未成年の方におすすめのクレジットカードと作成にあたっての注意事項

「未成年はクレジットカードを持つことができない」と勘違いしている人はいませんか?確かにお金に関するサービスは、成人しないと利用できないものが多いのですが、クレジットカードは例外です。

基本的に18歳の誕生日を過ぎれば、どなたでもカードを作れるんですよ。あなたも周囲の誰よりも早くクレジットカードを使いこなしましょう。

今回は若いあなたにおすすめのクレジットカードをご紹介します。ぜひ10代の間に初めてのカードを手にしてください。

【 目 次 】

未成年の方がクレジットカードを作る際の注意点

殆どのクレジットカードは18歳以上ならばどなたでも申込み可能です。ただし20歳未満の場合、ちょっとした手続きが必要となります。

たとえ20歳の誕生日の数日前でも未成年は未成年。法律上の規定をクリアしない限り、クレジットカードを手にすることはできません。

高校生や18歳未満の方はクレジットカードを作れない

クレジットカードへの入会は、基本的に満18歳が基準です。もしもあなたが以下に当てはまるなら、まだクレジットカードを申し込むことができません。

  • 18歳未満の未成年
  • 高校生

18歳未満や高校生の方は、もうしばらく待ってくださいね。高校を卒業して大学や専門学校に入学すれば、すぐにでもカードを作ることができますよ。

未成年のカード入会には親権者の同意が必要

ただし20歳未満の未成年の間は、カード入会にあたって以下のものが必要となります。

【未成年のカード入会に必要なもの】

  • 親権者の同意
  • 電話による確認(必要に応じて)

親権者というのは法律上の「親権」を持っている人のこと。通常の場合は父母ですが、離婚すると片方は親権を失います。親権は法的な問題なので、必ずしも同居している親や親族が親権者とは限らないことにもご注意ください。

「親権者の同意」とは所定の同意書を提出することですが、併せて電話でも確認を取られる場合があります。

家族カードなら親権者の同意は不要

こういった手続きが面倒なら、親に家族カードを発行してもらってもいいですね。これなら審査も不要、同意書もなしでクレジットカードを持つことができます。

ただし親がクレジットカードを持っていなければ家族カードは作れません。また家族カードは支払いも明細書も全て本会員が管理するため、心おきなくカードを使えないという問題もあります。

デビットカードなら審査は不要

親にとやかく言われたくないという未成年の方には、デビットカードやプリペイドカードもおすすめです。これらのカードなら、未成年が自分で発行して自分で管理できます。

カードの種類 特徴、利用条件 海外利用
プリペイドカード 事前に入金(チャージ)が必要
12歳から
不可
デビットカード 入金不要
15歳・16歳から
可能

ただクレジットカードと比べると、こういったカードはサービス内容が劣ります。クレジットカードの方が使いやすく特典や優待も豊富ですし、何といっても手にした時の満足感が違います。

少々手続きに手間がかかっても、やはりクレジットカードを手にする価値は大きいと言えるでしょう。

虚偽や偽造は絶対にダメ!

でもいくら自分名義のクレジットカードが欲しいからといって、年齢などを偽って申し込むことだけはやめてくださいね。

同意書や身分証の偽造はもちろん犯罪行為ですし、年齢や住所を詐称することも重大なルール違反です。いずれも強制解約の対象となり、その結果として信用情報にも傷がついてしまうでしょう。

信用情報が傷ついてしまうと、将来クレジットカードが作れなくなってしまう可能性があります。

20歳の誕生日を過ぎればすぐ自力でカードを作れますから、親権者の同意が得られない未成年の方も、当面はプリペイドカードやデビットカードで対処してください。

信頼のプロパーカードで選ぶ!未成年の方におすすめのクレジットカード!

では実際に未成年の方にはどんなカードが向いているのか、これから順次ご紹介していきましょう。

初めてのクレジットカードは、やはり安心して使えるものが一番。まずは信頼と一定のステータスがあるJCBのプロパーカードです。

年会費無料で高還元!一定のステータスがあるJCB CARD W

JCB CARD Wは39歳までの若い人にしか申し込めない限定カードです。JCB CARD Wの魅力は通常のJCBカードの2倍ポイントが貯まること。

基本還元率が1%と高還元で、信頼のJCBプロパーカードが年会費無料で手に入れられます。

また、年会費無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険やショッピングガード保険も付帯。旅行の予定のある若い方にはピッタリです。

JCB CARD W

カード名称 JCB CARD W
年会費 無料
スペック ・18歳以上39歳以下、WEB入会限定
・標準還元率1%
・海外旅行傷害保険 最高2,000万円
・ショッピングガード保険(海外のみ)

JCB CARD W plus L(女性向け)

