【スキップ払い】支払月を最大6ヶ月先まで延長できるサービス

クレジットカードの支払い方法と言えば、一括払いをはじめ、分割払いやリボ払い、ボーナス払いが有名ですね。

ところが2016年、大手カード会社のJCBが、「スキップ払い」という画期的な新支払い方法の提供を開始しました。JCBユーザーだけではなく、多くの人に知って欲しい支払い方法です。

スキップ払いは登場してまだ日が浅く、あまり詳細が知られていないようです。知っていればかなり便利な支払い方法ですので、これを機にぜひチェックしてみませんか?

【目 次】

スキップ払いとは!?最長6ヶ月先の支払いにできる!

スキップ払いとは、簡単に言ってしまえば「今月の買い物の支払い月を任意で先送りに設定できる」というものになります。

図にして見てみると以下のようになります。

スキップ払い説明画像

JCBの通常一括払いでは、毎月15日が締日となっています。そしてその翌月、一括払いの請求と引き落としが行われるわけですよね。

しかしスキップ払いに設定すれば、最大で6ヶ月、支払い月をずらすことが可能なのです。

収入が多く見込める月に支払いの予定を入れることができますので、支払い計画がに余裕が出ることが期待できますよね。

JCBのスキップ払いは後から設定可能!

JCBのスキップ払いの特徴は、ショッピングをしたその時ではなくても、後から支払い方法を変更できると言うことです。

  • カード利用時は翌月一括払い設定でも、後日スキップ払いに変更可能

カードを使った時には翌月一括払いでもOKだと考えていても、予定外の出費で難しいことになるかもしれません。そんな時には後日、改めてスキップ払いに変更することが可能なのです。

もちろん、利用時にスキップ払いを指定することもできます。その時に無理のない返済方法を選んでいきたいですね。

使うのはこんな時!普段よりも出費がかさむ&複雑な時!

JCBのスキップ払いは、利用するシーンを限定されているわけではありません。任意で好きなタイミングで設定することができます。

とはいえ、不要な時に利用する必要もありません。以下のような時の利用が適していると考えられます。

  • 旅行や冠婚葬祭など、普段の日常生活よりも出費がかさむ時
  • 出張などで経費が大きくなる時

旅行や冠婚葬祭は、普段よりも出費が多くなるものです。そんな時にはスキップ払いを視野に入れ、利用していくと良いでしょう。

分割払い&リボ払い&ボーナス払いとスキップ払いの違い

スキップ払いは支払いを最大で6ヶ月先送りにできるという特徴があるのですが、その他の支払い方法との違いは具体的に何なのでしょうか。

分割払い、リボ払い、ボーナス払いとの違いは、大きく分けて2つのポイントで比較することができます。

  • 支払い回数
  • 支払い開始月

いずれの支払い方法も、この2つで大まかに分類して考えると良いでしょう。それぞれの特徴や注意点もありますので、スキップ払いとの違いを知っておけば、より賢いカードの使い方ができますよ。

分割払いとの違い?支払い回数に注目

スキップ払いと分割払いの最大の違いは、支払い回数だと言えるでしょう。

スキップ払いは一括払いとなり、分割払いは名前の通り、数回にわたって分割して支払いをすることになります。

  • 分割払いの支払い回数は3回~36回
  • 支払い日は翌月から開始となる

JCBの分割払いの回数は、3回から36回となっています。支払いは翌月から開始されます。途中で一括清算をすることも可能ですので、必ずしも回数にこだわる必要はありません。

リボ払いとの違い!月々の定額返済が要!

リボ払いはスキップ払いと比べ、少し複雑な内容になっています。基本的には毎月定額を返済していくことになり、その金額は複数のコースの中から、任意で設定することも可能です。

  • 支払い回数はコースによって変わる
  • 支払い開始時期は利用金額によって変わる
  • 手数料が比較的高め

リボ払いの支払い開始時期は一定ではなく、利用した金額によって変わってきます。JCBからの案内をよくチェックすることが大切です。

また、分割払いよりも手数料が高めに設定されています。月々の支払いは低額に抑えることができても、返済総額が高くなる可能性もありますので、よく考えて利用したい方法です。

後日にまとめて返済できる自信があるのなら、スキップ払いを利用して、手数料対策を取るのも賢いかもしれませんね。

ボーナス払いとはよく似てる!支払い時期が最重要!

