JCB CARD W新登場!年会費無料でポイント還元率1%以上!

2017年10月24日にJCBから新カードが発行されました。年会費無料でポイント還元率の高さが売りという、JCBカードの新機軸です。

ただ残念ですが40歳以上の方は申し込めません。これは申込み時18歳〜39歳の方限定のクレジットカードです。

還元率はJCB一般カードの2倍!どこで使っても安定してポイントが貯まります。交換先もアマゾンやスターバックスなど多彩ですので、あなたのライフスタイルに合った使い道をお選びください。

2017年秋に登場したばかりのJCB新カード、JCB CARD Wを徹底解説します。

【目 次】

JCB CARD Wの魅力!高いステータスと高還元のお値打ちカード

JCB CARD W

  • 常にポイント2倍!還元率1%以上をキープ
  • スターバックスなど人気の優待店でポイントアップ
  • Oki Doki ランドでポイント最大20倍!
  • AmazonやTポイント加盟店でポイントが使える!
  • 最高2,000万円の海外旅行保険

今回は新登場のクレジットカードのご紹介です!高還元のJCBプロパーカードJCB CARD Wは、年会費無料で基本還元率が1%!

ポイント移行先が多く、交換のしやすさでもオススメの1枚です。これからこのカードの最新情報をお届けします。

JCB CARD Wは39歳以下の方限定の高還元クレジットカード!

JCB CARD Wは、年会費無料でポイント還元率の高いJCBプロパーカードです。

2017年10月24日に「JCB CARD W」の女性向けクレジットカードJCB CARD W plus Lも新しく発行されています。まず最初は、この新カードの基本的特徴からご紹介しましょう。

JCB CARD Wは年会費が無料

お得とは言えJCB CARD Wは国際ブランドJCB発行のプロパーカード。そのステータスと信頼性は折り紙付きです。

JCB CARD Wは、ステータスと高還元という一般に両立しにくい特性を兼ね備えた、数少ないクレジットカードです。

しかも年会費は永年無料!何年使ってもコストは1円もかかりません。またApple Payとの相性もバッチリ!モバイルでのご利用もおすすめです。

JCB CARD Wの申込みは39歳まで!

但しこのカードの申込みには条件があります。

  • 18歳以上39歳以下
  • 本人または配偶者に安定継続収入があること
  • 高校生は除く

30歳代までなら大学生や専業主婦でもOKですが、40歳になってしまうと申し込めません。ですが一旦所有してしまえば、40歳過ぎても引き続き持つ事ができます。

JCB CARD Wはインターネット申込み限定カード

またJCB CARD Wにはもう一つ条件があります。それはインターネットでしか申し込めないということ。

一般的なカードの場合、郵送での申込みも受け付けていますが、JCB CARD WはWEBにしか対応していません。

手続きはJCBカードの公式サイトにて行い、申込み時には支払い口座も設定しますので、必ず以下のものをお手元にご用意ください。

  • インターネットバンキング契約カード
  • キャッシュカード、預金通帳

JCB CARD Wはボーナス加算でポイント2倍!還元率1%

ではこのJCB CARD W、一体どのような仕組みでポイントが貯まるのでしょうか?公式サイトでは「常にポイント2倍」と書かれていますが、その内訳は以下のようになります。

ポイントの種類 ポイント付与 還元率
JCBカード通常ポイント 1,000円で1ポイント 0.5%
JCB CARD Wボーナス 1,000円で1ポイント 0.5%

つまりJCB CARD Wで支払えば、通常ポイント+ボーナスの合計で、基本の還元率は1%です。

カード利用が多ければ多いほどお得!

例えば携帯電話料金の支払額が年間10万円だとすると、その支払いで貯まるポイント数の比較は以下のようになります。

カードの種類 還元率 10万円利用時のポイント獲得数
JCB ORIGINAL SERIES 0.5% 500ポイント=500円相当
JCB CARD W 1% 1,000ポイント=1,000円相当

10万円でこれだけの差がつくんですから、標準還元率の差って馬鹿にできませんよね。

JCB優待店で利用すれば更に還元率アップ

JCB ORIGINAL SERIES パートナー店ポイント倍率画像

JCB優待店の「JCB ORIGINAL SERIES パートナー店」を使えば、もっとポイントが貯まります。パートナー店のポイント倍率はJCBカード共通なので、JCB CARD Wはボーナス加算で+1倍です。

