PASMOチャージでポイント貯まるクレジットカード一挙紹介

首都圏を中心に全国の交通系電子マネー相互利用可能エリアで使えるPASMOですが、継続してポイントを貯められるポイントシステムがないことを不満に感じる方もいるのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、PASMOにチャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用して還元を受けるというテクニックです。

ここではPASMOチャージに利用できてお得にポイントが貯まるクレジットカードをまとめてご紹介しましょう。特におすすめ度の高いカードに関しては、個別に解説もしていきたいと思います。

【 目 次 】

首都圏の2大交通系電子マネー!PASMOの基本の仕組み

PASMOは首都圏を中心とする鉄道・バス会社計30社を株主に持つ株式会社パスモから発行されている交通系電子マネーです。

同じ首都圏エリアの交通系電子マネーであるSuicaと対のように扱われることも多いですよね。

仕組みとしては他の多くの交通系電子マネーと同じく、事前にチャージして支払いに利用するプリペイド式サービスで、鉄道・バスの運賃の支払いや加盟店での支払いに利用することができます。また、対象路線の定期券機能を付加することも可能です。

北海道から九州まで!PASMOの利用可能エリア

パスモの純粋な利用可能エリアは、首都圏から東日本に広がる鉄道・バス会社105社によって形成されています。

ただ近年は交通系電子マネーの相互利用対応が進み、こうした各電子マネーごとの純正のエリアというのはあまり意味を持たなくなっているのです。

実際、PASMOは北は北海道から南は九州まで、全国の相互利用可能エリアで利用することができます。

PASMO相互利用可能説明画像

原則としてエリア同士をまたぐ形での利用はできず、一部のエリアでは加盟店での利用が不可能となるなど多少の制限はありますが、基本的には各エリアでPASMOエリア内とほとんど同じように機能を利用することが可能になっているのです。

特に同じ首都圏をエリアに持つSuicaとPASMOの互換性は高く、エリアまたぎの利用や互いの自動改札でのオートチャージサービスの適用と言った、他の交通系電子マネーでは対応できない機能も利用可能となっています。

PASMOチャージでポイントが貯まるクレジットカード

PASMOには継続的にポイントを貯めていくことができるポイントシステムのような還元サービスはありません。

正確には、特定のバス路線を利用した際には独自の『バスポイント』というポイントが貯まりますが、これは1か月ごとの換算となるため月をまたいで長期で貯めていくことはできません。また、用途も対象バス路線での運賃に使える特典バスチケットとの自動交換に限られています。

したがって、対象のバス路線をよほど頻繁に利用している方でなければ、お得さを感じることはできないでしょう。

そこでPASMOをお得に活用するためのテクニックとしてぜひ利用してほしいのが、クレジットカードを利用したオートチャージサービスです。

PASMOでは通常クレジットカードチャージはできませんが、唯一オートチャージのみクレジットカードと連携して行うことが可能になっています。そしてクレジット決済でPASMOにチャージを行うと、クレジットカード側のポイントシステムに基づいてポイントを獲得することが可能になっているのです。