スキップ払いとボーナス払いは、どちらも「支払いを先送りにする」という点で、かなり似ている支払い方法です。違うのは以下の点になります。

  • スキップ払いは6ヶ月後まで任意に支払い月を設定できる
  • ボーナス払いは夏、冬の2回しか支払い月を設定できない

任意で支払い月を選べるスキップ払いに比べると、JCBのボーナス払いは夏と冬(1月、8月)が支払い月として指定されています。

ではどちらがいいの?と迷った時、考えたいのは手数料です。

ボーナス一回払いは手数料がかからないのですが、スキップ払いは手数料が発生するのです。

ボーナス払いの月に支払いができるのなら、スキップ払いよりもボーナス払いを選ぶとお得になりそうですね。

スキップ払いの特徴!手数料が発生します!

ボーナス払いよりも自由度の高いスキップ払いですが、最大の違いとして、スキップ払いは一括払いであっても、必ず手数料が発生するということが挙げられます。

JCBからは様々なクレジットカードが提供されており、手数料率はカードによって異なります。

具体的な数値としては、実質年率7.92~18.00%の間であり、一ヶ月に換算すると0.66~1.50%となっています。

スキップ払いもこの手数料率が適用され、先送りにすればするほど、手数料が加算されていくと考えておきましょう。

自分で計算してみよう!先送りの月数がポイントです!

では実際、スキップ払いの手数料はどの程度になるのでしょうか。あなたが利用した金額とカードの種類によって変わってきますので、お手持ちのカードで手数料率を確認してみて下さい。

スキップ払いの手数料説明画像

スキップ払いの手数料は、図のような計算で算出されます。繰延月数とは、つまり「×ヶ月先の支払い」の「×」を指しています。

JCBのスキップ払いの最長は6ヶ月。具体的な計算をしていくと、繰延月数が長くなれば長くなるほど手数料が高くなることが分かります。計画的な返済を考えるポイントになりそうですね。

ボーナス払いの方がお得?2回払いの人はよく比較して!

手数料がかかるスキップ払いに比べ、ボーナス払いは手数料がかかりません。となると、ボーナス月に支払いができるのなら、ボーナス払いを利用した方がお得であることは間違いないですよね。

ただ、JCBのボーナス払いには、1回払い、2回払いがあります。

  • ボーナス2回払いは手数料が発生する
  • スキップ払いと比較して手数料が低い方を選択するとお得

ボーナス1回払いは手数料がかかりませんが、2回払いは利用金額に応じた手数料が発生します。

スキップ払いの手数料と比較した時、どちらがお得になるのでしょうか。個人の利用内容によって変わってきますので、しっかり考えた上で選択していきたいですね。

繰上返済可能!余裕のある時に精算しよう!

スキップ払いの支払い月の前に、家計に余裕ができるかもしれません。そんな時には繰上返済をすることも可能です。

  • 繰上返済をすると手数料が変わる(安くなる)

繰上返済は前倒しで支払いをすることになりますので、手数料も計算し直すことになります。一ヶ月早めれば一ヶ月分、二ヶ月早めれば二ヶ月分…と、早ければ早いほど手数料が安くなりますよね。

毎月の返済日にプラスで引き落としをする方法と、任意のタイミングでカード会社の口座に直接振り込みをする方法があります。家計と相談して決定しましょう。

スキップ払いの注意点!知っておくべき5つの重要事項

JCBのスキップ払いは非常に便利なのですが、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。利用前にしっかり把握しておかないと、いざ支払いの段に返済計画が狂いかねませんので、ぜひチェックしておいて下さい。

  • スキップ払いは1回払いのみ対応可能
  • 再度延長は不可能
  • スキップ払い登録後には支払い方法を変更できない
  • 支払い名人利用中はスキップ払いを利用できない
  • 締日に注意すること

