ETCカードの作り方!初心者の方も使い方までよく解る

有料道路の料金所をノンストップで通過できるETCシステムのことは、クルマに乗る方ならきっとどなたもご存知でしょう。

その国内での普及率は、何と9割を超えているそうです。これから利用を始める方も、ETCについて何も知らないというのではちょっと不安ですよね。

そこで初心者の方向けに、これからETCカードの作り方と使い方を一からご説明したいと思います。

既にETCをご利用の方も、今さら人には聞けない基礎知識をここでしっかりと身につけてください。

【 目 次 】

ETCカードだけじゃない!?ETC導入に必要なものを徹底解説

それにしてもETCって本当に便利ですよね。いちいちお金を取り出さなくても、高速道路の料金所をスルーできる快適さは、一度体験すればもう後戻りはできません。

しかもETCマイレージサービスETC割引といったお得なプログラムまで利用できるとあれば、もはやETCを使わない理由が見当たらないというもの。

ではこの便利なETCを導入するには、一体何が必要なのでしょう?

ETC導入には車載機+カードの両方が必要

ETCシステム利用の第一歩は、以下の2つの物を準備することです。

【 ETC導入に必要なもの 】

  • 車載器(車に取り付ける)
  • ETCカード(車載器に挿入する)

この両方が揃わないと、高速道路の料金所をスルーできません。2つは同時に入手することも可能ですが、別々の場所で求めるのが一般的です。

車載器には様々なタイプがある

クルマに取り付ける車載器の方は、ディーラーやカー用品店などで購入します。車載器は自動車部品メーカー、家電メーカーなど様々な企業が販売しており、以下のようにその形状は様々です。

中にはカーナビゲーションと一体化した高機能タイプや、バイクに搭載できる車載器もあります。

ETC車載器のタイプ 形状
2ピースタイプ 本体とアンテナが一体
3ピースタイプ 本体とアンテナが分離
ビルトインタイプ 車のインテリアと一体

2ピース、3ピースというのはETCカードまで含めた数なので、車載器そのものは「アンテナ一体型」と「アンテナ+本体分離型」のいずれかです。価格は5,000円前後から、高機能で10,000円以上するものまで様々です。

車載器は専門店でのセットアップが必要

しかし車載器は購入したままの状態では使えません。必ず事前に登録店でのセットアップが必要です。セットアップの内容とは車両情報の書き込みなので、車検証、免許証を忘れないようにしましょう。

【 車載器のセットアップ 】

  • ナンバープレートなどの車両情報を暗号化して書き込む
  • 車検証、免許証などが必要

セットアップは必ずしも車載器の購入店で行う必要はないのですが、この作業は登録制となっており、登録店以外の店舗や個人ではできません。

これを済ませて初めて、料金所入口と出口のアンテナとの交信というETCの機能が使えるようになります。

ETCカードだけでも料金所を通れる!?

しかしまだこれだけでは料金所をスルーできません。車載器はカードを挿入して初めて作動するからです。

ETCカードは、小さいながら決済機能という重要な役割を担っており、ETCシステムの主役とも言える存在です。

その証拠に空の車載器では料金所を通ることができませんが、ETCカードさえあれば車載器がなくても通行できるんですよ。

ただしその場合は料金所とのアンテナ交信ができないため、一旦停車した上での手払いとなります。ETCカードだけで支払う場合は、一般レーンに進入し、そこで高速料金を決済してください。

なおこのように使えるのは高速道路の料金所だけで、ETCカードは一般のお店での支払いに使うことはできません。

ETCカードは車が変わっても使える

ETCシステムは車載器とカードの2つ揃って初めて機能しますが、ETCカードは単独でも使えるということを覚えておいてくださいね。

つまり自分名義のETCカードは、他人の車にでも利用可能だということです。この場合、高速料金は車や車載器の持ち主ではなく、ETCカードの所有者に請求されます。

ETCカードは借りた車にでも使えて便利なのですが、一方で第三者に悪用される危険性とも常に隣り合わせです。

ETCカードの入れっぱなしも危険です。ETCカードはクレジットカードと全く同じ機能を持っているので、その管理には重々気をつけてください。

ETCカードの作り方!クレジットカードを申し込めば発行は簡単

では次にETCカードの入手方法についてご説明しましょう。ETCカードは車載器のようにお店では扱っておらず、クレジットカード会社を通じて申し込みます。

つまりETCを使おうと思ったら、まずクレジットカード会員になることが必要なんですね。

ETCカードはクレジットカードがあれば何時でも作れる

ETCカードの追加発行は、現在発行されている殆どのクレジットカードで可能です。

なのでもしも今あなたが何らかのカードをお持ちなら、このためにわざわざ新規入会する必要はありません。クレジットカードさえ手元にあれば、いつでもETCカードを申し込むことができます。

