dポイントカードの作り方と種類を解説!お得なdポイントカードは!?

dポイントは、ローソンやマクドナルドなどで貯まって使える共通ポイントです。

利用法はケータイの機種変だけじゃありませんし、ドコモユーザー専用でもありません。dポイントカードを作れば、誰でも街のお店でdポイントを貯めれます。

あなたもこのお得なdポイントカードをぜひ手にしてみませんか?これからdポイントの概要と、カードの種類と作り方についてご説明します。初心者だけでなく、既にdポイントカードをご利用の方もぜひご一読ください。

【 目 次 】

dポイントとは!?初心者にもすぐ分かる!貯め方&使い方の基礎知識

dポイント説明画像

共通ポイントの利用はとっても簡単です。しかしただ使うだけでは、そのサービスを十分に活用できたことにはなりません。

そこでdポイントカードを作る前に、先ずは基本のdポイントの特徴と仕組みを簡単にご説明したいと思います。

dポイントはローソンなどの提携店で貯まる

dポイントの貯め方はとっても簡単で、お店で精算時にdポイントカードを提示すればいいだけです。

レジでのカード提示のタイミングは早い方が確実ですよ。精算が済んでしまってからでは、ポイントを付け直すのが難しいからです。

またdポイントが貯まるのは特定のお店だけですから、提携店についての情報をよく知っていることも大切です。同じ商品なら、ポイントが付かないお店よりもdポイント提携店で買った方がよりお得ですよね。

新たにdポイント加盟店に加わるお店も増えていますから、dポイントクラブの公式サイトやお店のアナウンスは見落とさないようにしましょう。

ローソンでは100円(税抜)で1ポイント貯まる

dポイントの貯まり具合は、加盟店の種類によっても異なります。以下、加盟店におけるdポイントの貯まり方と使い方の一例をご覧ください。

dポイント提携店一覧画像

dポイント提携店 貯める 使う
ローソン 100円(税抜)で1ポイント 1ポイント1円
マクドナルド 100円(税込)で1ポイント 1ポイント1円
マツモトキヨシ 100円(税込)で1ポイント 1ポイント1円
高島屋 100円(税込)で1ポイント 1ポイント1円
NEXCO中日本 100円(税込)で1ポイント 1ポイント1円
かっぱ寿司(愛知、岐阜、三重限定) 100円(税込)で1ポイント 1ポイント1円
オリックスレンタカー 100円(税込)で2ポイント 1ポイント1円
丸善、ジュンク堂(関東26店舗限定) 200円(税抜)で1ポイント 1ポイント1円

マクドナルドやマツモトキヨシなどでは100円利用ごとに1ポイント貯まりますが、オリックスレンタカーの利用で貯まるdポイントは2倍ですし、丸善ジュンク堂だと半分ですね。

この表からも解る通り、多くのdポイント提携店では100円利用ごとに1ポイント貯まり、その還元率は1%です。

登録後は提携店で1ポイント=1円として使える

次にdポイントの使い方を見ていきましょう。加盟店でのdポイントの使い方の手順は以下の通りです。

dポイント使い方説明画像

①事前にdポイントカードの利用登録を済ませておく
②レジでdポイントカードを提示してポイント利用を伝える
③1ポイント=1円分として代金に充当される

これで初めての方でも間違いなく、1ポイント=1円分として代金に充当できます。

dポイントを使うには事前に利用登録が必要

ここで①のdポイントカードの利用登録についてご説明しましょう。

dポイントは何もしなくても貯まりますが、お店でdポイントを使うには「利用登録」が必要です。

新しくdポイントカードを作ったら、どなたも忘れずdポイントクラブサイトで登録を行ってくださいね。

なおドコモ回線をご利用でない方は、この利用登録の前にdポイントクラブサイトで「dアカウント」の作成が必要です。

【dアカウント】

  • ドコモユーザーでない人でも無料で使える共通ID
  • dポイント利用登録にはdアカウントが必要

dポイントの有効期限は4年間もある

ところでdポイントの有効期限はとても長く、獲得月から48か月後の月末まで、つまり4年間もあります。これなら初めてdポイントに慣れない方も、有効期限切れによる失効の心配は少ないでしょう。

ただし貯めたdポイントの中には、期間や用途が限定された特別なポイントが含まれている場合もあります。お手持ちのポイントの有効期限については、dポイントクラブサイトもしくはdポイントクラブアプリにてご確認ください。

dポイントカードの作り方!6種類の入手方法が一気に解る

dポイントがどういうものか、以上で大体分かって頂けたと思います。次にdポイントを貯めるのに必要なカード=dポイントカードの種類と作り方を見ていきましょう。

実は今回ご紹介するカードは、全部で6種類もあるのです。どれも同じようにdポイントを貯めたり使ったりできますが、それぞれ異なる性質を持っており、作成方法も違います。

