学生向けクレジットカード
学生でもゴールドカードが持てる!?学生におすすめのゴールドカードと審査

最近は学生の方でも、海外旅行や普段のショッピングでクレジットカードを利用することが多くなりましたよね。それとともに、より高いステータスや充実したサービスを備えるゴールドカードに興味を持ち始めている方もいるのではないでしょうか?

一般的にゴールドカードはハードルが高いと思われがちですが、実は学生でもカード選びさえ少し気を付ければゴールドカードを持つことは不可能ではありません。

そこでここでは、学生の方がゴールドカードを作る際の審査に関する注意事項やおすすめのゴールドカードについて、解説していきたいと思います。

学生の方のゴールドカード審査!カード選びに要注意

学生の方がゴールドカードを作りたいと思ったときに一番気になるのが、審査に通るかどうかという点だと思います。その点に関して、結論から言えば学生でもカード選びにさえ気を遣えばゴールドカードを作ることは可能です。

近年はゴールドカードの種類も多様化しており、年会費3,000円以下の手ごろな格安ゴールドや申し込み対象を20代に設定している若年者向けゴールドカードなどもあります。

ゴールドカードは審査基準が厳しい?カードによって違いアリ

ゴールドカードのハードルが以前よりも下がり、若い方でも作りやすくなっているのです。ただ、そうはいってもゴールドカードは相対的にみればスタンダードなグレードのクレジットカードと比べると敷居の高い存在であることは間違いありません。

中には対象年齢を25歳以上などと高めに設定していたり、学生の申し込みを不可としているカードもあります。そうしたゴールドカードはやはり在学中には作ることができないので、その点はよく確認して避けるようにしてください。

ここでゴールドカードの審査基準を確認しておきましょう。といってもスタンダードカードと比べて、審査の評価基準自体は大きく変わるものではありません。

基本的に、ゴールドカードを含めクレジットカードの審査では『安定した支払い能力』というものが何よりも重視されます。その『支払い能力』に求める基準が、ゴールドカードではより高くなるというだけです。

選ぶカードを間違えなければ学生でもゴールドカードを持てる

ただしスタンダードカードと同様、審査の厳しさはカード会社や各カードによって少なからず異なります。だからこそ、学生の方でもカード選びさえ間違えなければゴールドカードを持つことが可能になるのです。

なお、クレジットカードの審査では収入が高いほど有利というイメージがある方も多いと思いますが、実際のところは最も重視されるのは収入の金額よりもその安定性です。

学生の方がクレジットカード審査で不利になりやすいのは、単純な年収の低さだけではなく、アルバイトという不安定な雇用形態で得た収入が審査の対象となっているという点が大きいのです。

逆に言えば、アルバイトの収入でも勤続年数が長いなど安定性を示す条件が良ければ、意外と審査に通りやすくなるということもあり得るのです。

また、アルバイトを一切しておらず自分自身の収入がない学生の方はゴールドカードに限らずクレジットカードを作ること自体が難しくなってしまうので注意してください。

内定者として申し込みは可能!?追加書類が必要かも

学生でもすでに就職先が内定している方の場合、内定者として申し込んだ方が審査で有利になるのではないか?と考えることがあるかもしれません。確かに、学生アルバイトよりも内定先の決まった準社会人という立場で申し込んだ方が、条件としてはよくなりそうですよね。

しかし基本的にクレジットカードの申し込みは今現在の所属情報をもとに行うことが原則となっており、場合によっては就職先への在籍確認などが行われることもあるため、すべてのカード会社が内定者としての就職先情報での申し込みに対応しているとは限りません。

したがって、内定者としての申し込みが可能かどうかは、事前にカード会社に確認した方がよいでしょう。

また、もしそれが可能だった場合も、内定/採用通知書や卒業見込み書などの追加書類の提出を求められる可能性があります。通常は必要ない書類であり、すぐには用意できないということもあるかもしれないので、その点は注意が必要です。

クレカやスマホの支払い遅延があると不利に…クレヒスに要注意

学生の方がゴールドカードを申し込む場合1つ気を付けておいてほしいのが、クレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、正式には信用情報と呼ばれるデータで、個人のクレジットカードなどの利用履歴を取りまとめたものとなっています。

