここで確認が取れれば在籍確認は完了し、審査は更に進むことになります。

  • 職場に電話をし、本人が在籍しているかを確認する
  • 申込書に書かれた職場と一致していればOK

どうして必要なの?目的は返済能力の判断のため!

「職場に金融機関から電話がかかってくる」ということそのものを、あまり好ましくないと思う人も多いようです。確かにお金の問題はデリケートなものですから、仕方ないことでしょう。

しかし、在籍確認で職場在籍の確認を取ることは、あなたの返済能力を判断するための重要なポイントになり、結果として審査に大きな影響を与えます。

無職の人が嘘をついて架空の職場を書いても、働いてはいないわけですから、収入がありませんよね。すなわち返済能力もないということになります。

在籍確認は本当に就労している=給料をもらっている=返済能力があるということを判断するための、審査項目のひとつだと考えておきましょう。

在籍確認ができなかったらどうなる?最悪は審査に通れない!

中には在籍確認が取れない状況になってしまうこともあるでしょう。そんな時にはどのような影響があるのでしょうか。

  • 在籍確認が取れないと審査に通過できないことがある

返済能力の証明のために在籍確認が行われるわけですから、これは仕方がないと言えば仕方がないかもしれません。

もしも在籍確認ができない状況であるのなら、申し込みの段階で、クレジットカード会社に一言相談してみた方が良いでしょう。

職場で電話に出られない!本人以外でも大丈夫!

職場に電話が通じるものの、どうしても本人が出られない環境であったり、たまたま席を外していて、カード会社からの在籍確認の電話に対応できない状況も考えられます。

でも、「自分で電話に出られなかったら、もしかして審査に落ちてしまうのでは…」という心配はご無用です。

  • 本人以外が電話に出ても在籍確認を取ることができる
  • 用件や詳しい内容が本人以外に告げられることはない

あなた自身が電話に出ることができなくても、在籍確認を済ませることが可能です。電話に出た他の誰かに、「(申込者)はいらっしゃいますか?」と聞けば、在籍しているかどうかすぐに分かりますよね。

この時、あなたがクレジットカードの申し込みをしたことや、個人情報に関する詳細な内容を告げられることはありません。

しっかりとプライバシーが守られますので、安心して在籍確認を待つことにしましょう。

考えすぎないで!在籍確認は恥ずかしくありません!

「職場に電話がかかってくる」という性質から、何となく恥ずかしい気持ちになり、在籍確認を嫌がる人は多いようです。しかし、審査に重要ということに加え、よく考えてみて下さい。

  • 在籍確認は世の中では普通のこと
  • クレジットカードを申し込んだ人は皆経験している

クレジットカードを持っている人は日本中に何万人もいますよね。在籍確認を経験した人がそれだけいるということです。社会ではごく普通のこととして受け止められています。

在籍確認は全く恥ずかしいことではありません。堂々と自信を持って在籍確認の連絡を待ちましょう。

ただ、お金のことに関して控えめな気持ちを持ってしまうのは、それだけお金について真剣に考えているということでもありますので、つい恥ずかしく思ってしまっても、悪いことではないかもしれませんね。

プラス方向に考えよう!在籍確認は審査通過の仮サイン!

在籍確認をマイナスな気持ちで捉えてしまう人は、別の方面から考えてみましょう。在籍確認の性質は、プラス方向の材料として受け止めることが可能です。

  • 在籍確認は審査通過が目前であるサイン
在籍確認は、審査の段階の中で、最終段階として扱われています。つまり、そこまでの審査では問題がなく、クレジットカードを発行しても大丈夫だろう、と考えられている状態です。

在籍確認が無事に完了すれば、あなたの手元にクレジットカードがやって来るまでもうすぐです。むしろ楽しみにするくらいの余裕を持っても大丈夫ですよ!

審査の最終段階!在籍確認が来ればほぼクレジットカード審査は通過!?

在籍確認は審査の最終段階ですが、それまでにどのような流れで審査が行われるのでしょうか。審査を通過した後のことについても知っておきましょう。

審査の流れは以下のようになっています。ここではインターネットから申し込みをしたと仮定していますが、他の申し込み方法でも基本的に変わりません。

順序 内容
01:申込内容受理 ネットから届いた申込データをチェック
様々な項目をスコアリングする
02:自社情報との照合 自社のブラックリストと照合する
03:信用情報機関への照会 他社も含めたクレジットヒストリーを確認する
04:在籍確認 職場への電話、または他の方法で
在籍の真偽を確認する
05:必要書類の送付依頼 本人確認書類、収入証明書の送付依頼
不要なケースもあるので要確認
06:審査完了 審査通過
クレジットカード発行

審査の流れは各社によって多少変わることもありますが、おおむねこのような内容と考えておけば問題ありません。

こう見ると、在籍確認がほぼ最終段階であることが分かります。クレジットカード獲得まであと一息。在籍確認の電話を楽しみにしていた方が、精神衛生的にもずっと良さそうですね。

在籍確認前の審査内容は?スコアリングシステムでチェック!