【 ETCカードの入手方法 】

  • クレジットカード入会時に同時発行
  • 保有しているクレジットカードで追加発行

もちろん新しいクレジットカードを作って、そこでETCカードを発行しても構いません。その場合はクレジットカードとの同時発行手続きも可能です。

ETCカードは「専用カード」と「クレジット機能一体型」の2タイプがありますが、今回は一般的な専用カードを前提にお話を進めていきたいと思います。

ETCカードの費用はクレジットカードによって違う!

殆どのクレジットカードでETCカードは問題なく作れるのですが、問題はそのコストです。ETCカードにかかる費用は、以下のようにカード会社によって異なるからです。

【 ETCカードにかかる費用のパターン 】

  • 完全無料
  • カード発行手数料
  • 年会費
  • 年会費(免除条件あり)

カード発行手数料は税別1,000円、年会費は税別500円で、両方共かかることはありません。しかし完全無料で発行できるETCカードも多いので、やはりクレジットカード選びは重要だと言えます。

なおクレジットカードの年会費とETC年会費との間には特に相関関係はありませんので、クレジットカード入会時にはETCカードの費用まで必ずチェックするようにしてください。

当サイトでは目的別におすすめのETCカードを紹介している記事をご用意しています。是非下記記事をご覧頂き、お得にETCを利用してくださいね。

おすすめのETCカードを厳選紹介!目的別だからあなたに最良のカードが見つかる

クレジットカードがなくてもETCカードは作れる

でもクレジットカードがなければ絶対にETCカードを作れないかというとそうではなく、実は一つだけ例外があります。それが「ETCパーソナルカード」です。

ETCパーソナルカード

【ETCパーソナルカード】

  • クレジットカードなしで申込める
  • 月額利用額に応じてデポジットが必要
  • 年会費1,234円

クレジットカードのない方も、ETCパーソナルカードを申し込めばETC利用が可能です。

ETCパーソナルカードには余分な費用がかかる

但しETCパーソナルカードの問題は、一般のETCカード以上に経費がかかってしまうことです。

ETCパーソナルカードは事前に所定の保証金(デポジット)を入金しないと発行されませんし、それとは別に毎年年会費まで徴収されるからです。

デポジットは担保として取り置かれるお金で、一旦入金すると解約時に払い戻しされるまでは動かすことができません。

つまりETCパーソナルカードを使う場合、デポジット+年会費+高速道路料金の3種類の費用が必要だということになります。

ETCパーソナルカードのデポジット額は最低2万円!

特にお金がかかるのがデポジット料金です。ETCパーソナルカードのデポジット額は「月平均利用額の4倍」という設定となっており、最低ランクでも2万円が必要です。

以下がデポジット額の一覧です。

平均利用月額
(5千円単位切り上げ)
デポジット額
5,000円 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

平均利用額が高いほどデポジット額も増えるので、最低額の5,000円(デポジットは最低の2万円)を自己申告したくなります。しかし残念ながらそう上手くはいきません。

なぜなら未決済残高が14,000円(20,000円の70%)を超えた時点で、自動的に追加で20,000円が引き落とされるからです。デポジットの金額を実際よりも少なく済ませるのは難しいようですね。

ETCパーソナルカードには年会費1,234円もかかる

ETCパーソナルカードは、最低でも初期費用として20,000円も出さねばならないのがちょっとキツイですよね。

更にETCパーソナルカードの場合、このデポジット代金とは別に年会費1,234円が毎年引き落とされます。しかもこちらは退会しても戻ってはきません。

クレジットカードでETCカードを発行する場合と比較すると、この通りETCパーソナルカードは初期費用も経費もかなり割高についてしまいます。

従ってどうしてもクレジットカード審査に通らないなど、よっぽどの事情がない限りお薦めできません。

でもそういう方でも、経費をかけずにETCカードを作れる方法があります。次にその方法ご紹介しましょう。

家族カード会員もETCカードを発行できる!