この信用情報は、信用情報機関という専門機関が管理しており、クレジットカード審査の際には必ずチェックされる重要なデータなのです。

そして信用情報に過去のクレジットカードの延滞などのトラブル情報が残っていると、クレジットカード審査では非常に不利になってしまいます。ゴールドカードの審査にはまず通らなくなると考えた方がよいでしょう。

したがって、今現在すでにクレジットカードを利用している場合は、ゴールドカードの申し込み前に支払い遅延などのトラブルを起こさないように心がけてください。

また、スマホ・携帯電話の料金や端末代ローンの延滞も信用情報に記載され、クレジットカード審査に影響する可能性があるので注意が必要です。

クレジットカードを作ろうと思っていろいろ探しているんだけど、友達はどうせならゴールドカードが欲しいって言ってるんだよねえ。でも実際のところ、わざわざゴールドカードを学生が持つメリットってあるのかな?ちょっと疑問…
やっぱりゴールドカードのほうが確実にサービスのレベルが高いからね。特に空港ラウンジサービスや旅行保険なんかのトラベルサービスがスタンダードカードと比べると充実しているものが多いから、卒業旅行なんかで海外に行くときには絶対に役に立つはずだよ。それが一番のメリットになるんじゃないかな。

学生にも作りやすい!学生におすすめゴールドカード3選

さてここからは肝心の学生でも審査に通りやすいゴールドカードをご紹介していきましょう。ご紹介するのは以下の3つのゴールドカードです。

それぞれ個別にスペックなどを解説していきます。

海外旅行に役立つサービス満載!セディナゴールドカード

まず最初にご紹介するのは、セディナから発行されているセディナゴールドカードです。

このカードはゴールドカードながら高校生を除く18歳以上の方なら申し込み可能という間口の広いカードとなっており、学生の方でも比較的作りやすくなっています。

シンプルなゴールドの通常デザインのほかにハローキティをあしらったコラボデザインも用意されており、女性の方にもおすすめの1枚です。

年会費は6,000円(税別)とやや高額ですが、それに見合う特典やサービスがたっぷりと備わったゴールドカードらしいゴールドカードです。

特にトラベルサービスの充実度は高く、空港ラウンジサービスやパッケージツアーの割引、なんと最高1億円の手厚い海外旅行保険など、様々なサービスを利用することができます。海外旅行の際にはとても頼もしいサポート役となってくれるでしょう。

基本のポイント還元率は0.5%とごく標準的ですが、セブンイレブンやイオンなど日常よく利用するお店でポイント加算が受けられるほか、年間利用額に応じたポイントアップやボーナスポイントのプレゼントが受けられます。

しっかりと活用できるゴールドカードが欲しいという方には、ぴったりのカードと言えるでしょう。

セディナゴールドカード

カード名称 セディナゴールドカード
年会費 6,000円(税別)
スペック ・基本ポイント還元率0.5%
・空港ラウンジサービス付帯
・ゴールド会員限定優待『プレミアムクラブオフ』利用可能
・対象国内外パッケージツアーを最大8%オフ
・海外旅行先で使える『セディナ海外デスク』サービス付帯 
・三井住友銀行にて所定の条件を満たすとATM手数料無料
・セブンイレブン、イオンなど対象店舗でポイント最大5倍
・年間利用額に応じて翌年ポイント最大1.6倍
・年間利用額に応じてボーナスポイントプレゼント
(キティデザインはキティグッズプレゼント)
・最高1億円の海外旅行傷害保険付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高300万円のショッピング保険付帯

基本還元率1%!オリコカードザポイントプレミアムゴールド

オリコが発行しているOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)も学生の方におすすめのゴールドカードです。

こちらは原則満20歳以上の方が申し込み可能なカードとなっており、未成年の方は作るのが難しくなってしまいますが、一方で学生の方でも20歳以上なら利用することができます。

年会費は1,950円(税別)とお手頃で、ジャンルとしては格安ゴールドに属していると言えるでしょう。券面はブラックカラーの高級感あるデザインで、お財布に入れておいても悪目立ちすることもありません。

そしてこのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDの最大の特徴は、常時1%、入会後6ヶ月間は2%というポイント還元率の高さです。

さらに会員向けポイントサイト『オリコモール』や基本搭載の電子マネーiD、QUICPayなどの利用で0.5%~1%のポイント加算を受けることができます。

格安ゴールドながら海外・国内旅行保険やショッピング保険と言った付帯保険もしっかりと備わっており、しっかりと活用できるゴールドカードとなっているのです。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド

カード名称 Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
年会費 1,950円(税別)
スペック ・基本ポイント還元率1%
・電子マネーiD、QUICPay搭載
・ゴールド会員限定優待『Orico Club Off』利用可能
・オリコパッケージツアー割引サービスあり
・入会後6ヶ月間はポイント2倍
・ポイントサイト『オリコモール』にてポイント1%加算
・iD、QUICPay利用やリボ払いでポイント0.5%加算
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピングガード保険付帯

30歳でゴールドにランクアップ!三井住友VISAプライムゴールドカード

最後にご紹介するのは、三井住友VISAプライムゴールドカードです。

このカードは満20歳以上30歳未満を申込対象とする若年者限定カードとなっています。

クレジットカードの名門である三井住友カードのゴールドカードということで非常にハードルが高く感じられますが、実は学生不可の条件はありません。つまり、学生でも申し込み可能なゴールドカードとなっているのです。

それでいて空港ラウンジサービスやゴールド専用デスクといったゴールドカードらしい上質なサービスをしっかりと備えています。学生が申し込み可能なゴールドカードの中では、ステータス、サービスともにトップクラスの1枚と言えるでしょう。

年会費は5,000円(税別)とやや高額ですが、初年度は無料になりますし、2年目以降もWEB明細書やリボ払いサービス『マイ・ペイすリボ』などの利用に応じて最大で半額以上の割引が受けられます。価格的にも学生でも持ちやすいゴールドカードとなっているのです。

さらに三井住友VISAプライムゴールドカードは、満30歳を迎えた最初の更新時になんと三井住友VISAゴールドカードへと自動ランクアップします。

いずれは名実ともにトップクラスのゴールドカードを持ちたいと考えている方には特におすすめしたいカードです。

三井住友VISAプライムゴールドカード

カード名称 三井住友VISAプライムゴールドカード
年会費 初年度無料、次年度以降5,000円(税別)
※対象サービス利用・前年度ショッピング利用額に応じた年会費優遇あり
スペック ・基本ポイント還元率0.5%
・最短3営業日のスピード発行
・満30歳以降最初の更新時に三井住友VISAゴールドカードにランクアップ
・ゴールドカードランクアップ時にボーナスポイントプレゼント
・ゴールド専用デスクを利用可能
・『プレミアムグルメクーポン』プレゼント
・空港ラウンジサービス付帯
・宿泊予約サイト『Relux』にて提供価格よりさらに最大7%オフ
・医師への24時間・年中無休の無料電話相談サービス付帯
・セブンイレブン、マクドナルドなど対象店舗にてポイント5倍
・年間利用額に応じてボーナスポイントプレゼント
・優待サイト『ココイコ!』利用で対象店舗にてポイント加算またはキャッシュバック
・最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯
・年間最高300万円のお買い物安心保険付帯
例えば年会費が3,000円以下の格安ゴールドと呼ばれるものや、20代専用ゴールドなんかだと学生さんでも審査に通る確率が上がるよ。ただし『学生不可』の条件を付けているものはやっぱり審査を通すのは難しいから、申し込み資格は必ずチェックするようにしてね。

学生でもゴールドカードが持てる!カード選びに要注意

最近ではゴールドカードの種類も増え、学生の方でも作ることが可能なくらいに間口が広がってきています。若いうちからステータスとサービスを備えるゴールドカードのユーザーになれるというのは魅力的ですよね。

ただ学生の方がスムーズにゴールドカードを作るためには、カード選びがかなり重要になってきます。ぜひここでご紹介したゴールドカード情報も参考にして、自分に合った1枚を手に入れてください。

PAGE TOP