マクドナルドはクレジットカード利用がお得!最新の全決済方法を解説

休日の昼食時にマクドナルドに行くと、カウンターにかなり長い行列ができているのを目にすることがあります。この混雑ぶりは、ひょっとしたら支払いに現金を使用する方が多いのが一因かもしれません。

キャッシュレス化の遅れたファストフード業界も、現在は様々な支払い方法への対応を始めています。マクドナルドでは現金決済だという方も、これを機会にぜひ新しい電子決済に切り替えてはいかがでしょう?

支払いがスムーズになるだけでなく、ポイントが貯まるメリットもありますよ。今回はマクドナルドで使える現金以外の支払い方法について解説しましょう。

マクドナルドはクレジットカードなど数々な支払い方法に対応!

日本では現金主義の人が多いことで有名ですが、近年は外国人観光客の増加に対応すべく、飲食業界でもキャッシュレス化が急速に進んでいます。

日本人にも外国人にも人気のマクドナルドでは、現在どのような決済方法が使えるのでしょうか?

クレジットカードは全ブランドに対応

まずはクレジットカードの対応からご紹介しましょう。マクドナルドでは現在以下ブランドのクレジットカード払いが可能となっています。

利用可能な国際ブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

日本で発行されている全5ブランドに加え、外国人観光客向けにアメリカのブランドDiscoverを含めた全6種類に対応しています。

キャッシュレス化が遅れたせいで「マクドナルドは現金しか使えない」と思い込んでいる方は多いのですが、これからは少ない金額でも堂々とクレジットカードで清算してくださいね。

カード暗証番号の入力は基本不要

マクドナルドのレジでは、自分の手でカードをリーダーに挿入します。クレジットカードを店員に手渡す必要がないので、安全かつ確実に決済できます。以下がその利用手順です。

【クレジットカードでの支払い手順】
①「クレジットカード払い」を店員に伝える
②リーダーにカードを挿入
③4桁の暗証番号入力やサインは原則不要
④清算完了

暗証番号の入力やサインは基本的に不要なので、混雑したレジでもスムーズに清算できますよ。ただし一部クレジット決済に対応していない店舗もあります。外出先でマクドナルドに入る時などは、他の支払い方法も用意しておく方が安心ですね。

各種電子マネーにも対応

マクドナルドでは様々な電子マネーも使えます。以下のようにiDやQUICPayといった主な電子マネーだけでなく、Suicaなど交通系電子マネーでも支払いが可能となっています。

マクドナルド利用可能電子マネー一覧

交通系電子マネーを使っている方は、ぜひマクドナルドの支払いにもご利用ください。またマクドナルドではカードタイプの電子マネーだけでなく、モバイルSuicaやnanacoモバイルなど携帯電話を使用する決済方法にも対応します。

電子マネーの種類を伝えてリーダーにかざす

電子マネーの支払い手順は以下の通りです。

【電子マネーでの支払い手順】
①使用する電子マネーの種類を店員に伝える
②カードをリーダーにかざす
③決済音が鳴れば清算完了

カードをリーダーにかざすと独特の決済音が鳴りますので、それが清算完了の合図です。なおモバイルタイプも手順は全く同じです。

アップルペイやグーグルペイも使用可能

マクドナルドでは電子マネーiDとQUICPayが使えますから、それに準拠する以下のスマート決済にも対応します。

スマート決済 対応電子マネー
Apple Pay(アップルペイ) iD、QUICPay
Google Pay(グーグルペイ) QUICPay

以下がその支払い手順です。Apple PayならiDもしくはQUICPayを、Google PayはQUICPayの利用を店員に伝えた上で、リーダーにかざすか軽くタッチすればOKです。

【スマート決済での支払い手順】
①iDもしくはQUICPay利用を店員に伝える
②リーダーにスマートフォンをかざす
③決済音が鳴れば清算完了

Garmin Pay(ガーミンペイ)にも対応

Apple Pay(アップルペイ)はApple Watchでも使えますが、マクドナルドのレジは同じようにスマートウォッチで使えるGarmin Payにも対応しています。Garmin Pay(ガーミンペイ)で支払う際は、店員にクレジットカードで決済することを伝えてください。

