Suica(スイカ)利用におすすめのクレジットカード6選

交通系電子マネーの1つ、Suicaには複数のチャージ方法が用意されていますが、その中でも特に利便性が高くおすすめなのがクレジットカードチャージです。

しかもクレジットカードチャージは登録するクレジットカード次第では、さらにお得に、あるいは便利に利用することができるのです。

そんなSuicaのクレジットカードチャージにおすすめなクレジットカードについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

【 目 次 】

クレジットカードならいつでもどこでもSuica(スイカ)にチャージできてポイントも貯まる

電子マネーSuica説明画像

JR東日本が取り扱う交通系電子マネーの先駆け的存在であるSuicaは、事前にチャージが必要なプリペイド型のサービスとなっていて、複数のチャージ方法を用意しています。

その中でも、特にスマホや携帯電話で使えるモバイルSuicaを利用している方におすすめのチャージ方法が、クレジットカードチャージです。

あらかじめ登録したクレジットカードの決済によってチャージをするクレジットカードチャージなら、一度カードをモバイルSuicaに登録してしまえば、いつでもどこでもすぐに入金することができます。

現金チャージのように時間や場所の制約を受けることもなく、最も利便性の高いチャージ方法と言えるでしょう。

さらに連携するクレジットカードによっては、Suicaチャージによる決済でポイントも獲得できますので、お得さという点でも、クレジットカードチャージはおすすめのチャージ方法なのです。

カード型Suicaでもネットでクレジットカードチャージ可能

実はカード型のSuicaでもクレジットカードをチャージに利用することは可能です。

Suicaカード

その場合は、Suicaインターネットサービスという会員向けのWEBサービスを介して手続きを行うことになります。

システム上パソコン操作が必要になるので、モバイルSuicaのクレジットカードチャージほど便利とは言えませんが、自宅などですぐチャージできるのはありがたいですよね。

なお、このSuicaインターネットサービスを利用してチャージを行うにあたっては、カードを読み込むための機器「FeliCaポート/パソリ」が必要となるので、その点は注意してくださいね。

FeliCaポート/パソリ画像

FeliCaポート/パソリは、家電販売店や一部のコンビニで購入ができます。

残高不足の心配なし!Suica搭載のクレジットカードならオートチャージ可能

Suicaと同じくJR東日本から発行されているビューカード(Suica搭載)なら、通常のクレジットカードチャージよりもさらに便利なオートチャージが利用可能となります。

オートチャージ説明画像

オートチャージは、対象の自動改札の入出場時にSuicaの残高が一定金額以下だった場合に、あらかじめ設定しておいた金額をクレジットカード決済で自動入金するチャージ方法です。このオートチャージは、ビューカード限定のサービスなのです。

オートチャージを利用していれば残高不足になる心配がないので、忙しい通勤・通学の時間帯にも安心して改札を通ることができます。モバイルSuicaとカード型のSuica両方で利用できる便利なサービスですね。

Suicaチャージで高還元!Suicaを利用する方におすすめのクレジットカード6選

ここまでのことを踏まえて考えると、Suicaをよりお得に、そして便利に活用するためには、チャージに利用するクレジットカード選びが意外と重要になるということがおわかりいただけると思います。

同じ金額をチャージするのでも、ポイントが獲得できたり、オートチャージに対応していたりと、よりメリットのあるものを選ぶべきでしょう。そこでおすすめしたいのは、やはりJR東日本発行のビューカードやその提携カードです。

ビューカードはオートチャージ対応、さらにSuicaチャージでポイント3倍(還元率1.5%)などと言った、Suica利用におすすめの特典がそろっているのでおすすめですね。

ここではビューカードとその提携カードの中でも特におすすめ度が高い6つのカードをご紹介しましょう。

駅ビルで3.5%・Suicaチャージで1.5%還元!新登場のJRE CARD

まず最初にご紹介するのは、2018年7月2日に複数のビューカードを統合する形で登場したニューフェイス『JRE CARD』です。

JRE CARDの最大の利点と言えるのが、JR東日本関連サービスでのポイント還元率の高さですね。

JRE CARDを含め、ビューカードでは通常JREポイントというJRE東日本関連サービスの共通ポイントが貯まります。

このJREポイント自体の通常の還元率は0.5%と標準的ですが、ビューカード共通特典としてSuicaチャージや定期券購入などでは3倍の1.5%還元になります。

さらにJRE CARD限定の特典として、JR東日本沿線の駅ビルなどを含むJRE CARD優待店では3.5%という高い還元率を誇るのです。

貯まったJREポイントは1ポイント=1円としてSuicaチャージなどに利用することができますよ。

JRE CARD

カード名称 JRE CARD
年会費 初年度無料、次年度以降477円(税別)
スペック ・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・JR東日本沿線駅ビルなどJRE CARD優待店にてポイント還元率3.5%
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1.5%
・WEB明細利用で年間最大600ポイントプレゼント
・Suica機能なし、Suica機能付き、Suica定期券機能付きを選択可能
・モバイルSuica年会費無料などビューカード共通特典多数付帯
・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

