Tポイント
税金の支払いを電子マネーnanacoを使ってTポイントを獲得する方法

税金を支払うのって、なんだか損したようで憂鬱だという方が多いかと思います。せめて税金の支払いでポイントを貯めることができたらと思っても、Yahoo!公金支払い以外の一般的な納税方法ではまずポイントがもらえません。

でも今回ご紹介する方法を使えば、実質的に税金の支払いでTポイントを獲得することができます。その方法とは、電子マネーのnanacoを利用するというものです。

nanaco払いで納税しても直接Tポイントが貯まるわけではありませんが、チャージでつくクレジットポイントを利用するのです。どのようにすればよいのか、具体的にご紹介します。

納税でTポイント獲得する方法!税金をnanaco払いするだけ

nanacoとは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで利用できる電子マネーです。このnanacoを利用して税金の支払いでTポイントを貯める方法とは、どのようなものでしょうか?さっそく、見てみましょう。

nanakoカード

バーコード付き納付書が必要

振込や口座引き落としなど、税金を支払う方法はいくつかありますが、バーコード付きの納付書に対応している自治体なら、コンビニで支払うことも可能です。

nanacoを利用した納税でTポイントを貯めるには、このバーコード付き納付書が必要ですので、まずはお住いの自治体の納付書にバーコードが付いているかを確認しましょう。

バーコード付き納付書

バーコード付き納付書に対応している自治体でしたら、その納付書を持ってセブンイレブンに行き、後にご説明する方法でチャージしたnanacoを使って支払えば、納税でTポイントを貯めることができます。

クレジットカードでチャージすればクレジットポイントが貯まる

とはいえ、税金支払いに対して直接Tポイントが付くわけではありません。また、セブンイレブンの商品を買うときnanaco払いすれば、100円(税抜き)につき1ポイントがもらえますが、税金の支払いはこのポイントサービスの対象外なので、nanacoポイントも付きません。

では、どうやって納税でTポイントを貯めるのかというと、クレジットカードでnanacoにチャージをすればよいのです。

クレジットポイントがTポイントのカードを使えば、nanacoへのチャージでクレジットポイントとしてのTポイントが貯まります。そのようにしてチャージしたnanacoで税金を支払えば、結果として納税でTポイントが貯まるというわけなのです。

残高確認が必要!nanacoへのクレジットチャージと受け取り法を紹介!

お伝えしてきたように、nanacoを使って納税でポイントを貯めるためには、あらかじめクレジットチャージをしておく必要があります。そこで、nanacoクレジットチャージの方法をご紹介します。

クレジットカードを登録しよう

クレジットチャージをするためには、初回のみクレジットカードの登録をしなければなりません。クレジットチャージ登録ができるのは、本人認証サービスに登録済みのクレジットカードのみとなりますので、まずはその条件を満たしたカードをご用意ください。

nanacoにクレジットカード情報を登録する手順①

本人認証サービス登録済みのカードを手元に用意したら、nanaco会員メニューにログインします。

nanacoにクレジットカード情報を登録する手順②

ログイン後、nanaco会員メニュー画面の「クレジットチャージ」をタップします。

nanacoにクレジットカード情報を登録する手順③

画面の指示に従って、クレジットカード番号などの情報を入力していき、最後に「登録する」をタップします。すると、本人認証サービスのパスワード入力画面があらわれますので、パスワードを入力します。

これでクレジットカードの事前登録は完了です。登録完了後24時間経過以降、クレジットチャージができるようになります。

ネットで簡単にチャージができる

では次に、チャージの方法を見ていきましょう。

先ほどと同じようにnanaco会員メニューにログインし、「クレジットチャージ」をタップします。そして、パスワードを入力し、「クレジットチャージ(入金)」をタップします。

ネットチャージ手順説明画像

チャージしたい金額を選択し、次の確認画面で金額を確認したら「申込み」をタップします。

セブンイレブンのレジなどでチャージ金額を受け取ろう

nanacoの場合、上記の手順でクレジットチャージ申し込みをすると、「センターお預かり分」という状態となります。これを受け取るためには、チャージした金額を受け取るために残高確認する必要があります。

センターお預かり分受け取り説明画像

受け取り方法には、現金でチャージするか、セブン銀行のATMやセブンイレブンのレジ等で残高確認をするかのいずれかがあります。

税金の支払いをしたい方は、セブンイレブンの店員さんに「残高確認してください」と伝えて、その後納税をすればOKです。

チャージ上限額は5万円!裏技で10万円までnanacoで納税できる

nanacoにクレジットチャージをする方法と受け取り方法をご紹介しましたが、チャージには上限額があります。その辺りについてお話すると同時に、ちょっとお得な裏技をご紹介します。

nanaco内チャージ上限額は5万円

nanacoクレジットチャージに関する上限等は、以下の通りです。

項目 金額
チャージ上限額 50,000円
1回のチャージ可能額 5,000円~30,000円まで(1,000円単位)
利用金額 1ヵ月20万円まで
利用回数 1ヵ月15回、1日3回まで

このように、nanacoにクレジットチャージできる上限額は5万円までとなっています。これを見ると、税金をnanaco払いできるのは5万円までと思えますよね。

納税額が5万円を超える場合も当然ありますが、そんなときは現金などを併用しなければならないと思われがちです。しかし、以下にご紹介する裏技を使えば、10万円までnanaco払いが可能になるのです。

2日かけて10万円をチャージしよう

10万円までの税金をnanaco払いするためには、以下のような事前準備が必要です。

①先にご紹介した手順で1回のチャージ上限額である3万円をクレジットチャージする
②もう一度同じ手順で2万円をクレジットチャージする
③残高確認をして受け取りをする
(これでセンターお預かり分はゼロになり、nanaco内に上限額である5万円が入る)
④さらに3万円をクレジットチャージする
⑤翌日、2万円をクレジットチャージする
(これでnanaco内5万円+センターお預かり分5万円=10万円となる)

