クレジットカード審査が通らない4つの理由と対策をまるっと解説!

クレジットカードの審査に落ちてしまったときに、カード会社はその理由を教えてくれません。

しかし、落ちた理由もわからずに他のクレジットカードを申し込んだとしても、また同じ理由で審査に通らないということもあり得ますよね。

それを考えれば、やはり自分がクレジットカード審査に通らなかった理由というのは知っておきたいものです。

そんなクレジットカード審査に通らない理由と、誰にでもすぐできる対策について、ここでは解説していきたいと思います。

【目 次】

ブラックだけじゃない!クレジットカード審査に通らない4つの理由

クレジットカード審査に通らないと、『もしかしてブラックリストに載っているのでは?』と不安になる人もいるかもしれません。しかし、クレジットカード審査に落ちる理由は、『ブラックだから』というだけではありません。

クレジットカードに通らない理由として考えられるのは、主に以下の4つのケースです。

  • ①スコアリングの合格基準に満たない
  • ②信用情報に問題がある
  • ③多重申し込みをしている
  • ④虚偽申告をした

それぞれのケースについて、詳しくご説明していきましょう。

①スコアリングの合格基準に満たない=支払い能力が不十分

スコアリングというのは、申し込みの際に本人が申告した個人情報を項目ごとに点数付けする形で支払い能力を評価するシステムです。すべての項目の合計点がカード会社が設定した基準を超えているかどうかで、審査結果が決まります。

スコアリングの評価対象になるのは、主に以下のような項目です。

  • 本人の属性:年齢など
  • 仕事の状況:収入、職種、雇用形態、勤続年数、勤務先の規模など
  • 家族構成:配偶者や扶養家族の有無
  • 住居形態:住居の形態、居住年数など

スコアリングの評価が合格基準に満たないと、十分な支払い能力が見込めないと判断されるので、審査には通らなくなってしまうのです。

②信用情報に問題がある

スコアリングの結果以上に重要なのが、信用情報です。

信用情報とは!?

個人のクレジットカードやキャッシングなどの利用履歴を取りまとめたデータのこと。信用に基づいて契約を行う信用取引の際に、個人の信用性を客観的に判断する重要な根拠となる。

主に国が認定した3つの指定信用情報機関で管理されている。

クレジットカードの契約も信用取引に該当します。したがって、カード会社は必ず指定信用情報機関のうちいずれかに加盟しており、審査の際には情報照会を行うことになっているのです。

この信用情報の中でも、特に審査結果に直結するのが、異動情報と呼ばれる項目です。

ブラックリストの正体

異動情報は、クレジットカードやキャッシングを利用するうえで、契約に支障が出るほどの重大なトラブルを発生させた際に登録されます。具体的には、以下のような案件が異動情報の対象になります。

  • 3か月以上の延滞
  • 保証会社による代位弁済
  • 債務整理(自己破産、任意整理など)
  • 強制解約
異動情報が信用情報に記載されると、支払い能力や信用性が低いハイリスクなユーザーと判断されてしまうため、スコアリングの評価とは関係なくクレジットカードの審査にはほぼ間違いなく通らなくなってしまいます。これがいわゆるブラックリストに載っている状態なのです。

信用情報がホワイトの方も審査に不利

また、異動情報が登録されていなかったとしても、過去に延滞を何度もしていたり、請求額のうち一部しか支払えないことがあったり…というように、支払い状況に著しく問題があると、クレジットカードの審査にはかなり通りにくくなります。

なお、信用情報がほぼ白紙に近い、つまり、クレジットカードやキャッシングの利用履歴がない状態というのも、実はクレジットカードの審査にはあまり良い影響を与えません。

信用情報上に登録されたデータは、異動情報も含めてすべて一定期間を経過すると消去される仕組みになっています。

そのため、信用情報に直近のデータがないと、『過去にブラックだったから、ここ数年はカードが作れなかったのではないか?』などと邪推されてしまうことがあるのです。

それでなくても、信用情報が白紙ということは、信用性を評価する材料が一切ないということです。そのため、どうしても判断が難しくなり、評価が通常より厳しくなってしまう傾向があります。

③多重申込は審査に通りにくい

本人の条件とは直接関係のない部分で、審査に通りにくくなってしまっていることもあります。それは、多重申し込みによって『申し込みブラック』状態になっている場合です。

クレジットカードを短期間に複数申し込むことを、多重申し込みと呼びます。上述の信用情報にはクレジットカードの申し込み状況も情報として記載されるので、多重申し込みをするとカード会社にはすぐわかってしまいます。

多重申し込みをしていて、なおかつ申し込んだカードがどれも成約していない場合、カード会社としては『何か大きな問題があって審査に通らないのでは…』と敬遠するため、ますますクレジットカードの審査に通りにくくなります。

一方、逆に過去に申し込んだカードがすべて成約している場合も問題です。入会特典目当ての悪質ユーザーなのではないかという疑いを持たれてしまう可能性があるため、やはりカード会社からは悪印象を持たれる傾向があります。

信用情報上の申し込み情報は、だいたい6カ月を目安に消去されるので、申し込みブラックにならないためには、6カ月以内に複数のクレジットカードを申し込むということは避けた方が良いでしょう。

④ウソがバレたら審査通過は不可能!虚偽申告は絶対NG

審査に悪影響のありそうな不都合な情報があると、申し込みの際に隠したりごまかしたりしようとして、虚偽申告をしたくなってしまうことがあるかもしれません。

しかし、審査に影響する情報というのは、たいてい隠し通すことはできません。

クレジットカードや借金の履歴に関しては信用情報がありますし、勤務先や雇用形態をごまかそうと思っても、たいていは審査の際に職場への電話による在籍確認があるので、その時点でばれてしまいます。

