ロストバケージ保険はクレジットカードの付帯保険がおすすめ

「飛行機で預けた手荷物が出てこない!」

トランクが行方不明になってしまうロストバゲージは、絶対に遭遇したくないトラブルの一つですよね。

こんな時に頼りになるのがロストバゲージ保険です。この保険つきのクレジットカードを持っていれば、海外の空港で途方にくれることはありません。

その手厚いサービスは、旅先の不運なトラブルをしっかりサポートしてくれますよ。

これからクレジットカードのロストバケージ保険について、詳しくご紹介しましょう。旅行好きの方は是非ご参考になさってください。

【目 次】

ロストバケージ保険で安心!クレジットカードで補償できる!

ロストバゲージと聞いても、多くの方はピンとこないかもしれません。

海外旅行のトラブルの中でも、ロストバゲージはそれほど頻繁には起こらないからです。でもいざそうなった時には、保険のサポートが絶対に欠かせません。

ロストバゲージとは一体どういうものなのでしょう?そして保険でどのようにカバーできるのでしょうか?

ロストバゲージは手荷物の遅延や紛失のこと

ロストバゲージとは、航空機搭乗の際に預けた手荷物が、何らかの事情で遅延もしくは紛失することです。

滅多にないとはいっても、絶対ないとは言えないのがロストバゲージです。直航便でもビジネスクラスでも関係なく、ロストバゲージは起こる時には起こるのですから気が抜けません。

しかしロストバゲージの8割以上は以下のようなヒューマンエラーが原因で、当日か翌日に、遅くても数日内には乗客の元に届くのが普通です。

  • 搬入ミス
  • 積み下ろしミス
  • タグの脱落
  • 他の乗客による取り違え

遅れても荷物が無事届けばいいのですが、盗難など二度と戻ってこないケースも1割程度あると言われています。

ロストバゲージに遭遇したら、不運と思ってひたすら見つかるのを待つしかありません。

紛失と遅延をまとめてロストバゲージと総称

ロストバゲージには2通りの意味があり、一般に「紛失=ロスト」と「遅延=ディレイド」の両方を合わせてロストバゲージと総称しています。

  • ロストバゲージ・・・・・手荷物紛失
  • ディレイドバゲージ・・・手荷物遅延

手荷物が見つかって乗客の元に届けることができれば、それはディレイドバゲージ=手荷物遅延です。

追跡調査しても荷物が出てこず、一定期間内に乗客の手元に戻らなかった場合は、ロストバゲージ=手荷物紛失です。

航空会社と保険会社では遅延・紛失の意味が異なる

ロスト(紛失)とディレイド(遅延)の規定は、航空会社と保険会社では若干異なります。

航空会社の場合、捜索中はずっとディレイドで、どうしても見つからない時に初めてロスト=完全紛失扱いとなります。

保険の場合はもっと明確で、到着から6時間を越えて荷物が出てこないとディレイドの補償が、そして48時間を過ぎればロストの補償が受けられるようになります。

  ディレイドバゲージ ロストバゲージ
航空会社の規定 乗客と同時に到着しなかった 捜索しても見つからなかった
保険会社の規定 6時間を超えても未到着 48時間を超えても未到着

航空会社のロストバゲージ対応に不満を感じる乗客も多い

航空会社のロストバゲージに対する対応には、一般に不満を持つ方が多いようです。

航空会社のスタッフは強気、よく言えば楽観的です。これは航空会社が、手荷物の延着に対して補償義務がないことと無関係ではありません。

といっても航空会社が全く何もしてくれない訳ではありませんよ。

当日空港のカウンターでは洗面道具などの入った日用品セットが貰えますし、必要品購入費用に対する払い戻しの手続きも可能です。

航空会社の補償だけでは不十分なことも

ただ手荷物延着に対する補償は航空会社によって異なり、日本円にしておよそ6,000円~10,000円が上限で、下着や洗面道具など本当に必要なものしか購入できません。

補償にしろ日用品セットにしろ、言わないと出てこないこともあるので遠慮せず要求してくださいね。

航空会社のロストバゲージ対応例

【遅延に対して】

→ 日用品セット
→ 必要品購入費用の補償(後払い)