スキップ払いを利用する時には、この5つが重要事項です。次項から各項目ごとに詳しく説明していきます。

1回払いのみ対応可能!分割やリボ、ボーナス払いからの変更は不可

JCBのスキップ払いは、最初の設定が分割払い、あるいはリボ払いやボーナス払いであった場合には対応できないことになっています。

カード利用の際、1回払いとして設定した支払いのみをスキップ払いとして後から設定できるというわけです。

分割払いやリボ払いでの買い物をスキップ払いにしようとしても、設定そのものができませんので、前もってスキップ払いにするかどうかを決めた上でのカード利用が必要ですね。

先送りは6ヶ月まで!再延長は不可能!

スキップ払いは支払いを最大で6ヶ月先まで先送りできることが魅力です。その間に支払い用の資金を貯めることができますよね。しかし、資金繰りがうまくいかなかったりした時、ついつい「もう一度スキップできるかな?」と考えるかも。

  • 最大6ヶ月以降の支払い先送りは不可能
  • 再延長はできないということを把握しておくべき
ひとつのスキップ払い利用に対し、支払いを先送り(延長)できるのは最大6ヶ月までです。それ以降に支払いを更に延長したいと思っても、設定することはできません。

スキップ払いが最終決定!再度の支払い方法変更は不可能!

JCBのスキップ払いを一度決定した後、人によっては「やっぱり分割やリボ、ボーナス払いにしたい」と考えることもあるでしょう。しかし残念ながら、その方法はできないことになっています。

  • スキップ払いに設定した後は支払い方法を変更できない

一度スキップ払いに設定をすると、後からの変更は一切不可能です。

どうしても変更したいと思ったとしても、可能な方法は一括清算のみとなります。この点も、カード利用時にはよく考えておきたいポイントだと言えそうです。

支払い名人設定中は利用不可!先に設定を見直そう!

JCBの支払い方法に、支払い名人というサービスがあります。

【支払名人とは!?】

国内、海外を問わず、ショッピングの利用分を自動的にリボ払いにするサービスのことです。

しかし、スキップ払いの利用を考えている人は、自分が支払い名人を利用しているかどうかをまず思い出して下さい。

  • 支払い名人利用中はスキップ払いを利用できない

JCBでは、支払い名人を利用している間、どんなショッピング内容でも、スキップ払いを利用することができないと規定されています。

支払い名人を利用している人は、スキップ払い利用の前に、変更手続きが必要となるのです。ネットや電話ですぐに変更できますので、スキップ払い利用の予定がある人は、手早く変更しておくと良いですね。

通常支払いとは違う!スキップ払いの締日に注意!

JCBカードでスキップ払いを利用する場合、気を付けたいことのひとつとして、締日が通常の支払い方法と異なるという点があります。

通常の1回払いからスキップ払いに変更する手続きの締日を覚えておきましょう。

支払い方法 締日
通常1回払い 毎月15日
スキップ払い 支払日5営業日前
または6営業日前19時55分

通常の1回払いでは、締日が毎月15日となっています。自動的に締め切られますので、特に手続きをする必要はありません。

スキップ払いに変更する場合には、支払い日の5営業日前、あるいは6営業日前の19時55分までに手続きをする必要があるます。

スキップ払いは割賦枠の範囲内でないと利用できない!利用前に割賦枠をチェック

JCBのクレジットカードには利用可能枠が設定されています。カードを利用する人の信用によって利用できる金額(枠)が違うのですが、その枠も、支払い方法によってカテゴリーが分けられています。

JCBにおける枠名 内容
総枠 キャッシング・ショッピング合わせた全体の利用可能額
ショッピング総利用可能枠 1回払いを含めた全体のショッピング利用可能枠
割賦枠 2回払い、ボーナス払い、
リボ払い、分割払いで利用できる枠

全ての枠によって、それぞれあなたの返済能力に応じた利用可能額が設定されています。総枠にまだ余裕があっても、各枠の可能額が残っていない場合、その支払い方法を選択することはできません。

割賦枠はスキップ払いをする時、ぜひ意識しておきたい項目です。次項で詳しく考えてみましょう。

1回払いでも枠が別!スキップ払いは割賦枠!