これで事前準備は完了です。1回のチャージ金額や1日にできるチャージ回数に上限があるため、小分けにして2日かける必要がありますが、nanaco内とセンターお預かり分とを合わせて10万円をチャージすることができました。これで10万円分のクレジットポイントも獲得可能です。

2回に分けて納税すれば10万円までnanaco払い可能

事前準備が整ったら、いよいよバーコード付きの納付書を持ってセブンイレブンに出かけましょう。レジにて納付書を出し、「nanacoで払います」と伝えましょう。5万円を超える税金の場合は、「まず5万円分だけ払います」と伝えます。

5万円の支払いが終わったらnanaco内のチャージ額がゼロになるので、センターお預かり分を受け取るべく「残高確認してください」と伝えます。残高確認すると、nanaco内に5万円受け取れるため、それで税金の残額を支払います。

店員さんが不慣れだと戸惑われることもありますが、落ち着いてnanaco払い→残高確認→再びnanaco払いができる旨を伝えて、操作してもらいましょう。

ベテランの店員さんでも操作自体にどうしても時間がかかってしまうので、お客さんの少ない時間帯に納税しましょう。

nanacoモバイルも併用すればもっと簡単

10万円分のポイントを獲得しながらnanacoで税金が払えるのはとても魅力的ですが、手続きがちょっと煩雑なのが嫌という方もいらっしゃいますよね。そこで、少しでもラクにするためのコツもご紹介しておきます。

nanacoモバイル画像

深夜の作業になりますが、日付が変わる直前に3回目のチャージ(上記手順④)をして、午前0時を回ったらすぐ2万円をチャージすれば、手続きに要する期間を短縮できます。また、それをセブンイレブン内で行えば、納税までを一気に済ますことも可能です。

また、nanacoは1人何枚でも持つことができるので、2枚のnanaco内それぞれに5万円ずつ受け取っておけば、レジでの残高確認が不要になります。ただし、1枚のnanacoについて1枚のクレジットカードが必要になります。

さらに、もっとも簡便な方法は、nanacoモバイルを活用する方法です。1枚のクレジットカードで1枚のnanacoカードと1台のnanacoモバイルが登録できるため、クレジットカードを何枚も持たなくても途中の残高確認ナシで一度に10万円までの納税が可能です。

nanacoチャージでTポイントが貯まる!納税でTポイントが貯められるクレジットカード

それでは最後に、nanacoへのクレジットチャージでTポイントが貯まるカードを2枚ご紹介します。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードは何種類かあるのですが、今回はクレジットポイントとしてTポイントが貯まるカードに限ってご紹介します。

Yahoo! JAPANカードでチャージすれば還元率0.5%

最初にご紹介するクレジットカードは、Yahoo!JAPANカードです。Tポイントの貯めやすさに関しては定評のあるこのカードは、nanacoチャージでもTポイントが付くというメリットもあるのです。

従来、チャージ額100円につき1ポイントだったレートが改悪され、2018年2月28日より200円につき1ポイントとなってしまいましたが、JCBだけでなくVisaとMastercardのYahoo!JAPANカードでも、nanacoクレジットチャージにてTポイントがつくようになりました。

nanacoチャージの還元率が0.5%なので、10万円のチャージをすれば500円分のTポイントがもらえるということになります。税金の支払いでもこれだけのTポイントが付くのは、やはりうれしいですね。

税金をTポイントで払えるYahoo!公金支払いのサービスも利用できますよ。

Yahoo! JAPANカード

カード名称 Yahoo! JAPANカード
年会費 永年無料
スペック ・nanacoチャージで0.5%
・基本還元率1%
・Yahoo!ショッピングとLOHACOで還元率3%
・月額490円(税抜き)でプラチナ補償を付帯できる

ファミマTカードでもnanacoチャージで0.5%のTポイント!

もう一枚のクレジットカードはファミマTカードです。ファミリーマートで使えば使うほどTポイントがどんどん貯まるようになるのが大きな特長です。nanacoチャージに関しては、Yahoo!JAPANカードと同じく0.5%の還元率となっています。

還元率が同じなので、10万円をクレジットチャージしたときにもらえるTポイントも、Yahoo!JAPANカードと同じく500ポイントですが、ファミリーマートをよく使うという方には、こちらのファミマTカードの方がおすすめです。

ファミマTカード

カード名称 ファミマTカード
年会費 無料
スペック ・nanacoチャージで0.5%
・基本還元率0.5%
・ファミリーマートでのクレジット利用で常にポイント3倍
・月間購入額に応じて最大ポイント3倍になる「ファミランク」
・対象商品の購入でボーナスポイントがもらえる「Tポイントプラス」
・女性は毎週水曜日にポイント2倍の「レディースデー」
・毎週火曜と土曜は最大ポイント7倍の「カードの日」

チャージでTポイントをためれば間接的に納税でTポイントを獲得できる

税金を支払いながらTポイントを貯めることができたら、という願いを現実にする方法として、クレジットポイントがTポイントであるカードによるnanacoクレジットチャージでTポイントを獲得し、その後nanaco払いで納税をするというものをご紹介しました。

nanacoのクレジットチャージには上限があるため、少々手間がかかってしまいますが、2日間でチャージ&受け取りをするか、あるいはnanacoカードとnanacoモバイルを併用すれば、10万円までの税金を支払いながら間接的にTポイントをもらうことが可能です。

税金を少しでも節約したい方は、ぜひこんな方法もあるのだということを知っておいてくださいね。

PAGE TOP