審査なしで作れるクレジットカードは存在する!?

「審査なしでクレジットカードが作りたい!」こんな声を耳にすることがあります。

通っても通らなくても、審査を受けるのって正直あまりいい気分じゃないですよね。審査なんて、受けないで済むならそれに越したことはありません。

「審査なしクレジットカード」があればいいのですが、そんなもの実在する訳ない・・・でも実はあるんです!

勿論ルールに適った方法ですからご安心を。これならどなたも正々堂々、カード決済が可能です。

審査なしでクレジットカードを作りたい方は、是非以下の詳細をご覧ください。

審査なしで持てるクレジットカードはあるの?

「審査なしのクレジットカード」なんて普通はありえません。しかしある方法を使えば、どなたも審査を受けることなく、カード会員同等のサービスが使えるようになります。

ではその方法についてこれから順を追ってご説明いたしましょう。

クレジットカード審査では信用情報を調査される

まずは一般論から。通常のクレジットカード入会には、必ず一定の審査が必要です。その際には、以下の情報を元に審査が行われます。

  • 申し込み書
  • 信用情報

申込書では個人情報を詳しく申告しますが、カード会社はそれに加えて、その人の信用情報も調査します。

【信用情報とは】

信用情報機関に登録されたクレジットやローンに関する個人情報
申し込み・契約・利用状況についての記録が網羅されている

これらをパスしない限り、クレジットカード会員になることはできません。以上は一般によく知られていることですよね。

信用情報に傷があるとクレジットカード審査には通らない

特に信用情報に問題があれば、どのクレジットカードの審査を受けても軒並み落ちる可能性があります。

ローン延滞や自己破産などの記録ブラックは一定期間信用情報に登録されるため、金融審査全般に通りにくい状態・もしくは通らない状態が暫く続くからです。

ブラックの場合は、通常のクレジットカード審査は諦めるしかありません。

ブラック以外のクレジットカード審査に通らない理由は、こちらの記事で詳しくご紹介してますので、あわせて読んでみてくださいね。

また審査に通る可能性はあっても、金融審査を受けるのが嫌だという方、またクレジットカード自体があまり好きではないという方も居られるでしょう。そういった方達におすすめしたいのが、今回ご紹介する方法なのです。

家族カードなら無審査で発行できる

比較的手軽にできるのが、配偶者やご両親のクレジットカードで家族カードを発行することです。

【家族カードとは】

  • 同一家計の家族に発行できる追加カード
  • 年会費は無料もしくは本会員より安い
  • 家族会員は本会員とほぼ同じ待遇

家族カードなら本会員の信用を元に発行できますから、家族会員は基本的に審査を受ける必要がありません。

家族カードは見た目も本会員のカードと何ら変わりませんし、店頭決済もインターネット決済も、クレジットカードと全く同じようにできます。

それに本カードがゴールドなら、家族カードもやはりゴールドです。家族会員になることで、審査を受けずに本会員と全く同じステータスや特典が手に入るのはラッキーですよね。

家族カードは本会員の同意がないと作れない

ただ家族カードには、以下のように幾つかの制約もあります。

  • 家族カードが発行できないカードもある
  • 家族カードは本会員にしか申し込めない
  • 本会員が家族会員のカード明細を管理する
  • ポイントは本会員に合算される

そのクレジットカードが家族カード発行に対応していなければどうしようもありませんし、いずれにしても本会員の承諾なしに家族カードは作れません。

また利用明細を本会員に見られてしまうという問題もあります。こういったことに抵抗を感じる方には、家族カード発行はお薦めできませんね。

ではどうすればこういった問題なしに、無審査でクレジットカードを持てるのでしょうか?

審査不要で発行できるカードは存在する!その名はデビットカード

クレジットカードではないのですが、それとほぼ変わらないサービスが使えるカードを持つことは可能です。それが「デビットカード」です。

使ったことはなくても、この名前に聞き覚えのある方は多いでしょう。デビットカードはクレジットカードと全く同じように使える決済カードです。

デビットカードには国際ブランドが搭載されており、地上店舗でもオンラインショップでもほぼ問題なく決済が可能です。

またポイント還元やキャッシュバックも適用されますので、その点は家族カードよりもむしろ優れていると言えるでしょう。

デビットカードは即時決済方式なので審査がない

では何故デビットカードには審査が必要ないのでしょうか?

