楽天ポイントで投資信託が買える!画期的なサービスの内容と利用方法

通販サイトの楽天のみならず、いろんなところで貯めたり使ったりできる楽天スーパーポイントですが、たまったポイントを何に使うかを考えるのって、楽しいものですよね。

そんな楽天スーパーポイントの新しい使い道として、2017年8月から投資信託を購入できるようになったのをご存知ですか?これは、業界初のとっても画期的なサービスとして注目されているんです。

今回は、楽天スーパーポイントによる投資信託購入についての詳しい内容と、実際の利用方法をご紹介します。投資は初めてという方も、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

【目 次】

楽天スーパーポイントを投資信託の買い付けに充当できるサービスの概要

楽天ポイントで投資信託購入可能サービス開始説明画像

ポイントはそもそもオマケのようなものですから、楽天スーパーポイントで投資信託を買えるというのは、自分の現金を使って投資するのに比べてずっとお得感があって、かなり魅力的なサービスですよね。

ここで投資信託とはどのようなサービスのことなのか、簡単にご説明しておきましょう。

投資信託とは!?

投資信託説明画像

投資信託とは、投資家の方から集めたお金を※ファンドマネージャー(運用プロ)が株式などに投資・運用して、運用して生まれた利益を投資家の方に還元(分配)するという金融商品の事です。

投資信託は、運用のプロ(ファンドマネージャー)に任せられる為、個人投資家では対応しにくい国や資産に投資できたり、少額から始められるなどのメリットがあります。

楽天スーパーポイントも楽天証券ポイントも利用可能

楽天ポイントで投資信託購入できる説明画像

今回ご紹介するサービスは、楽天証券が2017年8月26日より開始したもので、楽天証券ポイントまたは楽天スーパーポイントを、投資信託買い付けの一部または全部に利用することができるというものです。

楽天スーパーポイントを使う場合は、買い付けの操作上はID連携を利用して投資信託を購入できるのですが、実質的にはいったん楽天証券ポイントに交換し、それを投資信託買い付けに充当するという形になります。

楽天証券ポイントに交換した楽天スーパーポイントは、再び楽天スーパーポイントに戻すことはできませんので、ご注意くださいね。

サービスの概要をチェック

では、この投資信託ポイント買い付けサービスについて、より詳しい内容を見てみましょう。

項目 内容
楽天スーパーポイントの利用可能上限 【ダイヤモンド会員以外】

・30,000ポイント/1注文
・100,000ポイント/1ヶ月

ダイヤモンド会員の方】

・500,000ポイント/1注文
・500,000ポイント/1ヶ月

(楽天証券ポイントは上限なし)

ポイント利用単位 1ポイント1円から
対象となるサービス 通常買付(金額指定のみ)
対象銘柄 楽天証券が取り扱う投資信託
(一部、除外銘柄もあり)

期間限定ポイントは買い付けに利用できない

また、楽天スーパーポイントの中でも期間限定ポイントや、他のポイントプログラムから楽天スーパーポイントに交換した分は、投資信託の買い付けには利用できません。

投資信託を買うに際しては、いろんな種類やサービスがありますが、ポイントで購入できるのは金額指定の通常買付のみが対象となっています。

積立買付や口数指定買付、それにジュニアNISA口座での買付はできませんのでご注意くださいね。

100円から投資できる

100円~投資可能説明画像

特に投資初心者の方は、「投資って、まとまったお金がないとできないんじゃない?」という疑問をお持ちかもしれません。

でも、楽天証券では、取り扱い銘柄ほぼすべての投資信託の買い付けが100円からできるのです。つまり、楽天スーパーポイントが100ポイントあれば、投資が始められるというわけなのです。

「100ポイントくらいなら、もうたまってる!」という人も多いですよね。

気になる銘柄がたくさんあるというときも、たとえば500ポイントを使えば5銘柄購入することができますし、お好みに応じていろんな使い方ができるのも魅力的ですね。

楽天証券なら取引に応じてポイントを貯められる

楽天証券料によりポイント貯まる説明画像

楽天証券なら、株式取引や投信積み立てなど取引に応じて、ポイントを貯めることができます。コースも以下の2種類から選べますよ。

  • 楽天スーパーポイントコース
  • 楽天証券ポイントコース

楽天スーパーポイントコースを選んだ場合、貯まったポイントを楽天市場など楽天グループで1ポイント1円として、そのままお買い物に利用頂けます。

また、楽天証券ポイントコースを選んで貯まった楽天証券ポイントは、JALマイルに交換したり、投資信託の購入に使える他、等価で楽天スーパーポイントにも交換できます。

ちなみに、楽天証券の国内株式手数料コースを「超割コース」にすれば、取引手数料の1%分の楽天スーパーポイントもしくは楽天証券ポイントが貯まりますし、投資信託なら残高10万円ごとに毎月4ポイント貯まりますよ。