Garmin Pay×三菱UFJ-VISAデビット

【Garmin Payでの支払い手順】

①クレジットカード利用を店員に伝える
②リーダーにガーミンウォッチをかざす
③決済音が鳴れば清算完了

ウォッチをリーダーにかざすこと以外は、電子マネーと全く同じ利用手順で決済できます。

4種類の非接触IC型決済サービスに対応

ところでGarmin Pay(ガーミンペイ)は、Visa payWave(ビザペイウェーブ)というNFC TypeA/Bの電子マネーに準拠しています。NFCとは国際基準の決済方式で、マクドナルドは現在以下4種類のNFCコンタクトレス決済にも対応しています。

  • Visa payWave
  • Mastercardコンタクトレス
  • JCB Contactless
  • American Express Contactless

コンタクトレス決済は、国内だけでなく海外でも通用する大変便利な決済方法です。日本ではまだ馴染みが薄いものの、外国人観光客向けに今後対応が進むと見られており、将来性の高い決済方法です。

クレジットカードもコンタクトレス決済が可能

以下がコンタクトレス決済のロゴマークです。このマークのついたクレジットカードやデビットカードをお持ちなら、マクドナルドではカードをリーダーにかざすだけで決済できますよ。

コンタクトレス決済説明画像

以下が支払い手順です。NFCやコンタクトレスという名称は認知度が低いので、レジでは「クレジットカードの使用」を伝えてください。店員がコンタクトレスについて知らなくても、リーダーにかざせば決済はちゃんと実行されます。

【NFCコンタクトレスでの支払い手順】

①クレジットカード利用を店員に伝える
②リーダーにカードをかざす
③決済音が鳴れば清算完了

Apple Payでもコンタクトレス決済が可能

なおApple Pay(アップルペイ)に読み込んだクレジットカードも、この方法を使えばクレジットカード決済(コンタクトレス)が可能ですよ。

コンタクトレス決済したい場合はiPhone画面に使用するクレジットカードを表示させ、クレジットカード利用を伝えた上でリーダーにかざしてください。

通常通りApple Payを使う場合は、iDもしくはQUICPayで支払う旨を伝えてください。これで希望の決済方法が実行されます。

マクドナルド全店が全ての支払い方法に対応しているとは限らない

しかしマクドナルド全店舗が、これら全ての決済方法に対応しているとは限りません。

また設備には問題がなくても、スタッフの不慣れからスムーズに清算できないケースもあります。初めてのお店を使う時には、必ずご確認の上ご使用ください。

マクドナルドは現金以外にもいろんな決済方法が使えるんですね。それにしてもこれほど多くの支払い方法が存在するとは知らなかったなぁ。自分はSuicaとクレジットカードしか持っていないし、なんだか自信がなくなってきたよ。
決済方法をたくさん知ってればいいってもんじゃないから心配しないで。でもクレジットカードは使い方次第で、マクドナルドでもより多くのポイントが貯まるよ!なんならこれを機会に新たなカードを作ってみてはどう?

マクドナルドでお得なクレジットカード!dカードをご紹介

次にマクドナルドでお得に使えるクレジットカードを見ていきましょう。最初にご紹介するのは、マクドナルドが加盟するdポイントが貯まるクレジットカードです。

dカードはマクドナルドで還元率2%

マクドナルドdカード還元率

dカードはマクドナルドで使えば常に還元率2%というお得なクレジットカードです。マクドナルドはdポイント加盟店なので、dカード提示で1%、支払いで1%のdポイントが貯まるのです。つまりポイント2重取りですね。

しかも貯めたポイントは、マクドナルドで1ポイント=1円から使えて無駄がありません。

dカードは実質年会費無料

またこのカードには電子マネーiDが標準搭載されているので、マクドナルドではクレジット払いの他にiDでの決済も可能です。その場合も同じように2%分のdポイントが貯まります。

年会費は2年目以降は有料ですが、年に一度でもカードを使えば0円になるので実質的には年会費無料ですね。その他ローソンでは最大5%もお得ですし、旅行にも役立つお得なクレジットカードとしておすすめです。

dカード

カード名称 dカード
年会費 1,250円(税別)
初年度無料
2年目以降は年1度の利用で無料
カードスペック ・マクドナルドでは還元率合計2%
・ローソンでは最大5%もお得!
・電子マネーiD搭載
・お買い物あんしん保険
・dカードケータイ補償
・VJデスク(旅のサポート)
・海外緊急サービス

ドコモユーザー最強カードdカード GOLD

次にご紹介するdカード GOLDは、dカードの上位カードです。基本のスペックは共通しており、こちらのカードもマクドナルドで2%分のdポイントが貯まるのは同じです。

dカード GOLDはドコモ料金が10%還元されますので、この特典だけで年会費の元はとれてしまいます。ドコモユーザーの方ならある意味実質無料でワンランク上のゴールドカードの特典が利用できる最強のクレジットカードなのです。