以下は人気のパートナー店でJCB CARD Wを使う場合の還元率です。

JCBパートナー店 ポイント倍率
(+JCB CARD Wボーナス)
還元率
(JCB CARD W利用時)
昭和シェル石油
(要登録)
2+1倍 1.5%
エッソ・モービル・
ゼネラル(要登録)
2+1倍 1.5%
セブン-イレブン 3+1倍 2%
小田百貨店 3+1倍 2%
Amazon.co.jp 3+1倍 2%
一休.comレストラン 3+1倍 2%

人気サイトAmazon.co.jpで還元率が高いのも、このカードの大きなメリットですね。

優待店はローチケHMVなど多数

JCBのパートナー店は、この他にもファッションや旅行など様々な分野に及びます。是非あなたも公式サイトでお得な利用先を見つけてください。

以下の表示倍率は通常倍率ですので、JCB CARD Wで決済すれば全て+1倍です。

  • Right-on 3倍
  • Right-on ONLINE SHOP 6倍
  • ルートインホテルズ 7倍
  • オリックスレンタカー 6倍
  • 木曽路グループ 2倍
  • キッザニア東京・キッザニア甲子園 5倍
  • ローチケHMV 7倍
  • トレンドマイクロ・オンラインショップ 20倍
  • GDOゴルフショップ ゴルフダイジェスト・オンライン 5倍
  • バリューゴルフショップ 5倍
  • ヒューマンアカデミー 10倍

ここに記載した以外にも、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の表示のある各店舗でポイントが貯まりますよ。

Oki Dokiランドなら必ずポイントが3倍以上に!

オンラインショップをよくご利用の方に是非おすすめしたいのが、JCBのポイント優待サイト「Oki Dokiランド」です。

【Oki Dokiランド】
JCBカードの会員向けポイント優待サイト。
ここを経由して買物すると、通常の2倍以上ポイントが貯まる。
JCB CARD Wなら、獲得ポイントが通常の+1倍=3倍に!

Oki Dokiランド画像

Oki Dokiランドには人気の総合通販のほか、多彩な店舗が出店中です。

以下がその一例です。倍率は不定期に変動しますので、定期的にチェックしてポイントアップのチャンスを見逃さないようにしましょう。

  • Amazon.co.jp
  • 楽天
  • Yahoo! JAPAN
  • ベルメゾンネット
  • ZOZOTOWN
  • LOHACO
  • DHC

Oki Dokiランドショップ画像

JCB CARD Wのお得な活用法!豊富なポイント交換先

次は貯めたポイントの活用法をご説明したいと思います。せっかく貯めたポイントですから、是非レートの高い移行先を選んでポイントを有意義に使いましょう。

JCB CARD WはOki Dokiポイントが貯まる

その前にポイントについてご説明しましょう。JCB CARD Wで貯まるポイントは「Oki Dokiポイント」といいます。

Oki Dokiポイント

【Oki Dokiポイント】

  • 基本ポイントは毎月の利用額1,000円で1ポイント
  • 有効期限は獲得月から2年間(24ヵ月)
  • ポイント残高は「MyJCB」で確認できる

基本付与は1,000円につき1ポイントで、JCB CARD Wには+1ポイントのボーナスが加算されて「毎月の利用額1,000円につき2ポイント」となります。

ポイント残高は、JCB会員サイト「MyJCB」で24時間いつでも確認可能です。

QUICPay(nanaco)でポイント2重取りもできる

QUICPay(nanaco)画像

QUICPay(クイックペイ)とは後払いの電子マネーの事です。QUICPay(nanaco)とは、電子マネーnanacoとQUICPayが一体型となったnanacoカードのことをさします。

QUICPay(nanaco)にJCBカードを登録すれば、QUICPay利用によるクレジットカードポイントにnanacoポイントがプラスされポイントの2重取りできてお得ですよ。

ポイント2重取り説明画像

例えば、セブンイレブンでJCB CARD Wを利用すれば4倍(通常3倍+JCB CARD Wの1倍)ですから、QUICPay利用で2%、nanaco利用で0.5%→合計2.5%の還元率になりますね。

