おすすめのプラチナカード!申込みが可能な注目のプラチナはコレ

クレジットカードにもグレードがありますが、その中でもとりわけ特別感があるのがプラチナカード以上のハイクラスカードですよね。

しかしその分、目にする機会が少ないこともあって、プラチナカードの実態については詳しくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは、プラチナカードの位置づけや主なサービス内容について解説していきたいと思います。併せて、自分で申し込みができるおすすめのプラチナカードもいくつかご紹介しましょう。

【 目 次 】

プラチナカードとは!?ゴールドカードより更に上のステータスカード

一般的にクレジットカードは以下のようにランク付けされています。

ブラックカード・プラチナカード・ゴールドカードランク説明画像

スタンダードカード→ヤングゴールド・格安ゴールド→ゴールドカード→プラチナカード→ブラックカード

プラチナカードは、ゴールドカードよりも格の高いカードとして位置付けられているのです。では、クレジットカードのランクが上がることで何が変わるのでしょうか?

サービスの充実度は段違い

まず、具体的な違いとしてはやはりサービス内容の充実度の高さが挙げられます。カードのランクが上がるごとに、サービスの充実度は段階的にアップしていきます。

単純に特典の数が増えるというだけでなく、より上質なもの、特別なものがどんどん増えていくのです。ただしそれに伴って、年会費の水準も明らかに上がっていきます。

リーズナブルな年会費のプラチナも続々登場

とはいえ、近年はプラチナカードの年会費にもかなり幅が出てきており、中には2~3万円ほどで持てるものも出てきているので、無理なく維持できるものを選びやすくなってきています。

サービス内容も一流レストランコース料理が1名分無料になるなど、年会費の元を簡単に取る事ができる上質のサービスが多数付帯しますので、考え方によってはプラチナカードの方がお得かもしれません。

誰でも手に入れられるカードじゃない!ステータスも魅力の1つ

もう1つ、ゴールドカードとプラチナカードで異なるのは、やはりステータスです。

より上質なサービスを享受できるプラチナカードは、当然、だれでも簡単に手に入れられるカードではありません。

スタンダードカードやゴールドカードよりも審査基準は明らかに厳しくなります。中には、カード会社からのインビテーションがなければ持つこともできない招待制のものも少なくないのです。

また、年会費が高額になる分、維持し続けるには相応の財力も求められます。

そうした高いハードルを複数乗り越えて初めて手に入れられるプラチナカードは、やはりその存在だけで一定以上のステータスを有するカードとして扱われるのです。

特に一流と呼ばれるホテルやレストランなどでは、このプラチナカードの格がものを言います。この一目見てわかるステータスの高さも、プラチナカードの意義の1つといえるでしょう。

限定特典満載!気になるプラチナカードのサービス内容

細かいサービス内容はカードによって少なからず異なるのですが、その一方で、プラチナカードならほとんど必ずと言っていいほど備わっている、基本といえる限定特典もいくつかあります。そんなプラチナカード共通の限定特典を一覧でご紹介しましょう。

サービス 詳細
コンシェルジュ 旅行の手配やコンサート、イベント等のチケット、ギフトなどの手配、各種情報案内など様々な問い合わせに対応する専用ダイヤルサービス。原則として24時間365日対応。
プライオリティ・パス 世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる登録制の外部サービス。
通常年会費429米ドル(2018.10.23レート48,372円)
グルメ特典
(招待日和、プラチナグルメクーポンなど)
対象高級レストランにて所定のコース2名以上の利用で1名分のコース料金が無料になる。
中でも専用コンシェルジュは、ハイクラスなプラチナカードの象徴ともいえる特典です。原則24時間365日対応で様々な要望に応えてくれる、まさしく専属秘書のようなサービスといえるでしょう。

ほとんどのプラチナカードには、この他にもトラベル、グルメ、そしてゴルフやレジャー、エンターテインメントなど様々なジャンルのお得かつ上質な優待特典が備わっています。

さらにVISAやマスターカード、アメリカン・エキスプレスなど、国際カードブランドごとのプラチナ限定特典も利用することができるので、そちらも見逃さないようにしましょう。

