Suica(スイカ)などの交通系電子マネーで新幹線が乗れる!タッチでGo新幹線

改札にタッチするだけで列車に乗れるSuicaのような交通系電子マネーは、もはや鉄道利用に欠かせないツールとなっており、その需要に応じてサービスもより便利な形に進化しています。

そんな交通系電子マネーの新たなサービスとして、JR東日本で2018年4月に登場したのが『タッチでGo!新幹線』です。

文字通りSuicaやPASMOなどの交通系電子マネーを改札にタッチするだけで新幹線に乗れる便利なサービス『タッチでGo!新幹線』について、ここではその仕組みや使い方を詳しく解説していきましょう。

【 目 次 】

Suicaなど対応電子マネーをタッチするだけで新幹線に乗れる!タッチでGo!新幹線

タッチでGo!新幹線説明画像

まずは『タッチでGo!新幹線』の基本的な概要を確認していきましょう。『タッチでGo!新幹線』とは、在来線の利用時と同じようにSuicaなどの対応電子マネーを改札にタッチするだけで、新幹線の自由席に乗車することができるサービスです。

初回利用時のみ無料の利用開始登録が必要ですが、それ以降はいつでも一切の手続きなしでサービスを利用することができます。12歳以下の子どもも小児用Suicaにて同様のサービスを利用可能となっています。

タッチでGo!新幹線改札通る際の説明画像

ただし事前の予約やきっぷ購入なしで新幹線に乗車できるというサービスの特性上、指定席やグリーン車・グランクラスには対応していません。

したがって、全席指定のはやぶさ号やかがやき号、こまち号では『タッチでGo!新幹線』サービスを利用して乗車することはできないので、注意が必要です。

Suicaだけじゃない!?『タッチでGo!新幹線』対応電子マネー一覧

『タッチでGo!新幹線』はJR東日本のサービスですが、JR東日本発行のSuica以外にも複数の交通系電子マネーで利用することができます。

タッチでGo!新幹線使える交通系電子マネー

Suicaとの相互対応電子マネーすべてが、『タッチでGo!新幹線』サービスに対応しているのです。単独のカード型電子マネーだけでなく、クレジットカードに搭載の電子マネーでも利用可能です。

Suicaに関しては、モバイルSuicaApple Pay(アップルペイ)Suicaといったモバイル版でも同様に利用することができます。

そういう意味でも、『タッチでGo!新幹線』が本当に在来線に乗車するのと同じ感覚で新幹線を利用できるサービスだということがわかりますよね。

要確認!『タッチでGo!新幹線』対応エリア

『タッチでGo!新幹線』は今のところ、JR東日本のすべての路線・エリアには対応していません。

現状『タッチでGo!新幹線』サービスの利用可能エリアは以下の3つの区間内に設定されています。

タッチでGo!新幹線対応エリア説明画像

  • 東北新幹線 東京~那須塩原間
  • 上越新幹線 東京~上毛高原間
  • 北陸新幹線 東京~安中榛名間

『タッチでGo!新幹線』サービスを利用して新幹線に乗る場合は、乗車区間が対応エリアの範囲内かどうか必ず確認するようにしてください。

『モバイルSuica特急券』同等!『タッチでGo!新幹線』の料金

『タッチでGo!新幹線』は、単に新幹線にスムーズに乗車できるだけのサービスではありません。実は当面の間は、『タッチでGo!新幹線』サービスを利用すると、通常の紙のきっぷで同じ区間を利用するよりもお得な特別価格が適用される仕組みになっているのです。

【東北新幹線】

タッチでGo!新幹線値段東北新幹線

【上越・北陸新幹線】

タッチでGo!新幹線値段上越・北陸新幹線

この価格設定は、モバイルSuicaの既存サービスモバイルSuica特急券で同区間を利用するのと原則同等となっています。

ただし『モバイルSuica特急券』は指定席、『タッチでGo!新幹線』は自由席という違いがあるので、実質的には『モバイルSuica特急券』の方が指定席料金分お得ではあります。

とはいえ、『タッチでGo!新幹線』が紙のきっぷよりも便利に、しかもお得に新幹線を利用できるサービスであることは間違いありません。

登録方法は?乗車時は?『タッチでGo!新幹線』の使い方徹底解説

『タッチでGo!新幹線』の基本的な仕組みが分かったところで、実際のサービスの利用方法についても詳しく解説していきましょう。

上でもご説明したとおり、『タッチでGo!新幹線』は初回のみSuicaの利用登録が必要になります。初回利用登録の手続きは首都圏のSuicaエリア内に設置されている自動券売機などで行うことができます。

自動券売機

ただしモバイルSuicaやApple Pay(アップルペイ)Suicaをご利用の方に関しては、チャージ専用機でのみ利用登録が可能となっているので、注意してくださいね。

手続き自体は非常に簡単で、案内画面に従って進めていけば誰でも容易に行うことができるでしょう。

登録したら後は乗るだけ!ただし在来線乗り継ぎ時は料金に注意

利用登録さえ済ませてしまえば、あとは新幹線の乗車時・降車時ともに改札にタッチしてそのまま通過するだけというのが、『タッチでGo!新幹線』サービスの基本の使い方となります。

