Google Pay(グールペイ)ならSuicaを無料で作れる!モバイルSuicaと比較

Android端末の決済サービスとして話題のGoogle Pay(グーグルペイ)は、電子マネーやクレジットカードなどを取り込んでスマホで各機能を利用できる支払い管理サービスとして便利なツールです。

イメージとしては、Apple Pay(アップルペイ)とほぼ同等にとらえてよいでしょう。そんなGoogle Payで2018年5月よりSuicaが対応をスタートさせています。

今回は、Google PayでのSuicaの利用方法や機能、従来のモバイルSuicaとの違いなどについて、詳しく解説していきたいと思います。
【 目 次 】

無料で作れる!Google Pay(グーグルペイ)のSuicaの作り方

Google PaySuica

まずはGoogle PayのSuica(スイカ)の作り方からご紹介していきましょう。

Google Payでは、カード型SuicaやモバイルSuicaを利用していない方でもSuicaを新規作成する形で利用することができ、年会費などの費用は一切かかりません。

一方で、同じAndroid端末向けのサービスであるモバイルSuicaアプリを利用する場合は通常1,030円(税込)の年会費が必要となります。

もしJR東日本発行のビューカードをモバイルSuicaと連携している場合には、特典としてモバイルSuica側の年会費が当面無料にはなりますが、登録するクレジットカードが限定されるというのは、やはり少なからず煩わしいことでしょう。

そう考えると、このコスト面のお得さだけでもGoogle Pay(グーグルペイ)でSuicaを作るメリットはあると言えますよね。

Google Pay(グーグルペイ)でSuicaを作る手順

では、具体的なGoogle PayのSuicaのスタートアップの手順を見ていきましょう。

①GooglePayアプリを起動し【使ってみる】を選択

Google Pay起動画面

②Suicaを選択し、規約・特約に同意の上【同意する】を選択

Google PaySuica選画面

③Suicaの新規会員登録(メールアドレスやパスワード入力)を行う

Google PaySuica登録画面

④【OK】を選択しSuica発行完了

Google PaySuica設定完了画面

このように、非常に簡単な手続きで短時間でSuicaを作成することができます。発行したSuicaは即利用可能です。

基本電子マネーのみ!シンプル仕様のGoogle Pay(グーグルペイ)Suica(スイカ)

Google Payで利用できるSuicaの機能は、基本的には電車や加盟店でのSF(電子マネー)のみとなっています。

利用履歴や電子マネー残高を画面上で確認できるほか、残高が指定額を下回った場合に通知するリマインダー機能もあるなど、スマホならではの利便性が利点です。

また、JR東日本の新サービス『タッチでGo!新幹線』への登録も、特例的にGoogle PayのSuicaでも利用可能となっています。

『タッチでGo!新幹線』は、事前のサービス登録をしておくだけで、新幹線の対象区間の自由席をきっぷを購入することなく、在来線のようにSuicaのタッチで乗車することができるというサービスです。

こちらもまだ2018年4月に始まったばかりのサービスで、対象区間も短いですが、従来のシステムと比べれば格段に新幹線乗車がスムーズになることは間違いありません。必要に応じてぜひ活用していきましょう。

スマホで簡単クレジットカードチャージだから便利

Google Payのチャージは、コンビニなどの加盟店やチャージ機での現金チャージに加えて、Google Payに登録したクレジットカードでも行うことができます。

Google PaySuicaチャージ画面

クレジットカードチャージならほぼいつでもどこでもスマホで簡単に入金可能なので、非常に便利ですよね。

Google PayのSuicaでは、モバイルSuicaやカード型Suicaと同様にJCB、VISA、Mastercard、アメリカンエキスプレス、そしてダイナースクラブといったほとんどの国際カードブランドに対応しています。手持ちのクレジットカードで十分に対応することができるでしょう。