JCB CARD W plus L(女性向け)は、JCB CARD Wに女性向けサービスが追加されたもので、これ以外のスペックは共通しています。

女性向けサービスは2種類あって、その中の「お守リンダ」は、女性特定がんや犯罪被害など4種類から好きなものを選んで加入できるオプション保険です。掛金が安く、若い女性にはおすすめですよ。

JCB CARD W plus L

カード名称 JCB CARD W plus L(女性向け)
年会費 無料
スペック ・18歳以上39歳以下、WEB入会限定
・標準還元率1%
・女性向けオプション保険「お守リンダ」
・女性向け情報サービス「LINDAリーグ」
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピングガード保険

還元率と使いやすさで選ぶ!未成年の方におすすめのクレジットカード

やっとの思いでクレジットカードに入会できても、やっぱり使わなければ意味がありません。でも実際にカードを手にしてみると、思ったように使いこなせずポイントも貯まらないと感じる方も多いようです。

そこで数あるカードの中から、特に初心者にも使いやすく、ポイントもよく貯まるクレジットカードをご紹介しましょう。

年会費無料の高還元カード!Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは標準還元率が1%なので、どこで使ってもポイントがよく貯まります。特にネットショッピングはYAHOO!ショッピングとLOHACOがお得で、その還元率はなんと3%!

それにこのカードはTカードとしても使えますから、初心者でも加盟店でお買物するだけでカンタンに多くのポイントを貯めることができます。

貯めたTポイントはYahoo! JAPANのサービスのほかに提携先でも1ポイント=1円として使えますので、慣れない人もポイントの使い道に迷うことがありません。

Yahoo! JAPANカード

カード名称 Yahoo! JAPANカード
年会費 無料
スペック ・標準還元率1%
・YAHOO!ショッピングとLOHACOは3%還元
・Tカードとして使える
・TSUTAYAレンタルサービス追加可能
・ショッピングガード保険

お急ぎの方におすすめ!即日発行可能なエポスカード

未成年でも入会しやすく、初心者も安心して使えるのがエポスカードです。即日発行にも対応していますので、お急ぎの方にもおすすめです。

カード初心者には、クレジットカードを使いすぎるのが怖かったり、カード情報が漏洩するのを恐れる人がよく見られますが、エポスカードならその心配は無用です。

使いすぎが気になるならプリペイドカード、オンライン決済が不安ならバーチャルカードが作れますよ。いずれも費用は一切かかりません。

しかもマルイ年4回のバーゲンや、10,000店舗以上の優待が使えるなど、エポスカードはお得面でも大変優秀です。

また海外旅行傷害保険も自動付帯で、治療費用なども補償される手厚い内容となっています。

エポスカード

カード名称 エポスカード
年会費 無料
スペック ・マルイ年4回の10%OFFバーゲン
・全国の飲食店やレジャー施設など優待多数
・バーチャルカード無料発行可能
・プリペイドカード無料発行可能
・海外旅行傷害保険 最高500万円

ゴールドカードへの入会をお考えの未成年の方におすすめのクレジットカード

「未成年でもゴールドカードは持てる」と聞いたら驚きますか?ゴールドカードとは、一般カードに比べてワンランクグレードの高い上級カードです。

そんなワンランク上のゴールドカードをお考えの未成年の方には、18歳から申し込み可能なMUFGカードゴールドがおすすめです。

最短翌営業日発行可能!MUFGカードゴールド

格安年会費のMUFGカードゴールドなら、18歳から申し込みを受け付けています。年会費は格安でも、空港ラウンジが使えたり国内渡航便遅延保険まで付帯します。

サービスも豊富ですが、ゴールドカードは持っているだけでも気分がいいものです。ブランドは3種類から選べますが、ポイント倍率の高いアメックスがおすすめですよ。

MUFGカード ゴールド

カード名称 MUFGカードゴールド
年会費 1,905円(税別)
初年度年会費無料
楽Pay利用で半額
スペック ・アメックスブランドは国内ポイント1.5倍、海外2倍
・国内主要6空港と海外1空港のラウンジサービス
・海外/国内旅行傷害保険 最高2,000万円
・ショッピング保険
・国内渡航便遅延保険

未成年もクレジットカードを作れますが親の同意が必要です

未成年はクレジットカードが作れないと思っている方もいますが、実際には18歳以上なら誰でもカードは作れます。

ただし未成年は親権者の同意が必要ですので、それができない方は成人するのを待った方がいいでしょう。

家族カードやプリペイドカードといった選択肢もあるのですが、やはり自分名義のクレジットカードの方が便利ですしサービスも豊富です。今回ご紹介したクレジットカードなら、若い方でも上手に使いこなせるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.