常にポイント二重取り!高還元が魅力のビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、その名の通りビックカメラとの提携ビューカードとなっています。その最大の魅力は、なんといってもポイント還元率の高さです。

ビックカメラSuicaカードでは通常のショッピング利用で、JREポイントに加えてビックポイントというビックカメラのポイントも同時に貯めていくことができます。還元率はJREポイントとビックポイントそれぞれ0.5%ずつなので、結果として常時ポイント還元率1%で利用できるということになるのです。

さらにSuicaチャージなどでJREポイント還元率が1.5%になるのはもちろん、そのSuicaでビックカメラ・ソフマップ・コジマで決済すると10%のビックポイント還元が獲得できます。つまり、この3つの店舗ではSuica決済で基本11.5%という高還元を受けることができるのです。

ただしSuicaチャージ金額の上限は20,000円と制限されており、なおかつ決済時に複数枚のSuicaを出すということはできません。したがって、還元率11.5%で利用できるのは決済額20,000円までということになってしまうので、その点は注意してくださいね。

なお、貯まったビックポイントはSuicaにチャージすることが可能です。逆に貯まったJREポイントもビックポイントに交換することができるので、必要に応じてポイントをどちらかに集約するという使い方もできるでしょう。

ビックカメラSuicaカード

カード名称 ビックカメラSuicaカード
年会費 初年度無料、次年度以降477円(税別)
※年間1回以上のショッピング利用があれば翌年年会費無料
スペック ・基本ポイント還元率1%(JREポイント0.5%+ビックポイント0.5%)
・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・ビックカメラ・ソフマップ・コジマでSuica決済時ポイント還元率最大11.5%
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1%
・WEB明細利用で年間最大600ポイントプレゼント
・ビックポイントをSuicaにチャージ可能
・JREポイントをビックポイントに交換可能
・モバイルSuica年会費無料などビューカード共通特典多数付帯
・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

JALマイルを貯めたい方におすすめ!JALカードSuica

JALカードSuicaはその名の通り、JALカードと提携する形で発行されているビューカードです。フライトに加えて通常のショッピング利用でもJALマイルが貯まる仕組みになっている一方で、JR東日本の対象サービスを利用した時はJREポイントが貯まります。

それでもSuicaチャージなどでポイント還元1.5%の特典はきちんと備わっているので、Suicaユーザーには十分に使える1枚と言えるでしょう。

さらにこのJALカードの魅力はなんといっても、マイルの貯めやすさですね。

普段のショッピングで200円ごとに1マイルというお得なレートでマイルが貯まるほか、JAL航空便の搭乗ごとに最大5,000マイルもの大量ボーナスマイルを獲得することができます。JALのマイルを貯めたいと思っている方には、非常におすすめのカードなのです。

JALカード Suica

カード名称 JALカードSuica
年会費 初年度無料、次年度以降2,000円(税別)
スペック ・フライトやショッピング利用でJALマイルが貯まる
・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・最大5,000マイルのフライトボーナスマイルを付与
・JALカード提携特約店でショッピングマイル2倍
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1%
・WEB明細利用で年間最大600ポイントプレゼント
・JALマイルをSuicaにチャージ可能
・JREポイントをJALマイルに交換可能
・モバイルSuica年会費無料などビューカード共通特典多数付帯
・最高1,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯

ANAマイルを貯めている方におすすめ!ANA VISA Suicaカード

一方で、ANAのマイルを貯めたいという方におすすめしたいのが、ANA VISA Suicaカードです。ANA VISA Suicaカードはここまでご紹介してきた3つのカードとは異なり、ビューカードではない完全な提携カードとして扱われています。

発行もJR東日本ではなく、三井住友カードです。そのため、貯まるポイントも三井住友カードのポイントシステム『ワールドプレゼント』となっており、Suicaチャージで1.5%というポイント特典はありません。

ただし提携カードということで、Suicaのオートチャージには利用可能です。そしてこのカードの特徴はやはり、ANAマイルが貯まるという点でしょう。

入会時から毎年1年間に1度1,000マイルのボーナスマイルがもらえるほか、ANAカードマイルプラス提携店では『ワールドプレゼント』と一緒に100円または200円ごとに1マイルのANAマイルを獲得することができます。

