三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定のお得なゴールド

ゴールドカードを持ってみたいけれど、高額な年会費がかかることを考えると少し躊躇してしまう…そんな20代の方におすすめしたいのが、三井住友VISAプライムゴールドカードです。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代の利用者限定の準ゴールドと言う位置づけで発行されており、通常のゴールドカードよりもお得な年会費でほぼ同等の機能・サービスが利用できる、非常にお得なカードとなっています。

そんな三井住友VISAプライムゴールドカードの仕組みやサービス内容について、ここではご紹介しましょう。

【目 次】

低価格で充実したサービスが付帯!三井住友VISAプライムゴールドカードの魅力

三井住友VISAプライムゴールドカード

  • 三井住友VISAゴールドカードの半額の年会費でほぼ同等のサービス・機能が付帯
  • 年会費初年度無料、翌年以降も最大1,500円(税抜)まで優遇
  • 2枚目年会費わずか1,000円(税抜)!VISA、Mastercardの2枚持ちも可能
  • 最短3営業日のスピード発行
  • 30歳になったら三井住友VISAゴールドカードに自動ランクアップ
  • ネットショッピングに便利なネット決済専用バーチャルカード発行可能
  • 空港ラウンジをはじめとするゴールド限定特典付帯
  • 前年利用額に応じたボーナスポイントが通常カードの2倍
  • 三井住友VISAゴールドカードと同様の手厚い付帯保険

三井住友VISAプライムゴールドカードの最大の魅力は、お得な年会費でほぼゴールドクラスとそん色ない充実した機能・サービスを利用できるという点です。

また、30歳になった時点で同じカード会社のゴールドカードである、三井住友VISAゴールドカードへとランクアップすることが決まっているというのも、大きなメリットの1つと言えるでしょう。

そんな三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴や利点について、ここからは詳しく解説していきましょう。

三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費初年度無料!条件次第で最大1,500円までの優遇もアリ

三井住友VISAプライムゴールドカードは、通常年会費5,000円(税抜)となっています。三井住友VISAゴールドカードが10,000円(税抜)ですから、実にその半額という破格の価格設定です。

しかも、初年度は年会費無料、2年目以降も条件次第で大幅な割引優遇が受けられるので、実際にはさらにお得に利用することができます。

2年目以降の年会費優遇に関しては、特定のサービスの利用や年間のショッピング利用額など、条件によって割引額が異なります。優遇条件と割引額を一覧で確認してみましょう。

条件 割引額 他条件との重複
カードご利用代金WEB明細
サービスの利用
1,000円
(税抜)
『マイ・ペイすリボ』
サービスの設定・利用
2,500円
(税抜)
WEB明細サービス
利用のみ可
前年度お買い物累計
金額100万円以上300万円未満
1,000円
(税抜)
WEB明細サービス利用のみ可
前年度お買い物累計
金額300万円以上
2,500円
(税抜)
WEB明細サービス利用のみ可

見ていただくとわかるとおり、条件の重複を考慮すれば、最大で3,500円(税抜)もの割引を受けることができるので、年会費はなんとたったの1,500円(税抜)になります。

なお、『マイ・ペイすリボ』というのは、毎月のカード支払額の上限を自分で設定できる三井住友カードのリボ払いサービスです。

必ずしもリボ払いになる月がなければいけないというわけではなく、『マイ・ペイすリボ』に登録した時点で年会費優遇が適用されることは決定となるので、リボ払いを利用するかどうかが未定の方でも、入会時に登録しておくと良いでしょう。

毎月の支払金額をカードの上限金額にしておけば、実質1回払いと同じになります。『マイ・ペイすリボ』は自分で設定した支払い金額を上回った金額のみリボ払いとなるサービスですので、請求額が設定額を下回っていれば、1回払いとなり手数料もかかりません。

