Ponta(ポンタ)ポイントのお得な使い方!賢く使えば出費を減らせる

日々Pontaカードを使っている方なら、気づいたら意外とたくさんPontaポイントが貯まっていた、ということも珍しくないことでしょう。そんなPontaポイントを、どこで使えばいいのか迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、Pontaポイントの使い道をひと通りご紹介します。日常のお買い物に使ったり、マイルや他のポイントに交換したり、さらにはポイントの価値を高められるお得な使い方まで様々あります。

どのような使い方があるのかあらかじめ知っておけば、貯めるモチベーションも上がりますよね。ぜひ、お好みの使い方を見つけてくださいね。

【 目 次 】

Ponta(ポンタ)ポイントの使い方!提携社でのお買い物に使える

Ponta(ポンタ)ポイントは、提携店で1ポイント1円として利用頂けます。必要な買い物にポイントを充当すれば、その分節約にもつながりますね。

もはやPonta(ポンタ)ポイントは提携店で使えば現金と同じです。

Pontaポイント提携先店舗一覧画像

買い物時に1ポイント=1円として使える

まずは、街中に店舗があるお店でPontaポイントを支払いに使えるところから見ていきましょう。

ジャンル 店名
百貨店・スーパー ・アルビス
・大和
・高島屋
・ニシムタ
・ライフ
・ローソン、ローソンストア100
レジャー・旅行 ・京阪グループホテル
・ルートインホテルズ
・JALマイレージバンク
・JALエービーシー
・セガ
・カラオケ本舗まねきねこ
・オリックスレンタカー
・昭和シェル石油
グルメ・飲食 ・大戸屋
・ケンタッキー・フライド・チキン
・ピザハット
ファッション・美容 ・AOKI
・ORIHICA
・ジャンブルストア
・セカンドストリート
・ねいるんるん
音楽・映像・書籍 ・HMV
・ゲオ
・三洋堂書店
・丸善ジュンク堂書店
スポーツ・家電・電力 等 ・ヒマラヤ
・コジマ
・東京電力エナジーパートナー
・Dental Ponta

これらのお店で、Pontaポイント1ポイント=1円として、支払いに使うことができます。全額ポイント払いも可能ですし、ポイントに現金やクレジット決済を併用して使うこともできます。

多くのお店で1ポイント(1円)から充当できますが、お店によっては使用できる最低ポイント数が異なるところもありますので、ご注意ください。

オンラインショップ等でも1ポイント=1円で利用可能

Pontaポイントが支払いに使えるのは、実店舗だけではありません。ネットを通じたサービスでも、使えるところがたくさんあるのです。

ネットで利用できるショップやサービスのうち、支払いにPontaポイントを充当できるところは、以下の通りです。

ジャンル ショップ・サービス名
百貨店・スーパー ・Oisix×Pontaポイント
・ゼクシイ内祝い
・ローソンフレッシュ
・cotoco
・サンプル百貨店
・ポンパレ
・ポンパレモール
旅行・レジャー ・じゃらんnet
・じゃらんレンタカー
・じゃらんゴルフ
・ゲオ宅配DVDレンタル
・EMTG-エンタテインメントミュージックチケットガード-
・HMV&BOOKS online
・ゲオ動画
・Playbit
グルメ・飲食 ・ホットペッパーグルメ
・やっちゃばマルシェ
ファッション・美容 ・ホットペッパービューティー
・MARQREL
インテリア・スポーツ・
ペット・その他
・TABROOM STORE
・ヒマラヤオンライン
・AirWALLET
・リクルートかんたん支払い
・PET’S ALL RIGHT
・ペットの専門店コジマ オンライン
・日本総合住生活(JS)
・人間ドックのここカラダ

これらのインターネットを介したサービスにて、原則1ポイント=1円として利用できます。

ただし、中にはPlaybitのように100ポイントから等利用条件があるところもありますので、ご注意ください。

ゴルフ場でPontaポイントを使ったり、セガのゲームセンターでPontaポイントを使うなど、趣味や遊びでもPontaポイントは使えて楽しめますよ。

他社ポイントやマイル、オリジナルグッズ等様々な特典にも交換可能

前章でご紹介したように、お店で支払いに使うのもお得感があってうれしいですが、Pontaポイントの使い道はそれだけではありません。

他社のポイントプログラムや、マイル、はたまたオリジナルグッズも含めた様々な商品に交換することもできるんです。

マイルにも移行可能!ただし価値は半減するので注意

Pontaポイントから交換できる他社ポイントやマイルは、以下の通りです。

交換できるポイント等 交換レート
JALマイレージバンク 1Pontaポイント→0.5マイル
LINE ギフトコード 1Pontaポイント→0.83ポイント
dポイント 1Pontaポイント→1dポイント
Playbit 1ポイント→1Playbitポイント