交換先によってレートが異なる

ポイント交換で重要なのが「レート=交換率」です。レートは対象によって異なりますので、よりお得な交換先を見つけましょう。

Oki Dokiポイントは豊富な商品とも交換できますが、キャッシュバック、ギフト券、他社ポイントといった実質的な移行先が人気です。

キャッシュバックは1ポイント=3円から

Oki Dokiポイントキャッシュバック説明画像

まず最初に、最も実質的なキャッシュバック(カード代金への充当)について見ていきましょう。

キャッシュバック レート・交換単位
3円キャッシュバック 1ポイント=3円
1ポイント以上1ポイント単位

キャッシュバックは1ポイントから交換できますので、端数ポイントの処理に使えますね。

JCBギフトカードは1ポイント=5円相当で交換可能

次にご紹介する交換先は、安定した人気のJCBギフトカードです。レートは1ポイント=5円なので、キャッシュバックよりも高還元です。

以下が交換ポイント数で、カードは10枚から50枚まで5枚刻みで選べます。50ポイント分は郵送費ですので、一度にまとめて交換する方がレート的にはお得ですね。

2,050 Oki Dokiポイント → JCBギフトカード 10,000円分(1,000円券×10枚)
10,050 Oki Dokiポイント → JCBギフトカード 50,000円分(1,000円券×50枚)

他社ポイントにも交換可能

他社ポイントや電子マネーとの交換レートは以下のようになります。なお1ポイント=5円以上の交換先には★マークをつけました。

Oki Dokiポイントから交換可能な他社ポイント一覧

移行先 レート 交換単位
WAONポイント 1ポイント=4ポイント 200ポイント以上
10ポイント単位
dポイント 1ポイント=4ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
★nanacoポイント 1ポイント=5ポイント+1ポイント
(増量キャンペーン中)
200ポイント以上
1ポイント単位
WALLET ポイント 1ポイント=4ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
楽天スーパーポイント 1ポイント=4ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
楽天Edy 1ポイント=3円分 200ポイント以上
1ポイント単位
Tポイント 1ポイント=4ポイント 500ポイント以上
100ポイント単位
auWALLET 1ポイント=4円分 200ポイント以上
1ポイント単位
★ビックポイント
/ビックネットポイント
1ポイント=5ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
★ベルメゾン・ポイント 1ポイント=5ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
★セシール
スマイルポイント
1ポイント=5ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
カエトクカード 1ポイント=4円分 200ポイント以上
1ポイント単位
★ジョーシンポイント 1ポイント=5ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
★JCBプレモカード 1ポイント=5円分のプレモバリュー 200ポイント以上
1ポイント単位

JCBプレモカードはお得な移行先としてオススメ!

上の表の中でも特にレートが高いのが「JCBプレモカード」です。

JCBプレモカード

【JCBプレモカード】

ネットでも店舗でも使えるプリペイドカード。
Oki Dokiポイントやクレジットカードで繰り返しチャージできる。

JCBプレモカードをまだお持ちでなければ、Oki Dokiポイントと交換することもできますよ。以下はそのレートです。

670 Oki Dokiポイント → JCBプレモカード(3,000円分)
※70ポイントはカード発行手数料

670ポイント中の70ポイントはカード発行手数料(300円)に相当しますので、レートは1ポイント=5円分です。

nanacoポイントに交換すると還元率は1.2%!

同じ様に高レートで使い勝手の良いのがnanacoポイントです。

【nanacoポイント】

セブンイレブン店頭で電子マネーnanacoに交換すると、1nanacoポイント=1円として全国のnanaco加盟店で利用できる。

キャンペーン中は1ポイントアップで6ポイントと交換でき、還元率は1.2%になります。こちらのキャンペーンは2018年7月5日迄ですが、このキャンペーンは定期的に開催されていますよ。

nanacoカードは1050ポイントで交換がオススメ!

nanacoカード画像

もしもまだnanacoカードをお持ちでなければ、ポイント付きnanacoカードとの交換もおすすめですよ。以下がそのレートです。

Oki Dokiポイント必要数 nanacoカード
550ポイント 2,000ポイント付
1,050ポイント 5,100ポイント付
5,100ポイント付(QUICPay付)
4,050ポイント 20,000ポイント付
8,050ポイント 40,000ポイント付

nanacoカードとの交換では、カード発行手数料(通常300円)が無料になるのでお得ですよ。これもキャンペーンの一環ですので、交換はキャンペーンが終了しないうちお早めにどうぞ!