順番が少々前後しますが、在籍確認前に行われることで、少し注目しておきたいのが、申し込み直後のスコアリングです。個人情報を精査するシステムのことを指し、スコアリングシステムと呼ばれています。

様々な項目を精査し、返済能力をより正確に算出するために行われます。精査した項目の結果ごとに点数化し、合計点数が一定の基準以上になれば、返済能力があるという証明に繋がるシステムです。

審査が早いクレジットカードが増えている昨今ですが、このスコアリングシステムの発達も、審査時間短縮に大きく貢献していると言われています。

スコアリングシステムで基準以上の点数が取れれば、在籍確認に進むということを、豆知識として覚えておきましょう。

在籍確認先がない?専業主婦なら自宅へ電話!

クレジットカードは専業主婦の方でも申込みできます。専業主婦は返済能力がゼロだと思われがちですが、世帯主(配偶者)に安定・継続した収入があれば、申し込みをすることが可能です。

専業主婦は無職という扱いになるため、在籍確認をしようにも、勤務先がありません。もしかして配偶者の職場に電話が行くのでは?と考えてしまう人もいるようです。

  • 専業主婦の在籍確認は自宅への電話で完了
  • 携帯電話への確認でもOKな場合がある

専業主婦は自宅への電話で在籍確認を行います。本人が出られなくても、その家に住んでいることさえ確認できれば問題がないため、留守番の人がいるのであれば、留守にしていても大丈夫です。

お買い物をお得に楽しめる専業主婦の方におすすめのクレジットカードを厳選紹介している記事もございますので、主婦の方は是非チェックしてみてくださいね。

また、最近では家の電話を持たず、携帯電話だけで生活している人が増えているため、携帯電話への在籍確認で確認完了OKとしているカード会社もあります。

在籍確認しないこともあり?こんなケースは無しの可能性大!

在籍確認はほぼ行われるとご説明していますが、最近では在籍確認をしないケースも出てきています。ただ、それには条件があり、誰もが在籍確認を免れるというわけではありません。

在籍確認は悪いことではないのですが、どうしても抵抗があったり、在籍確認の電話を取りにくい状況にある人は、在籍確認が行われない可能性が高い条件を知り、ご自分の状況に照らし合わせてみましょう。

なお、条件を満たしていたとしても、全ての会社で在籍確認を行わないというわけではありません。あくまで「可能性が高いケース」として捉えておいて下さい。

条件1:クレジットヒストリーが良好な人

一つ目の条件としては、クレジットヒストリーの状況が良好であると認められることです。クレヒスと略されることが多く、ネットなどで目にしたことがある人もいるかもしれません。

【クレジットヒストリーとは!?】

クレジットカードやキャッシングなど、融資に関する過去の利用状況履歴のこと。融資商品に申し込む時には必ず参照される。

履歴は信用情報機関に登録され、審査の際には各金融機関、金融会社がアクセスし、申込者の履歴をチェックすることができる。本人も参照可能。

審査だけではなく、その後の利用状況、借入残高、返済態度や債務整理など、融資や返済に関するあらゆる情報が一定期間保管されることになる。

ブラックリストに載るというのは、金銭事故情報や延滞情報が信用情報機関に登録されていることを指すのです。

このクレヒスの状況が良好、つまり過去に問題がなければ、あなたの信用が一気に上がり、在籍確認を行わない可能性が高まります。

条件2:申告した会社名が信用情報機関登録情報と一致

信用情報機関には、クレヒス以外にも個人情報が登録されています。過去に申し込みをしたことがある人は、氏名や住所以外にも、申告した会社名(勤務先)が登録されていると考えましょう。

  • 申込書の勤務先と信用情報機関に登録されている会社名の一致

勤務先情報が双方で一致していれば、信用度が高く、過去のクレヒスと合わせて、やはりあなたの信用を高めます。

逆に一致しない場合、情報に齟齬が出るため、事実確認としてやはり在籍確認が必要となってしまいます。

転職経験がある人は、転職後に他の金融商品を利用や情報変更手続きをしていなければ、信用情報機関の情報が書き換えられていませんので、少々注意が必要なポイントです。

条件3:別の項目で本人確認ができている

在籍確認は本人確認の意味も含んでいます。確実な本人確認が他の方法でできているのであれば、在籍確認そのものにあまりこだわらないというクレジットカード会社もあります。