更に貯まったポイントは、1ポイント→5マイルに手数料無料で交換できる点も魅力ですね。

ANA VISA Suicaカード

カード名称 ANA VISA Suicaカード
年会費 初年度無料、次年度以降2,000円(税別)
スペック ・入会時から毎年1,000マイルのボーナスマイルプレゼント
・貯まったポイントをANAマイル移行またはSuicaチャージに利用可能
・ANAカードマイルプラス提携店での利用時、ポイントとANAマイルの二重取りが可能
・ANA関連サービス割引など優待特典多数付帯
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内航空傷害保険付帯
・年間最高100万円のショッピング保険付帯

ワンランク上のサービスを求める方に…ビューゴールドプラスカード

一般のビューカードにはないワンランク上のサービスを求める方におすすめしたいのが、ゴールドクラスに位置するビューゴールドプラスカードです。

ビューゴールドプラスカードには、年間利用額100万円以上で毎年もらえる選べる豪華特典や、東京駅構内、国内主要空港のラウンジサービス、そして利用額に応じたボーナスポイントなど、ゴールド限定の特別な優待が多数備わっています。

特に選べる特典は新幹線や特急列車のグリーン券をはじめ9種類も用意されており、非常に魅力的です。また、付帯保険も上でご紹介してきたスタンダードクラスのビューカードと比べると格段に充実していますよ。

非常に使い勝手がよく、なおかつ上質さを備えるゴールドカードと言えるでしょう。

そのうえでもちろん、通常のビューカードと同様にSuicaチャージでポイント3倍(還元率1.5%)ですし、オートチャージにも利用できます。

単なるSuicaのチャージ用だけではない、上質で充実したサービスを備えるクレジットカードが欲しいという方には、このビューゴールドプラスカードはぜひ検討してみてほしい1枚ですね。

ビューゴールドプラスカード

カード名称 ビューゴールドプラスカード
年会費 10,000円(税別)
スペック ・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1%
・WEB明細利用で年間最大600ポイントプレゼント
・年間利用累計額100万円以上で10,000円相当のポイント+選べる特典プレゼント
・年間利用額に応じて最大10,500円相当のボーナスポイントプレゼント
・東京駅構内『ビューゴールドラウンジ』利用可能
・ゴールド会員限定イベントを開催
・国内主要空港+ダニエル・K・イノウエ空港(ハワイ)ラウンジを無料利用可能
・モバイルSuica年会費無料などビューカード共通特典多数付帯
・最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯
・年間最高300万円のショッピングプロテクション付帯

定期券を搭載できる!シンプルさで選ぶなら「ビュー・スイカ」カード

提携先特典などが付帯していない、なるべくシンプルなSuica専用として使えるクレジットカードが欲しいという方もいるかもしれません。そうしたシンプル志向の方におすすめなのが、「ビュー・スイカ」カードです。

「ビュー・スイカ」カードはクレジットカードにSuica機能、定期券機能、そしてJREポイントカード機能を備えたカードとなっています。独自の特典が一切ないというシンプルさがその特徴と言えるでしょう。

とはいえ、Suicaチャージでポイント還元率1.5%をはじめとするビューカードの基本特典はすべて備えており、Suicaチャージ用のクレジットカードとしては過不足なく利用することができますよ。

ビュー・スイカカード

カード名称 「ビュー・スイカ」カード
年会費 477円(税別)
スペック ・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1.5%
・JREポイント加盟店にてポイント還元率1%
・モバイルSuica年会費無料などビューカード共通特典多数付帯
・WEB明細利用で年間最大600ポイントプレゼント
・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯

Suica(スイカ)ユーザー必携!お得で便利なビューカード

もともとSuicaでは、利用に応じてJREポイントが貯まっていく仕組みになっています。それに加えて、Suicaのチャージでもポイントを獲得できるビューカードを利用すれば。結果としてポイントの二重取りが可能になるので、よりお得に利用することができるでしょう。

しかもオートチャージが可能ということで、いちいち残高を気にしてチャージをする必要がないというのも魅力的なメリットですよね。

通勤・通学や普段の街中でのお買い物にSuicaを利用する機会が多いという方にとっては、ビューカードは必携と言っても過言ではありません。年会費も477円からと比較的お手頃で、ものによっては初年度無料、あるいは実質ずっと年会費無料で利用可能となっています。

提携カードも含め、ラインナップもかなり豊富に用意されているので、ぜひ自分に合った使える1枚を見つけてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.