プラチナカードなら付帯保険も高額補償

また、気になる付帯保険に関しても、プラチナカードは威力を発揮します。旅行保険、ショッピング保険が備わっているのは基本といってもいいほどで、それに加えて航空便遅延保険や犯罪被害傷害保険といったプラスアルファの保険を付けているカードも珍しくありません。

補償額を見てみても、海外旅行傷害保険が最高1億円、ショッピング保険が年間最高500万円…などというような相当の高額補償が当たり前のようになっています。

年会費がとかく高額なプラチナカードですが、使い方次第では単なるショッピング用のクレジットカード以上の、本当に生活のパートナーともいえる頼もしい存在になってくれるのです。

思い立ったら即作れる!申し込み可能なプラチナカード6選

もともとプラチナカードは、カード会社からインビテーションを受けて初めて作ることができる、招待制をとっているものがほとんどでした。極端に言えば『選ばれたユーザーだけが利用できるカード』という扱いを受けていたのです。

そのため、プラチナカードを手に入れたければ、まずは同じ系列のゴールドカードなど1つ下のランクのクレジットカードを作り、地道に利用を続けてカード会社からの招待を待つしかありませんでした。

しかし昨今では、一般カードと同じように自分から申し込むことができる申込制をとっているプラチナカードが増えてきている傾向にあります。

また、それに伴ってプラチナカードの競争力も上がり、よりサービスの充実度が高く、コストパフォーマンスの高いプラチナカードが続々登場してきているのです。

もちろん審査基準は易しいとは言えませんが、自分でしっかりとサービス内容を比較してプラチナカードを選び、手に入れることができるようになってきていると言ってよいでしょう。

ここではそんな申込制をとっているプラチナカードにスポットを当てて、おすすめの6枚を紹介していきたいと思います。

年会費50,000円に見合う価値アリ!三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカードは年会費50,000円という、申し込みが可能なプラチナカードとしてはトップクラスの価格設定となっています。ただしその分、サービス面の充実度の高さは折り紙付きです。

プラチナカードならではの専用コンシェルジュサービスはもちろんのこと、トラベル、エンターテイメント、そしてグルメ、すべてのジャンルの優待特典が非常に充実しており、なおかついずれも上質な内容のものばかりとなっています。

例えばトラベルなら国内の高級ホテル・旅館を最大50%の優待価格で利用できる『プラチナホテルズ』、グルメでは一流レストランを2名以上利用で1名分無料となるプラチナカードの定番特典『プラチナグルメクーポン』…というように、非常にラグジュアリーでありながら、お得さも備えた特典が取り揃えられているのです。

特にエンターテイメント特典の豊富さは魅力で、会員限定イベント『プラチナオファー』から宝塚歌劇の優先販売、さらにはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気アトラクションのエクスプレス・パスプレゼントまで幅広く網羅しているので、きっとどなたでも活用できる特典が見つかるはずです。

それに加えて入会特典として、『プライオリティ・パス』を含む6つの特典から1つ選ぶことができる『メンバーズセレクション』特典もあるので、より自分にとってベストな形で使えるようにカスタマイズすることができます。

また、ポイントの有効期限延長や、6ヶ月ごとの利用額に応じたギフトカードプレゼントなど、還元面のサービスもしっかりと備わっています。

年会費は高額ながら、様々な形でしっかりと還元が受けられるので、使い方しだいではかなりお得に活用することができるでしょう。
三井住友プラチナカード

カード名称 三井住友プラチナカード
年会費 50,000円(税別)
スペック ・入会特典として『プライオリティ・パス』など6つの特典から1つ選べる『メンバーズセレクション』
・24時間365日対応の専用コンシェルジュサービスが付帯
・国内の高級ホテル・旅館を優待価格で利用できる『プラチナホテルズ』をはじめトラベル特典が多数付帯
・会員限定イベント『プラチナオファー』を含むエンターテイメント特典が充実
・『プラチナグルメクーポン』にて一流レストランを2名以上利用時1名分コース料金無料で利用可能
・6ヶ月間で50万円以上カード利用時、支払額の0.5%をギフトカードとして還元
・東京・名古屋に専用プライベートラウンジを設置
・ポイント有効期限を4年に延長
・最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が付帯
・航空便遅延保険が付帯
・最高500万円のお買物安心保険が付帯