本人確認の方法は様々で、各社がそれぞれ独自の方法を採用しています。どのような手段で行われるかは一概には言えません。例として楽天カード、イオンカードについて見てみましょう。

カード名 本人確認方法
楽天カード 楽天銀行で口座開設をしている
イオンカード イオン銀行で口座開設をしている

系列に銀行が関わるカード会社であれば、系列銀行口座の開設が最も賢明な手段です。

口座開設にはしっかりとした身分証明が必要ですので、何よりも強力な証明手段として利用できます。

該当カードの申し込みの時には、ぜひ頭の隅に置いておきたい情報ですね。

条件4:新入社員の申し込みが増える春の繁忙期

学生から社会人になると、クレジットカードを新規で申し込む新入社員が一気に増えます。そのため、春はカード会社の一大繁忙期になって大忙しです。

  • 4月の繁忙期には在籍確認を省略することがある

全ての会社、全ての申込者がそうというわけではありませんが、審査能力に自信がある会社、信用情報に問題がないと判断された申込者に対しては、繁忙期の在籍確認を避けるケースがあります。

ただし、信用情報に多少問題点があったり、申し込みの不備で確認をしたいという人、転職をして信用情報機関の勤務先情報を変更していない人の場合には、在籍確認が行われる可能性の方が高いことを覚えておきましょう。

条件は以上の4つ!全て満たさなくてもOKな場合も!

在籍確認を行わない条件と考えられるケースを4つご紹介しましたが、全ての条件を満たす人はなかなかいないことでしょう。

とはいえ、全ての条件を満たさなくても、在籍確認が行われないこともあります。こちらはカード会社の方針によるものと言えます。

アンケート調査で勤務先に連絡があった方の割合は10.3%

クレジットカード入会時、勤務先に在籍確認の連絡があったかどうかのアンケートを300人に行いました。結果、勤務先に在籍確認の電話があった方は300人中31人で、わずか10.3%でした。

  • 勤務先に在籍確認の電話があった:31人
  • 勤務先に在籍確認の電話連絡はなかった:269人

上記は、2017年10月27日インターネットによるアンケート調査結果です。クレジットカード入会時、約9割の方が勤務先に在籍確認の電話連絡がなかったと回答しています。

あなたの状況は?クレジットカード審査時に在籍確認必須なのはこのパターン!

次に、在籍確認が必須となるであろうパターンをチェックしておきましょう。あなたがもしこのパターンにあてはまっていたら、在籍確認の電話がかかってくると考えておいた方が良さそうです。

  • 勤務年数が短い
  • 転職が多い
  • 遅延・延滞などのクレジットヒストリーの問題
  • 申込書の不備

全てのパターンにあてはまっていなくても、どれかひとつでも心当たりがあれば要注意です。

いずれもあなたの信用、返済能力に大きく関わる項目として、審査では非常に重要視されているポイントです。スコアリングシステムでもかなりしっかり見られる部分だと考えられます。

安定・継続収入は?勤務年数&転職回数で証明するもの!

クレジットカードの審査では、安定・継続した収入があるかどうかを見られます。勤務年数や転職回数も、その判断をする重要な判断材料になるのです。

  • 勤務年数が短いと継続性の証明が難しい
  • 転職回数が多いと安定性の証明が難しい

勤務年数が数ヶ月程度だと、本当にこれからも継続した収入が見込めるだろうか?という不安材料になります。転職回数が多いこともほぼ同様で、安定性に欠けるとみなされる可能性があります。

不真面目な態度ではなく、ステップアップ転職などの前向きな理由の人も多いことは確かですが、より確実性のある返済能力を求めるカード会社としては、どうしてもきちんとした確認を行いたいポイントのようですね。

信用第一!クレジットヒストリーの遅延&延滞の傷に注意!

先にもご説明した中に、クレジットヒストリーのことがあります。信用情報に直結する、過去の利用履歴などのことですね。

こちらに問題がなければ、在籍確認を無しとするカード会社があるわけですが、逆を言えば、問題があると判断された場合には在籍確認が行われるということになります。

特に返済の時の遅延や延滞は、信用情報を深刻に傷つける原因となっています。

また、クレジットヒストリーが全くないホワイトの方も要注意です。理由は、過去に金融事故を起こしてブラック登録期間が終了した場合も信用情報が白紙に戻る為です。

つまり、現金主義でローンやクレジットカードを利用した事がない方も、過去に金融事故を起こして登録期間が終了した方も、どちらも見た目は同じ信用情報で、区別がつかないのです。

過去にクレジットカードやキャッシングを利用し、返済段階で遅延・延滞をした記憶がある人や信用情報がホワイトの方は、在籍確認が行われると考えておいた方が良いでしょう。

基本の基本!申込書の不備も在籍確認の対象になる!

