Pontaポイント
Pontaポイントは三重取りも可能!Edyチャージと決済を活用

ノーイメージ

ローソンをよく利用する方の多くは、Pontaポイントを貯めていることでしょう。100円から貯めることができるので、少額のお買い物をする機会の多いコンビニでも、無駄なく貯められるうれしいポイントプログラムです。

そのPontaポイントを、さらに効率的に貯める方法があることをご存知ですか?今回は、電子マネーの楽天Edyを利用して、ポイントを同時にたくさん貯める方法をご紹介します。特定のクレジットカードでチャージをすれば、ポイント三重取りさえも可能なんです。

そんなお得にPontaポイントを貯める方法を、ぜひとも知っておいてくださいね。

【 目 次 】

Ponta提携店で楽天Edy決済をすれば簡単にPontaポイント二重取り!

まずは、Pontaポイントの基本的な情報について確認しておくとともに、楽天Edyを使うとポイントが二重取りできるということについてご紹介します。

Pontaポイントとは、ローソンや昭和シェル石油、ゲオなど多数の提携社で共通して貯めたり使ったりすることができるポイントプログラムです。

通常のPontaポイントは100円につき1ポイント

Pontaポイント説明画像

ポイントの貯まり方は提携社によって異なりますが、ローソンをはじめとする多くのお店では、Pontaカードを提示してお買い物をすると100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

この他、クレジット機能付きローソンPontaカードでクレジット決済すれば、100円(税抜)ごとに2ポイントもらえるなど、使うカードの種類や決済方法によって、さらにポイントが上乗せされることもあります。

通常のPontaポイントとEdy決済ポイントの二重取りができる!

そして、そんなPontaポイントを上乗せする方法のひとつが、Pontaカードと楽天Edy決済を併用するというものなのです。

Pontaカードと楽天Edy決済でポイント2重取り説明画像

たとえば、ローソンでPontaカードを使って楽天Edy決済をすると、Ponta提携店でのPontaポイントが通常通り100円(税抜き)につき1ポイントもらえるのに加えて、楽天Edy決済によるEdyポイントが200円(税込み)につき1ポイントも貯まるのです。

このEdyポイントは様々な他社ポイントと提携しており、Pontaポイントが貯まるように設定すれば、EdyポイントをPontaポイントとして受け取れるのです。Pontaポイントの二重取りが可能というわけですね。

つまり、ローソンで1,000円のお買い物をする際、Pontaカードの提示とEdy決済をすれば、通常のPontaポイント10ポイント+Edy決済によるPontaポイント5ポイント=15ポイントのPontaポイントが獲得できるというわけなのです。

おサイフケータイにPontaポイントが貯まる設定をしよう!

このようにしてEdy決済でPontaポイントを貯めるには、楽天EdyのおサイフケータイにPontaポイント用の設定をする必要があります。以下の手順にて、Pontaポイントが貯まるように設定をしましょう。

楽天Edy利用時にPontaポイントが貯まる設定説明画像①

楽天Edyの、おサイフケータイアプリのトップ画面右上の設定アイコンをタップします。

楽天Edy利用時にPontaポイントが貯まる設定説明画像②

設定画面の「ポイント」から、「ポイントの設定・変更」をタップします。

楽天Edy利用時にPontaポイントが貯まる設定説明画像③

ポイントプログラムの中からPontaポイントを選択し、「設定する」をタップします。

楽天Edy利用時にPontaポイントが貯まる設定説明画像④

その後の画面でPontaカードの情報等を入力し、「ポイント設定完了」の表示が出ればOKです。

これで、楽天Edyのおサイフケータイによる決済200円(税込み)につき1ポイントのPontaポイントが貯まるようになりました。

チャージでもらえるクレジットポイントと合わせてPontaポイント三重取り

Pontaカードと楽天Edy決済を組み合わせれば、それぞれのポイントが同時にもらえることをお伝えしました。

ここからは、チャージも活用して、さらにお得にPontaポイントを三重取りする方法をご紹介します。

チャージによるポイントも含めれば三重取りが可能!

Pontaポイントを三重取りするというのは、以下の3つの方法によるものです。

  • ① Ponta提携社でもらえるカード提示によるポイント(1%)
  • ② 楽天Edy決済でもらえる決済ポイント(0.5%)
  • ③ 楽天Edyのチャージによるクレジットポイント(1.2%)

①はすでにご紹介したように、ローソン等の提携社でPontaカードを提示することでもらえるPontaポイントです。②についても上記の通り、おサイフケータイにPontaポイントがもらえるように設定をしたうえで、楽天Edy決済すればもらえるものです。

③については、以下に詳しくご説明します。

リクルートカードでチャージすると1.2%のポイントを獲得できる

Pontaポイント三重取りのためには、楽天Edyへのチャージでもらえるポイントを利用します。

「リクルートカード」というクレジットカードを使って、楽天Edyにチャージをすると、1.2%という高い還元率でリクルートポイントが貯まるのです。そして、貯まったリクルートポイントは、Pontaポイントへと等価交換ができるのです。

つまり、リクルートカードで楽天Edyにチャージをすることで、実質的にPontaポイントが貯められるというわけですね。これが、Pontaポイント三重取りのための三つ目の方法なのです。

リクルートカードを登録する手続きが必要!