2枚目は年会費1,000円!?別ブランドの2枚持ちがお得に

三井住友VISAプライムゴールドカードは、VISAの名称を冠していますが、実はMastercardブランドも選択することができます。

そこでぜひ知っておいてほしいのが、同じ三井住友VISAプライムゴールドカードを異なるカードブランドで2枚発行すると、2枚目の年会費は1,000円(税抜)とグッとお得になるという点です。

クレジットカードには、カード会社独自の特典・サービスのほかに、カードブランドごとの優待やサービスがあるということはご存知の方も多いですよね。また、カードブランドによって加盟店の数も異なります。

そのため、新たにクレジットカードを作る際には手持ちのカードにないカードブランドを選ぶという方も多いと思います。

その点、三井住友VISAプライムゴールドカードなら、かなりお得に異なるカードブランドの、しかもゴールドクラスのカードの2枚持ちが可能になるというわけです。

最短3営業日発行、1週間で手元に到着!スピード発行が魅力

>最短3営業日発行可能説明画像”/ ></p>
<p>インターネット申し込みで最短3営業日発行、1週間で手元に到着と言うスピード感も、三井住友VISAプライムゴールドカードの魅力の1つです。</p>
<p>一般的に、クレジットカードの発行には2週間~4週間程度はかかるとされています。最近では<a href=即日発行が可能なクレジットカードも多数出てきていますが、ゴールドクラスではまだまだ少ないのが現状です。

そんな中、このクラスのカードで申し込みから最短1週間程度でカードを受け取り、使い始めることができるというのは、利便性の面でかなりポイントが高いですよね。

30歳になったらゴールドカードにランクアップ!切替特典もアリ

三井住友VISAプライムゴールドカードは、冒頭でもお伝えした通り、20代の利用者限定のカードとなっています。では、30歳になったらどうなるのか?というのが気になるところですよね。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、会員の方が満30歳になって最初の更新時に、自動的に三井住友VISAゴールドカードへとランクアップすることになっています。

更新時には原則審査があるので、100%とは言えませんが、過去の利用状況などに大きな問題がなければ、まず大丈夫でしょう。

しかもこの三井住友VISAゴールドカードへのランクアップの際には、以下のような更新特典が用意されています。

  • 全国約80店舗の一流レストランで2名以上利用時に使える会員1名分無料クーポン
  • 継続ボーナスポイント500ポイント

いずれも、三井住友VISAゴールドカードへの切り替えによって無条件に適用される特典です。

この、ゴールドカードへの自動切替が可能というのは、年齢を限定したこの種のカードにおいては基本のサービスなのですが、新たにカードを探したり、申し込んだりする必要がないので非常にありがたいですよね。

ネットショッピングに安心を!ネット決済専用バーチャルカード

三井住友バーチャルカード

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、家族カードやETCカードを含め、多くの追加カードを発行することができます。

その中でもネットショッピングにクレジットカードを利用する機会がある方にぜひチェックしておいてほしいのが、ネット決済専用のバーチャルカードです。

バーチャルカードは、その名の通りカード本体が発行されず、カード番号や有効期限といった情報のみで利用する、まさしくバーチャルな形態のカードです。したがって、盗難や紛失によってカードを悪用されるという心配はありません。

さらにバーチャルカードには、情報流出や不正利用といったネット環境ならではのリスクを軽減し、安心してネットショッピングに利用できるよう、以下のような機能が施されています。

  • 三井住友VISAプライムゴールドカードとは異なるカード番号が振られる
  • 利用枠は10万円と低めの設定
  • 万が一悪用された場合、利用枠の範囲内で損害を全額補償

バーチャルカードの年会費は300円(税抜)となっていますが、初年度は無料で利用できます。三井住友VISAプライムゴールドカードの申し込み時に同時に申し込むことも可能なので、まずはお試し感覚でつくってみてもよいかもしれません。

電子マネーが多彩!iDやWAONを利用できる

追加カードも含め、利用できる電子マネーの種類が多彩なのも三井住友VISAプライムゴールドカードの魅力の1つです。発行・利用が可能な電子マネーとしては、以下のようなものがあります。