Pontaポイントから移行できるポイントプログラムとレートは、上記の通りです。

等価交換できるものもありますが、マイル等は価値が減ってしまいますので、Pontaポイントはそのままお買い物や以下にご紹介するような方法で使う方が、効率的にはオススメです。

各種商品と交換も可能!Pontaオリジナルグッズも

Pontaポイントには、「Ponta特典交換」というサイトから、様々な商品と交換するという使い道もあります。

Ponta特典交換には、オリジナルグッズ・グルメ・キッチン・家電・ファッション・インテリア・レジャーやエンタメ等、多彩なジャンルの商品が用意されており、50ポイント~保有ポイントに応じてお好きなものと交換することができます。

とても多くの商品があるのですべてはご紹介しきれませんが、Pontaオリジナルグッズの中からいくつかをご紹介します。

Pontaポイントオリジナルグッズ画像

オリジナルグッズ 交換に必要なポイント数
ポンタのぬいぐるみ 1,760ポイント
・ポンタ クリアポーチ 3点セット
・ポンタイヤホン
各1,800ポイント
・Ponta切手シートAセット
・Ponta切手シートBセット
各2,100ポイント
ポンタゴルフボール 1,750ポイント

他では手に入らないグッズも含め、ポンタのキャラクターが可愛いオリジナルグッズがいろいろあります。サイトから交換申込をしてから15日前後で、グッズが届きます。ポンタがお好きな方は、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

Ponta(ポンタ)ポイントの一番お得な使い方!ローソンのお試し引換券に交換

ここまでご紹介してきたPontaポイント使用法は、現金代わりにお会計に使うものや、ポイント等に交換するもので、原則1ポイント=1円、あるいはそれ以下の価値で使用されるものでした。

でも、もっとお得な使い方があればなぁと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、ここからご紹介するローソンのお試し引換券です。

お試し引換券ならポイントの価値が最大約5倍にもなる

ローソンのお試し引換券とは、毎週火曜日と金曜日の朝7時(一部商品は17時)に発行開始されるお得なクーポンで、Pontaポイントと交換ができるのです。

お試し引換券でもらえる商品はお菓子・ドリンク・アルコール・日用品など様々で、毎回ラインナップが変わります。

しかも、以下にご紹介するように、レジでPontaポイントを使って買うよりも、ずっとお得なレートで交換ができるのです。これまでのお試し引換券の実例を、以下にご紹介します。

お試し引換券 価格 必要なPontaポイント数
ロッテ キシリトール 
X QUALITY 8粒入
124円(税込134円) 60ポイント
片岡物産 トワイニング 
ザ・ベストスリー 10袋
283円(税込306円) 60ポイント
キリン 氷結 
山梨産太陽のすもも500ml
191円(税込206円) 80ポイント

ご覧のように、本来の金額よりもかなり低いポイント数で、商品に引き換えることができます。

上記の一例で言えば、トワイニングの紅茶10袋は税込306円ですから、レジでPontaポイント払いするなら当然306ポイントが必要なところを、お試し引換券ならたったの60ポイントで購入できるのです。

このケースで言えば、Pontaポイントが5倍以上もの価値に上がるというわけですね。

お試し引換券は先着順!発券開始日はローソンへ急ごう

この大変お得なお試し引換券は、ローソンのLoppiで発券します。引換券ごとに、例えば先着14,000個というように発券枚数が決まっており、上限に達すると終了してしまいますので、欲しい引換券があるときはできるだけ早くローソンへ行って発券しましょう。

ローソンのサイトに、いつ、どんな商品の引換券が発券開始になるかが掲載されていますので、ぜひ定期的にチェックしてみましょう。

Pontaポイントをお試し引換券に交換する際には、LoppiにPontaカードを通す必要がありますので、ローソンに行くときは忘れずにPontaカードを持参してくださいね。

自治体ポイントにも交換できる

2018年11月6日よりローソンではPontaポイントを自治体ポイントに交換できるサービスを開始しました。自治体ポイントとは、地域の商店街や公共施設の利用料などを1ポイント1円として利用できるポイントのことです。

自治体ポイント

1,000 Pontaポイント→1,000自治体ポイントに交換でき、LoppiもしくはWEB(ローソンID登録が必要)から申し込めますよ。

自治体ポイントを利用するにはマイナンバーカードとマイキーID登録が必要ですので、自治体ポイント使いたい方はマイナンバーカード作ってくださいね。

Ponta(ポンタ)ポイントを使うための準備を!Ponta web登録が必須

Pontaポイント説明画像

それではここで、持っているPontaポイント数を確認する方法や、複数のPontaカードで貯めたポイントはどうすればよいのか等、ポイントを使うにあたっての事前準備について見ていきましょう。

レシートやweb、Loppiのいずれかで保有ポイント数を確認!