【完全紛失に対して】

→請求可能
※航空会社によって対応は異なります

航空会社のロスト確定には時間がかかる

航空会社の追跡調査が難航すると、紛失確定までには1ヶ月~2ヶ月かかることも珍しくありません。従って現地での航空会社の対応はディレイドが前提で、ロストが確定するのは殆どが帰国後の話になります。

4~5日経っても出てこなければほぼロスト確定だと言われていますが、実際に2ヶ月近く経ってから見つかった事例もあるので諦めないでくださいね。

手荷物がどうしても見つからず完全紛失が確定すると、航空会社には補償義務が生じますが、十分な補償とは言えないのが現状です。

トランクの中身によっては、ロストバゲージによって相当な損害が発生する可能性もあります。

ロストバゲージ保険なら日本語でサポートしてもらえる

大切な荷物が行方不明にもかかわらず、航空会社の対応が不親切で先が見えないとなると、こっちとしてはますます不安が募ってきますよね。

そんな時の心強い味方が、クレジットカード付帯のロストバゲージ保険です。

手荷物が出てこない時に「そういえば」とクレジットカード保険のことを思い出したら、空港での手続きが終わり次第、カードデスクに連絡を入れましょう。

本来は保険会社に連絡を入れるべきなのですが、とりあえずカードデスクに電話すれば何とかなります。すぐに折り返し電話を入れてもらますし、何と言っても日本語対応なのが嬉しいですよね。

カードデスクの連絡先さえ登録しておけば、ロストバゲージや保険手続きについて知識がなくても心配はありません。

航空会社より保険会社の方が請求しやすい

ロストバゲージ保険の手続きは、日本語対応を除いても、海外の航空会社相手の交渉よりもずっと楽です。

航空会社のスタッフはディレイドに対しては「そのうち届く」と楽観的ですし(確かに殆どの場合そうなのですが)、完全ロスト確定後も補償を出し渋ることもあるからです。

航空会社と保険会社両方の補償の二重取りはできませんが、併用は可能ですので、補償の不足分を補うためにも、ロストバゲージ保険クレジットカードの利用はおすすめです。

ロストバゲージ保険は「航空便遅延保険」の一部

ところでずっと「ロストバゲージ保険」と言ってきましたが、実はこれは単独の保険ではなく、「航空便遅延保険」の一部分です。

一般的な航空便遅延保険は以下のような数種類の補償項目から成っており、ロストバゲージ保険とは、この中の最後の2項目、手荷物遅延費用と手荷物紛失費用のことを指しています。

【航空便遅延保険】

  • 乗継遅延費用
  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用
  • 手荷物遅延費用
  • 手荷物紛失費用

「手荷物遅延費用」がディレイドバゲージ、「手荷物紛失費用がロストバゲージ」の補償ですね。

航空便遅延保険はこれでワンセットですので、ロストバゲージ保険がついているということは、乗継遅延費用などの補償が受けれることを意味しています。

また航空便遅延保険がつくクレジットカードには必ず海外旅行傷害保険も付帯していますから、こちらの保険も利用できますよ。

ロストバケージ保険付帯のおすすめクレジットカード3選

付帯保険にロストバケージ保険が含まれるクレジットカードは、一般的なスタンダードカードよりもグレードが高いのが普通ですが、今回はその中でも比較的リーズナブルなものを選りすぐってのご紹介です。

年会費も低く、いずれも新規入会しやすいカードばかりですよ。

【MUFGゴールド】国内便のロストバゲージに対応

MUFGゴールド

  • 年会費1,905円(税別)
  • 国内便のディレイド1万円、ロスト2万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 海外旅行保険(最高2,000万円)
  • 最短翌営業日発行可能
  • 国内6・海外1空港のラウンジ利用可能

MUFGゴールドは、ステータスカードにしては年会費が格安なのが特徴です。しかも初年度無料で、次年度以降も免除条件でさらに割安にできます。

この年会費でロストバケージ保険までつくのは極めて珍しいのですが、残念ながら対応は国内便のみ。利用付帯ですので、このカードでチケットを購入することが保険適用の条件です。