新幹線単独の利用はもちろんのこと、例えば在来線と新幹線の乗り継ぎがある場合にも、各改札にタッチするだけでまるで在来線同士の乗り継ぎのようにスムーズにこなすことができるのです。

ただし在来線と新幹線を乗り継ぐ場合には、それぞれの改札で運賃が別精算されてしまうため、同じ区間を通常の紙のきっぷの乗車券+特急券で利用する場合と比べて料金が高額になるケースがあります。

タッチでGo!新幹線利用で高くなってしまうケース説明

もちろん場合によっては、逆に『タッチでGo!新幹線』サービスを利用した方が通常よりも安くなることもあり得ます。

いずれにせよ数十円~数百円程度の違いではありますが、気になる方は都度両方の料金を確認して比較するようにするとよいでしょう。

FREX定期券ユーザー必読!『タッチでGo!新幹線』との併用

新幹線の定期券、いわゆるFREX定期券を利用している方の場合、利用区間によっては定期券と『タッチでGo!新幹線』サービスとの併用になることがあり得ますよね。

その場合、ケースごとに料金精算の仕組みが多少異なり、少し複雑になってくるので注意が必要です。

まずFREX定期券の区間内から区間外へとそのまま乗り越す場合は、降車時にSuicaを改札でタッチすると、FREX定期券区間外の区間分だけ『タッチでGo!新幹線』の料金が適用される形で自動精算されます。

このケースでは、区間外分を通常の紙のきっぷで購入するよりも『タッチでGo!新幹線』の方が微差ではありますがお得になる可能性が高いでしょう。

タッチでGo!新幹線利用でお得になるケース説明

一方、FREX定期券の区間を挟む形で区間外から区間外へと乗り越す場合には、区間外の路線それぞれに対する『タッチでGo!新幹線』の料金の合計額と、定期券区間も含めた全乗車区間に対する『タッチでGo!新幹線』の料金のうち、いずれか安い方の金額が自動精算されることになります。

タッチでGo!新幹線安い方で精算される説明

このケースでもやはり、いずれの料金が適用されるにしても通常の運賃よりは『タッチでGo!新幹線』の方がお得になるでしょう。

なお、在来線の定期券でも新幹線停車駅が2駅以上含まれる場合は、新幹線利用時と同様に、定期券区間内の特急料金+区間外の『タッチでGo!新幹線』料金の合計額と、全区間『タッチでGo!新幹線』の料金を適用した場合の安い方の価格で自動精算が行われます。

交通系電子マネーチャージ上限額は2万円!チャージ残高に要注意

『タッチでGo!新幹線』サービス利用時に注意してほしいのが、電子マネーのチャージ残高です。

Suicaを含め、『タッチでGo!新幹線』サービス対応の交通系電子マネーのチャージ上限額はすべて一律で2万円となっています。

『タッチでGo!新幹線』を利用すると最高5,110円というやや高額な出費となるため、チャージ残高が不足しやすくなってしまうのです。

もしも新幹線降車駅でチャージ残高が足りなかった場合には、改札内のチャージ専用機でチャージをしなければなりません。

せっかく改札タッチだけでスムーズに新幹線が利用できる『タッチでGo!新幹線』サービスを利用しているのに、チャージに手間をとられてしまっては本末転倒ですよね。

『タッチでGo!新幹線』のサービスを利用して新幹線に乗る場合には、必ず事前に十分にチャージ残高があることを確認しておきましょう。

新幹線の自動改札は現状、Suicaなどのオートチャージには非対応となっているので、その点も注意が必要です。

普段からオートチャージサービスを利用している方は、どうしても電子マネー残高を把握する習慣がつきにくいので、特に意識して確認するようにしてください。

モバイルSuicaやApple Pay Suicaならどこでもスマホからチャージできる

なお、モバイルSuicaやApple Pay Suicaであればスマホ・携帯電話でどこでもすぐにクレジットカードチャージをすることが可能となっています。

例えば新幹線乗車後に電子マネー残高の不足に気が付いたとしても、その場でチャージを行うことが可能なので便利ですよ。

したがって、改札通過時のチャージ残高不足の心配なく『タッチでGo!新幹線』サービスを利用したい方には、モバイル版Suicaとの併用がおすすめですね。

新幹線利用をもっとスムーズに!『タッチでGo!新幹線』を活用せよ

在来線ならSuicaをタッチするだけでいいのに、新幹線だけは券売機や窓口にいちいち並ばなければならないことを、ひそかに不満に感じていた方も多いのではないでしょうか?

この『タッチでGo!新幹線』サービスを利用すれば、特定の区間内、そして自由席には限られますが、どんな時でも改札に手持ちの交通系電子マネーをタッチするだけでスムーズに新幹線に乗ることができます。

しかも紙のきっぷよりもお得な価格で購入できるというのですから、これを利用しない手はありませんよね。ぜひ『タッチでGo!新幹線』を活用して、より便利に、そしてお得に新幹線の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【クレジットカード完全攻略 】おすすめクレジットカード比較 All Rights Reserved.