それは家族カードを利用する方法です。もしもご家族の誰かがクレジットカードを持っていれば、その家族会員になってETCカードを発行できるのです。

家族カードなら審査も不要ですし、ETCパーソナルカードのように費用もかけずETCカードを手にすることができますよ。

但し以下のようなケースもあるので、必ずしもこの方法でETCカードを入手できるとは限りません。

  • 家族カードが発行できない
  • ETCカード発行に対応していない
  • 家族(本会員)が発行を同意してくれない

またこの方法でETCカードを作った場合、利用明細が本会員の管理下になってしまうこともお忘れなく。家族カードやETCカードの利用明細を見られるのが嫌だという方には、この方法はお薦めできません。

ETCカードは費用その他を考えても、やはり自分名義のクレジットカードで作るのが一番なのです。

ETCの利用はクレジットカード申し込みからスタート

さて、これでETCカードについては大体ご理解頂けたと思います。最後にETC準備から利用までの一連の流れをまとめましたのでご覧ください。

ETCカード発行には若干時間がかかるため(1〜2週間前後)、お急ぎの方は車載器購入に先立ってカード申込みに取り掛かるのがコツです。

① クレジットカード、ETCカードを申込む
② ETCマイレージサービスなど必要な登録を済ませる
③ ETC車載器を購入、セットアップ作業
④ ETCカードを車載器に挿入、高速道路を利用
⑤ クレジットカード会社から利用料金が請求される

料金は後払いで後日クレジットカード会社からカード代金と一緒に請求されますので、期日までには必ず口座にお金を準備しておいてくださいね。

ETCカードの作り方Q&A!ETCの疑問を一気に解決!

ラストはETCカードのQ&A集です!本文でご説明しきれなかったことをQ&A形式にまとめました。

ETCについて理解を深めるために、是非目を通しておいてくださいね。

【Q】ETCカードは1人で何枚持てますか?

【A】ETCカードは1人で何枚でも持つことができます。

一般のクレジットカードの場合、1枚につき1枚のETCカード発行が原則です。なので複数のクレジットカードを持っていれば、その枚数分のETCカードが作れます。

ETCカードを何枚も発行して、目的別に使い分けても構いません。

【Q】ETCカードに限度額はありますか?

【A】ETCカードの利用上限は、紐づいているクレジットカードの利用限度額の範囲内となっています。

ETCカードを使い始めるとカード請求額が一気に増えるので、カード利用可能枠残高には気をつけてくださいね。高速道路料金の多い方は、限度額の引き上げもご検討ください。

但しドライブ中にカード利用限度額を超えてしまった場合も、安全上料金所はちゃんと通過できます。

【Q】他人名義のETCカードは使えますか?

【A】ETCカードはクレジットカードと同じなので、所有者が運転もしくは同乗していない限り、そのETCカードは使えません。

それ以外のケースで他人名義のETCカードを使うとカード規約違反となりますのでご注意ください。

【Q】ETCカードは車載器に差し込んだままでも構いませんか?

【A】車を離れる場合、ETCカードは必ず車載器から抜き取り携行してください。

これは現実には必ずしも守られていませんが、車内放置(ETCカードの入れっぱなし)は防犯上好ましくないだけでなく、カード劣化の原因にもなります。ETCカードの動作エラーは危険を伴うため、カード管理には十分ご注意ください。

なお複数のETCカードをお持ちの方は、カードの入れ間違いにも気をつけましょう。有料道路の入口と出口でETCカードが変わると、バーが開かず危険です。

【Q】ETCのない料金所ではどうすればいいのでしょう?

【A】ETCシステムが使えない場合も、料金所でETCカードで支払えますので現金は不要です。

なおETC割引にはETC無線走行が条件ですが、間違って一般レーンに進入しても車載器が確認できれば割引は適用されます。

【Q】ETCカードに有効期限はありますか?

【A】ETCカードにも有効期限がありますよ。クレジットカード同様、通常は期限切れの前に新しいETCカードが登録された住所宛に届きます。

期限切れのカードではETCレーンのバーが開かず危険ですので、有効期限は毎回確認するようにしましょう。

ETCカードの作り方はクレジットカードがどなたも簡単でお得

ETCには車載器とETCカードが必要です。ETCカードは、クレジットカードでどなたにも簡単に作れます。お手持ちのカードを利用しても構いませんが、カードによって費用が異なることにご注意ください。

クレジットカードがなくても、デポジット制のパーソナルETCカードや家族カードでETCカードを作る方法もありますが、自分名義のカードで作るのが安上がりで便利です。

ETCカードは決済機能を担う重要なもの。クレジットカード同様、管理には十分気をつけてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.