ただ国内海外ともに旅行保険が付帯しますし、空港ラウンジも使えますので、旅行の多い方にはお値打ちの1枚です。

また、カード発行のスピードが早く、最短翌営業日に発行が可能ですし、安い年会費でゴールドカードを持ちたい方にもおすすめの1枚ですね。

【フェラーリファンカード】付帯保険はゴールド並み

フェラーリファンカード

  • 年会費3,000円(税別)
  • 国際便のディレイド2万円、ロスト4万円
  • 国内便のディレイド1万円、ロスト2万円
  • 海外旅行保険(最高3,000万円)
  • 国内旅行保険(最高3,000万円)

ご覧の通り、リーズナブルな年会費にもかかわらず、海外・国内両方のロストバゲージ保険が付帯していることにご注目ください。

フェラーリファンカードは、ジャックスカードの中ではゴールド会員向けの付帯保険が適用される、大変お得な仕様となっています。
なお海外分は自動付帯ですので、このカードで旅費を決済しなくても保険適用されますよ。

一般カードにも関わらずゴールドカードクラスの付帯保険がつくのは魅力的ですね。

Orico Card THE WORLDはロスト10万円の高額補償

Orico Card THE WORLD

  • 年会費9,800円(税込)
  • 国際便のディレイド3万円、ロスト10万円
  • 国内便のディレイド3万円、ロスト10万円
  • 海外旅行保険(最高5,000万円)
  • 国内旅行保険(最高5,000万円)
  • 基本還元率1%!海外利用2%
  • 国内主要空港のラウンジ利用可能

Orico Card THE WORLD(オリコカード ザ ワールド)は、ロストバゲージ保険では相当のお値打ち品!国内便国際便どちらも最高10万円補償です。

年会費9,800円はステータスカードの中ではそう高額ではありませんが、Orico Card THE WORLD(オリコカード ザ ワールド)は付帯保険が極めて充実しています。

特にロストバゲージ保険は、年会費5万円の三井住友プラチナカードよりも補償額が手厚いという充実ぶり。遅延48時間を過ぎれば最高10万円の補償が下りますから、長期旅行でもその後の行程が安心です。