あなたならどのタイプのdポイントカードを選びますか?既にdポイントカードをお持ちの方は、他のバリエーションもぜひ検討してみてくださいね。

dポイントカードは全部で6種類もある

以下がこれからご紹介するカード全6種類の一覧表です。

種類 特徴 年会費(税別)
dポイントカード ・カード型 無料
モバイル
dポイントカード
・dポイントクラブアプリで発行
・おサイフケータイ型もあり
無料
dカード ・クレジットカード一体型 1,250円 初年度無料
前年の利用で次年度無料
dカードゴールド ・クレジットカード一体型 10,000円
dカードプリペイド ・プリペイドカード一体型 無料
dカードmini ・モバイル電子マネーiD
・おサイフケータイ対応
・提示ポイントは貯まらない
無料

ポイントカードそのものは無料ですが、多機能タイプには年会費が発生する場合もあります。

ただしクレジット一体型もスタンダードタイプなら年会費は実質無料ですし、プリペイドカードや電子マネー一体型はいずれも年会費はかかりません。

従ってこの中で費用がかかるのは、クレジット一体型のdカードゴールドだけ。後は全て無料で持つことができます。

dポイントカードは1人最大5枚まで作れる

上記の6タイプの中から、必ずしも1種類だけを選ぶ必要はないんですよ。

dポイントカードは、1人で複数持つことも可能だからです。

利用者情報登録できるdポイントカードは、1つのdアカウントに対して最大3枚までとなっています。でもこれに加えて、dカードやdカードゴールド(クレジット一体型)は別途1枚、モバイルタイプも1枚追加登録が可能です。

例えば複数のdポイントカードを持つ場合、以下のようなパターンが考えられます。

パターン1
※1つのdアカウント、
もしくはドコモ1回線について
パターン2
※1つのdアカウント、
もしくはドコモ1回線について
・dポイントカード:3
・dカード:1
・アプリ型:1
・dポイントカード:2
・dカード プリペイド:1
・dカード:1
・アプリ型:1
なおdポイントは、すべてが一つのdアカウントに貯まっていきます。なので複数のdポイントカードを使い分ける場合も、dポイントを合算する必要はありません。

それでは次に、それぞれのdポイントカードの作成方法を見ていくことにしましょう。

dポイントカードはドコモショップや加盟店で無料配布

一番入手がカンタンなのはカードタイプの「dポイントカード」で、これが最も基本的なタイプになります。

dポイントカードは、ドコモショップやdポイント加盟店の店頭でいつでも無料配布されています。

店頭に見当たらなければ、スタッフに声をかけてみてください。すぐに説明書とセットになったdポイントカードを手渡してもらえるでしょう。

dポイントカード郵送対応説明画像

またドコモ回線をご利用の方は、1枚までならdポイントカードの郵送受け取りも可能です。dポイントクラブから申し込めば、およそ3週間でお手元にdポイントカードが届きます。なおこのサービスは、2019年3月31日まで受け付けています。

モバイルdポイントカードはアプリをダウンロード

「モバイルdポイントカード」も、比較的簡単に入手できます。こちらはアプリをダウンロードして、そこで簡単にモバイルdポイントカード新規発行できるからです。

これであなたのスマートフォンが、プラスティックカードのように機能します。dポイントクラブアプリは以下の機種に対応します。

  • iOS 9.0 以上のiPhone
  • Android™ 4.3 以上のスマートフォンとタブレット

なお既にdポイントカードをお使いの方は新規発行をせず、利用中のdポイントカード番号をアプリに設定することも可能です。

なおモバイルdポイントカードにはおサイフケータイで使えるタイプもありますが、こちらはiPhoneには対応していません。

dカード/dカードゴールドはオンラインで入会を申し込む

クレジットカード一体型の「dカード」と「dカードゴールド」は、どちらもdカードの公式サイトから申し込んでください。

いずれのカードも、入会時には引落し用の金融機関の口座登録も必要です。クレジット機能つきカードは、およそ申し込みから手元に届くまでにはおよそ2週間程度を要します。

dカードプリペイドには審査が不要

次はプリペイドカード一体型のdカードプリペイドの作り方です。

dカードプリペイドは審査の必要がないため、クレジット一体型よりもずっとスピーディーに発行できます。こちらのカードが手元に届くまでの所要時間はおよそ1週間。

dポイント公式サイトから申し込めますが、クレジットカードと違って入力項目も少なく、手続きにはそれほど手間がかかりません。

dカードminiはドコモユーザー限定

dカードminiの発行も、審査不要で簡単です。こちらはモバイルタイプの電子マネーiDで、買物に使えばdポイントが貯まります。

ここまでご紹介してきた6タイプのうち、dカード miniだけはドコモユーザー限定です。これはdカード miniの利用代金が、ドコモケータイ料金と一緒に請求される仕組みになっているためです。