Google PaySuicaチャージ可能なブランド

ただしチャージに利用するクレジットカードによっては、Suicaへのチャージがポイント付与の対象とならない場合もあるので、その点は注意が必要です。

ここで、Google Pay Suicaへののチャージにおすすめのクレジットカードを厳選してご紹介しておきましょう。

Suicaチャージでポイント3倍!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードはビックカメラと提携のビューカードですから、Suicaへのチャージでポイントが3倍(還元率1.5%)獲得できるお得なクレジットカードです。

しかも年に1度でも利用すれば年会費が無料となりますから、実質無料と言っていいでしょう。

このカードはJREポイントとビックポイント両方貯まるクレジットカードで、基本還元率が1%と高い点もおすすめポイントですね。

通常の利用時はJREポイントとビックポイントが0.5%ずつ貯まっていき、SuicaへのチャージではJREポイントが3倍貯まります。

貯まったビックポイントやJREポイントはSuicaへチャージが可能ですから、ポイントでSuica利用が更にお得になるおすすめのクレジットカードですよ。

ビックカメラSuicaカード

カード名称 ビックカメラSuicaカード
年会費 初年度無料、次年度以降477円(税別)
※年間1回以上のショッピング利用があれば翌年年会費無料
スペック ・基本ポイント還元率1%(JREポイント0.5%+ビックポイント0.5%)
・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・ビックカメラ・ソフマップ・コジマでSuica決済時ポイント還元率最大11.5%
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1%
・モバイルSuica年会費無料
・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

Suicaチャージで1.5%還元!駅ビルで3.5%還元!JRE CARD

JRE CARDは2018年7月2日に複数のビューカードを統合する形で登場したクレジットカードです。

基本還元率は0.5%と標準ですが、Suicaチャージや定期券購入でポイントが3倍(還元率1.5%)の高還元、JR東日本沿線の駅ビルなどを含むJRE CARD優待店では3.5%の超高還元で利用頂けます。

年会費は(税別)477円ですが、WEB明細への切り替えで年間600ポイント貰えますから、この特典だけで年会費が実質無料になりますよ。

Google PayのSuicaチャージにおすすめのクレジットカードですね。

JRE CARD

カード名称 JRE CARD
年会費 初年度無料、次年度以降477円(税別)
スペック ・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・JR東日本沿線駅ビルなどJRE CARD優待店にてポイント還元率3.5%
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1.5%
・WEB明細利用で年間最大600ポイントプレゼント
・Suica機能なし、Suica機能付き、Suica定期券機能付きを選択可能
・モバイルSuica年会費無料
・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

JR東日本発行のビューカードのシリーズでは、Suicaへのチャージでポイントが3倍の還元率1.5%となり、断トツでお得に利用できます。

こちらでご紹介しているSuicaチャージにおすすめクレジットカードも是非チェックしてみてくださいね。

使える機能はどのくらい違う?モバイルSuicaとGoogle PayのSuica機能比較

同じAndroid端末で使えるGoogle PayのSuicaとモバイルSuica、どちらを利用するか悩む方もいますよね。ここでは2つのサービスの違いを明確にするために、一覧で機能を比較してみましょう。

機能 Google Pay モバイルSuica
電車、加盟店でのSF(電子マネー)利用
SF(電子マネー)の利用履歴・残額表示
定期券の購入 ×
Suicaグリーン券の購入 ×
『タッチでGo!新幹線』の利用
モバイルSuica特急券 ×
『エクスプレス予約サービス』の利用 ×
JREポイントの受取 ×
ネット決済 ×
店頭レジ・チャージ機での現金チャージ
クレジットカードチャージ
※Google Pay登録クレジットカードにて

※モバイルSuica登録クレジットカードにて
銀行チャージ ×
再発行 ×
機種変更時の移行 ×
チャージ払い戻し・退会 ×

こうしてみていただくと、機能面ではかなり差があることがわかりますよね。

定期券やSuicaグリーン券の購入、あるいはモバイルSuica独自のサービスであるモバイルSuica特急券の利用などは、すべてGoogle PayのSuicaでは行うことができません。