それはデビットカードの支払い方法が、「即時決済」という形をとるためです。

クレジットカードは、カード会社が一時的に代金を立て替えてくれる仕組みになっています。この後払い方式には、裏付けとなる信用が欠かせません。そこで審査が必要になる訳です。

しかしデビットカードは支払いと振替が同時に行われるため、立て替えも信用も必要ありません。

つまり審査のあるなしは、この支払い方法の違い一点にかかっていたんですね。

  • デビットカード・・・・即時決済
  • クレジットカード・・・後払い

そして何よりもデビットカード最大の長所は、家族カードのように誰かに依存せず、自分で申し込んで自分自身で管理できることです。

デビットカードはクレジットカードと違って高校生でも持つことができるので、若い方のカード管理の練習台としても最適です。

デビットカードってどんなもの?審査なしで申し込める理由

クレジットカード、キャッシュカード、電子マネーカード・・・それにしても、私たちの生活の中には次々と色んな種類のカードが登場しますよね。

その中でもデビットカードは比較的新しく登場したもので、一般にはまだよく知られていません。そこでデビットカードについて、もう少し詳しくご説明したいと思います。

デビットカードは銀行口座と直結している

デビットカードはクレジットカードと機能的にはとても似通っていますが、そのベースとなるものは「銀行のキャッシュカード」です。

キャッシュカードの機能といえば、ATMを使った現金の出入金ですよね。デビットカードは、この機能を更に拡張させたものだと考えてください。

デビットカードには、ATMを介さず直接お店で買物ができる機能があります。これがデビットカードの即時決済機能です。

決済といっても自分の銀行口座からお金を引き出しているだけですから、クレジットカードのような後払い形式(ポストペイ)ではありません。

以下がクレジットカードとデビットカードの主な相違点をまとめたものです。

  デビットカード クレジットカード
支払い方法 即時1回払い 後払い
1回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス払い
現金引き出し 可能
(出金)
可能
キャッシング
信用情報への登録 なし あり
入会資格(通常) 15歳以上 18歳以上

デビットカードは信用情報とは関係がない

両者の根本的な違いがはっきりするのは、ショッピングよりも現金引き出しについてです。

どちらもATMから出金が可能ですが、クレジットカードの場合はキャッシングを使いますから利息がかかります。しかしデビットカードなら、自分の口座からお金を引き出すだけなので基本手数料がかかりません。

また信用情報への登録のあるなしも、両者の大きな違いです。

クレジットカードの場合、その支払い状況は毎月信用情報に登録されますが、デビットカードの利用は信用情報とは無関係です。

またデビットカードは、クレジットカードのように限度額が決められていませんが、月額や日額といった上限を自分で設定することが可能です。

カードフェイスもクレジットカードと変わらない

ではデビットカードの見た目は、クレジットカードと比べてどう違うのでしょうか?

パッと見では、両者には殆ど違いが感じられません。

デビットカードの表面には、以下のようにクレジットカードと同じ情報が記載されています。違いといったら、カードのどこかに「Debit」という文字がプリントされていることくらいです。

裏面にはクレジットカード同様、セキュリティコードも印字されています。また署名が必要なこともクレジットカードと同じです。

ただ氏名・カード番号・有効期限はインクプリントで、通常のクレジットカードのようにエンボス加工(刻印)されていません。

エンボス加工は刻印を記録に使っていた時代の名残りですから、実はインクプリントの方が新式なんですよ。現在一部ですが、クレジットカードにも刻印ではなくプリントタイプのものが発行されています。

その銀行に口座を持っていることが前提

では申し込み方法についてはどうでしょう?

デビットカードは審査不要ですから申し込みもカンタンです。

自分名義の銀行口座がないと手続きができないのはクレジットカードと同様ですが、デビットカードの場合、銀行が指定されることにご注意ください。

デビッカードは銀行が発行しているカードなので、事前もしくは申し込みと同時に、その銀行で口座を開設することが必要です。

ネットバンクのデビットカードなら手続きは簡単

口座開設から始めるのはちょっと面倒ですが、ネットバンクが発行するデビットカードなら、オンラインでカンタンに手続きできますよ。

なお口座開設には以下の本人確認書類が必要ですが、ネットでの手続きなら画像をアップロードするだけでOKです。郵送手続きならコピーしたものを送付してください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票など

もしも今お持ちの口座の銀行でデビットカードを作るとしたら、お手持ちのキャッシュカードから切り替えるだけなので更にスピーディーです。

クレジットカードにしかない機能もある

こうして見ていくとデビットカードで十分という気もしてきますが、以下のようなクレジットカード独特の機能のことも忘れないでくださいね。

【クレジットカードにしかできないこと】

デビットカードでも海外で現地通貨を出金できる

この中のキャッシング機能ですが、海外旅行時の際にはデビットカードでも十分用を足します。

以下のように形は異なりますが、デビットカードでもクレジットカード同様に現地通貨を出金できるからです。

  • デビットカード・・・現地通貨を引き出す
  • クレジットカード・・・海外キャッシングを利用する

優待や特典はクレジットカードの方が豊富

しかし優待や特典の豊富さの点では、やはりクレジットカードの方がずっと優れていることは確かです。

優待や特典のお得度を考えると、審査の面倒さを差し引いても、やっぱりクレジットカードがお薦めですね。

ただデビットカードにも少ないながら優待や特典はついており、特定の利用先では十分満足して頂けるものが見つかります。

そこで次章では、実際のデビットカードをご紹介していきたいと思います。

審査なしでクレジットカードと同じ機能!おすすめのデビットカードをご紹介

デビットカードは多くの銀行から発行されていますが、今回はネットバンクのものを取り上げました。従って口座開設もデビットカード発行も、サイトからカンタンに手続きできます。