Orico Card THE WORLD(オリコカード ザ ワールド)は、旅行保険の充実度では他にはないお値打ちの一品ですね。

ただし幾ら補償額が高いといっても、ディレイドもロストも旅先での必要品の購入を補償する保険ですから、何にでも使える訳ではありませんよ。

購入時のレシートを元に後日請求をかけますが、一部補償が下りない場合もあります。例えば「高級レストランで飲み食い」などは保険の対象外です。

また基本還元率が1%と高く、海外での利用は還元率が2%になります。

Orico Card THE WORLDはゴールドカードの中でも還元率が高いのが特徴で、海外出張が多いビジネスマンの方におすすめのクレジットカードです。

ロストバケージ保険はここがポイント!手続きで失敗しないためのコツ

ロストバゲージ保険つきのクレジットカードを持っていれば、旅行の安心感が相当違ってきますね。

でも現実にロストバゲージに遭遇したら、その時点から保険請求手続きに向かって動き出さなくてはなりません。

そのためには何が必要なのでしょう?そこでロストバゲージ発生から順を追って、注意点をご説明したいと思います。万が一に備えて是非目を通しておいてください。

空港で手荷物遅延証明書を発行してもらう

ターンテーブルから自分の荷物が出てこないとき、何より真っ先にすべきことは、その空港で手荷物遅延証明書を発行してもらうことです。

これがないことにはその後の手続きが進みません。空港を出て次の目的地へ向かってしまうと、もう取り返しがつかないので気をつけてくださいね。

なおこの手続き時には、荷物を預けた時にもらった手荷物受領証(バゲージタグ)に記載されている、手荷物受領証番号が必要となります。

以下はここまでの手続きに必要なもののリストです。保険請求にも必要なものばかりですので、この後も大切に保管してください。

  • 航空券
  • 手荷物受領証
  • 手荷物遅延証明書・・・空港にて発行
  • ファイルナンバー・・・空港にて発行

申告後発行されるファイルナンバーは、その後の荷物の追跡調査に使う大切なものです。

手続き後は買物のレシートを全て保管しておく

申告の手続きが終わると、航空会社によって対応は異なりますが、日用品セットがもらえたり、また必要品購入費用の請求方法なども教えてもらえます。

必要品購入は後払いですので、後日費用を請求する際には「日時」「金額」が明記されたレシートが欠かせません。

請求するしないにかかわらず、これ以降レシートはとりあえず全部とっておきましょう。クレジットカード決済の場合も、レシートは必ず貰って大切に保管してください。

【必要品購入時のレシート】

クレジットカード決済でも必ず貰うこと

6時間以内に荷物が届けばロストバゲージ保険の対象外

さて空港カウンターでの手続きが済んだら、早めにカード会社(保険会社)にも連絡を入れておきましょう。

補償の二重取りはできませんが、保険金の方で調整されるため手続きは重複しても構いません。

ここで重要なのは、ロストバゲージ保険の「手荷物遅延費用」の補償が有効なのは、遅延の6時間後から96時間までだということです。

もしもそれより早く荷物が到着すれば保険は効きませんから、補償をあてにして買い込むのは少し待った方がいいでしょう。

保険請求には勿論レシートが必要です。クレジットカード決済でも必ず領収書をもらうことを忘れないでください。

48時間を超えても見つからなければ紛失費用が下りる

ロストバゲージ保険は、48時間経っても荷物が見つからないと「紛失費用」の補償が発動します。

紛失費用補償は遅延費用補償と同様、引き続き現地での必要品の購入に使えます。

先ほどご紹介したOrico Card THE WORLD(オリコカード ザ ワールド)なら10万円が上限ですので、長期間の旅行でも旅先で必要なものを買い揃えることができるでしょう。

もちろん紛失費用の請求にもレシートは欠かせません。レシートは絶対に捨てずに持ち帰るようにしてください。

配達時の控えも大切にとっておくこと

多くの場合、手荷物の捜索状況は航空会社のサイトから自分でも追跡できます。この際、先ほどのファイルナンバーが必要となります。

スマホなどで随時チェックしていれば、航空会社から連絡が入るよりも早く、荷物が発見されたことが分かりますよ。

見つかった手荷物は、旅行スケジュールに沿って、あなたの滞在先もしくは自宅まで届けてもらえます。

無事荷物が配達されたら、その際には控え(証明書)を必ず貰っておきましょう。これも保険請求に必要です。

【荷物を受け取った際の証明書】

延着した手荷物が届いた際に貰える

航空会社の紛失補償には期待できないことも多い

一方航空会社の方は、48時間を過ぎても捜索中なら相変わらず遅延扱いです。

幾ら探しても荷物が見つからなければ完全紛失ですが、こうなるまでには1ヶ月以上かかることも。なので航空会社でロストが確定するのは、大抵帰国後の話になります。

ここまで待てばどなたも諦め気分でしょうが、残念ながら補償額の方も決して満足できる内容ではありません。

手荷物の補償は国際条約の規定があり、あらかじめ上限が決められているからです。航空会社が締結している条約によっては、最高でもスーツケース一個当たり3万円程度しか補償されないことも。

交渉も可能ですが、こういう事が苦手な方にとってはストレスでしかないでしょう。海外の航空会社を相手どっての請求が困難だということは、多くの経験者が語っていることです。

航空会社は貴重品の紛失を補償してくれない

特にトランクに大切なものを入れていた場合、ロストバゲージによる損害は大きくなります。

どれだけ高額なもの・希少なものを入れていたとしても、航空会社で決まっている補償額以上のお金は戻ってこないからです。

以下は、航空会社がはっきり「補償しない」と明言しているもののリスト(一部)です。

  • 骨董品、工芸品、芸術作品
  • 書籍および文書
  • コンピュータ、電子機器、ソフトウェア
  • 壊れ物
  • 毛皮
  • 金銭、鍵
  • 矯正器具、外科的支持具
  • 生鮮品
  • 写真、ビデオ
  • 貴金属、宝石、時計
  • 有価証券、流通証券