追加可能な電子マネー

電子マネーは端末にかざすだけでスピーディーに決済ができますので、少額決済も便利ですよ。

ゴールドクラスならでは!三井住友VISAプライムゴールドカードのハイグレードな限定特典

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、三井住友VISAゴールドカードと同様に、以下のようなゴールド限定特典が利用できます。

  • 全国主要空港28ヵ所の空港ラウンジを利用可能
  • 宿泊予約サービス『Relux』を優待価格で利用可能

また、こちらも三井住友VISAゴールドカードと同様、ゴールド会員専用ダイヤル『ゴールドデスク』が利用できるので、カードやサービスに関する問い合わせも非常にスムーズです。

それでは、2つのゴールド限定特典について、詳しくご紹介しましょう。

全国主要空港28ヵ所の空港ラウンジを無料利用!家族会員もOK

ラウンジイメージ画像

三井住友VISAプライムゴールドカードの会員になると、北海道から沖縄まで全国の主要空港28ヵ所の空港ラウンジを無料で利用することができるようになります。もちろん、家族カードの会員の方でも利用が可能です。

空港での待ち時間を快適に過ごすためには欠かせないサービスと言えるでしょう。ただし、本会員でも家族会員でもない同伴者の方に関しては、所定の利用料がかかることになるので、注意が必要です。

一流ホテル・旅館をお得に!『Relux』でさらに3,000円オフ

『Relux』は、厳選した一流のホテル・旅館を、どのオンラインサイトよりもお得な価格で予約できる外部サイトです。

Relux説明画像

万が一、同一内容の宿泊プランにおいて、他社よりも価格設定が高額だった場合には差額を返金してくれる最低価格保証システムがあるというのですから、その価格に対するこだわりと自信は非常に強いと言えます。

三井住友VISAプライムゴールドカード会員になると、この『Relux』を基本価格からさらに3,000円オフの優待価格で利用することができます。

つまり、確実にどこよりもお得に上質なホテルや旅館を予約することができてしまうのです。いつもよりちょっと豪華な旅行を楽しみたい時には、ぜひ利用してみてほしいサービスです。

ボーナスポイント獲得チャンス多数!三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントシステム

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントシステムである、ワールドプレゼントについても解説していきましょう。

ワールドプレゼントは、月間の利用額に対して基本的に1,000円ごとに1ポイントのペースでポイントが貯まっていく仕組みになっています。

クレジット利用だけでなく、iD、VISA Paywaveといった電子マネーでの支払いもポイント対象となるので、少額利用でも無駄なくポイントを貯めることができます。

ポイント有効期限は、一般カードと同様に2年間です。

一般カードの2倍もらえる!年間利用額に応じたボーナスポイント

ワールドプレゼントには、年間のショッピング利用額に応じてボーナスポイントを獲得できる特典があります。

ただし、単純にその年度の利用額で獲得できるポイント数が決まるわけではないので、少し注意が必要です。

ワールドプレゼントのボーナスポイントは、まず前年度の利用額に応じてステージが決定し、そのステージごとの設定を基準に今年度の利用額に応じて獲得できるボーナスポイント数が決定する…と言うように、2段構えの仕組みになっているのです。

年間利用額に応じたステージと、ステージごとのボーナスポイント設定を一覧で見てみましょう。

前年度年間利用額 ステージ ボーナスポイント
50万円以上100万円未満 V1 50万円到達時100ポイント、以降10万円ごとに20ポイント
100万円以上300万円未満 V2 50万円到達時150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント
300万円以上 V3 50万円到達時300ポイント、以降10万円ごとに60ポイント