スキップ払いは支払いを先送りにし、1回で支払いを済ませる方法です。そう考えると、スキップ払いは割賦枠ではなく、1回払いの枠に入るのでは?と思いますよね。

ところが、スキップ払いは通常の1回払いとして利用できない性質を持っているのです。

  • 手数料が発生するため、通常の1回払いとは異なっている
  • スキップ払いは割賦枠内での利用となる
  • 割賦枠を超えた時にはスキップ払いを利用できない

手数料が発生するスキップ払いは、通常の1回払いと異なっています。

よって、スキップ払いは割賦枠内での利用ということになるのです。

割賦枠を超えたらどうなる?残るは1回払いだけ!

スキップ払いの他に、分割払いやリボ払い、ボーナス払いなどを先に利用していて、割賦枠が埋まっていた場合には、スキップ払いをすることができません。

総枠が残っていればカードの利用そのものは可能ですが、残る方法の1回払いしか選択することができなくなります。

スキップ払いだとついつい1回払いの気分で利用してしまいそうですが、割賦枠として取り扱われます。残りの割賦枠を計算してからの利用が必要ですね。

割賦枠を増やしたい方は増額申請

  • 総枠、割賦枠共に審査によって増額可能
  • 更新時期以外でも増額申請は可能
  • 割賦枠は支払可能見込額の範囲内で設定される

割賦販売法の改正により、割賦枠は支払可能見込額を超える金額を設定する事はできません。

支払可能見込額とは、年収や生活環境、クレジット債務などから算出される支払可能と見込まれる金額の事です。

また、割賦枠の増額にはクレジットヒストリー(カード利用状況)も重要な要素です。

増額には審査が必要ですが、希望される方は一度カード会社に電話して申請してみてくださいね。

三菱UFJニコスの「あといち」もJCBのスキップ払いと同じサービス!

スキップ払いは登場してから日が浅く、あまり知られていないということもあるためか、まだ対応していないカード会社が多いのが実情です。

そんな中、JCBの他に、スキップ払いを採用してるのが三菱UFJニコスの「あといち」です。

ニコスも母体のしっかりしたカード会社であることは間違いなく、スキップ払いを狙う人なら、見逃せない商品ではないでしょうか。

支払い計画と相談!あといちのスキップは5ヶ月先まで!

三菱UFJニコスの「あといち」は、JCBのスキップ払いと同様で、支払いを先送りにし、1回で支払うという方法です。ただ、JCBのスキップ払いとは少々異なる点があります。

項目 内容
スキップ可能期間 【JCB・スキップ払い】最大6ヶ月
【あといち】最大5ヶ月
実質年率 【JCB・スキップ払い】7.92~18.00%
【あといち】15%

JCBのスキップ期間が最大で6ヶ月であることに対し、ニコスのあといちは最大で5ヶ月となっています。金利面ではJCBが7.92~18.00%、あといちが15%となっており、利用金額によって選択してみると良いかもしれません。

また、ニコスのあといちも、当然ながら割賦枠での扱いとなります。割賦枠として利用できる金額を超えている場合、1回払いしかできないことになりますので、利用の前によく確認しておいて下さいね。

発展途上だからこそ今チェック!スキップ払いを有効活用!

クレジットカードのスキップ払いは、まだ一般的と言えるほど浸透していないようです。

しかし、ボーナス払いのように利用期間が決められていなかったり、リボ払いや分割払いのように金利で考え込む必要が少ない方法です。

発展途上とも言えるスキップ払いですが、クレジットカードを日常生活の中で頻繁に使う人なら、知っておいて決して損はない支払い方法です。

他の支払い方法と併用し、家計をよりスムーズに回せる可能性を秘めています。

利用の際の注意事項はいくつかありますが、基本的には利用者のちょっとした注意でこなせるものがほとんどのはず。

JCBやニコスのカードを持っている人は、ぜひ便利に使いこなして下さいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.