また550ポイントとの交換時はレートが下がることにご注意ください。お得なのは、100ポイント多く獲得できる1050ポイントでの交換です。なお50ポイント分はカード郵送費です。

iTunes Cardなどとも交換可能!

交換可能な商品券一覧画像

Oki Dokiポイントはこれ以外にも様々なギフトカード等と交換できますが、レートはそれほど高くありません。

以下が交換レートと1ポイント当たりの価値の一例です。

交換先 必要
ポイント数
1ポイント
の価値
スターバックス カード(2,000円分) 650ポイント 3円
MOS CARD(2,000円分) 650ポイント 3円
iTunes Card(1,500円分) 500ポイント 3円
モンテローザグループ お食事券(2,000円分) 650ポイント 3円
コメカ(コメダ珈琲店プリペイドカード)(2,000円分) 650ポイント 3円
すかいらーくご優待券(2,000円分) 650ポイント 3円
KFC CARD(2,000円分) 650ポイント 3円

アマゾンでOki Dokiポイントがそのまま使える!

こういったポイント交換が面倒だという方には、是非おすすめしたい方法があります!方法は2種類ですので、順番にご説明しましょう。

まずAmazon.co.jpの「パートナーポイントプログラム」です。

【Amazonパートナーポイントプログラム】

  • アマゾンの買物でOki Dokiポイントが使える
  • レートは1ポイント=3.5円
  • 1ポイントから移行可能
  • Amazonポイントも貯まる

Amazonパートナーショップ説明画像

Amazonパートナーポイントプログラムは、一度登録すればアマゾンの決済にOki Dokiポイントを流用できるという大変便利なサービスです。

レートはやや低いのですが、Amazonポイントも加算されますし、また1ポイントから使え、端数消化にも最適です。

Amazonパートナーポイントプログラムの登録手続きは、Amazon.co.jpのページにて行ってください。

Oki DokiポイントをTポイントとして使える

Tポイントに交換レート説明画像

2つ目の方法は「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」です。

このサービスに登録すると、Oki DokiポイントをTポイントとして、全国のTポイント加盟店で1ポイント=1円で利用できます。

【JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ】

  • Tポイント加盟店でOki Dokiポイントが使える
  • レートは1ポイント=4.5~5ポイント
  • 1ポイントから移行可能
  • 2通りのコースがある

普通に交換するよりレートが高いので、Tポイントを使う方はこちらのサービスがおすすめです。

JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブの登録は、JCB会員サイトMyJCBにて行ってください。

JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブは2コース選択制

JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブは、以下仕様の異なる2通りのコースを選択できるようになっています。

【らくらく自動移行コース】

  • 毎月自動的に全Oki DokiポイントがTポイントへ移行
  • 1ポイント=5ポイント
  • 1ポイント以上1ポイント単位
【好きなときコース】

  • 好きなときにOki DokiポイントをTポイントに移行
  • 1ポイント=4.5ポイント
  • 200ポイント以上100ポイント単位

「らくらく自動移行コース」の方がレートが高いのですが、こちらを選ぶと以降はOki Dokiポイントを他商品に交換できなくなることにご注意ください。

JCB CARD Wの魅力!海外旅行傷害保険と充実のトラベルサービス

さて最後になりましたが、このカードの付帯サービスをご紹介しましょう。

JCBは旅行関連サービスにとても力を入れています。JCB CARD W会員になると、海外旅行傷害保険が付帯するほか、充実したトラベルサービスを利用できます。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

以下がJCB CARD Wに付帯する海外旅行傷害保険です。治療費用までしっかりカバーする補償内容ですね。

補償項目 金額
傷害死亡 最高2,000万円
傷害/疾病治療費用 100万円限度
賠償責任 2,000万円限度
携行品損害 20万円限度
救援者費用 100万円限度
ただしこの保険は利用付帯ですので、保険適用には「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をJCB CARD Wで支払わねばなりません。この条件を満たせば、帰着までの以降3ヶ月間が保険の適用期間となります。

たびらば(旅LOVER)は現地発信の最新旅行情報!