そして、もし虚偽申告が審査の際にカード会社にばれてしまった場合、その時点でほぼ審査に落ちることが決定してしまいます。上でもご説明した通りクレジットカードの契約は信用取引なので、信用を大きく損なう『嘘をつく』という行為は致命的なのです。

虚偽申告をしても、自分の首を絞めるだけです。絶対にしないようにしましょう。

クレジットカード審査に通らない人必見!今すぐできる5つの対策

クレジットカード審査を通りやすくするために、最も望ましいのは不利な要素を改善することですが、それは簡単にできることではありません。

今すぐ年収を上げたり、非正規から正社員になることはなかなか難しいですし、信用情報に問題があれば個人には手の打ちようがありません。

そこでここでは、クレジットカード審査に通らない人にぜひやってみてほしい、誰にでもすぐにできる対策を4つご紹介したいと思います。

  • 信用情報を確認する
  • 審査の難度が低い消費者金融系・流通系のクレジットカードを選ぶ
  • 不要なクレジットカードは解約する
  • クレジットカードブランドのデビットカードを利用する

無駄な審査落ちを避けるために…まずは自分の信用情報の確認を

クレジットカード審査に落ちてしまったときに、真っ先にするべきことは自分の信用情報を確認することです。

信用情報は、本人であれば信用情報機関に直接開示請求をして、内容を確認することができます。

もし信用情報に異動情報が登録されていたりすれば、その時点でどんなに工夫してもクレジットカードの審査に通ることはでき亡くなってしまいます。

つまり、信用情報を確認しなければ、適切なクレジットカード審査対策をとることができないのです。

なお、本当にまれにですが、信用情報に同姓同名の他人の情報が誤って紛れてしまっているということも起こり得るようです。心当たりがまったくなかったとしても、念のため一度信用情報を確認することをおすすめします。

審査が甘い消費者金融系・流通系カードを選ぶ

クレジットカードの審査において、スコアリングと信用情報が主な評価対象になるという点は、共通事項です。しかし、その審査基準にはカード会社やカードの種類によって少なからず差があります。

同じ条件でも、審査に通るカードと通らないカードが確実にあるのです。

クレジットカードは発行元によって以下の5つのジャンルに分類することができます。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 交通系(航空会社、石油会社など)
  • 流通系(小売店、ネットショッピングなど)
  • 消費者金融系
この中でも、比較的審査の難度が低いとされているのが、流通系と消費者金融系です。ブラックではないけれど、収入や仕事などの条件から考えて審査に通りにくそうだと感じている人は、この2つのジャンルからクレジットカードを選ぶとスムーズでしょう。

審査の邪魔になる!?不要なクレジットカードは今すぐ解約

クレジットカードの保有枚数を減らすのも、審査を通りやすくするには有効な対策の1つです。

クレジットカードには、必ずショッピングやキャッシングの利用枠が設定されていますよね。カードの保有枚数が増えれば、その分だけ利用枠の合計額は大きくなっていきます。

そうして保持しているクレジットカードの利用枠の金額が大きくなりすぎると、新たにクレジットカードを契約することで利用枠の総計が本人の支払い能力を超えてしまう可能性が高いと判断され、審査に通らなくなることがあるのです。

たとえその時点でほとんど利用してないクレジットカードであっても、いつでも使える状態であることに変わりはないので、審査に影響してしまいます。

つまり、不要なクレジットカードを持ち続けているだけで、新たなクレジットカードをつくるのに邪魔になってしまうのです。

確実に必要ないクレジットカードは解約することをおすすめします。

無審査だからブラックでもOK!意外と使えるデビットカード

ブラックや申し込みブラックになってしまって、今すぐにクレジットカードをつくることは難しい、でもできるだけ早く支払いに使えるカードが欲しい…ということもあるかもしれません。

そんな時に意外と使えるのが、JCBやVISAなどのクレジットカードブランドが発行しているデビットカードです。

クレジットカードブランドのデビッドカードなら、それぞれのブランドの加盟店であればクレジットカードと同じように支払いに利用することができます。固有のカード番号が振られているので、ネット決済でも同様に利用可能です。

そして、デビットカードの最大のポイントは、カードをつくる際に審査が不要という点です。

デビットカードでの支払いは、リアルタイムで銀行口座から引き落とされることになります。そのため、後払いになるクレジットカードと違って事前に支払い能力を精査する必要がないとされているのです。

審査がなければ、ブラックでも関係なくカードをつくることができます。とりあえず急ぎで現金の手持ちがなくても支払えるカードが欲しいという方は、デビットカードを選ぶのも1つの方法です。

審査を通らないのには必ず理由がある!焦らず適切な対策をとるべし

クレジットカード審査に通らないのには、必ず何らかの理由があります。

その理由がわからないままに、何の対策もせずに他のカードを申し込んでみても、また同じ理由で落ちてしまうかもしれません。

そうやっていくつもクレジットカードの申し込みを重ねていくうちに、申し込みブラックになってますます審査に通らなくなるということもあり得ます。

クレジットカード審査で落ちてしまったら、焦って他で申し込む前に、まずは一度落ち着いて、その審査に通らなかった理由を突き止めましょう。

それから自分の状況に応じて適切な対策をとることで、結果的に次の申し込みで審査に通る可能性は高くなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.