dカードminiは、FeliCa搭載のおサイフケータイ対応です。利用時には以下の設定を行ってください。

①おサイフケータイで「iDアプリ」を選択
②「はじめてiDを使う方」を選択
③「クレジットカードの契約なしで登録する」を選択
④4桁のネットワーク暗証番号を入力して登録を申し込む

dカード miniはこれ以外にも、ドコモショップの店頭からも申し込み可能です。

dポイントカードはどれがお得なの?6タイプについて徹底解説!

では6種類のdポイントカードについて、更に詳しく見ていくことにしましょう。dポイントの貯まり方や使用感は、6タイプそれぞれに特徴があります。

作成方法や費用については分かったので、ここではポイント付与率や使い方を中心にご説明していきましょう。

dポイントカード(カード式)は付与率1%

dポイントカードは、ポイントを貯めたり使ったりする機能だけの基本的なカードで、レジで提示して使います。

加盟店で無料配布されており、どなたでもすぐに入手できますが、カード持ち歩くのが面倒な方やお財布がかさばるのが嫌いな方には向きません。

dポイントカード(カード式)

dポイントカード 説明
タイプ プラスティックカード
ポイント付与率 基本100円(税抜)で1ポイント
その他 ポイント付与率は加盟店によって異なる

モバイルdポイントカードはお得なクーポンも使える

スマートフォンやiPhoneで使えるモバイルdポイントカードなら、お財布がかさばることもなく、レジでもスマートにdポイントを扱えます。

使い方は、レジでdポイントクラブアプリを立ち上げてバーコードを提示させ、それをお店の端末で読み取ってもらいます。

ポイント付与率はカードタイプと全く同じですが、アプリではお得なクーポンが使い放題なので、その分こっちの方がお得ですよ。

モバイルdポイントカード

モバイルdポイントカード 説明
タイプ アプリ
ポイント付与率 基本100円(税抜)で1ポイント
その他 ・お得なクーポンが使い放題
・お店のキャペーン情報も掲載

dポイントカードの中で断トツにお得なカードはクレジット機能付き

dポイントカードの中で一番お得なカードは、提携店でポイントが2重取りできるクレジット機能つきdポイントカードです。

  • 提携店で0.5~2%
  • 決済で1%
  • →合計還元率1.5~3%とポイント2重取り

上記のように、提示ポイントと決済ポイントが2重取りできるからです。クレジット機能付きのdポイントカードは下記の2枚で、ドコモユーザーの方ならポイントだけで元が取れるdカードゴールドがお得ですよ。

また、クレジット機能つきdカードならポイントの2重取り以外にも、付帯保険や利用できる優待などがある分、更にお得です。それでは続けてクレジットカード機能付きdポイントカードの特徴をご紹介していきます。

クレジット機能&電子マネーiD&dポイントカード機能が三位一体!dカード

dカード(クレジット機能つき)は年会費1,250円ですが、前年度一度でもクレジット決済すれば次年度の年会費はかからないので、実質的には年会費無料カードです。

先にご紹介しましたが、dカードは提示だけで0.5~2%ポイントが貯まりますが、カード決済すればこれに加えて利用額に対して1%分のdポイントが貯まります。つまりポイント2重取りですね。

dカードには電子マネーiDが搭載されており、コンビニや駅売店でも使いやすく、dポイントがドンドン貯まります。

またマツモトキヨシ、エネオス、ジャルパックといった「dカード特約店」ではさらにポイントが上乗せされるほか、コンビニのローソンで使うと5%もお得になりますよ。

dカード

内容 dカード(クレジット機能つき)
タイプ プラスティックカード
ポイント付与率 ・提示:基本100円(税抜)で1ポイント
・決済:還元率1%
特典 ・年に一度のクレジット利用で年会費は無料
・dカード特約店でポイント上乗せ
・ローソンでは最大5%もお得
・dカードケータイ補償
お買い物あんしん保険