実際にポイントで投資信託を買う方法

では、ポイントを使って投資信託を購入する手順を確認してみましょう。楽天証券に口座がない方は、まず口座開設をする必要があります。

口座開設手続きは楽天証券のサイトから行うことができます。口座開設が済んだら、楽天証券にログインして、以下の手順で投資信託を買付してみましょう。

ポイント利用欄選択画面説明画像

ポイント連携設定画面説明画像

ポイントによる買い付け選択画面説明画像

初回サンプルと2回目以降のポイント買い付け説明画像

① ログイン後画面の「投信」を選択
② 「注文」を選択
③ 「銘柄検索」などでお好きな銘柄を選択する
④ 初回は「ポイント利用」欄の「ポイント利用規約」を確認し同意する
⑤ 楽天スーパーポイントが「未設定」になっていれば、そこをクリックして設定する
⑥ 利用可能ポイントが表示されるので、「一部使う」または「すべて使う」を選択
⑦ 必要項目を入力し、「発注」をクリック

一度、設定ができてしまえば、二回目以降はもっと簡単に投資信託の購入ができるようになります。

また、楽天市場でポイントで商品を購入する際と同じような感覚で、投資信託を購入できるのは嬉しいですね。

楽天スーパーポイントが貯まるおすすめクレジットカード!楽天カード

ここまでお読みいただき、楽天スーパーポイントを使った投資信託に興味を抱かれた方も多いかもしれません。

でも、それを試すためには、当然ながら、まず楽天スーパーポイントを貯める必要があります。そこで、楽天スーパーポイントを貯めやすい「楽天カード」をご紹介しておきますね。

楽天スーパーポイントが効率よく貯まる楽天カード

楽天カードは年会費無料で利用できる上に、還元率が高い点が魅力のカードですね。楽天トラベルや楽天ブックスなどの各種楽天サービスはもちろん、コンビニなど街中のお店でもポイントを貯めることができます。

楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)で、楽天証券で月1回500円以上ポイント投資すれば、楽天市場でのポイントがプラス1倍となり、楽天市場での還元率が4%までアップしますよ。

注意点として、楽天スーパーポイントコースを選択(設定)していないと、楽天証券で500円以上ポイント投資しても+1倍にはなりません。

また、2018年8月31日以前に既に「楽天スーパーポイントコース」を選択している方でも、会員情報連携同意(SPU設定)が必要な為、再度設定が必要です。SPU設定状況は、以下の手順で確認頂けます。

①楽天証券にログイン
②「設定・変更」メニューを選択
③「ポイント・楽天銀行連携・友達紹介」メニューを選択
④「SPU設定」の欄に設定状況を確認

SPU設定説明画像

SPU設定ができていない場合、設定日時に何も記載がなく「利用設定する」のボタンが出ています。設定はそこから簡単にできますから、効率よくポイントを稼ぐためにも必ず設定状況を確認してくださいね。

楽天カード

カード名称 楽天カード
年会費 無料
特徴 ・基本還元率1%
・楽天市場で3%以上の高還元
海外旅行保険利用付帯
・楽天ポイントカード・楽天Edy・クレジットの三位一体型

セゾンもポイント運用サービスで永久ポイントを運用できる

今回は、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるサービスをご紹介しましたが、セゾンカードもポイントを運用し投資の疑似体験ができるサービスを開始しています。

サービスの概要はセゾンカード利用で貯まった永久ポイントを投資信託を通じて増やせるというものです。

セゾンカードをお持ちの方は是非下記記事もチェックしてみてくださいね。

セゾンポイント運用サービスとは?ポイントを投資して上手に増やそう

楽天証券なら楽天スーパーポイントで簡単に投資信託が始められる!

楽天スーパーポイントを使って投資信託の買い付けができるという、楽天証券が開始した画期的なサービスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

投資に興味はあるけど何だか不安という方も多いかと思いますが、そんな方にもぴったりのサービスでしたね。

もちろん、投資ですからリスクがゼロなわけではありませんが、ポイントを使って少額から買えるという点は、初心者の方でも比較的安心して始められます。

1ポイント1円として100円から買い付け可能ですし、手続きもパソコンやスマホから簡単に行えます。あなたもぜひ、ポイントで投資信託を試してみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.