【年会費無料のおすすめクレジットカード】目的別に選ぶ厳選9枚

「クレジットカードは年会費無料に限る」と思っている人って結構多いですよね。そのせいか年会費無料のクレジットカードは数多く発行されており、いざ新規入会するとなると、どれがいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は年会費無料のおすすめクレジットカードを10枚、厳選してお届けしましょう。目的別に分類しましたので、きっとあなたのライフスタイルに合うカードがきっと見つかりますよ。

【 目 次 】

還元率の高さで選ぶ!年会費無料のおすすめクレジットカード

年会費のコストを気にかける方なら、ポイントの貯まり具合にもきっと関心があるはず。年会費が無料で還元率も高ければ、クレジットカードとしては正に理想的ですよね。

でもそんな理想的なカードは、探してみると意外とたくさん発行されています。そこで今回は、その中から特に厳選した4枚を一気にご紹介したいと思います。

年会費無料高還元!JCB CARD W/JCB CARD W plus L

「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は、18歳〜39歳までの年齢制限つき。40歳以上の方が申し込めないのは残念ですが、JCBプロパーカードのステータスと還元率の高さで大変人気のあるカードです。

「JCB CARD W」の方が基本カードで、「JCB CARD W plus L」は女性向けで特典が上乗せされています。特典内容は女性向け優待サービス「LINDAリーグ」と、月額290円で女性疾病保険に加入できる「お守リンダ」です。

最大の特徴は、どちらのカードもポイント付与率が通常のJCBカードの倍になること。還元率は常に1%なので、公共料金など様々な支払いに使えば使うほどお得です。

JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店やOki Doki ランドでは更にポイントアップしますから、きっとどなたでも思った以上にポイントが貯まるでしょう。

JCB CARD W JCB CARD W plus L

カード名称 JCB CARD W/JCB CARD W plus LW
年会費 無料
スペック ・18歳〜39歳限定
・基本の還元率が通常の倍の1%
・「plus L」は女性疾病保険に加入可能
・海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
・ショッピングガード保険 最高100万円(海外のみ)

入会半年2%還元!Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、常に還元率が1%以上の年会費無料クレジットカードです。しかも入会半年間は常に2%還元、ネットショッピングでオリコモールを利用すれば、通常よりも0.5%分が上乗せされます。

またこのカードにはチャージ不要の電子マネーiDとQUICPayがダブル搭載されており、これ1枚で3通りの支払い方法が可能です。もちろん電子マネー利用でも還元率は1%ですよ。

旅行保険は付帯しませんが、パッケージツアーの割引などトラベルサービスが充実しており、旅行好きの方にもおすすめです。

オリコカード・ザ・ポイント

カード名称 Orico Card THE POINT
年会費 無料
スペック ・還元率は常に1%以上
・入会後半年間は還元率2%
・オリコモール利用で0.5%ポイント上乗せ
・電子マネーiDとQUICPayダブル搭載
・充実したトラベルサービス

業界最高レベルの1.2%還元!リクルートカード

リクルートカードは標準還元率が1.2%という、超お得な年会費無料クレジットカード。電子マネーnanacoチャージでポイントが貯まることでも人気です。

セブンイレブン収納代行サービス+nanaco払いでポイントが貯まるので、公金の支払いにもよく利用されています。

しかしチャージポイント付与に月3万円という上限が設定されてからは、税金も何度かに分けて納める必要も出てきました。サービス内容の悪化は近年どのクレジットカードにも共通して言えることで、リクルートカードに限ったことではありません。

なお還元率の高さの影に隠れて見落としがちですが、リクルートカードは付帯保険がとても充実しています。利用付帯ですが、国内・海外の旅行保険とショッピング保険がついています。

リクルートカード

カード名称 リクルートカード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.2%
・nanacoチャージのポイント付与は月3万円が上限
・海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
・国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
・ショッピング保険 限度額200万円(海外/国内)

審査の間口の広さで選ぶ!年会費無料のおすすめクレジットカード

クレジットカードを作りたいけど、クレジットカードの審査に自信がないという方はいませんか?

