クレジットカードお役立ち情報
公共料金をクレジットカード払いすればお得!おすすめカードと注意点

あなたはどんな方法で公共料金を支払っていますか?現金払いや口座振替もいいのですが、クレジットカード払いにすると様々なメリットがありますよ。

家計の管理に役立ちますし、ガス料金や電気料金の1%分がポイントとして戻ってきます。これから公共料金のクレジットカード払いの利点や、おすすめのクレジットカード、支払い方法の切り替え方や注意点も併せてご紹介します。

これを機会に、あなたも公共料金の支払い方を見直してはいかがでしょう?

公共料金をクレジットカードで支払う6つのメリット

でもこれまでのやり方を変更するのって、何にしても億劫なもの。よほどのことがない限り、公共料金の支払い方法をわざわざ切り替える気になんてなれませんよね。

そこで公共料金をクレジットカードで支払うと、具体的にどんないいことがあるのかを調べてみました。

メリット1.カード払いに切り替えるとポイントが貯まる

カード払いの見逃せないメリットはやっぱり「ポイントが貯まる」ことです。どのくらいお得なのかはカードの種類によっても違いますが、一般的に公共料金をクレジットカード払いにすれば、それだけで料金の0.5%~1%分があなたのお財布に戻ってきます。

このことは、多くの人がクレジットカード払いに切り替える動機の一つとなっています。

ショッピングだけでポイントを貯めるには限界がありますが、公共料金は毎月必ず支払うものですし、金額も比較的大きいので、どなたも効率よくポイントを貯めることができるのです。

支払い方法を切り替えれば年間数千円分が戻ってくる

では公共料金をクレジットカード払いすればどのくらいポイントが貯まるものなのか、具体例を使って計算してみましょう。

下の表は、電気代・ガス代・水道代と、それぞれをカード払いした時に貯まるポイント数です。なお料金は総務省統計局のデータから2人暮らし世帯における月平均額を元にし、クレジットカードは還元率1%のものを使用しました。

公共料金:月額 1ヶ月で貯まるポイント 1年で貯まるポイント
電気代:9,000円 90pt 1,080pt
ガス代:5,000円 50pt 600pt
水道代:4,000円 40pt 480pt

年間では合計2,160ptですね。ここで使用したカードは還元率1%なので、1年で2,160円相当のポイントを獲得できることになります。

ただ水道料金のカード払いには対応していない地域もありますし、1人暮らしの場合など獲得ポイント数はこれよりもっと少なくなるでしょう。

でも支払い方法を切り替えるだけでポイントが貯まるんですから、これを見逃す手はありません。公共料金のクレジットカード払いは、余分な費用をかけずにポイントを獲得できる貴重なチャンスなのです。

現金払いや口座振替の記録は管理しにくい

公共料金をクレジットカード払いにするもう一つのメリットは、家計の管理がしやすいことです。どの方法で支払ってもちゃんと記録は残りますが、その中でもクレジットカードの利用明細は飛び抜けて優秀なんですよ。

例えば公共料金をコンビニで現金払いすると、手元に残るのは控えとレシートだけ。しかもそれぞれ料金の種類別、1ヶ月ごとにバラバラな記録でしか残りません。

口座振替なら、通帳に過去の引落しの記録が記帳されますが、ここには振込や出金の記録も含まれており、ゴチャゴチャして見難いのが欠点です。

メリットその2.クレジットカードの利用明細は家計簿としても使える

一方クレジットカードの利用明細は支払いの記録だけですからスッキリして見やすいですし、この通り利用先や日付が分かりやすく一覧表示されます。

利用日 利用先 利用金額 支払い方法
2018/07/30 大阪ガス 1,509円 1回払い
2018/08/10 電話利用料 5,300円 1回払い

公共料金の支払いを1枚のクレジットカードにまとめれば、1ヶ月間の支出の記録が一目瞭然です。クレジットカードの明細書はそのまま家計簿としても使えるくらい、レベルの高いものなのです。

メリットその3.カード明細書は24時間いつでも確認できる

しかもそんな利用明細書が、オンラインサービスでいつでも好きな時に閲覧できるんですから便利ですよね。通常過去1年分の利用履歴が、24時間パソコンやスマホで見放題です。

また必要に応じてダウンロードもできるので、お手持ちの表計算ソフトや会計ソフトに読み込むことも可能ですよ。公共料金をクレジットカードで支払えば、家計簿つけが苦手な方でも上手に家計管理できるでしょう。

家計簿アプリと連携すれば、スマホからいつでもチェックできて便利ですよ。

メリットその4.口座残高が不足していても支払いは実行される

またクレジットカードで見逃すことができないのが、代金の立て替え機能です。あなたはお金を使いすぎてしまった月に、口座残高不足で電気代が引き落とせなかったなんて経験はありませんか?