たびらば画像

次にJCBのトラベルサービスをご紹介しましょう。「たびらば(旅LOVER)」はJCB独自のトラベル情報サイト。現地スタッフによる地域別お勧め情報を、リアルタイムでチェックできます。

旅の情報サイトとしてだけでなく、レストランの予約やホテルの割引など、優待サービスも利用できますよ。

JCBプラザコールセンターで旅行準備も万端!

またJCBプラザコールセンター(国内)は、出国前に電話で海外JCB加盟店のレストラン・エステなどを予約してもらえるサービスです。予約手配料・通話料は一切かかりません。

また旅行先では、JCBプラザコールセンター(海外)がお役に立ちます。

以下のようなトラブル時には、是非JCBプラザコールセンターにお問い合わせください。海外からでも日本語で対応してもらえます。

  • クレジットカードの紛失・盗難
  • パスポートの紛失・盗難
  • 緊急トラブル時の相談
  • ケガや病気の際の病院案内

JCB PLAZAがあるから旅先も安心!

海外には有人の窓口もあります。世界9ヶ国に設置のJCB PLAZAでは、以下のサービスが利用できますよ。旅行中の休憩などに是非ご活用ください。

  • インターネット、プリントアウト
  • 日本語新聞や雑誌の閲覧
  • 現地ガイドブックや情報誌の閲覧
  • ドリンクサービス
  • マッサージ機利用
  • レンタル傘
  • 荷物の当日中一時預かり

免税店の割引など数多くのトラベルサービス

トラベルサービスはまだ沢山ありますので、以下まとめてご紹介しましょう。

トラベルサービス 優待内容
海外レンタカーサービス エイビスレンタカーなど最大20%引き
JCB GLOBAL WiFi 20%引き
受渡/返却手数料無料
JCB海外おみやげサービス ポイント10倍
送料無料※
※2万円以上/JCBトラベル利用時
空港免税店割引サービス ANA DUTY FREE SHOP優待クーポン
成田国際空港※と関西国際空港
※JCBカード利用で更に5%オフ

また公式サイトからダウンロードできる成田と関空の空港優待ガイドには、お得な情報がたくさん掲載されています。

世界各国で優待が受けられる!JCB優待ガイド

これ以外にも、JCBは世界各国で多くの優待サービス実施中!詳細については「JCB優待ガイド」をご参照ください。

JCB公式サイトでは、以下12種類の「JCB優待ガイド」の最新バージョン(PDFファイル、もしくは冊子版)が手に入ります!

  • アメリカ
  • ハワイ(ホノルル)
  • グアム・サイパン
  • アジア
  • シンガポール
  • 韓国(ソウル)
  • 香港・マカオ
  • 台湾(台北)
  • ヨーロッパ
  • フランス(パリ)
  • イタリア(ローマ・ミラノ・フィレンツェ)
  • イギリス(ロンドン)

JCB優待ガイド画像

ハワイならワイキキトロリーピンクラインのバスが無料

ワイキキトロリーピンクライン

ワイキキトロリーは、ハワイ主要観光地を走るバスのことです。運賃は通常片道2ドルかかりますが、JCB会員の方なら無料で乗る事ができます。

しかも、カード会員だけでなく家族(大人1名、11歳までの子供2名まで)無料です。

ハワイならワイキキトロリーピンクラインのバスが無料

JCB CARD Wの基本情報をご紹介します!

最後にJCB CARD Wの基本情報を表にまとめました。40歳未満の方は、このお得なJCB最新カードを是非ご検討ください。

カード情報 内容
年会費 永年無料
申込資格 18歳から39歳まで
家族カード 無料
ETCカード 無料
海外旅行傷害保険 最高2000万円 利用付帯
国内旅行傷害保険
その他付帯保険 海外利用分ショッピング保険最高100万円
電子マネー QUICPay追加可能
還元率 1%〜3%以上

JCB CARD Wはステータス&還元率が両立するカードです!

還元率を重視すればステータスに不満足・・・こんなクレジットカードの悩みを新カードJCB CARD Wが解決します!

JCB CARD Wなら高ステータスと高還元率が一気に両立!老舗カード会社なのでサービスレベルも高く、海外旅行傷害保険が利用付帯するほか、充実したJCBトラベルサービスが使えます。

但し39歳以下の方しか申し込めませんので、アラフォーの方は今がチャンスですよ!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.