今回お届けするカードの審査基準はどれも平均レベルですが、その中でも特に作りやすい2枚をご紹介しましょう。確実に年会費無料クレジットカードを手に入れたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

高還元で審査の間口が広い!楽天カード

楽天カードは高還元の年会費無料クレジットカードとして有名ですが、流通系なので審査に通りやすいという特徴もあります。

当初よりもデザインのバリエーションが増えて、お買物パンダやディズニーなどキャラクターデザインも選べますので、若い女性にもおすすめですよ。

またクレジットカードとしての性能も平均以上のレベルです。楽天市場では3%以上と高還元ですが、電子マネー楽天Edyを追加発行すれば、コンビニなど街中での利用にとても便利ですし、オートチャージ設定も可能です。

また最高2,000万円の海外旅行傷害保険がついており、ハワイでは楽天会員専用の観光ラウンジが使えます。

楽天カード

カード名称 楽天カード
年会費 無料
スペック ・還元率は常に1%
・楽天市場では3%以上
・ディズニーなどデザインが豊富
・ハワイ・ワイキキ会員専用ラウンジ利用可能
・海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
・電子マネーEdyオートチャージ可能

土日祝日も即日発行に対応!ACマスターカード

消費者金融のアコムがクレジットカードを発行していることをご存知ですか?ACマスターカードは無人機での即日発行が可能ですので、お急ぎの方にもおすすめです。

アコムのカードといってもローン専用カードではなく、店舗やネットのお買い物に使える立派な年会費無料クレジットカードですが、欠点は付帯サービスがついていないことです。

中でもポイントが貯まらないことが最大の弱点でしたが、2017年3月からはキャッシュバックサービスが始まり、カード代金請求時に0.25%分が自動的に差し引かれるようになりました。還元率は低いですが、手間がかからないのが魅力ですね。

ACマスターカード

カード名称 ACマスターカード
年会費 無料
スペック ・リボルビング払い専用カード
・無人機にて即日発行も可能
・0.25%自動キャッシュバック

旅行保険と優待の充実さで選ぶ!年会費無料のおすすめクレジットカード

特典が貧弱なことは、年会費無料クレジットカードの宿命のようなものです。でも探してみると、中には案外利用価値の高い特典がついたカードも見つかるんですよ。

次はそんな掘り出し物の2枚のクレジットカードをご紹介しましょう。特に海外旅行前の方にはおすすめですよ。

全国17万件以上の優待が使えるREX CARD

REX CARDの還元率はリクルートカードよりさらに高く、なんと1.25%です!これだけでも嬉しいのですが、実はこのカードには年会費無料クレジットカードとは思えない特典が付帯しています。

中でも最高2,000万円の海外旅行保険は自動付帯(利用条件のない保険)で、他のカード付帯保険との合算がしやすいというメリットがあります。

また総合優待サイトのJ’s コンシェルには、旅行・レジャー・健康や介護などに役立つサービスが17万件以上も登録されており、パッケージツアー最大12%オフ、映画チケットが500円オフなど利用価値の高い優待が使い放題です。

年会費無料でこれほど豊富な優待が使えるクレジットカードは珍しいですよ。

REX CARD

カード名称 REX CARD
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.25%
・全国17万件以上の優待J’s コンシェル
・海外旅行保険 最高2,000万円(自動付帯)
・国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)

10,000店舗以上の優待が使える!エポスカード

エポスカードも優待の多い年会費無料クレジットカードとしておすすめです。エポスカードの海外旅行傷害保険も自動付帯なので、他の保険との合算には最適です。

傷害死亡・後遺障害が最高500万円ですが、賠償責任は最高2000万円、治療費用や救援者費用や携行品損害も揃ったフルスペックの補償です。

それに海外で何かあった時には、現地サポートデスクが24時間日本語で対応してくれるので安心ですよ。またエポスカードは提携店の数が多いことでも有名で、全国の飲食店、遊園地、美容院など幅広いサービスがお得に使えます。