また還元率にも注目し、特に利用がお得な4カードを厳選しました。あなたの始めてのデビットカードとして、是非一度ご検討ください。

Sony Bank WALLETは最大2%キャッシュバック

Sony Bank WALLET

  • 毎月0.5%キャッシュバック
  • ステータスに応じて最大2%キャッシュバック
  • ソニーストアは3%OFF

初めにご紹介したいのが、ソニー銀行のSony Bank WALLETです。

Sony Bank WALLETはクレジットカード並みの還元が魅力です。しかもソニーストアなら店舗もネットもいずれも3%OFFに!優待サービスもついた大変お得なデビットカードです。

また使えば使うほどお得になるのもSony Bank WALLETの魅力です。

ソニー銀行の優遇プログラム Club S (クラブエス)は、利用に応じて特典が増えるプログラム。ステージに応じて、以下のように特典内容がグレードアップし、最大2%ものキャッシュバックが可能です。

項目 特典内容
キャッシュバック率 0.5%〜2.0%
海外ATM利用料無料回数 1回〜5回
振込手数料 月2回〜月11回

イオンデビットカードならイオンのお買物が毎日お得!

イオンデビットカード

  • クレジットカード同様のポイントサービス
  • イオングループ優待の対象
  • 利用明細の郵送が無料
  • 最大10万円までのバックアップ機能
  • 最大50万円の買物保険つき

次にご紹介するのはイオン銀行のイオンデビットカードです。

イオンデビットカードは、毎日のお買物がお得なカード。イオングループのお店でポイントが貯まり、以下のような割引も使えます。

  • ときめきポイントが常に2倍!
  • 毎月20・30日はイオンで5%OFF
  • 毎月15日「G.G感謝デー」は5%OFF(55歳以上限定)

また預金残高が不足した時も、最大10万円までなら立て替えてもらえるバックアップ機能つきなのも嬉しいですね。

イオンデビットカードは、クレジットカード入会に抵抗のある主婦の方にも是非おすすめしたい決済アイテムです。

JNB Visaデビットはカードレスタイプも便利!

JNB Visaデビット

  • ※ファミマでの還元率1%
  • ※ファミマで火曜と土曜はポイント5倍(還元率2.5%)
  • 通常は500円1ポイント還元(還元率0.2%)
  • 「JNBスター」は現金と交換可能
  • セキュリティ万全!カードレスVisaデビットもおすすめ!

※「ファミマTカードタイプ」のみ

JNB Visaデビットは、ジャパンネット銀行のデビットカードです。

タイプが2種類あり、「ファミマTカード」タイプを選べば共通ポイント「Tポイント」が貯まります。こちらはファミリーマートをよくご利用の方にオススメです。

通常タイプを選ぶと500円ごとに「1JNBスター」が貯まります。特に優待はありませんが、このまま現金に交換できることがメリットです。

ファミマTカードタイプ 通常タイプ
ポイントの種類 Tポイント JNBスター
ポイント付与率 ファミリーマート:200円で1ポイント
通常:500円で1ポイント
500円で1スター

またジャパンネット銀行には、「カードレスVisaデビット」というサービスもあります。

これはプラスティクカードが発行されないカード番号だけのデビットカード。カード番号を自分で変更できるため、不正使用を自分で防ぐことができます。セキュリティに関心の高い方には、こちらのタイプがお薦めですよ。

セブン銀行デビットカードはnanaco一体型

セブン銀行デビットカード

  • セブンイレブンは1.5%還元
  • 電子マネーnanaco搭載だから便利!
  • nanacoカードを別発行することも可能

セブン銀行デビットカードは、電子マネーnanacoが搭載された多機能型デビットカードです。一体型が嫌でnanacoカードを別に持ちたいという方には紐付きタイプもあるので、どちらでもお好きな方を選べます。

電子マネー搭載型は、1枚で以下3機能を兼ねるのでお財布もスッキリ!どこへ行くにもセブン銀行デビットカード1枚あれば用が足せます。

  • キャッシュカード
  • デビットカード
  • 電子マネー

それにセブンイレブンでのお買物は常に1.5%還元と、大変お得なこともお忘れなく。ここまで還元率の高いカードは、クレジットカードでもなかなか見つかりません。

デビットカードのお得度はクレジットカード並み!

以上、4つのおすすめデビットカードを続けてご紹介しました。

どれもクレジットカードのお得度に匹敵するサービス内容でしたね。しかも年会費は一切無料!

デビットカードならどなたも審査を受けることなく、クレジットカード同等の機能を使いこなすことができます。

クレジットカードを審査なしでお望みならデビットカードがおすすめです

普通は審査なしでクレジットカードを持つことはできませんが、家族カードやデビットカードなら審査を受けなくてもOK!

デビットカードならどなたも審査を受けることなく、クレジットカード同等の機能を使いこなすことができます。

また、デビットカードの場合自分で申し込んで管理も自分でできます。

オンラインショップも地上店舗もクレジットカード同様に決済できて、ポイント還元やキャッシュバックも可能。デビットカードはカード審査を受けたくない方には最適な決済手段です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.