楽天Edyへのチャージでポイントを獲得するためには、チャージ用のクレジットカードとして、リクルートカードを設定する必要があります。

クレジットカード登録設定説明画像①

楽天Edyの、おサイフケータイアプリトップ画面右上の設定アイコンをタップします。

クレジットカード登録設定説明画像②

「ユーザー情報登録」から「ユーザー情報の登録・変更」をタップし、「次へ進む」をタップします。

クレジットカード登録設定説明画像③

氏名や生年月日等のユーザー情報を入力し、内容を確認して登録を完了させます。

クレジットカード登録設定説明画像④

「クレジットカードを登録する」をタップし、カード番号などのクレジットカード情報を入力します。

クレジットカード登録設定説明画像⑤

内容を確認して、「登録する」をタップすればクレジットカードの登録が完了します。登録後は、翌日正午以降よりクレジットカードによるチャージが可能になります。

チャージにはリクルートカードがおすすめ!国際ブランドの選択には要注意

リクルートカードで楽天Edyにチャージすれば、1.2%ものクレジットポイントがもらえること、ローソンでその楽天Edyで決済すればPontaポイントの三重取りが実現できることをご紹介してきました。

ここからは、そんなPontaポイント三重取りに重要な役割を果たす、リクルートカードについて詳しく見ていきます。

リクルートカードは驚きの高還元率!

リクルートカードは還元率の高さが最大の特長で、通常でも1.2%、ポンパレモール等の提携サービスの利用で最大4.2%という驚きの高還元率を誇るクレジットカードです。

しかも、年会費が無料で旅行傷害保険も利用付帯するという、非常にコスパに優れた1枚ですね。

電子マネーのチャージはポイント対象外というクレジットカードも多い中、リクルートカードは基本還元率と同じ1.2%のポイントがもらえるのがうれしいところです。

リクルートカード

カード名称 リクルートカード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.2%
・楽天Edy、nanaco等の電子マネーチャージも同レートのポイント対象
・ポンパレモールでのクレジット決済で4.2%以上還元
・じゃらんnetでの予約・クレジット決済で3.2%還元
・ホットペッパーグルメの予約・利用で人数×50ポイント
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯
・年間200万円までのショッピング保険(国内・海外)が自動付帯

国際ブランドによってポイント対象の電子マネーが異なる

ただし、リクルートカードで楽天Edyにチャージしてポイントをもらうためには、いくつかの注意点があります。

まず、国際ブランドをMaster cardかVisaにする必要があります。

国際ブランドMaster cardとVisa

リクルートカードは3種類の国際ブランドから選択できるのですが、JCBは楽天Edyチャージでのポイント対象外となっているのです。ですから、ポイント三重取りのためには、必ずMaster cardかVisaを選びましょう。

ポイント対象となるチャージ額は月間3万円まで

また、2018年4月16日より、リクルートカードのポイント対象となる電子マネーチャージ額に、1か月に3万円までという上限が設けられました。

この月間3万円という上限額は、楽天Edy以外の電子マネーも含めた合計額となります。

上記の通り、楽天Edyへのチャージでポイントがつくのは、リクルートカードの中でもMaster cardかVisaブランドのみですが、これらの国際ブランドでは、楽天Edyのほかにnanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでもポイントがつきます。

楽天Edyも含めた上記4種類の電子マネーへのチャージ合計額が月3万円を超えると、チャージでのクレジットポイントはつかなくなりますのでご注意ください。

リクルートカードと楽天EdyがあればPontaポイント三重取りできる

Pontaポイントを三重取りする方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ローソンなどの提携店でPontaカードを提示して1%、楽天Edy決済で0.5%、リクルートカードを使った楽天Edyへのチャージで1.2%がそれぞれもらえます。

リクルートカードでのチャージでもらえるポイントはリクルートポイントですが、等価でPontaポイントに移行できるので、事実上Pontaポイントの三重取りが可能というわけですね。

クレジットカードの登録やPontaポイント用の設定が少々面倒ではありますが、いったん済んでしまえば、後は適宜チャージして、ローソンなどでPontaカードを提示してEdy決済するだけで、どんどんポイントが貯まっていきます。ぜひ、試してみてくださいね!

PAGE TOP