このオートチャージサービスを利用すれば、PASMOをよりお得に、そして残高不足の心配なく便利に利用することができます。

PASMOチャージでポイント貯まる!クレジットカード一覧

それではPASMOのオートチャージサービスに利用してポイントを貯められるクレジットカードとそのチャージ還元率を一覧で見ていきましょう。

カード名 年会費 チャージ還元率 PASMO機能
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 初年度無料、2年目以降1,000円(税別) 1%
JALカード TOKYU POINT ClubQ普通カード 初年度無料、2年目以降2,000円(税別) 0.5% ×
ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCB 初年度無料、2年目以降2,000円(税別) 0.5%
To Me CARD Prime PASMO 初年度無料、2年目以降2,000円(税別)
※年間50万円以上のショッピング利用で翌年無料
0.5%
京王パスポート PASMOカード VISA 初年度無料、2年目以降239円(税別)
※年間1回以上のオートチャージサービス利用で翌年無料
0.5%
OPクレジット 初年度無料、2年目以降500円(税別)
※年間1回以上のショッピング利用があれば翌年無料
0.5% ×
京急プレミアポイントシルバー 無料 0.5% ×
京急プレミアポイントゴールド 初年度無料、2年目以降1,905円(税別) 0.5% ×
京成カード(オリコ) 初年度無料、2年目以降1,250円(税別) 0.5% ×
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン 無料
※アメリカンエキスプレスのみ3,000円(税別)
0.5% ×
相鉄カード 無料 0.5% ×
東武カード 無料 0.5% ×
ハマエコカード 初年度無料、2年目以降1,250円(税別)
※横浜市営バス・地下鉄定期券またはシニアパス購入で当年無料
0.5% ×
パスタウンPASMOカード 1,250円(税別) 0.5%

このように、PASMOのオートチャージに使えるすべてのクレジットカードで、チャージするたびに少なくとも0.5%以上のポイント還元が受けられるのです。

さらにクレジットカードによっては、特定の路線や店舗での電子マネー利用に応じて独自にポイントが加算される特典が付帯しているものもあります。そうしたカードでは、PASMOのオートチャージと支払いでポイントの二重取りが可能になり、さらにお得に活用することができるのです。

PASMOチャージに最適!おすすめクレジットカード5選

ここからは、上記のPASMOオートチャージに利用できるクレジットカードの中でも、特におすすめ度が高い5枚を個別にご紹介していきたいと思います。

  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • 京王パスポート PASMOカード VISA
  • OPクレジット
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

それぞれにPASMOの利用や沿線店舗での利用に特化したお得な優待特典が付帯しています。自分が普段利用している路線に関連するカードには特に注目してみてください。

PASMOチャージで1%還元!TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

PASMOチャージに利用できるクレジットカードの中でも、特にチャージ時のポイント還元率が高いのが、ここでご紹介するTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを含む東急カードです。

東急カードではPASMOオートチャージや東急線でのPASMO定期券購入と言った関連サービスの利用で1%のポイント還元が受けられます。しかもWeb利用明細サービスに登録するだけで、それ以外の普段のクレジット決済のポイント還元率も0.5%から1%にアップするのです。

また、東急百貨店をはじめとするTOKYU POINT加盟店では、店舗や利用状況に応じて最大10%もの高還元が受けられる特典が備わっています。

全体的にみて、非常に高い還元率で利用することができるお得感たっぷりのクレジットカードとなっているのです。特に東急線沿線にお住まい、あるいは通勤・通学などで利用する機会がある方は、定期券購入やTOKYU POINT加盟店の利用で非常に効率よくポイントを貯めていくことができるでしょう。

さらにTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOに関しては、その名の通りJMB(JALマイレージバンク)機能が備わっており、JALの対象航空便の利用などでマイルを貯めることができるのも魅力です。

TOKYU CARD(東急カード)

カード名称 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
年会費 初年度無料、次年度以降1,000円(税別)
スペック ・PASMO機能搭載
・Web明細サービス登録で常時ポイント還元率1%
・PASMOオートチャージサービス、東急線PASMO定期券購入のポイント還元率1%
・TOKYU POINT加盟店にてポイント還元率最大10%
・東急線の利用に応じて独自のポイント『のるる』が貯まる
・貯まったTOKYU POINTをPASMOにチャージ可能
・JALの対象サービス利用に応じてマイルが貯まるJMB機能を搭載
・JALマイルとTOKYU POINTの相互交換可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

東京メトロでお得!陸マイラーにもおすすめのソラチカカード

東京メトロユーザーの方がお得に利用できるのは、やはり東京メトロ発行のTo Me Cardシリーズです。

To Me CardシリーズではPASMOチャージの還元率は0.5%と標準的ですが、東京メトロや沿線加盟店でのPASMO利用に応じてメトロポイントという独自のポイントが付与され、PASMOでポイントの二重取りが可能になっているのです。

中でもANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、東京メトロ乗車時のメトロポイントの付与レートが一般カードよりも高く設定されており、お得に利用できます。

またANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAの名前を冠していることからもわかるとおり、ANAカードとの提携カードです。

そのため、通常のクレジットカードポイントを貯める以外に、ポイントを直接マイルに移行して貯めていく『自動マイル移行コース』が用意されています。さらに対象航空便の利用でフライトマイルや、ANAカードの特典のボーナスマイルを獲得することも可能になっているのです。

東京メトロが走る『チカ』だけでなく、『ソラ』でもお得に利用できる貴重なクレジットカードとして、特に飛行機の利用以外でもマイルを貯めたい陸マイラーの方には使いごたえのある1枚と言えるでしょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

カード名称 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
年会費 2,000円(税別)
スペック ・PASMO機能搭載
・2つのポイントコースを選択可能
・東京メトロや加盟店の利用に応じてメトロポイントが貯まる
・東京メトロ定期券購入時マイルまたはOki Dokiポイントとメトロポイントがダブルで貯まる
・ANAの対象サービス利用でANAマイルが貯まる
・メトロポイントとANAマイルの相互交換やPASMOチャージが可能
・To Me Cardの優待特典を利用可能
・ビジネスきっぷなどANAカードの優待特典を利用可能
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内航空傷害保険付帯
・最高100万円のショッピングガード保険(海外)付帯

PASMOオートチャージ自動付帯!京王パスポートPASMOカード

京王線沿線の方向けに発行されている京王パスポートカードの中でも、PASMO利用に特に便利な1枚が京王パスポートPASMOカードです。

通常、クレジットカードのPASMOオートチャージサービスは別途申し込み制ですが、京王パスポートPASMOカードではオートチャージサービスが入会当初から自動付帯となっており、申し込みの手間がありません。

また、京王線沿線の加盟店や京王の電車・バス・タクシーのうちいずれかの同日利用をPASMOで支払うことによってポイント還元が受けられる『京王PAS×PASポイントサービス』も自動付帯しています。したがって、このカードでも、PASMOでのポイント二重取りが可能なのです。

さらに京王パスポートPASMOカードでは、京王百貨店をはじめとする京王ポイント加盟店にて、通常のクレジットカードポイントとは別に京王グループ共通ポイントという独自のポイントを貯めることができます。

この京王ポイント加盟店ではクレジット以外の支払い方法、例えば現金や電子マネー支払いでもカード提示でポイントが付与されます。

なおかつ『京王PAS×PASポイントサービス』の対象店舗となっているところもあり、そうした店舗ではPASMO支払いでクレジットカードポイントと京王グループ共通ポイントの二重取りが可能ということになります。

つまり、京王パスポートPASMOカードは2つの方法でポイント二重取りができるカードとなっているのです。

京王パスポートPASMOカード

カード名称 京王パスポート PASMOカード VISA
年会費 初年度無料、次年度以降239円(税別)
※年間1回以上のPASMOオートチャージ利用で翌年年会費無料
スペック ・PASMO機能搭載
・PASMOオートチャージサービスが自動付帯
・基本ポイント還元率0.5%(PASMOオートチャージ含む)
・PASMOでの京王線沿線加盟店や京王バス・電車同日利用などでポイント還元
・対象路線の定期券クレジット購入で1.5%のポイント還元
・京王ポイント加盟店にてカード提示で最大10%の京王グループ共通ポイント還元
・『京王パスポートVISAクラブオフ』など優待特典を利用可能
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯

小田急線でポイント二重取り!OPクレジット

小田急線ユーザーの方におすすめのクレジットカードとしてご紹介したいのが、OPクレジットです。

OPクレジットは小田急ポイントカード(OP)にクレジット機能を備えた仕様となっています。小田急百貨店などの小田急ポイントサービス加盟店で最大10%など、関連サービスの利用で高いポイント還元が受けられるのが特徴です。

また、それ以外の店舗やサービスでのクレジット決済でも、0.5%のポイント還元を受けることができます。もちろん、PASMOオートチャージサービスも0.5%還元の対象です。

なお、小田急線の乗車に応じて最大7%、対象店舗でのPASMO決済で1%といった一部のポイント特典は、PASMOオートチャージサービスに登録していなければ適用されません。つまりOPクレジットも、PASMOユーザー向けのポイント二重取り特典を備えたクレジットカードとなっているのです。

OPクレジット

カード名称 OPクレジット
年会費 初年度無料、次年度以降500円(税別)
※年間1度以上のショッピング利用があれば翌年年会費無料
スペック ・小田急ポイントサービス加盟店にて最大10%の『お買い上げ・ご利用ポイント』還元
・クレジット決済にて0.5%の『クレジットご利用ポイント』還元
・PASMOオートチャージで0.5%の『クレジットご利用ポイント』還元
・小田急線の乗車に応じ最大7%の『小田急乗車ポイント』還元
※PASMOオートチャージサービス登録者対象
・対象店舗にてPASMO決済時、1%の『小田急電子マネーご利用ポイント』還元
※PASMOオートチャージサービス登録者対象

西武グループでお得!SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンは西武グループがセゾンカードと提携して発行しているクレジットカードです。

PASMOチャージを含むクレジット決済全般でセゾンカードならではの永久不滅ポイントが貯まるうえ、西武グループを中心とするプリンスポイント加盟店ではさらにプリンスポイントとダブルでポイントを獲得することが可能になっています。

還元率は永久不滅ポイントが0.5%、プリンスポイントが1%ですから、プリンスポイント加盟店に関しては実質1.5%の還元率でポイントが獲得できるのです。西武鉄道・西武バスの定期券購入時にも同様のポイント還元を受けられます。

また、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンでは西武グループの優待特典とセゾンカードの優待特典、両方を利用することが可能です。年会費無料でありながら、かなり活用度の高い1枚と言えるでしょう。

なお、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンではVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレスの4つの主要国際ブランドを選択することができます。アメリカンエキスプレスのみ年会費が3,000円となりますが、その分、最高3,000万円の手厚い旅行保険が付帯してくるので、必要に応じて選びましょう。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

カード名称 SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
年会費 無料
※アメリカンエキスプレスのみ3,000円(税別)
スペック ・クレジット決済(PASMOオートチャージサービス含む)で永久不滅ポイントが貯まる
・プリンスポイント加盟店にてプリンスポイントと永久不滅ポイントがダブルで貯まる
・西武鉄道・西武バス定期券購入時もプリンスポイントと永久不滅ポイントがダブルで貯まる
・プリンスホテルズ&リゾーツ優待特典を利用可能
・毎月20日はペペグランエミオにて5%オフ
・西武グループ優待特典を利用可能
・毎月第1・第3土曜日は西友・リヴィンにて5%オフ
・最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険付帯
※アメリカンエキスプレスのみ

カード選びのキモはライフスタイル!PASMOをお得に使い倒そう

同じPASMOのオートチャージサービスを利用するのでも、連携するクレジットカードによって還元率や特典内容はかなり変わってきます。特にPASMOオートチャージサービスに利用できるクレジットカードは鉄道会社関連のものが大半ということもあって、特典内容が自社の路線や関連店舗に偏ってくることは必然です。

だからこそ、PASMOオートチャージサービスに利用するクレジットカードを選ぶ際には、自分のライフスタイルに合致しているかどうかというのが非常に重要なポイントになります。

ぜひ自分に合ったクレジットカードを選んで、PASMOをお得に使い倒してやりましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.