ボーナスポイントの上限がないので、カードを使えば使うほど、多くのポイントを獲得することが可能なのは、非常に魅力的ですよね。

なお、このボーナスポイント設定は通常の一般カードの2倍となっており、同じ利用額でもより効率的にポイントを貯めることができます。

ポイント最大20倍!ネットショッピングに『ポイントUPモール』

ポイントアップモール説明画像

ネットショッピングの際にぜひ活用してほしいのが、会員専用ポイントサイト『ポイントUPモール』です。

『ポイントUPモール』は多くのオンラインショップや総合通販サイトとつながっており、サイト経由で各ショップにアクセスし、クレジット決済でお買い物をすると、ワールドプレゼントのポイントを通常の2~20倍獲得することができます。

ポイント倍率は各ショップによって異なり、中にはゴールド限定特典として一般カードよりも高い倍率で利用できるショップもあります。主要なショップのポイント倍率をご紹介しましょう。

ショップ ポイント倍率
Amazon 2倍
楽天市場 2倍
高島屋オンラインストア 5倍
じゃらんnet 5倍
(ゴールド限定)
マウスコンピューター 7倍
(ゴールド限定)
洋服の青山 9倍
ロフトネットストア 10倍
(ゴールド限定)
サントリーウェルネスオンライン 11倍
トレンドマイクロ・オンラインショップ 20倍

サイト内では頻繁にポイントアップキャンペーンを行っており、常にどこかのショップを通常よりも高いポイント倍率で利用することができます。

ポイントアップチェッカー説明画像

また、掲載ショップに直接アクセスした場合にアイコンが光って教えてくれる、『ポイントUPモール』経由忘れ防止機能があるので、うっかりポイントゲットのチャンスを逃してしまう心配はありません。

さらに『ポイントUPモール』サイト内には、毎週開催されるBINGOゲームに参加したり、特定のショップにアクセスするだけでポイントを獲得することができるお得なサービスもあるので、ぜひ併せて活用してください。

事前エントリーでポイントorキャッシュバック!『ココイコ!』

『ポイントUPモール』とは逆に、実店舗でボーナスポイントを獲得できるサービスとして、非常に活用度が高いのが、会員専用優待サイト『ココイコ!』です。

ココイコ説明画像

『ココイコ!』では、掲載されている店舗にあらかじめエントリーしておいて、有効期限内にその店舗で実際にカードを利用すると、所定のポイントアップまたはキャッシュバックの優待が受けられます。ポイントアップかキャッシュバックかは、自由に選択可能です。

有効期限は原則14日間となっており、繰り返しのエントリーが可能なので、頻繁に利用するお店には常にエントリーした状態にしておけば、いつでも確実にポイントを獲得することができます。

逆に街中で見つけた対象店舗にその場でエントリーして利用するという使い方も可能です。こちらも、主要な対象店舗と特典内容を抜粋してご紹介しましょう。

対象店舗 ポイントアップ キャッシュバック
京急百貨店 2倍 0.5%
びっくりドンキー 2倍 0.5%
松坂屋 3倍 1%
三井アウトレットパーク 3倍 1%
東急ハンズ 3倍
ユニバーサルスタジオジャパン 3倍 1%
Perfect Suit Factory 4倍 1.5%
洋服の青山 5倍 2.5%
大きいサイズの店フォーエル 10倍 4.5%
カラオケの鉄人 14倍 8.5%

中にはチェーン店ではない、単体の飲食店なども含まれているので、お住まいのエリアで利用できる店舗がないか、一度ひととおりチェックしておくことをおすすめします。

まだまだボーナスポイントチャンスあり!プレミアムポイント加盟店

通常よりも多くのボーナスポイントを獲得できるサービスとしては、他にもプレミアムポイント加盟店があります。

プレミアムポイント加盟店は、三井住友VISAプライムゴールドカードを含む対象カードのクレジット払いでの利用で、通常の2~20倍のポイントが貯まる提携店舗です。

プレミアムポイント加盟店のマーク画像

プレミアムポイント加盟店を一部抜粋してご紹介しておきますね。

  • 近畿日本ツーリスト
  • 本格的関西割烹 鈴善
  • 焼鳥ハウスのんちゃん
  • ホテルモントレ銀座
  • ホテルモントレ大阪 
  • 三井ガーデンホテル大阪淀屋橋
  • サトウ花店 ヒルトンプラザ店
  • ホテルモントレ神戸
  • フォレストイン シャーウッド