国際ブランドのプロパーカードはステータスも十分!JCBプラチナ

日本唯一の国際カードブランドであるJCBでも、申し込み可能なプラチナカードを取り扱っています。こちらは年会費25,000円と、申込制のプラチナカードとしては標準的な価格設定になっています。

上でご紹介した三井住友プラチナカードと比べると半額の年会費ですが、24時間365日対応のプラチナ・コンシェルジュデスクやグルメ特典『グルメ・ベネフィット』、そして『プライオリティ・パス』をはじめとするプラチナ限定のトラベル特典など、プラチナカードに必要とされる基本的なサービスはすべてそろっています。

それに加えてグルメ優待やゴルフサービスなどのJCBゴールド特典も利用できるので、カードとしての活用度はかなり高いと言えるでしょう。また、最大70%のポイントアップなどのお得なポイント特典や、高額補償の付帯保険など、サービス・機能面も充実しています。

国際カードブランドのプロパーカード、しかもプラチナカードということでステータスも十分です。

JCBプラチナ

カード名称 JCBプラチナ
年会費 25,000円(税別)
スペック ・24時間365日対応のプラチナ・コンシェルジュデスクあり
・対象の有名レストランにて2名以上利用時1名分コース料金無料となる『グルメ・ベネフィット』特典付帯
・『プライオリティ・パス』を含むプラチナ限定トラベル特典が複数付帯
・グルメ、ゴルフなど各ジャンルのJCBゴールド特典も利用可能
・『JCBLounge京都』を利用可能(同伴者1名まで無料)
・海外利用時ポイント2倍
・年間カード利用額に応じて翌年最大70%のポイントアップ
・最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が付帯
・国内・海外航空便遅延保険が付帯
・年間最高500万円のショッピングガード保険が付帯

コスパ最強!MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費20,000円とお手頃な設定ながら、非常に特典の充実したコストパフォーマンスの高いカードとなっています。

プラチナ・コンシェルジュサービスや『プライオリティ・パス』、『プラチナ・グルメセレクション』といった基本的なプラチナ限定特典に加え、アメックスがMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード限定特典として用意した優待特典『スーペリア・エキスペリエンス』も利用することができるのです。

『スーペリア・エキスペリエンス』にホテル、ダイニング、そしてスパ・エステの3つのジャンルに分かれており、それぞれ対象の施設で割引を含む様々な優待を受けられる、非常に魅力的な特典となっています。

さらにMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードではアメックスの共通特典『アメリカン・エキスプレス・コネクト』を利用できるほか、MUFGカードに付随する三菱UFJ銀行をはじめとするグループ各社の優待特典も利用することができます。

また、付帯保険を見てみても、国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険といった定番の補償に加えて、犯罪被害傷害保険という少し特殊な保険まで備えているという充実度の高さです。

プラチナカードとしてはお値打ちな年会費で活用度の高い特典・機能が多数付帯しているので、初めてのプラチナカードとしてもおすすめの1枚と言えるでしょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

カード名称 MUFGカード・プラチナ・アメックス
年会費 20,000円(税別)
スペック ・24時間365日対応のプラチナ・コンシェルジュサービスあり
・『プライオリティ・パス』や手荷物無料宅配などトラベル特典が充実
・アメックスのMUFGカード・プラチナ限定優待『スーペリア・エキスペリエンス』を利用可能
・一流レストランを2名以上利用時1名分コース料金無料となる『プラチナ・グルメセレクション』が付帯
・アメックスの優待特典『アメリカン・エキスプレス・コネクト』を利用可能
・三菱UFJ銀行含むグループ各社にて優待特典あり
・24時間健康・介護相談サービスを利用可能
・年間カード利用額に応じて最大50%ポイントアップ
・利用状況に応じて年間獲得ポイントの最大20%分のボーナスポイントプレゼント
・最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
・国内・海外渡航便遅延保険が付帯
・年間最高300万円のショッピング保険が付帯
・最高1,000万円の犯罪被害傷害保険が付帯