dカードゴールド(クレジット機能つき)はドコモ料金10%還元

dカードゴールドは、先ほどご紹介したdカード(クレジット機能つき)の上位カードです。

年会費は1万円と高くなりますが、その分GOLDケータイ補償や全国28の空港でラウンジが使えるなど、特典サービスが充実します。

更にdカードゴールドならドコモケータイやドコモ光の料金が10%還元される為、ドコモユーザーの方ならポイントだけで元が取れてしまいます。

dカードゴールドはドコモユーザー最強のクレジットカードと言えるでしょう。なおその他のサービスについては、dカードと共通です。

dカードゴールド

内容 dカードゴールド
タイプ プラスティックカード
ポイント付与率 ・提示:基本100円(税抜)で1ポイント
・決済:還元率1%
・ドコモ料金決済:10%分のdポイントが貯まる
特典 ・dカード特約店でポイント上乗せ
・ローソンでは最大5%もお得

dカードプリペイドはローソンでの還元率4.5%

dカードプリペイドは、事前に入金すれば決済にも使えるdポイントカードで、12歳になればどなたでも利用可能です。

チャージ(入金)方法は以下をご参照ください。この通り現金以外にも様々な方法でチャージできます。

dカードプリペイド
チャージ方法
単位 支払い方法
ローソンでチャージ 1,000円〜49,000円、1円単位
(※手数料200円/回
→2018年8月6日から無料)
現金
マイページでチャージ 500円〜5万円、1円単位 ・電話料金合算払い
・dポイント
・dカード
・Visaカード、Mastercard
(手数料200円/回)
・インターネットバンキング

利用で貯まったdポイントでもチャージできるので、dカードプリペイドは使えば使うほどお得にできています。

なおVisaカードとMastercardのクレジットチャージにも対応しますが、dカード以外は手数料がかかる点にご注意くださいね。

dカードプリペイドはポイント付与率が高く、この通り一部利用先で使うと極めて高還元となります。ローソンやマツモトキヨシをよく利用する方なら、dカードプリペイドが絶対におすすめですよ。

dカードプリペイド

dカードプリペイド利用先 還元 お得度の合計
ローソン ・提示でポイント1%
・決済で3%オフ
・決済でポイント0.5%
4.5%
マツモトキヨシ ・決済でポイント0.5%
・決済でポイント2%
・マツキヨポイントも貯まる
2.5%以上
高島屋 ・提示でポイント1%
・決済でポイント1%
・特約店ポイント1%
3%

通常の加盟店店で使う場合、dカードプリペイドの還元率は平均1.5%です。またdカードプリペイドは電子マネーiDとしても使えますし、Apple Payの設定も可能です。

dカードプリペイド 説明
タイプ プラスティックカード
ポイント付与率 提示:基本100円(税抜)で1ポイント
決済:基本200円(税抜)で1ポイント
その他 ・iDとしての利用も可能
・ローソンでは最大4.5%

dカードminiはドコモユーザー限定!

ラストはdカードminiです。dカードminiはおサイフケータイで使う電子マネーiDで、その代金はドコモケータイ料金と一緒に支払われる仕組みになっています。なのでこれまでご紹介してきた中で、これだけはドコモユーザー限定です。

またdカードminiはiD決済によってdポイントが貯まりますが、dポイントカードの機能はついていません。

なのでdポイント加盟店で提示ポイントを貯めようと思ったら、別途dポイントカードが必要です。

でもレジでdポイントカードを一緒に出すのは面倒ですから、おサイフケータイ機能にdポイントカードとdカードminiの両方を設定してください。これをレジのリーダーにかざせば、両方一度に読み取りが可能です。

これによって、dカードminiの加盟店利用時の還元率は合計で1.5%となります。

dカードmini 説明
タイプ おサイフケータイ
ポイント付与率 200円で1ポイント(iD利用時)
その他 加盟店ポイントには別途dポイントカードが必要

dポイントカードはお得!誰でも直ぐに貯まって使えます

dポイントカードは、ドコモ回線をご利用でない方でも簡単に作れます。簡単な会員登録を済ませれば、誰でも直ぐにdポイントを貯めたり使ったりできるので、ローソンやマクドナルドなど身近なお店でdポイントを貯めてください。

ドコモユーザーでない方は、dカードmini以外の5タイプを申し込めます。

dポイントカード、モバイルdポイントカード、クレジット一体型のdカードかdカードゴールド、dカードプリペイドからお好きなものを選んでくださいね。

お得面から言えば、クレジット機能付きが断然おすすめですね。クレジット機能つきならポイントが2重取りできる上に、クレジットカードの優待や特典が利用できますよ。dポイントカードは複数保有も可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.