全国展開のホテルモントレ系列や近畿日本ツーリスト、甲信越地方のリゾート地の宿泊施設など、対象店舗の数はそれほど多くはありませんが、うまく活用すれば確実にポイントが貯まっていきます。

三井住友VISAプライムゴールドカードを含むゴールド以上のカードに特典対象を限定している店舗がその大半を占めるのも特徴です。

また、Vpass会員と呼ばれる特定のカードの利用者専用のオンラインショッピングサイト『V-collection』もプレミアムポイント加盟店の1つです。

『V-collection』では、ポイントが一律で10倍になります。ワインやハイブランドのグッズといったグレードの高い商品を主に扱っているので、ぜひ活用しましょう。

『マイ・ペイすリボ』利用月はポイント2倍

マイ・ペイすリボ説明画像

年会費優遇の項でご紹介したリボ払いサービス『マイ・ペイすリボ』には、実はポイント面でもメリットがあります。

『マイ・ペイすリボ』のリボ払い手数料が発生した月、つまり、リボ払いを利用した月は、ワールドプレゼントのポイントがなんと2倍になるのです。

特典が適用されるのは、リボ払いをしたその月のみですが、回数制限などはないので、支払い状況次第では継続的にポイント2倍で利用することも可能となります。

年会費優遇とポイント2倍と言う2大特典がつく『マイ・ペイすリボ』は、登録しておいて損はないサービスと言えるでしょう。

最大還元率0.5%!多様なポイントの使い道にも注目

貯めやすさだけでなく、貯まったポイントの使い道の多様さも、ワールドプレゼントの魅力の1つです。ワールドプレゼントのポイントの使い道は、大きく分けて以下の4つとなっています。

  • 商品交換
  • キャッシュバック
  • 他社ポイント、マイルに移行
  • ふるさと納税に寄付

使い道によって交換レートは少しずつ異なり、還元率は最大で0.5%となっています。主要なポイントの使い道とその還元率を、いくつかご紹介しましょう。

ポイント交換先説明画像

使い道 交換レート 還元率
カード利用代金へのキャッシュバック 1ポイント=3円 0.3%
三井住友カードiDへのキャッシュバック 1ポイント=5円 0.5%
三井住友VISAプリペイドへのチャージ 1ポイント=5円 0.5%
ANAマイレージクラブへの移行 1ポイント=3マイル
WAONポイントへの移行 三井住友WAON:1ポイント=5円
その他のWAON:1ポイント=4円
0.4~0.5%
楽天Edyへの移行 1ポイント=4円分 0.4%
自治体ポイントへの移行 1ポイント=5円分 0.5%
dポイントへの移行 1ポイント=5ポイント 0.5%
Tポイントへの移行 1ポイント=4ポイント 0.4%
Pontaポイントへの移行 1ポイント=4ポイント 0.4%

また、ふるさと納税に関しては、以下の4つの自治体が対象となります。

ポイント交換可能なふるさと納税自治体景品画像

  • 長崎県平戸市
  • 宮崎県綾町
  • 島根県浜田市

還元率もしっかり考慮しつつ、自分に合った使い道を探してみましょう。

ゴールドと同じ補償が受けられる!三井住友VISAプライムゴールドカードの手厚い3つの付帯保険

いざという時に頼りになる付帯保険についても確認しておきましょう。三井住友VISAプライムゴールドカードには、以下の3つの保険が備わっています。

この三井住友VISAプライムゴールドカードの付帯保険のすごいところは、補償内容が三井住友VISAゴールドカードと全く同じ手厚いものになっているという点です。そんな3つの付帯保険について、以下に詳しく解説していきましょう。

家族特約付き海外旅行傷害保険は利用付帯と自動付帯に注意

三井住友VISAプライムゴールドカードの海外旅行傷害保険は、家族特約付きとなっており、家族会員でなくても以下のいずれかの条件に該当する場合は、一定の補償が受けられます。

  • 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
  • 本会員と生計を共にする19歳未満の別居の子

つまり、家族カードを持つことができない年齢のお子様でも、保険の対象となるのです。これを踏まえて、具体的な補償内容を見てみましょう。

補償内容 保険金額(会員) 保険金額(家族特約)
傷害死亡・後遺障害 自動付帯分:最高1,000万円
利用付帯分:最高4,000万円
合計:最高5,000万円
最高1,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 300万円 200万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 300万円 200万円
賠償責任(1事故の限度額) 5,000万円 2,000万円
携行品損害(1旅行かつ1年間の限度額) 50万円
※自己負担:1事故につき3,000円
50万円
※自己負担:1事故につき3,000円
救援者費用(1年間の限度額) 500万円 200万円

ここで注目してほしいのは、自動付帯時と利用付帯時で傷害死亡・後遺障害の項目のみではありますが、補償額が変わってくることです。実際に保険を利用する確率はかなり低いとはいえ、やはり万が一のリスクを考えると、なるべく旅行費用をカードで支払って利用付帯が適用されるようにしておくことをおすすめします。

やっぱり利用付帯と自動付帯で補償が変わる!国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険に関しても、補償内容を確認してみましょう。こちらもやはり自動付帯と利用付帯で補償内容に一部差が出てくるので、注意が必要です。

補償内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害 自動付帯分:最高1,000万円
利用付帯分:最高4,000万円
合計:最高5,000万円
入院保険金日額 5,000円
※事故日から最高180日限度
通院保険金日額 2,000円
※事故日から180日以内90日限度
手術保険金 最高20万円
※1事故につき1回限り

海外旅行傷害保険と違って、家族特約こそありませんが、入院・通院や手術までしっかりとカバーしてくれる、手厚い補償内容となっています。

最高300万円!海外でも国内でもOKのお買い物安心保険

お買い物安心保険は、カードで購入した商品が破損・盗難などに遭った際にその損失を補償してくれる、いわゆるショッピング補償です。

三井住友VISAプライムゴールドカードのお買い物安心保険は補償限度額が年間300万円と高額なうえ、海外・国内いずれの購入品でも支払い方法を問わず対象となります。対象期間は購入日および購入日翌日から90日間です。

自己負担額も1事故につき3,000円とこのクラスのショッピング補償としてはローコストなので、気兼ねなく利用することができるでしょう。

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本情報

カード情報 内容
年会費 5,000円(税抜)
※初年度無料
※翌年以降も最大1,500円(税抜)までの条件付き優遇あり
※VISA、mastercard2枚持ちの場合、2枚目年会費は1,000円(税抜)
申込資格 満20歳以上30歳未満で本人に安定継続収入がある
国際ブランド VISA、mastercard
家族カード 1人目年会費初年度無料、2人目以降1,000円(税抜)
※1人目は前年度利用回数3回以上で翌年も年会費無料
ETCカード 年会費初年度無料、2年目以降500円(税抜)
※前年度1度でも利用があれば翌年度年会費無料
電子マネー(追加カード含む) 三井住友カード iD
ApplePay
三井住友カードWAON
PiTaPa
三井住友カードVISA paywave
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
その他付帯保険 カード紛失・盗難保険
お買い物安心保険
還元率 最大0.5%

若いうちから上質なゴールドカードを持ちたい方に!オススメの1枚

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代限定ということもあり、比較的お得な年会費でワンランク上の三井住友VISAゴールドカードとほぼ同等のサービスが受けられる、かなりコストパフォーマンスの高い1枚となっています。

格安ゴールドではなく、しっかりとサービスの伴った上質なゴールドカードを持ちたい、でも高額な年会費はまだ負担が大きい…そんな若い方にぴったりのカードと言えるでしょう。

ぜひゴールドカードデビューに、三井住友VISAプライムゴールドカードを選んでみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.