チャージの面では、Google Payでは銀行チャージは利用できませんが、クレジットカードチャージ、現金チャージが使えるので、これに関しては不便を感じることは基本的にはないでしょう。

また、Suicaを特定の加盟店での支払いに利用するとJREポイントというJR東日本の共通ポイントが付与されるのですが、このポイントを貯めることはGoogle PayのSuica単体ではできなくなっています。

このように、Google PayのSuicaはモバイルSuicaアプリと比べるとかなり機能が絞られているので、利用にあたってはその違いはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

Google PayのSuicaとモバイルSuicaは併用も可能!

Google PayのSuicaとモバイルSuicaアプリは、1つのSuicaのデータを共有する形での併用も可能となっています。

したがって、Google Pay単体で発行し利用していたSuicaを、後でダウンロードしたモバイルSuicaアプリでも利用するという使い方もできるのです。

上でご紹介したような、Google PayのSuicaでは購入できない定期券やモバイルSuica特急券などのサービスを利用する必要性が後から出てきたという方には、モバイルSuicaアプリとの併用をおすすめします。

また、再発行や端末の機種変更によるデータ移行が必要な場合には、Google PayのSuicaからでは手続きを行うことができないので、モバイルSuicaアプリを通しての操作が必須となります。

モバイルSuicaの簡易版『EASYモバイルSuica』とも比較

モバイルSuicaアプリには、通常のクレジットカードを登録して利用するという使い方のほかにもう1つ、クレジットカードを登録せずに『EASYモバイルSuica』として利用するという使い方も用意されています。

『EASYモバイルSuica』として使う場合は、クレジットカードが必要なサービスは利用できないため機能は少なからず制限されますが、その代わりにGoogle PayのSuicaと同様に年会費無料で利用可能となります。

この一見似たようなサービスに見えるGoogle PayのSuicaと『EASYモバイルSuica』についても、機能を一覧で比較してみましょう。

機能 Google Pay EASYモバイルSuica
電車、加盟店でのSF(電子マネー)利用
SF(電子マネー)の利用履歴・残額表示
定期券の購入 × ×
Suicaグリーン券の購入 × ×
『タッチでGo!新幹線』の利用 ×
モバイルSuica特急券 × ×
『エクスプレス予約サービス』の利用 × ×
JREポイントの受取 ×
ネット決済 ×
店頭レジ・チャージ機での現金チャージ
クレジットカードチャージ
※Google Pay登録クレジットカードにて
×
銀行チャージ ×
再発行 × ×
機種変更時の移行 ×
チャージ払い戻し・退会 ×
『EASYモバイルSuica』では、モバイルSuicaアプリの機能を活かしてJREポイントの受取やネット決済、そして機種変更・退会手続きなどができるのは利点ですが、一方でクレジットカード関連のサービスは一切利用することができません。特にクレジットカードチャージができないのは、モバイル版サービスとしては大きなデメリットになるでしょう。

そういう意味では、単純に電子マネーとしてのSuicaを便利に使うという点ではクレジットカードチャージが可能なGoogle PayのSuicaの方が勝っていると言えます。

スマホでSuicaを無料で使える!シンプル志向の方におすすめ

Google PayのSuicaは機能を絞った比較的シンプルな作りになっており、用途としてはカード型Suicaに近い仕上がりになっています。しかしスマホと一体でSuicaを携帯できて、チャージもスマホを通してのクレジットカードチャージが可能なので、カード型Suicaよりは格段に利便性の面では優れていると言えるでしょう。

一方で、同じくAndroid端末で使えるモバイル版サービスであるモバイルSuicaは、確かにGoogle PayのSuicaよりも便利に使えますが、その分、年会費がかかるのがネックとなります。

モバイルSuicaほどの多機能性は必要としていないけれど、スマホで便利にSuicaを使いたいと考えている方には、機能とコストのバランスが程よいGoogle Payは十分に使い勝手がよく感じられるのではないでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.