基本還元率1%!優待も充実のオリコカードザプラチナ

プラチナカードのようなハイクラスのクレジットカード=基本ポイント還元率が高いものはない…そんなイメージを覆すのが、オリコカードから発行されているOrico Card THE PLATINUM(オリコカードザプラチナ)です。

Orico Card THE PLATINUMはその名の通り、Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の流れを汲む、ポイント還元に特化したプラチナカードです。

基本還元率がもとから常時1%と高いうえに、誕生月や電子マネーの利用、海外利用などでさらに最大1%のポイント加算が受けられるので、使い方次第ではより高還元率で利用できると考えてよいでしょう。また、ポイントサイト『オリコモール』でも、通常のボーナスポイントに加えて、+1%のポイントアップとなり、さらにお得に利用できます。

ポイント面のメリット以外にも、24時間365日対応の専用コンシェルジュサービスや、世界650ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる『LoungeKey』といったプラチナカードならではの特典をしっかりと備えています。

また、マスターカードのプラチナ限定特典『TASTE OF PREMIUM』として、空港サービスやホテル、レストラン、会員制ゴルフ場などで利用できる優待が付帯しているほか、オリコカードの会員向け優待サイト『Orico Club Off』の様々な優待特典を利用することができます。

付帯保険を見てみても、航空機遅延保険を含む国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険、さらには最近注目されている個人賠償責任保険まで備わっており、様々なトラブルに対応できる頼もしいカードとなっているのです。

高いポイント還元率を筆頭に、プラチナカードならではの幅広く、かつ上質なサービスを備えたOrico Card THE PLATINUMを年会費20,000円(税別)で利用できるというのは、かなりお得といってよいでしょう。

オリコカードザプラチナ

カード名称 オリコカード・ザ・プラチナ
年会費 20,000円(税別)
スペック ・基本ポイント還元率1%
・誕生月など最大+1%のポイント加算あり
・ポイントサイト『オリコモール』にてさらに+1%のポイント加算
・24時間365日対応のコンシェルジュサービスあり
・世界650ヶ所以上の空港ラウンジを無料利用できる『LoungeKey』標準装備
・トラベル、グルメ、レジャーの各ジャンルにてマスターカードのプラチナ特典を利用可能
・オリコカードの優待サイト『Orico Club Off』を利用可能
・最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が付帯
・海外・国内航空機遅延保険が付帯
・最高100万円の個人賠償責任保険が付帯
・年間最高300万円のショッピングガード保険が付帯
・海外メディカルヘルプラインにて海外渡航先でのキャッシュレス治療などに対応

年間100万円以上利用するならお得!エポスプラチナカード

マルイでお得に使えるエポスカードからも、プラチナカードが発行されています。

このエポスプラチナカードは、申込制とインビテーション制を併用するシステムをとっており、インビテーションを受けてカードの切り替えをした場合には、年会費が通常30,000円(税込)のところ20,000円(税込)になるという優遇サービスがあります。

また、自分で申し込んで入会した場合にも、年間カード利用額が1度でも100万円以上になれば翌年以降はずっと年会費20,000円(税込)で利用することができるので、条件としてはほとんど変わらないといえるでしょう。

そんなエポスプラチナカードのサービス内容はというと、専用コンシェルジュサービスや『プライオリティ・パス』、一流レストランで最大50%の割引が受けられる『エポスプラチナカードグルメクーポン』といったプラチナ限定特典をしっかり備えたカードとなっています。

それに加えて、マルイで10%オフでショッピングができる会員限定優待セール『マルコとマルオの7日間』や、日常で使える約10,000店もの優待特典を掲載する優待サイト『エポトクプラザ』などのエポスカード独自の特典も利用できるので、非常に活用度の高い1枚といえるでしょう。

さらにエポスプラチナカードでは、限定ポイント特典として、年間100万円以上~のショッピング利用で20,000円~100,000円相当という大量のボーナスポイントを獲得することができます。

例えば年間100万円の利用の場合、通常獲得ポイント5,000ポイントに加えて、さらに20,000ポイントも獲得できてしまうのです。20,000円相当のポイントがボーナスとして獲得できれば、優遇後の年会費と相殺できてしまうことになりますよね。