申込書の不備についても、在籍確認が行われることになります。本人が申請した内容と信用情報機関に登録された情報の違いだけではなく、単純な記入ミスも確認の対象となっています。

氏名、年齢、住所など、基本中の基本である個人情報の記入ミスをする人も、実際は少なくないようです。申し込み前の最終確認を何度も行っておくべきでしょう。

尚、昔は申込書の記入ミスだけで審査に落ちることも少なくありませんでした。今でも審査に落ちる原因となっている会社もあるほどです。最近は親切な会社が増えたと言っても良いかもしれませんね。

在籍確認無しの可能性大!審査スピード重視の会社!

実際に在籍確認が無い可能性が高いカード会社はどこなのでしょうか?カード会社そのものは在籍確認をする方針であっても、状況によって在籍確認をスルーする可能性が高いのが下記の3枚です。

先に挙げた条件を満たしていることが重要ですが、自信がある人はこれらのカードを狙ってみても良いのではないでしょうか。

高還元率でお得感大!オリコカード ザ ポイント!

オリコカード ザ ポイントは、還元率が常時1%。つまり100円で1ポイントが付与されます。入会後の半年間は2%が還元されるので、100円で2ポイントという、他のカードではあまり見ない高い還元率が楽しめます。

また、最近普及している電子マネーiD、QUICPayをダブルで採用しているため、幅広い場所で利用することが可能です。iDやQUICPayは少額の買い物にも適しているので、日常のちょっとした買い物などにスマートに使えそうですね。

オリコカード ザ ポイントも、在籍確認を行わないことがあります。個人の信用が高ければ高いほど、お得なカードに近づくまでの時間を節約できそうです。

オリコカード ザ ポイント

項目 内容
カード名 オリコカード ザ ポイント
年会費 無料
利用可能枠 最大300万円
(審査によって各自決定)
特徴 還元率が常時1%
入会後半年間の還元率は2%
電子マネーiD、QUICPayダブル搭載

Tポイントと提携!とにかく貯まるYahoo!JAPANカード!

Yahoo!JAPANカードは、100円で1ポイントが付与されます。Tカードとしても利用できることが特徴ですが、Tポイント分も加算されるため、かなりの速度でポイントが貯まっていくことが期待できます。

また、Yahoo!と言えばオークションサイトのヤフオク!が有名ですよね。ヤフオク!の中でYahoo!JAPANカードを使って購入した商品は、新品、中古を問わず、90日間の補償サービスを受けることができます。

また、基本還元率は1%、Yahooショッピングでの利用は還元率3%と高還元です。在籍確認に関しても前述の2つのカード同様、良い条件を維持している人であれば、行われない可能性が高いと言えます。審査も早いのでストレスなく待つことができそうですね。

Yahoo!JAPANカード

項目 内容
カード名 Yahoo!JAPANカード
年会費 無料
利用可能枠 審査によって決定
特徴 Tカードとしても利用可能
ヤフオク!購入商品90日間補償
Yahooショッピング3%還元
基本還元率1%

ポイントも貯まる!大人気の楽天カード!

楽天カードは楽天銀行が系列にあり、楽天銀行の口座の有無や本人の信用度によっては、在籍確認が行われない可能性があります。

使いやすく、自社通販サイトを経由すると更にポイントが貯まりやすいため、非常に人気のあるカードです。

基本還元率は1%、楽天市場での利用は3%の高還元カードです。気になる在籍確認ですが、審査スピードの効率を上げるためもあり、在籍確認前の審査項目をかなり念入りにチェックする傾向にあります。

楽天銀行に口座を持っていれば、在籍確認無しの可能性は更に高まりそうですね。

楽天カード

項目 内容
商品名 楽天カード
年会費 無料
利用可能額 最大100万円
(審査によって各自決定)
特徴 基本還元率1%
楽天市場で4%還元
海外旅行保険利用付帯

電話一本ですぐ完了!あなたの信用が更に高まる在籍確認

在籍確認はやはり、どうしても腰が引けてしまうものでしょう。悪いことをしているわけではないものの、気になってしまう人は気になってしまうものです。

ですが、在籍確認は社会の中では当然のように行われていることでもあります。何ら後ろめたい思いをする必要はありません。それでもどうしても無理だと思う人は、在籍確認がない可能性があるカードに申し込むのも良いでしょう。

電話一本ですぐに完了する在籍確認、通話時間は数分も要しません。短ければほんの数十秒で終わってしまいます。あまり気にしすぎず、気楽に考えてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP