nanaco
nanaco(ナナコ)カードを無料で作る4つの方法

nanacoカードの発行には通常300円の発行手数料がかかります。300円と言うのは決して大きな金額ではありませんが、支払わずに済むのであれば支払いたくないものですよね。

実はnanacoカードには、発行手数料無料でつくることが可能な方法が複数あります。そんなnanacoカードを無料でつくる方法について、ここでは詳しく解説していきましょう。

nanaco機能を搭載できる無料のクレジットカードやキャッシュカードについても、併せてご紹介します。

誰でもnanacoカードが無料でつくれる!4つの方法を徹底解説

通常発行手数料300円のnanacoカードを無料でつくる方法は、主に以下の4つとなっています。

  • 1. 8のつく日(ハッピーデー)にイトーヨーカドーでつくる
  • 2.nanacoモバイルを利用する
  • 3. ヤマト運輸の『クロネコメンバーズ』に登録する
  • 4.年会費無料で発行できるnanaco搭載カードをつくる

いずれも、裏技や特殊な方法ではなく、誰でも簡単に実践可能なものばかりです。

以下に、それぞれの詳細について解説していきましょう。

1. 8のつく日(ハッピーデー)にイトーヨーカドーでつくれば無料

ハッピーデーnanaco無料説明画像

イトーヨーカドーでは、毎月8日・18日・28日の8のつく日をハッピーデーとして、対象カードでの支払いで5%オフなど複数の特典を用意しています。

そのハッピーデー特典の1つとして、nanacoカードを発行手数料無料でつくることができるのです。ただし入会当日に1,000円以上のチャージをすることが、発行手数料無料の条件となります。

なお、セブンイレブンやデニーズと言ったセブン&アイグループ傘下の他の店舗でも、同様にnanacoカード無料発行キャンペーンが開催されることがあります。

ただ、こちらは不定期に行われるキャンペーンなので、nanacoカードをつくりたいタイミングでつくれるとは限りません。

確実に近日中にnanacoカードを持ちたいと考えているのであれば、イトーヨーカドーのハッピーデーを利用するのがおすすめです。

2. nanacoモバイルなら無料

 nanacoモバイル説明画像

おサイフケータイ対応のスマホでnanacoに入会することができるスマホアプリ『nanacoモバイル』も、無料でnanacoを利用する方法の1つです。

『nanacoモバイル』でnanacoに入会した場合は、発行手数料は必要ありませんし、アプリ自体も無料でダウンロードすることができます。

しかも『nanacoモバイル』は、ただ単にお得と言うだけではありません。支払いの際はにアプリを起動するしなくてもスマホをかざすだけで支払いができるうえ、利用状況の確認やクレジットチャージがいつでもどこでも可能になるなど、利便性の面でもかなりメリットがあります。

おサイフケータイ対応のスマホを利用しているのであれば、この『nanacoモバイル』をダウンロードするのが、4つの方法の中でも一番手っ取り早いと言えるでしょう。

3. メンバーズカードでnanacoを無料付帯できる!ヤマト運輸クロネコメンバーズ

 クロネコメンバーズカード説明画像

ヤマト運輸の無料会員サービス『クロネコメンバーズ』に登録することでも、nanacoカードを無料で取得することが可能です。

『クロネコメンバーズ』に登録すると、会員カードとしてクロネコメンバーズカードを無料発行できます。

このメンバーズカードは、電子マネーカード、おサイフケータイ、モバイルカード(携帯電話画面メモ)の3つのタイプから選べるのですが、このうち電子マネーカードタイプにはnanaco・楽天Edy・WAONの3つの電子マネーのうちいずれか1つを付帯することができるのです。

このメンバーズカード付帯の電子マネーにnanacoを選べば、無料でnanacoカードを手に入れたのと同じことになります。

『クロネコメンバーズ』自体も、荷物の受け取りや送りがより便利でお得になる、入っておいて損はないサービスです。ヤマト運輸を利用する機会がある程度多い方なら、この方法でnanacoカードをゲットするのもよいかもしれません。

ただしクロネコメンバーズカード搭載のnanacoには、クレジットチャージができないなど、通常のnanacoカードとは一部異なる部分があるので、その点は注意が必要です。

4. セブン&アイグループで見つかる!年会費無料のnanaco搭載カード

セブン&アイホールディングスのグループ傘下で発行されているクレジットカードやキャッシュカードには、nanacoが基本機能として搭載されているものが少なからずあります。

そうしたカードの中でも、年会費無料で発行が可能なものを選べば、実質無料でnanacoを利用することができるようになるのです。

この年会費無料でnanacoを利用できるカードに関しては、以下におすすめのクレジットカードやキャッシュカードをご紹介しましょう。

nanacoを無料でつくれるクレジットカード&デビット付きキャッシュカードをご紹介

ここからは、nanacoを無料で発行できるカードとして以下の3つをご紹介します。

  • セブンカードプラス
  • セブン銀行デビット付きキャッシュカード
  • JCB CARD W

セブン&アイグループの関連カードに加えて、JCBカードも1種類ラインナップされています。その理由も含めて、それぞれのカードでnanacoを利用する方法や、カード自体の特徴について解説していきましょう。

nanaco一体型が選べる!実質年会費無料のセブンカードプラス

まず最初にご紹介するのは、セブン&アイグループのクレジットカード、セブンカードプラスです。セブンカードプラスには、nanaco一体型と、手持ちのnanacoカードと連携するnanaco紐付け型があり、一体型を選ぶとnanacoが基本機能として搭載されてきます。

年会費は初年度無料、2年目以降は500円(税別)ですが、年間5万円以上のショッピング利用で次年度無料となります。

セブンカードプラスを日常的に利用する方であれば、実質年会費無料になると考えてよいでしょう。

セブンカードプラスの最大の特徴は、通常のクレジットカードとしてのショッピング利用でもnanacoポイントが貯まるという点です。

しかもイトーヨーカドーやセブンイレブンといったセブン&アイグループの対象店舗ではいつでもポイントが通常の2~3倍(還元率1~1.5%)になったり、対象商品の購入でボーナスポイントが獲得できたりと言った複数のポイント特典が付帯してきます。

nanacoへのクレジットチャージの際にも、0.5%のポイントが貯まる為、チャージ&nanaco利用でポイントの2重取りができるお得なカードです。

セブンカードプラス

カード名称 セブンカードプラス
年会費 初年度無料、2年目以降500円(税別)
※前年度ショッピング利用額5万円以上で無料
特徴 ・ショッピング利用でnanacoポイントが貯まる
・セブン&アイグループ対象店舗でポイント2~3倍
・セブン&アイグループ対象店舗で対象商品購入でボーナスポイント
・nanacoへのクレジットチャージでもnanacoポイントが貯まる
・イトーヨーカドーのハッピーデーに5%オフ
・年間最高100万円のショッピングガード保険(海外)が付帯

nanacoも使える!セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行のキャッシュカードにも、nanacoを搭載可能なものがあります。それがデビット付きキャッシュカードです。

セブン銀行のデビット付きキャッシュカードは、その名の通り、キャッシュカードとデビット機能、そしてnanaco機能を搭載した多機能カードです。

デビット支払いで通常、利用金額の0.5%、セブン&アイグループ対象店舗で利用金額の1~1.5%の割合でnanacoポイントが貯まっていきます。これは換算してみると、セブンカードプラスと同じポイントレートです。

クレジットカードのように、いろいろな特典がついているわけではありませんが、基本的な機能性が非常に高く、使い勝手の良いカードとなっています。セブン銀行に口座を持っている方であれば、このカードを選ぶのがベストと言えるでしょう。

セブン銀行デビットカード

カード名称 セブン銀行デビット付きキャッシュカード
年会費 無料
特徴 ・セブン銀行キャッシュカード、デビット機能、nanaco搭載の多機能カード
・デビット利用でnanacoポイントが貯まる
・セブン&アイグループ対象店舗でのデビット利用でポイント2~3倍

貯まったポイントをnanacoと交換できる!JCB CARD W

もともとnanacoが搭載されたクレジットカードをつくるのではなく、クレジットカードで貯めたポイントを利用して無料でnanacoカードを手に入れるというのも1つの方法です。

例えば、JCBカードのポイントシステムであるOkiDokiポイントの交換商品には、nanacoポイント付きのnanacoカードがあります。付帯するnanacoポイントは、交換するOkiDokiポイント数に応じて2,000~40,000ポイントとなっています。

JCBカードの中でも、年会費無料で発行できるJCB CARD Wを選べば、実質無料で最低でも2,000円分のポイントが入ったnanacoカードを手に入れることができるのです。

しかもJCB CARD Wは、通常のJCBカードの2倍のペースでポイントを貯めることができるポイント特化型のカードなので、よりお得に、そしてスピーディに交換に必要なポイントを貯めることができるでしょう。

JCB一般カードデザイン画像

カード名称 JCB CARD W
年会費 無料
特徴 ・ポイントがいつでも通常の2倍(還元率1%)
・最短3営業日発行・1週間でお届け
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険(海外)が付帯

ちょっとの工夫でできる!nanacoカードを無料で手に入れよう

nanacoカードは普通に発行しても、たったの300円のコストで手に入ってしまいます。しかし、ほんの少しの工夫で、その300円が0円
になると知っていたら、誰しもその方法を選びますよね。

イトーヨーカドーに8のつく日に行くだけ、無料アプリを落とすだけ、無料のカードを1枚つくるだけ…そんな簡単な方法で、nanacoカードが無料で手に入るのです。ぜひ自分に合った方法で、お得にnanacoカードを手にしてみてください。

PAGE TOP