エポスプラチナカードを利用する場合は、年間100万円以上の利用を目指すと、年会費やポイントの面で圧倒的にお得に使っていくことができるでしょう。

エポスプラチナカード

カード名称 エポスプラチナカード
年会費 30,000円(税込)
※年間カード利用額100万円以上で翌年以降年会費20,000円(税込)
※インビテーションによるカード発行で年会費20,000円(税込)
スペック ・24時間365日対応オンライン利用も可能なVISAプラチナ・コンシェルジュ・センターあり
・『プライオリティ・パス』の無料登録が可能
・ツアー代金の割引、空港宅配の優待などVISAのプラチナ限定トラベル特典を利用可能
・全国のハイクラスレストランにて2名以上利用時1名分コース料金が無料となる『エポスプラチナカードグルメクーポン』が付帯
・年間利用額に応じて20,000円~100,000円相当のボーナスポイントプレゼント
・ポイント有効期限通常2年間のところ無期限に
・マルイにて会員限定優待セール『マルコとマルオの7日間』を年4回開催
・優待サイト『エポトクプラザ』にて全国約10,000店の優待を利用可能
・航空機遅延補償を含む最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
・最高1億円の国内旅行傷害保険が付帯

ビジネスユーザーはコレ!セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

ビジネスカードとしても使えるプラチナカードをお探しの方にぜひおすすめしたいのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

このカードは名前通り、セゾンカードがアメックスと提携して発行しているプラチナクラスのビジネスカードとなっており、アメックスブランドのプラチナカードとしては破格の年会費20,000円(税抜)で利用することができます。さらに年間カード利用額が200万円を超える場合には、なんと10,000円(税別)まで年会費の優遇が受けられます。

追加カードは最大4枚までとなっており、引き落とし口座も法人・個人いずれの名義でも利用できるので、ビジネスカードの中でもどちらかというと、個人事業主の方や中小企業の経営者の方向けと言えるでしょう。また自営業の方に限らず、一般の会社員の方でも申し込むことが可能となっています。

このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの最大の魅力は、コストを優に上回るサービスの充実度の高さです。

専用カードデスクや『プライオリティ・パス』をはじめとするプラチナカード限定特典はもちろんのこと、対象のビジネスサービスを優待価格で利用できる『ビジネス・アドバンテージ』のようなビジネス特典も豊富に備わっているので、ビジネスでもプライベートでも存分に活用することができるでしょう。

また、セゾンカードに属していることからポイントシステムは有効期限無期限の永久不滅ポイントを利用することができます。さらに、セゾン・アメックスのゴールド以上のカードを対象としたポイント‐マイルの自動移行サービス『SAISON MILE CLUB』を無料で利用できるのもメリットの1つです。

『SAISON MILE CLUB』では。JALのマイルをカード利用額1,000円ごとに10マイルという非常に高いレートで貯めていくことができます。無料でこれほどの良レートを実現しているマイル移行サービスは、他社を探してみてもなかなか見つかりません。

アメックスのステータスにプラチナ・ビジネスならではの上質かつ有用な特典、そしてセゾンのお得なポイントサービスが備わったセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを年会費20,000円(税別)、あるいは10,000円(税別)で利用できるというのは非常にお得といってよいでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

カード名称 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード
年会費 20,000円(税抜)
※年間200万円以上のショッピング利用で翌年年会費10,000円(税抜)
スペック ・24時間365日対応のセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードデスクあり
・対象のビジネスサービスを優待価格で利用できる『ビジネス・アドバンテージ』特典付帯
・『セゾン弁護士紹介サービス』を利用可能
・法人向け顧問弁護士サービス『リーガルプロテクト』など対象の各種ビジネスサービスを優待価格で利用可能
・引き落とし口座として個人・法人名義いずれも選択可能
・『プライオリティ・パス』の無料登録が可能
・成田空港・羽田空港と東京23区間のハイヤー送迎サービス優待
・世界一流ホテルの優待『スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド』を利用可能
・アメックスのプラチナ限定特典『オントレ』によるトラベル、ダイニング、スパなどの優待を利用可能
・セゾンプレミアムゴルフサービスに入会金無料、年会費10,000円で入会可能
・ロフト、ヘアサロンAsh、コナミスポーツクラブなど各種ライフサービス優待を利用可能
・有効期限無期限の永久不滅ポイントが貯まる
・ポイントを自動的にJALマイルに移行する『SAISON MILE CLUB』に無料登録可能
・最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
・年間最高300万円のショッピング安心保険が付帯