公共料金をクレジットカード払いに切り替えれば、そんな時もカード会社があなたに代わって料金を支払ってくれますよ。

これはクレジットカードの立て替え機能によるもので、カード会員には1ヶ月分の代金が、後日まとめて請求されるのです。

メリットその5.複数の公共料金を一度にまとめて支払える

以下のような複数の雑多な支払いも、クレジットカードを使用すれば月一度の支払いでOKです。

・電気料金:5,500円
・ガス料金:2,900円
・コンビニで買物:200円
・ネットショッピング:4,000円
=【カード請求(月一度)】:合計12,600円

もちろんカードの支払日には必ずお金を準備する必要がありますが、この機能のお陰で公共料金の延滞も未然に防ぐことができるんですね。またバラバラな支払いがひとまとめになるので、家計管理がとてもシンプルになります。

電気、ガス、電話、プロバイダなどの料金を全てクレジットカード払いにすれば、あなたはカード会社の請求にだけ気をつけていればいいのです。

メリットその6.公共料金を支払うとクレヒス実績が増える

もう一つ、公共料金をクレジットカード払いするメリットとして見逃せないのが、カード利用実績(クレジットヒストリー)を増やせることです。

公共料金をカードで支払えば、お買物の利用額が少ない方でも、毎月着実にクレジットヒストリーが積み重なっていきます。

利用実績の増加は、利用者に様々なメリットをもたらしてくえるんですよ。

【カード利用実績が増えることのメリット】

  • 年会費無料条件をクリアできる
  • 会員ランクがアップする
  • 限度枠が増額される
  • 他社カードの審査に通りやすくなる

クレジットカードの中には「年○円以上の利用で年会費が無料」という条件つきタイプがありますが、これも公共料金を支払えば簡単にクリアできるでしょう。

また信用が増えるので限度額も増枠されて使い勝手が良くなりますし、他社カードの審査にも通りやすくなります。公共料金をクレジットカードで支払えば、この様にいいことが沢山あります。

公共料金をクレジットカード決済することで家計簿代わりにもなるなんて、とても便利だわ。ポイントも稼げるしお得ね。
家計簿アプリと連携すれば、スマホから簡単に明細が確認できるから便利だよ。自動仕分けしてくれるから手間もかからないし、家計管理におすすめだね。

公共料金クレジットカード払いには最適!おすすめカード5撰

次に、公共料金の支払いに最適なクレジットカードをご紹介しましょう。支払い方法を切り替える手間は同じですから、できればより多くのポイントが貯まるカードを選択したいもの。

今回ご紹介する5種類のクレジットカードはいずれも標準還元率が1%以上の高還元カードばかりです。どれを選んでも間違いなしですよ。

常に1%の高還元&年会費無料!JCB CARD W

JCB CARD Wは、JCBプロパーカードとしては異色の高還元カードで、公共料金の支払いには最適の1%還元!しかも年会費無料です。ただし申し込み年齢に制限があり、40歳以上の方は申し込めません。

このカードはどこで使っても1%還元なので、普段使いにも最適です。特にスターバックス カードとは相性がよく、オンライン入会やオートチャージでは通常の10倍(還元率5%)のポイントが貯まります。

JCB CARD W

カード名称 JCB CARD W
年会費 無料
スペック ・基本ポイントは通常の2倍!還元率1%
・申し込みは18歳以上39歳以下限定
・スターバックス カードのオートチャージでポイント10倍
・海外旅行保険 最高2,000万円

半年間2%還元!Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTも基本還元率が高く、公共料金の支払いにはピッタリです。年会費は永年無料ですので、どうぞお気軽にお申し込みください。

このカードは特典として入会後半年間は還元率が倍の2%になりますから、旅行前などタイミングを考えて入会ればよりお得ですよ。

チャージ不要の電子マネーiDとQUICPayダブル搭載なので、使いやすさ・ポイントの貯まりやすさは抜群ですし、貯めたポイントは500ポイントからギフト券などに即時交換が可能です。

オリコカード・ザ・ポイント

カード名称 Orico Card THE POINT
年会費 無料
スペック ・基本ポイント還元率1%
・入会後半年間は還元率2%
・オリコモール利用で0.5%特別加算
・iD、QUICPayダブル搭載
・ポイントはリアルタイムで交換可能!

