クレジットカードは本人以外利用不可!家族でも貸してはいけない理由

自分の名義のクレジットカードを、配偶者やお子様など、家族に貸してあげたり、預けておいているという方は、いませんか?

自分が認知している状況で、しかも自分の家族にクレジットカードを貸すのですから、一見、何の問題もないように思えますよね。

しかし実は、こうしたクレジットカードの貸し借りと言うのは、たとえ家族であっても決してしてはいけない行為なのです。場合によっては、思わぬトラブルにつながることもあります。

家族を含む第三者にクレジットカードを貸してはいけない理由について、詳しく解説していきましょう。

【 目 次 】

家族でもクレジットカードを貸すのは規約違反!盗難保険も対象外になる

どうせお金の出所は一緒なのだから、家族にクレジットカードを預けて買い物に使ってもらっても問題ない…そう考える方もいると思います。

しかし実は、クレジットカードの利用規約の中には、原則として必ず第三者へのカードの貸与・譲渡などを不可とする内容が盛り込まれています。

したがって、クレジットカードを本人以外の第三者に貸したり、預けたりするのは、たとえ家族間であっても立派な違反行為になってしまうのです。

クレジットカードを利用するうえでは必ず審査がありますよね。

その審査はあくまでも契約者本人のみを対象としたものですから、本人の許可の有無にかかわらず、家族を含む第三者がそのクレジットカードを発行元のあずかり知らぬところで利用することを認めるというのはあり得ないことなのです。

家族にカードを貸してることがバレた…強制解約もあり得る

もしも家族にクレジットカードを貸したり、預けて利用させていたことがカード会社にバレてしまった場合、どうなるのでしょうか?

繰り返しになりますが、クレジットカードの家族への貸与はれっきとした規約違反です。したがって、もしその事実がカード会社に伝わった場合には、罰則として以下のような措置が取られる可能性があります。

  • カード利用停止
  • 利用額の一括請求
  • 強制解約

このように、最悪の場合、強制解約でクレジットカードを失ってしまうこともあり得るのです。

強制解約と言うのは、クレジットカードの罰則の中でも最も重い部類に入るため、信用情報に事故情報が登録されます。

信用情報とは】

クレジットカードの契約状況や利用歴などを取りまとめたデータのこと。信用情報機関と呼ばれる国が指定する専門の機関で管理されている。
個人の信用を客観的に評価する材料として、クレジットカード審査では非常に重視される。

クレジットカードの利用において、信用を大きく損なう重大なトラブルが生じた場合、そのデータは事故情報として信用情報に登録されます。

そして信用情報に事故情報が登録されていると、それだけで信用性に問題ありとみなされるため、新たにクレジットカードを申し込んでも、まず審査に通らなくなってしまいます。

家族間でのカードの貸し借りで必ずしも強制解約まで至ってしまうとは限りませんが、それだけのリスクのある行為であるということは知っておいた方が良いでしょう。

家族に貸したカードが不正利用被害にあっても盗難保険対象外

クレジットカードを家族に貸していた場合に起こり得るもう1つの問題が、不正利用被害に遭っても盗難保険が適用されなくなるということです。

クレジットカードには原則として盗難保険が付帯しており、万が一、盗難や紛失によって不正利用被害が発生してしまっても、損害を全額補償してくれる仕組みになっています。

しかし、本人のカードの管理状況に問題があるなど、特定の条件に該当する場合には、この盗難保険の適用を受けることはできません。

その条件の1つが、第三者の手に自らの意思でクレジットカードを渡している状況下で不正利用が起きた場合なのです。本来、本人しか利用できないというルールで発行しているクレジットカードを、自分以外の相手に渡した結果として不正利用が起きたのであれば、それは本人の過失とみなされてしまいます。

したがって、家族にクレジットカードを貸している状態で不正利用に遭ってしまうと、盗難保険の適用を受けることはできないのです。

同様の理由で、クレジットカードの暗証番号を家族を含む第三者に伝えたり、カード裏面の署名欄に本人以外の名前を記入していた場合にも、盗難保険の対象外となってしまいます。

暗証番号や署名はクレジットカードのとても重要なセキュリティを担っています。それをおろそかに扱うということは、重大な規約違反であり、盗難保険による救済を受ける資格を失うことになってしまうのも当然のことと言えるでしょう。

なお、盗難保険の適用に当たっては、カード会社による詳細な調査が行われます。もしも本当は家族がカードを使っていたのに、自分で使ったと虚偽の申告をしても、バレてしまう可能性が高いので、やめておいた方が賢明です。

家族にカードを持たせたい?それなら家族カードをつくるのがベスト!

自分の名義のクレジットカードを家族に貸すことができないなら、家族にカードを持たせるにはどうしたらよいのか?と困ってしまう方もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、家族カードです。

家族カードはクレジットカードの追加カードの1つで、配偶者や18歳以上のお子様、同居のご両親など、主に生計を共にする本会員の家族に対して発行することができます。

家族カードは別途審査を受けなくても発行可能

家族カードはクレジット機能はもちろんのこと、優待特典や付帯保険など本会員のカードとほとんど同等のサービスが利用できるうえ、年会費は本会員と比べてかなりお得になるのが魅力です。

家族カードであれば、別途審査を受けずとも発行することができますし、カードによっては支払い口座を統一できたり、ポイントを合算できたりと、かなり便利に利用することができます。

規約違反にならないのはもちろんのこと、1枚のクレジットカードを家族間で貸し借りするよりも、こちらの方が圧倒的に使い勝手もよいのです。

ただしクレジットカードによっては、家族カードを発行できないものもあります。家族みんなで使えるクレジットカードが欲しいという方は、家族カードの有無についても、カード選びの際に必ず確認するようにしてください。

知らないことがトラブルの原因に…クレジットカード規約の重要性

クレジットカードは、厳正な審査を経て本人の信用に基づいて発行されるものです。一度手に入れたら、あとはどう使おうが自由…と言うことはなく、定められた決まりごとはしっかりと守らなくてはなりません。

クレジットカードの規約は非常に細かく、すべてを読み込むというのは至難の業だと思いますが、ルールを正しく知らなかったことが原因で、思わぬトラブルが生じてしまうこともあり得るのです。

クレジットカードを新しく発行した際には、利用規約はなるべく一通り確認して、特に重要な部分はしっかりと把握しておくように心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.