招待制プラチナカードの代表格!アメックス・プラチナカード

申込制のプラチナカードを選択するにあたって1つ気になるのが、招待制のプラチナカードと異なる点があるのか?ということですよね。

そこで比較の目安としてご紹介したいのが、招待制プラチナカードの代表格といえるアメリカン・エキスプレス・プラチナカードです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの利用者の中で、必要な基準を満たした人だけがインビテーションを受けることができる、まさしく選ばれた人のためのカードです。

アメックスプラチナカード

その年会費は実に130,000円(税別)と、ここまでご紹介してきた申込制のプラチナカードとはケタ違いの設定になっています。

もちろんその分、サービスの充実度は格段に高く、専用コンシェルジュサービスや『プライオリティ・パス』といったプラチナカードの基本ともいえる特典はもちろん網羅しています。

それに加えて、国内外の一流ホテルで割引を含む様々な優待が受けられる『ファイン・ホテル&リゾート』特典や、紹介なしでは入ることもできない高級レストラン、料亭などの予約を取ってくれる『プラチナアクセス』といった、ワンランク上どころではない上質な特典が多数付帯しているのです。

また、高級レストランのコース料理が1名分無料になるサービスもアメックスゴールドカードの場合年2回までと制限がありますが、プラチナカードなら利用回数に制限がありません。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの特典の詳細は公式には明らかにされていませんが、ほかにもまだまだ様々なシーンで活用できるラグジュアリーな特典が数多く用意されています。

130,000円(税別)という年会費はとても高額に感じられるかもしれませんが、それほどのサービスがアメリカン・エキスプレス・プラチナカードには詰まっているのです。

常に一流のホテルやレストランを利用し、上質なレジャーを楽しみたいという方にとっては、このうえないカードとなるでしょう。

アメックス・プラチナカードホルダーになる為には!?

プラチナカードの最高峰と言われるアメックス・プラチナカードの会員になる為には、カード会社からのインビテーション(招待)を受ける必要があります。アメックス・プラチナカードを手に入れる為の流れをご紹介しておきましょう。

①アメックス・ゴールドカード会員になる
②ゴールドカードで利用実績を積む
③アメックスからインビテーション(招待)を受ける
④アメックス・プラチナ会員になれる

アメックス・プラチナカード会員になる為には、アメックスゴールドカードでできる限り多く決済し、利用実績を積む必要があります。

サービスは他社のプラチナ並み!?アメックス・ゴールドカード

招待制のアメリカン・エキスプレス・プラチナカードを手に入れるためには、まずアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを作るところから始めなければなりません。

そこでここでは、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードについても簡単にご紹介しておきましょう。アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは年会費29,000円(税別)と、他社の申込制プラチナカードと同水準の価格設定になっています。

もちろんその分、魅力的かつ上質なサービスが多数付帯しているのが特徴です。中には、『プライオリティ・パス』や国内外の高級レストランで2名以上利用時1名分のコース料金が無料となる『ゴールド・ダイニングby招待日和』などといった、プラチナクラスの特典も備わっているのです。

招待日和は通常年会費だけで、32,400円 (税込)かかりますから、もうこの特典だけで年会費の元は取れてしまいます。

また、最高1億円補償の海外旅行傷害保険をはじめとする、充実した付帯保険も魅力の1つです。カード購入品が返品できない場合に費用補償をするリターン・プロテクションや、予約した旅行などのキャンセル時にキャンセル料をカバーしてくれるキャンセル・プロテクションなど、他ではない保険もあり、非常に頼りになるでしょう。

