QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+(クイックペイプラス)の違い

電子マネーの中でも、QUICPay(クイックペイ)のような事前のチャージが必要ない後払い式のサービスは特に利便性が高く人気を集めています。

そんなQUICPay(クイックペイ)に近年、QUICPay+(クイックペイプラス)という新バージョンが登場しています。

今回はQUICPay+(クイックペイプラス)の新たな機能について、従来のQUICPay(クイックペイ)との違いに注目しながらご紹介していきたいと思います。

後払い式でチャージ不要な電子マネー!QUICPay(クイックペイ)の基本の仕組み

電子マネーQUICPay画像

まずは前提として、QUICPay(クイックペイ)の基本的な仕組みについて確認しておきましょう。

QUICPayは加盟店で端末にかざすだけでスマートに支払いを済ませることができる電子マネーの1種です。

クレジットカードと連携して、ショッピング利用分が後から引き落とされる後払い式になっているので、プリペイド式のように事前チャージをする必要がないのが、最大の利点といえるでしょう。

さらに支払いに必ずクレジットカードを経由することになるので、利用するカードに応じてポイントやマイルが貯まるというのも魅力の1つです。

Applepay(アップルペイ)搭載のQUICPay+(クイックペイプラス)QUICPayとの2つの違い

それでは、QUICPay+(クイックペイプラス)の機能や従来のQUICPay(クイックペイ)との違いについてご紹介していきましょう。

QUICPayの中でも、iPhoneやAppleWatchなどで利用できるキャッシュレス支払いサービスApplepay(アップルペイ)に搭載されているのが、QUICPay+(クイックペイプラス)です。

Apple Pay使い方説明画像

QUICPay+(クイックペイプラス)は、2016年に登場したQUICPayの進化版とも言えるサービスで、従来のQUICPay(クイックペイ)にはない2つの機能が備わっています。

  • 2万円以上の高額支払いにも対応
  • クレジットカードのほか、デビットカード、プリペイドカードとの連携可能

この2つの機能が、従来のQUICPayと異なる点となっているのです。

内容 QUICPay
(クイックペイ)
QUICPay+
(クイックペイプラス)
対応カード
(支払い方法)
クレジットカード ・クレジットカード
・デビットカード
・プリペイドカード
1回あたりの利用額上限 2万円まで 2万円以上可能
利用可能店舗 下記ロゴがある加盟店
QUICPayロゴ画像
下記ロゴがある加盟店
QUICPayロゴ画像

2万円以上の高額利用も可能!ただしQUICPay+対応店舗のみ

もともとQUICPayでの1回の支払い上限額は2万円とされていましたが、QUICPay+ではその制限がなくなり、2万円以上の高額利用にも対応できるようになりました。

ただしQUICPayの加盟店の中にはまだ、QUICPay+非対応のところも一部ですがあります。そうした非対応店舗では、QUICPay+を利用すること自体は可能なのですが、2万円以上の支払いはできません。

2万円以上の利用が可能なのは、現状、QUICPay+対応店舗のみとなっているので、注意が必要です。

デビットカード・プリペイドカードとの連携もOK!

クレジットカード以外のデビットカードやプリペイドカードとの連携が可能というのも、QUICPay+だけの機能です。

ただしこちらに関しても、QUICPay+非対応の店舗ではクレジットカード以外と紐づけられたQUICPay+は利用できないので、その点は注意してください。

同じQUICPay+でもクレジットカードと連携している場合には、QUICPay+非対応店舗でも利用することができます。

つまり、QUICPay非対応店舗では、QUICPay+だけの新機能は総じて利用できないのです。

一覧で紹介!QUICPay加盟店の中でのQUICPay+対応状況

QUICPay加盟店の中でも、QUICPay+対応かどうかということは、店頭に掲示されたマークで見分けることができます。

QUICPayロゴ画像

このように、通常のQUICPayロゴに+マークがあしらわれた形になっているのがQUICPay+対応店です。参考までに主要な加盟店のQUICPay+対応状況を一覧でご紹介しておきましょう。

QUICPay対応加盟店一覧画像

加盟店 QUICPay+対応可否
ファミリーマート
セブンイレブン
ローソン
ENEOS ×
昭和シェル石油 ×
アピタ
イオングループ
マツモトキヨシ
ガスト
マクドナルド
※一部店舗非対応
宝交通
名古屋近鉄タクシー ×
TSUTAYA
阪急百貨店 ×
LOFT ×

このように、QUICPay+に対応していない加盟店もまだ少なからずあります。

予想外にQUICPay支払いができないという事態を避けるためには、現状、またクレジットカードと連携しておくほうが無難かもしれません。

さらに便利なQUICPay+…加盟店による対応の違いには注意!

QUICPayのような電子マネーのサービスは年々進化しています。QUICPay+のように支払額の制限や紐づけするカードの制約がなくなれば、より使い勝手はよくなりますよね。

ただその一方で、対応状況が加盟店によって異なったりと、新たなサービスならではの不便さを感じることもあるかもしれません。

特にQUICPay+はApplepayに自動搭載されているため、QUICPayだと思って使い始めたものが実はQUICPay+で戸惑ったという方もいるでしょう。

こうした新しいサービスを快適に活用するためには、従来のサービスとの違いや注意点を正しく把握することが必須となります。ぜひここでご紹介した情報を参考にして、パワーアップしたQUICPay+を使いこなしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.