ゴールドカードですから空港ラウンジサービスが利用できたり。充実した旅行保険が付帯しますから、ドコモユーザーの方なら絶対ゴールドの方がお得ですよ。

dカードゴールド

カード名称 dカード GOLD
年会費 10,000円(税別)
カードスペック ・マクドナルドでは還元率合計2%
・ローソンでは最大5%もお得
・ドコモ利用料金の10%ポイント還元
・海外旅行保険 最高1億円
・国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
・電子マネーiD搭載
・空港ラウンジ無料サービス
・GOLD会員様専用サポートデスク
・お買い物あんしん保険
・dカードケータイ補償
・VJデスク(旅のサポート)
・海外緊急サービス
dカードはマクドナルドには最適だ。年会費は実質無料、常に2%分のdポイントが貯まるよ!またGOLDの年会費は1万円だけど、旅行保険や空港ラウンジサービスが使えるし、ドコモ料金が10%還元になるからこれだけで元が取れる人も多いんだよ。

マクドナルドにおすすめのクレジットカード!高還元の3枚をご紹介

引き続きマクドナルドでお得なクレジットカードをご紹介しましょう。次にご紹介する3枚のクレジットカードは、いずれも年会費無料で高還元です。マクドナルドで使う適当なカードを持っていない方も、どうぞ気軽にお申し込みください。

マクドナルドで使うと2%還元!楽天カード

楽天カードを既にご利用の方も多いと思いますが、このカードは楽天市場だけでなくマクドナルドでもお得なんですよ。

マクドナルドは楽天ポイントカード加盟店でもあるので、マクドナルドで楽天カードを使えば提示で1%、決済ポイント1%で合計2%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

もちろん楽天市場ならさらにお得で、お買い物マラソンでは最大43%という破格の還元率になることはどなたもご存知ですよね。楽天カードは使い方次第でポイントがドンドン貯まるお得なクレジットカードです。

また楽天カードにはマクドナルドでも使える電子マネー楽天Edyが標準搭載されており、1枚で2通りの決済方法を選べます。年会費無料ですが海外旅行傷害保険もつきますし、楽天カードは持っていて決して損のない1枚ですよ。

楽天カード

カード名称 楽天カード
年会費 無料
カードスペック ・マクドナルドでは2%還元
・海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
・楽天市場なら常にポイント3倍以上
・カードデザインが選べる
・楽天Edy搭載

常に1%以上高還元!Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTも標準還元率の高いクレジットカードで、どこで使っても常に1%以上のポイントが貯まります。マクドナルドでもやはり1%還元です。ただし入会後半年間は還元率が倍の2%になりますから、ぜひタイミングをはかって申し込んでくださいね。

このカードには電子マネーiD、QUICPayがダブル搭載されており、マクドナルドではこれ1枚で3通りの支払い方法が可能です。

またOrico Card THE POINTは「オリコモール」の特別加算対象カードで、他のオリコカードよりもお得にネットショッピングできるメリットもあります。

オリコカード・ザ・ポイント

カード名称 Orico Card THE POINT
年会費 無料
スペック ・常に還元率1%以上
・入会後半年間は還元率2%
・オリコモール利用で0.5%特別加算
・2種類の電子マネーiD、QUICPay標準搭載
・ポイントはリアルタイムでも交換できる

Suicaで1.5%還元!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードもマクドナルドでお得なクレジットカードです。ただしマクドナルドでは必ずSuicaで支払ってくださいね。ビックカメラSuicaカードでチャージしたSuicaで支払えば、クレジット決済よりもポイント付与率が0.5%分高くなるからです。

以下はビックカメラSuicaカードを一般店舗、ビックカメラで使った際のそれぞれの還元率を表にしたものです。

決済方法 ポイント付与率
<チャージ>
ポイント付与率
<決済>
Suica決済 JRE1.5% 【一般】-
【ビックカメラ】ビック10%
クレジット決済 【一般】ビック0.5%+JRE0.5%
【ビックカメラ】ビック10%

※JRE=JREポイント
※ビック=ビックポイント

このカードはビックカメラで10%還元という超お得なクレジットカードとして有名ですが、一般店舗でクレジット決済すると2種類のポイント(ビックポイントとJREポイント)が貯まる仕組みになっています。