アメックスゴールドカード

カード名称 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
年会費 29,000円(税抜)
スペック ・入会後6か月間の利用状況に応じて最大45,000ポイントプレゼント
・会員専用トラベルサイト『アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン』を利用可能
・『プライオリティ・パス』の無料登録が可能(年間2回まで利用料無料)
・手荷物無料宅配、空港送迎などのトラベルサービスを利用可能
・国内外約200店のレストランにて2名以上利用時1名分コース料金が無料となる『ゴールド・ダイニングby招待日和』
・提携ホテルにて2泊以上宿泊すると契約ゴルフコースのプレー代金が無料となる『プリファード・ゴルフ』に無料登録可能
・その他、レジャーやショッピング、ダイニングで使える特典が多数付帯
・アメックスの優待特典『アメリカン・エキスプレス・コネクト』を利用可能
・ポイントを一度でも交換すると有効期限無期限に
・貯まったポイントを提携航空会社15社のマイルに移行可能
・最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
・海外航空便遅延費用補償が付帯
・年間最高500万円のショッピング・プロテクションが付帯
・カード購入品の返品不可時を保証するリターン・プロテクションが付帯
・手配済みの旅行、イベントチケットなどのキャンセル費用を補償するキャンセル・プロテクションが付帯

プラチナカードは千差万別!自分に合ったベストな1枚を追求するべし

ここまで見ていただくとわかる通り、一口にプラチナカードといっても、そのサービス内容は本当に千差万別です。招待制か申込制かでも違いは生じますし、年会費にそれほど差がない申込制プラチナカードの中でも、サービス内容の充実度や偏向性は明らかに異なります。

だからこそ、プラチナカードを選ぶ上では、自分が求めるサービスが備わっているかどうかを確認することが非常に重要になります。

例えばアメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、これ以上ないほどサービス・特典の充実したカードですが、それを十分に活用できなければ文字通り、宝の持ち腐れになってしまうでしょう。

年会費が高額で審査基準も厳しいプラチナカードは、気軽に作れるものではありません。サービス内容をしっかり比較して、自分に合ったベストなプラチナカードを手に入れましょう。

エポスプラチナカードのグルメクーポンはかなりお値打ち!優待も豊富

マルイでお得に使えるクレジットカードと言えば、エポスカードですよね。そんなエポスカードに、プラチナカードがあることはご存知でしょうか? エポスプラチナカードは、マルイでお得、しかも全国10,000店舗で使える優待が付帯…というエポスカードの魅力はそのままに、プラチナカードならではの上質なサービスが加わった、とても活用度の高い1枚となっています。 そんなエポスプラチナカードの魅力について

三井住友プラチナカードは申し込み可能なプラチナの中でも最高峰

プラチナカードは、一般のクレジットカードと比べると圧倒的に年会費が高額になります。だからこそ、サービスとコストのバランスというのが気になるものですよね。 そこでおすすめしたいのが、三井住友プラチナカードです。三井住友プラチナカードには、トラベル、エンタメ、グルメ、そしてゴルフと言った様々なジャンルの限定特典がバランスよく付帯していおり、幅広い方が活用できるカードとなっています。 そんな

JCBプラチナはリーズナブルな上級カード!ザ・クラスへの最短ルート

プラチナカードと言うと、年会費が50,000円近くになることも珍しくなかったり、完全招待制で自分から申し込むことができなかったりと、クレジットカードの中でも特に敷居が高いイメージがありますよね。 そんな中で、オープンに申し込みを受け付けていて、なおかつ高額なゴールドカード程度のお得な年会費で利用できるプラチナカードの1つが、JCBプラチナです。 比較的リーズナブルなコストでしっかりと最

MUFGカード・プラチナ・アメックスはお値打ち年会費でサービス充実

クレジットカードの中でもプラチナカードと言うと、サービスが豊富な分、敷居が高く気軽には作れないというイメージがある方も多いかもしれません。 そんな方にぜひ知ってほしいのが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。 20,000円(税別)というこのクラスとしては手ごろな年会費で、なおかつ招待制ではなく申込制、しかもプラチナカードならではの上質な特典がたっぷりと備わ

オリコカード ザ プラチナは高還元を実現した実利派向け上級カード

ゴールドクラスよりもさらに上質なサービスが魅力のプラチナカードですが、年会費の高さをネックに感じる方も多いのではないでしょうか? そこでおすすめしたいのがOrico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)です。税込20,000円のお得な年会費で手に入れられて、もちろんサービスも充実、しかも高還元率なおすすめプラチナカード、Orico Card THE PLATINU
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.