業界最高レベル還元率1.25%!REX CARD

REX CARDは極めて還元率の高いクレジットカードで、どこで使っても1.25%分のポイントが貯まります。

貯めたポイントをJデポと交換すれば、同額がカード利用代金から値引きされるので効率的です。公共料金の支払いに使うには、とても都合の良いクレジットカードです。

また年会費無料にもかかわらず旅行保険が充実しており、旅行の多い方にもおすすめですよ。

REX CARD

カード名称 REX CARD
年会費 無料
スペック ・基本ポイント還元率1.25%
・価格.com安心支払いサービスでは還元率1.5%
・Jデポでポイントを利用代金に使える
・海外旅行保険 最高2,000万円
・国内旅行保険 最高1,000万円

ドコモ料金10%還元!dカード GOLD

もしもあなたがドコモサービスの利用者なら、絶対にdカード GOLDがおすすめですよ!これはドコモ料金の支払いが還元率10%になる最強のカードです。

基本ポイント還元率も1%ですから、もちろん電気やガス料金の支払いもお得ですよ。ドコモユーザーの方ならドコモ料金が10%還元される特典だけで年会費の元はとれます。

つまりドコモユーザーの方なら実質年会費無料で、空港ラウンジが利用できたり充実した付帯保険がつくゴールドカードが利用できるのです。

ドコモユーザーの方ならdカード GOLD一択と言えるでしょう。

dカードゴールド

カード名称 dカード GOLD
年会費 10,000円(税別)
スペック ・基本ポイント還元率1%
・ドコモ料金の支払いは還元率10%
・お買い物あんしん保険
・海外旅行保険最大1億円
・国内旅行保険最大5,000万円
・ケータイ割引クーポンなどGOLD特典
・全国28空港ラウンジ無料サービス

最大60%キャッシュバック!NTTグループカードレギュラー

NTTグループのプロバイダーを利用している方なら、NTTグループカードレギュラーがおすすめですよ。毎月のNTTグループの利用料金に応じて、カード利用額の最大60%がキャッシュバックされます。

キャッシュバック率はNTTグループの利用料金4万円で3.0%、6万円で4.5%ですから相当な値引率ですよね。

NTTグループに支払う料金が多い方なら、NTTグループカードレギュラーを使用することでガス代も電気代も一気にお安くなりますよ。
なおキャッシュバック率算出対象となるNTTグループのサービスは以下の通りです。

  • NTT東日本・NTT西日本
  • フレッツ・サービス、ひかり電話
  • NTTドコモ
  • NTTコミュニケーションズ
  • NTTぷらら、@nifty、BIGLOBE
  • NTTファイナンスおまとめ請求

年会費はWeb明細サービスに登録すれば無料ですので、このカードのコストパフォーマンスは最強ですよ。

NTTグループカードレギュラー

カード名称 NTTグループカードレギュラー
年会費 年会費1,200円(税別)
Web明細サービス登録で無料
スペック ・通信料金に応じて最大60%キャッシュバック
・ショッピング補償保険
・ネット予約キャンセル補償サービス
JCB CARD Wには女性向けのJCB CARD W plus Lもあるよ。基本スペックは同じだけど、JCB CARD W plus Lは女性向け特典が付帯するから、女性にはこっちのカードの方がおすすめだね。

公共料金をクレジットカード払いに切替える前に要チェック

公共料金のクレジットカード払いには様々なメリットがあること、そしてそれには最適なカードを選ぶことが重要だということが分かりました。

でもまだチェック項目が残っているんですよ。次に支払い方法の切り替え方と、その前に忘れてはいけない注意点についてご説明します。

支払い方法はインターネットで簡単に変更できる

支払い方法の切り替え方は収納先企業によって異なりますが、一般的にはインターネットで手続きするのが一番簡単ですし早いです。

インターネットなら、以下のいずれの変更にも24時間対応しており、いつでも好きな時に手続きできますよ。

  • 現金払い → カード払い
  • 口座振替 → カード払い
  • 旧カード → 新カード

手続きには顧客番号とクレジットカード番号が必要ですので、毎月ポストインされる「使用量のお知らせ」とクレジットカードをご準備ください。なお顧客番号は、電力会社やガス会社の会員サイトに登録していればそちらでも確認できます。