マクドナルドでクレジット決済すればそれぞれ0.5%ずつで合計1.0%還元ですが、Suicaで支払えばJREポイントが1.5%貯まります。

ビックカメラSuicaカードは実質年会費無料にもかかわらず、この通り国内旅行保険と海外旅行保険まで付帯します。

ビックカメラSuicaカード

カード名称 ビックカメラSuicaカード
年会費 477円(税別)
初年度無料
2年目以降年一度のカード利用で無料
カードスペック ・Suicaチャージで1.5%還元
・ビックカメラでは合計11.5%還元
・国内旅行保険 最高1,000万円
・海外旅行保険 最高500万円
ビックカメラSuicaカードは、マクドナルドで使うと1.5%もポイントが貯まるなんて知らなかったよ!お得なクレジットカードを持っていても、使い道を知らないといつの間にか損してるんだな。
ビックカメラSuicaカードも、使い方を間違うと還元率がダウンするから気をつけてね。普通にクレジットカード払いすると還元率は1%にしからないよ。マクドナルドでは必ずこのカードでチャージしたSuicaを使うようにしよう!

マクドナルドでクレジットカード以外に使えるアイテムをご紹介

マクドナルドでの決済方法とお得なクレジットカードの説明は以上です。でもこれ以外にもマクドナルドのレジで使えるアイテムが幾つかあるので、最後にそれを付け加えておきましょう。必要に応じてこれらの方法もご活用ください。

マクドナルドアプリでお得なクーポンが使える

あなたはもうマクドナルドアプリをダウンロードしましたか?このアプリでお得なクーポンを獲得すれば、お得度がさらにアップしますよ。

マクドナルドアプリはスマホ画面を「かざすクーポン」なので、特にスマートフォン決済をご利用の方には便利なアイテムです。

【マクドナルドアプリ】

  • 登録無料
  • Facebookアカウントで登録可能
  • 割引クーポンを獲得できる
  • 最新ニュースの配信
  • 目的別店舗検索が可能

以下はクーポン価格の一例ですが、この通りかなりお値打ちですよね!

マクドナルドアプリクーポン

またマクドナルドアプリからワンタッチでポイントカード(楽天ポイントカード / dポイントカード)が使えますので、クーポンとの併用もより簡単になりました。

マクドナルドアプリ使い方

登録は無料ですので、あなたもぜひ一度マクドナルドアプリをお試しください。

マックカードはプレゼントに最適

ところであなたはこのようなカードを貰ったことがありませんか?これはマックカードといって、マクドナルドで500円分使える商品券です。マックカードには有効期限がないので、古いカードをお持ちの方はぜひご利用ください。

マックカード

【マックカードとは?】

  • 500円分のマクドナルド商品券
  • 有効期限なし
  • 現金との併用可
  • メールで注文できる
  • 100枚までは送料621円

マクドナルドカードにはこれ以外にも様々なデザインのものがあり、使い切ったカードは穴を開けられてしまいますが手元に残すことも可能です。自分で購入するものではありませんが、マックカードはプレゼントやお返しには最適な商品です。

JCB PREMOはチャージポイントがつかない

マックカードは使い切りタイプですが、繰り返し何度でも使えるのがJCB PREMOです。JCB PREMOはプリペイドカードで、マクドナルドだけでなく全国のJCB加盟店でクレジットカード同様に使えます。

こちらも自分用に購入するよりは、子供さんのお小遣い用やプレセントに向いています。というのも以下のように、JCB PREMOにはチャージによるメリットがないからです。

JCB PREMO

  • クレジットカードでチャージ:ポイントがつかない
  • ローソンでの店頭チャージ:手数料(通常100円)がかかる
  • 銀行口座チャージ:事前に申込みATM、ネットバンクで支払う

JCB PREMOはインターネットで申し込めば送料無料(ギフトケースは100円)で届けてもらえるので、こちらもマクドナルドで使えるカードとしてぜひ覚えておいてください。

マクドナルドはクレジットカードや電子マネーがお得に使えます

マクドナルドはキャッシュレス化が遅れていましたが、近年ようやく対応が追いついてきました。現在ではクレジットカードだけでなく、電子マネーやコンタクトレス決済など、数多くの決済方法に対応しています。

これら決済アイテムは自分の手でリーダーに挿入したり、またかざすだけで安全かつスマートに清算ができます。

クレジットカードを上手に選べば、マクドナルドでは常に1%以上のポイントが貯まります。クレジットカードやそれに紐づく電子マネーは、スムーズなだけでなくお得な決済方法です。

カード画像

おすすめポイント

公式サイトURL

カードスペック

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.