Pontaポイントをどう使うかを考えるためには、まず保有しているPontaポイントを確認しておかなくてはなりません。現在保有しているPontaポイントを確認するには、以下の5通りの方法があります。

  • Ponta提携社でもらえるレシート
  • Ponta Web
  • Pontaカード(公式)アプリ
  • ローソン設置のLoppi
  • Pontaカスタマーセンターへ電話

デジタルPontaカードポイント確認画面

Ponta WebでPontaポイント確認画面

ローソンなどPonta提携社でお買い物をした際に受け取るレシートには、そのお買い物でついたポイントと総保有ポイント数が記載されています。また、ローソンに設置してあるLoppiという端末でも、Pontaカードを通せばポイント数が確認できます。

さらに、ローソン店頭やお買い物に行かなくてもポイント数を知る方法として、アプリやPonta Webでチェックするのもオススメです。これなら、いつでもどこでもスマホやPCからポイント数を確認することができます。

ポイントを使うにはPonta Webへの登録が必須!

次章以降にご紹介するいずれの方法にしても、Pontaポイントを使うにはPonta Webへの会員登録が必要です。

登録が済んでいないとどんなにたくさんポイントが貯まっていても使えませんので、必ず事前に登録しておきましょう。

登録の手順は以下の通りです。

リクルートID利用手続き開始画面

Ponta Webへの会員登録や利用には、リクルートIDが必要です。まず、Ponta Webのトップページから「Ponta Web利用手続きはこちら」をクリックし、リクルートIDをお持ちの方はリクルートIDでログインします。

仮登録メールを送信画面

リクルートIDをまだお持ちでない方は、「利用手続きを開始する」をクリックして、リクルートIDの新規登録手続きをします。

リクルートIDとなるメールアドレスを入力し、「上記に同意して仮登録メールを送信」をクリックします。入力したアドレス宛に届いたメールを開き、本文に記載されているURLをクリックすると、Ponta会員IDの登録画面に進みます。

Ponta Web利用手続きカード番号入力画面

Poontaカードを「持っている」を選択すると、カード番号などを入力する画面が表示されますので、お手持ちのPontaカードに記載されているPonta会員ID(カード番号)を入力し、「次へ」をクリックします。

Pontaカード裏面に記載されているセキュリティーコードを入力し、「必要な情報の登録画面へ」をクリックします。

Ponta Web利用手続き必要情報入力画面

リクルートIDのパスワードや氏名・住所など必要な情報を入力していきます。さらに規約の確認等をして、「上記に同意して確認画面へ」をクリックします。すると確認画面が表示されますので、入力内容に間違いがなければ「情報を登録して完了」をクリックします。

Ponta Web利用手続き完了画面

「Ponta Web利用手続きが完了しました」という画面が表示されれば、登録完了です。これで、Pontaポイントが使えるようになりました。

ポイントをまとめたいときはPontaカスタマーセンターへ電話を!

Pontaカードは店頭で受け取れる提携先も多く、行く先々でカードをもらったり、その後クレジット機能付きのPontaカードを作成したりして、複数のPontaカードにそれぞれポイントを保有しているという方も珍しくありません。

そんな、バラバラに貯めたPontaポイントは、そのままではカードごとに有効期限が異なったり、ポイント数が少なかったりして使い勝手が悪いので、ひとまとめにすることをオススメします。

Pontaポイントまとめる説明画像

その方法としてはグループというものもあるのですが、これは現在一部の方を除いて新規の登録を停止しています。また、本来は複数の方々のポイントを集約するというもので、一人が所有する複数のカードで貯めたポイントを集約するものではないので、あまりオススメできません。

ですから、ポイントをまとめたいときは、Pontaカスタマーセンターに電話をして申し込むことになります。

まとめたいPontaカードをすべてお手元に用意して、Pontaカスタマーセンターのオペレーターにポイントを統合したい旨をお伝えください。

Pontaポイントは支払いも交換もお試し引換券にも利用可能!まずはPonta Web登録から!

Pontaポイントの使い道をひと通りご紹介してきました。大きく分けると、お買い物や支払いに充当する方法、他社ポイントやマイル、商品に交換する方法、そしてローソンのお試し引換券に交換する方法の3種類がありましたが、お好みの使い方が見つかったでしょうか?

基本的には1ポイント=1円として使えますが、お試し引換券ならその価値を大きく高めて使うことも可能なので、かなりオススメです。使い道に迷う方は、ぜひローソンでご利用ください。

ポイントを使う前には、Ponta Web会員登録が必要ですので、まだ登録がお済みでない方はまずそこから始めましょう。せっかく貯めたポイントですから、無駄なく最適な使い方をしてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.