つまりこういったものは、絶対に手荷物に入れてはいけないということですね。

失くなって困る大事なものは機内持ち込みが原則

例えば以下のような品物をトランクに入れていてロストバゲージに遭遇したら、紛失時は勿論のこと、数日程度の遅延でもたちまち困ることは目に見えています。

  • スケジュール帳
  • 仕事上の書類
  • 医薬品
  • コンタクトレンズ
  • メガネ
  • 家の鍵
  • チケット
  • 人から借りた物
  • レンタル品

「遅延」「紛失」を前提に考えるなら、こういったものは機内持ち込みが原則です。荷造りの際には、必ずロストバゲージのことを念頭に入れてくださいね。

帰国後ロストバゲージ保険の請求手続きを始める

さて日本に帰国すると、ロストバゲージ保険も請求の手続きにかかります。

早く荷物が見つかった方は遅延補償のみ、48時間以上荷物が届かなかった場合は、遅延補償と紛失補償の両方を請求します。

いずれも現地で調達したものの実費請求ですから、ここで欠かせないのが旅行中に保管しておいたレシートです。レシートを失くしたものについては請求をかけることができませんのでご注意ください。

完全紛失の場合は「携行品損害」の補償が有効

そして最終的に手荷物が出てこなかった場合、これに加えて海外旅行傷害保険の「携行品損害」の請求をかけることができます。

航空会社のロスト補償額が低く見積もられたとしても、ロストバゲージ保険のつくクレジットカードを持っていれば、海外旅行傷害保険でもある程度はカバーできますね。

つまりロストバゲージ保険対応のクレジットカードを持っていれば、完全紛失の場合、以下3つの補償が受けれる訳です。

  • 手荷物遅延補償
  • 手荷物紛失補償
  • 携行品損害

それぞれ請求期間も決まっているため、帰国後はあまり長く放置せず、すぐ手続きにかかりましょう。航空会社の補償との兼ね合いも含めて、保険会社とよく相談しながら進めてくださいね。

帰宅するとロストバゲージ保険の適用は終わる

帰国後注意していただきたいのは、自宅に帰るともうロストバゲージ保険の補償は受けれないということです。

遅延補償も紛失補償も「旅行中の必要品調達」を補償するもので、その保険期間は自宅に帰着した時点で終わっています。

帰宅した後で購入した物品については、ロストバゲージ保険の請求の対象外ですから、仮に請求をかけたとしてもレシートの日付で撥ねられてしまうでしょう。

もしも補償額に余裕がある場合は、帰着前に品物を購入して調整してください。

ロストバゲージの被害を軽くするための工夫が可能

このようにロストバゲージの損害は、クレジットカードの保険があればかなりカバーできることが解りました。

予防策もあればいいのですが、ロストバゲージは自分では防ぎようがありません。しかし荷物の発見を少しでも早くするための工夫はできます。

ロストバゲージの一因のタグ外れは、特に捜索が難航します。何故ならその場合の手がかりは、完全に見た目だけが頼りだからです。

そこでステッカーやサインで目立たせるのも一つですが、同時にトランクの外観をスマホで撮影しておくのも手軽でいい方法です。

手荷物遅延証明の手続きの際にも、トランクの特徴を申告する必要がありますから、実際の画像を用意しておけば慌てずに済むでしょう。

  • トランクの外観や中身をスマホで撮影しておく
  • 住所や名前を書いておく
  • ステッカーなど目印になるものを付けておく

なお完全ロスト時の補償請求の際にも、トランクに何が入っていたかが決め手となります。

そこで同時にトランクの中身もスマホで撮影しておけば、補償の手続きの際に何が入っていたかすぐに思い出せて便利です。

後はロストバケージ保険クレジットカードさえあれば、ロストバゲージにこれ以上の対策は考えられませんね。

ロストバケージ保険付帯のクレジットカードで安心旅行が実現します

ロストバゲージは、頻繁に飛行機に乗る人は必ず一度は経験すると言われています。いつ遭遇するか分からないだけに、備えは万全にしておきたいものですよね。

ロストバケージ保険がついたクレジットカードがあれば、万が一の時にも安心です。航空会社の補償は通り一辺倒ですが、この保険なら更に手厚い補償が可能です。

荷物が届くまでの間生活用品が購入できますし、完全紛失しても海外旅行保険での補償も可能です。楽しい旅行のために、ロストバケージ保険クレジットカードは欠かせません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.