この支払い方法の変更が反映されるまでには、通常1ヶ月?2ヶ月を要します。

郵送で申し込む場合は、事前に申込書を郵送してもらって、必要事項を記入した上で返送するため、これよりもさらに時間がかかります。

支払い方法が変更されれば、以前の支払い方法は自動的にストップします。2重に請求されるといった心配はありません。

クレジットカード情報が変わった時にはご注意

一度クレジットカード払いに切り替えれば後はずっと大丈夫・・・のはずですが、以下のカード情報が変わる際には注意が必要です。

【カード情報が変わる時】

  • 5年ごとのカード更新時(有効期限が変わる)
  • 上位カードに切り替えた時(カード番号・有効期限が変わる)
  • 新機能のカードに切り替えた時(カード番号・有効期限が変わる)
  • 盗難や紛失によるカードの再発行(カード番号・有効期限が変わる)

いずれのケースにおいてもカード情報が変わるため、古いカードで支払っていた電力会社やガス会社にも変更届を出す必要があるのです。

新しいクレジットカードにバージョンアップするのは大きな楽しみですが、カード番号と有効期限も新しくなることを忘れないでくださいね。

5年ごとのカード更新でも変更届が必要な場合もある

バージョンアップの機会がなくても、どのカードも5年経てば必ず更新時期を迎えます。ただ更新で変わるのは有効期限だけで、カード番号はそのままですから、公共料金など継続払いについては更新と同時に自動的に変更が行われることも多いようです。

しかしどの利用先でもそうとは限りません。はっきりしない場合は、念のために登録カードの変更手続きを済ませておくことをおすすめします。

有効期限が変わったせいでカード決済が実行されなければ、コンビニなどで手払いしなくてはならないケースもあります。

カード払いより口座振替の方がお得なケースがある!?

さて、ここまで一貫して公共料金クレジットカード払いをおすすめしてきましたが、実はクレジットカード払いに切り替えない方が良いケースも存在します。

というのも一部のガス会社や電力会社では、口座振替に対して割引サービスを実施しているからです。

支払う料金によっては、カード利用で貯まるポイントよりも口座振替割引の方がお得になるかもしれません。

利用料金が低ければ口座振替割引の方がお得

口座振替割引は料金の額に関わらず「1回につき○円引き」なので比較が難しいのですが、例を使ってどちらがお得かを考えてみましょう。

以下はある家庭の関西電力の料金、口座振替割引額、ポイント還元(還元率1%のカードを使用)を表にしたものです。

月額料金 口座振替割引 ポイント還元
1月:10,519円 54円 100pt
2月:10,697円 54円 100pt
3月:9,655円 54円 96pt
4月:6,929円 54円 69pt
5月:4,307円 54円 43pt
6月:3,814円 54円 38pt
7月:6,176円 54円 61pt
8月:11,270円 54円 110pt
9月:6,250円 54円 62pt
10月:4,426円 54円 44pt
11月:3,948円 54円 39pt
12月:4,578円 54円 45pt

ここで獲得できるポイントは合計807pt(807円相当)、割引額の合計は648円ですから、この場合はカード払いの方がお得になることが分かります。

利用料金がこれよりもずっと低いご家庭であれば、口座振替割引の方がお得になると考えられます。あなたのご家庭ではどうでしょうか?

口座振替割引を実施していない企業もある

ただしこの口座振替割引は、どの企業でも利用できるサービスではありません。現時点で口座振替割引を実施している企業と割引額は以下の通りです。

【ガス会社】

・東京ガス 54円
・京葉ガス 54円

【電力会社】

・東京電力 54円
・中部電力 54円
・北陸電力 54円
・関西電力 54円
・中国電力 54円
・四国電力 54円
・九州電力 54円

【水道局】

・東京都水道局 54円
・松山市水道局 50円
・宇都宮市水道局 25円
・甲府市水道局 54円
・富山市水道局 54円
・京都市水道局 44円
・吹田市水道局 50円
・尼崎市水道局 27円
・高松市水道局 50円

この口座振替割サービスを利用できないのであれば、もちろんクレジットカード払いが圧倒的にお得ですよ。

公共料金のクレジットカード払いは多くの場合より便利でお得です

公共料金のクレジットカード払いは切り替えも簡単ですし、様々なメリットがあります。

オンライン明細書で一括管理がしやすく、後払い方式なので調整がしやすいほかに、やはりポイントが貯まるのが嬉しいですよね。使用するクレジットカードは、ぜひ還元率1%以上のものをお選びください。

ただし口座振替割引が適用される企業の場合、利用額によってはクレジットカード払いの方が損になるケースも。利用料金の少ない方は一度試算してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです

人気記事ランキング

コメントはこちらから

コメント

表情を選ぶ

表情A
表情B
表情C
表情D

ハンドルネーム

PAGE TOP