また使いやすいプリペイドカード、オンライン決済が安心なバーチャルカードが無料で発行できるほかに、マルイ店舗カウンターで即日受け取り可能なこともエポスカードの特徴です。

エポスカード

カード名称 エポスカード
年会費 無料
スペック ・海外旅行保険(自動付帯)
・海外サポートデスクは24時間対応
・飲食店など全国10,000店以上の優待店舗
・プリペイドカード、バーチャルカード無料発行
・カードは店頭で即日発行可能

電子マネーで選ぶ!年会費無料のおすすめクレジットカード

しかし年会費無料でも、自分の利用目的に合わないクレジットカードでは意味がありませんよね。次にご紹介する2枚は、持つ人のライフスタイルによっては大変お得になるクレジットカードです。

いずれも年会費は有料ですが、簡単な条件を満たせば無料にできるので、コストパフォーマンスも最高ですよ。また、2枚とも電子マネーが標準搭載されてますので、電子マネー決済もOKです。

Suicaチャージで1.5%還元!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは還元率がダントツに高く、基本還元率が1%、ビックカメラでSuicaで支払えばなんと還元率は合計で11.5%です。

他のSuica系カードの基本の還元率は0.5%ですから、Suicaを持つならこのカードは大変お得ですよ。

ただしこの基本還元率の1%の内訳は、「ビックポイント 0.5%+JRE POINT 0.5%」ですので、このカードは普段ビックカメラでよくお買物する人にメリットがあります。

なお年会費は年に1度でもカードを使えば請求されませんので、ビックカメラSuicaカードは実質無料で持つことができます。

ビックカメラSuicaカード

カード名称 ビックカメラSuicaカード
年会費 477円(税別)初年度無料
年1回の利用で次年度無料
スペック ・いつでもどこでも還元率1%
・ビックカメラでSuica決済なら11.5%還元
・国内旅行保険 最大1,000万円(利用付帯)
・海外旅行保険 最大500万円(死亡後遺障害と治療費用・自動付帯)

ローソンで5%還元!電子マネーiD搭載で便利dカード

dカードは、ローソンやマツモトキヨシで還元率が極めて高くなるクレジットカードです。ドコモユーザーでないと使えないと勘違いしている方もいますが、dカードはどなたでも入会できますし、どなたが持ってもメリットがあるのです。

基本の還元率が1%なのでどこで使っても安定してポイントが貯まりますが、特にローソンでクレジット決済すると割引も含めて5%もおトクに!

マツモトキヨシでも常に3%以上還元されるので、この2店舗をよく使う方には最高のクレジットカードですね。dカードの年会費も初年度無料で、年1回でも使い続えば支払う必要はありません。

電子マネーiDが標準搭載されてますから、少額決済時も便利ですよ。

dカード

カード名称 dカード
年会費 1,250円(税抜)初年度無料
年1回の利用で次年度無料
スペック ・いつでもどこでも還元率1%
・ローソンで最大5%おトク!
・電子マネーiD搭載
・お買い物あんしん保険
・dカードケータイ補償

年会費無料クレジットカードはライフスタイルに合うものを選ぼう

一言に年会費無料のクレジットカードと言っても、そのタイプは様々なんですね。

単にリーズナブルなだけではなく、ポイントが貯まりやすかったり審査が甘いなど、あなたのニーズに合ったものを選んでください。年会費が無料でも、選び方次第で予想以上のメリットが得られますよ。

今回ご紹介した10枚の中に、きっとベストの1枚が見つかるはず。近年クレジットカードのサービス悪化が続いていますので、お得なカードを見つけたら積極的に入会してくださいね。

dカードは基本還元率1%!特約店なら2~6%の超高還元でお得

dポイントといえば、携帯会社のドコモを主体とし、多数の提携店舗を持つ非常に使い勝手の良い共通ポイントサービスですよね。 そんなdポイントが貯まるクレジットカード『dカード』をご存知でしょうか? dポイントが単なるポイントカードよりもずっと効率よく貯められるだけでなく、クレジットカードならではの付帯保険や優待特典も備わったdカードの魅力について、詳しくご紹介しましょう。 【目 次】
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.